鹿沼市立清洲第二小学校は、新しい時代を拓く、確かな学力を身につけた、心豊かでたくましく生きる子ども【かしこい子 やさしい子 たくましい子】の育成を目指します。
鹿沼市立清洲第二小学校
 

基本情報

〒322-0301
栃木県鹿沼市北半田1515
電話 0289-75-2662
FAX 0289-75-2262
 

カウンタ

COUNTER43119

モバイルサイト

アクセスは下のQRコードをご利用ください。
 

天気予報

ごあいさつ

 ようこそ 鹿沼市立清洲第二小学校 公式ホームページへ!
ホームページから、学校ニュース(本校の教育活動、子供たちの活躍の姿)など、新しい情報をお届けしております。よろしくお願いいたします。

 清洲第二小ホームページ閲覧累計が41,000を超えました。本校の教育活動に対する皆様の温かい御支援、御協力に心から感謝申し上げます。

 11月6日(水)、保護者の皆様、地域の皆様など多くの方々においでいただいて、毎年恒例の「清二小まつり」が行われました。

 子供たちは、見にきてくださる方に、日々の学習の中で自分たちが学び、成長した姿をみていただくために、これまで学習してきたことの中から発表する内容を考えました。仲間と意見を出し合って協力し、見に来てくださった皆さんに分かりやすく伝えるためには、どんな工夫をしたらいいか、楽しんでいただくためには、どうしたらいいかなどを話し合いながら、限られた時間の中で準備や練習等を行ってきました。
 大勢の方の前で、しかも、スポットライトを浴びた壇上で発表するのはとても勇気のいることですが、御来場の皆様の温かい拍手や笑顔にエネルギーをいただいて、練習の時以上に堂々と発表することができました。子供たちが一生懸命に学習してきた成果や頑張って練習した成果、一人一人のたくましい成長の様子などを御覧いただけたことと思います。
 また、PTAの皆様や見守りボランティアの皆様が、子供たちのためにおいしい豚汁と大学芋を作ってくださいました。この日は肌寒い日でしたが、愛情たっぷりの豚汁と大学芋をいただいて、心がホッと温まりました。
 販売コーナーでは、地域の皆様から御提供いただいた野菜や果物と、子供たちが一生懸命に育てたお米が販売されましたが、皆様の御協力のお陰で、大盛況でした。
 
 このように、清二小の子供たちが何事にも素直で誠実に、前向きに取り組めるのも、そして、様々な教育活動が盛会に充実して行えるのも、保護者の皆様、地域の皆様の励ましや御協力、御支援があるからこそと、心より感謝申し上げます。

 2学期は、この後も、持久走大会(12/4)、Limitクリスマスコンサート(12/12)、「百人一首in医王寺」(12/18)など、子供たちが楽しみにしている行事が盛りだくさんです。学習や運動、学校行事、委員会活動などを通して、子供たちの能力を伸ばしていけるよう、職員一丸となって取り組んでいきたいと思います。
 保護者の皆様、地域の皆様には、これからも学校行事等に御参加、御参観いただき、子供たちの成長の様子を御覧いただけますよう、そして、引き続き見守りや御協力、御支援をいただけますよう、お願いいたします。

                                   鹿沼市立清洲第二小学校長  善林 克江

 
 *学校行事等につきましては、メニューの行事予定を御覧ください。


 

新着情報

 
表示すべき新着情報はありません。

日誌

日々の出来事 >> 記事詳細

2019/11/19

5・6年生 赤ちゃん交流体験

| by 教員
 11月15日(木)に、5・6年生が「赤ちゃん交流体験」を行いました。
 この事業は、将来の子育てに対する期待や意欲を育むことを主な目的として鹿沼市が主催している事業です。当日は、お母さんと赤ちゃん、現役の助産師、サポートボランティア、鹿沼ファミリー劇場のスタッフの方々に来校いただいて実施しました。

 1時間目は、助産師の方から、命の誕生、出産、赤ちゃんの成長などについてお話をいただきました。
 また、出産予定日まであと2週間という妊婦の方にも来ていただいて、実際にお腹の中の赤ちゃんの心音も聞かせていただきました。自分たちよりも速く、一生懸命に動いている心音を聞いて、子供たちは驚き、感動していました。その後、赤ちゃんの人形で抱き方の練習をし、触れ合う際の注意点などを学びました。
 
 2時間目は、実際に赤ちゃんと触れ合ったり、お母さん方から赤ちゃんが産まれるまでのお話や、赤ちゃんを育てる楽しさや喜び、苦労などを聞いたりしました。
 赤ちゃんとの触れ合いでは、初めはおそるおそるといった様子だった子供たちも、徐々に慣れ、積極的に抱っこをする姿や、一緒に遊ぶ姿が見られました。お母さん方からは、赤ちゃんがお腹の中にいるときの写真や成長を記録した写真などを見せてもらいながら、様々なお話を聞かせていただきましたが、子供たちは、その写真をのぞき込みながら夢中になって話を聞いていました。

 この交流を通して、命の尊さや成長することの素晴らしさを学ぶことができました。また、将来、子供を育てたいという期待と意欲をもつ児童も多かったです。
 とても貴重で、素晴らしい体験をさせていただきました。

        
14:20