鹿沼市立北押原小学校は、地域とともに「自らを向上させる意欲に満ち、健康で心豊かな児童」の育成に取り組みます。
            めざす児童像は、「かしこい子 やさしい子 たくましい子」です。
            めざす学校像は、「全 力、挑 戦、感 謝 の気風が満ちる学校」です。
鹿沼市立北押原小学校
 

基本情報

〒322-0046
栃木県鹿沼市樅山町86
電話 0289-62-3480
FAX 0289-63-5168
 

カウンタ

COUNTER35205

モバイルサイト

アクセスは下のQRコードをご利用ください。
 

ブログパーツ

ごあいさつ

 本校は、保護者や地域の皆様の御理解、御協力、御支援をいただきながら、教育活動の充実を図っております。また、皆様に学校へ足を運んでいただく機会も設け、開かれた学校づくりにも努めております。
 本ホームページは、平成28年11月8日から運用を始めました。当ホームページをご覧いただき、学校のようすを少しでも身近に感じていただければ幸いです。

 おかげさまで平成29年10月20日に35,000回のアクセスをいただきました。
 

お知らせ・お願い

 本校は児童数が年々増加中で、児童の活気が満ちあふれています。子供たちのパワーで学校を盛り上げ、教育目標の実現を目指そうと、今年度から月ごとに「きたおし イチオシ」のテーマを掲げています。その上で、育てたい児童像に関連づけた各種の教育活動に取り組んでいます。

 
10月の「 きたおし イチオシ 」は、 『ちいき(地域)と きたおし』 です。

 10月は、6年生の修学旅行、4年生の宿泊学習をはじめとして、多くの学年が校外に出向いたり、外部講師の招いたりして学ぶ機会が多い月です。視線を校外、地域に向けて、地域とともに歩む「きたおし」の学びを充実させる絶好のチャンスととらえています。
 
 このことは、本校のめざす児童像 「かしこい子」 に関わります。
 

学校ニュース

日々の出来事 >> 記事詳細

2017/10/04

今日は十五夜。

| by Web管理者
 今日は旧暦の8月15日です。その晩見られる月を中秋の名月十五夜といいます。旧暦では「秋」は7月8月9月で、その中間の8月のそのまた中日の15日ということで、「中秋」というのだそうです。
 今日のお昼の放送では、KLVさんが「かぐや姫」(竹取物語)を読んでくださいました。
 
 最近世間では、10月の声を聞くと外国の風習「ハロウィン」ムードが広がりますが、かつて日本にも中秋のお月見の時に、子供たちが近所の家々を回ってお供えの団子、柿、栗、菓子などを見つからないように盗って、その年の収穫を皆で祈る風習がありました。その日に限って各家では子供たちが団子を盗りやすいように置いておき、子供たちが盗っているところを見つけても見ないふりをしました。そして来てもらえると縁起が良いと捉えていたそうです。和風ハロウィンのようですね。

 中秋の名月は、秋らしい季節を楽しむ絶好の機会。体を冷やさないよう対策をして、静かにのんびり月夜の晩を過ごしてみてはいかがでしょうか。

 ※中秋の名月は満月とは限りません。今年の仲秋の名月も満月ではなく、満月は明後日6日の晩に見られます。今の暦に閏年(うるうどし)があるように、これも旧暦と天体(地球と月)の動きの仕組みのいたずらですね。
13:44