西小学校のスローガンは、 全力・挑戦・ありがとう です。元気いっぱい、西小の子どもたちの様子をご覧ください。
鹿沼市立西小学校
 

基本情報

〒322-0076
栃木県鹿沼市上日向606
電話 0289-62-3424
FAX 0289-62-3514
 

カウンタ

COUNTER207400

モバイルサイト

アクセスは下のQRコードをご利用ください。
 

天気予報

校長室から

校長室から、各種情報をお送りいたします。
 

日誌

校長室だより >> 記事詳細

2019/11/17

算数の苦手な子のために(計算すること)part3

| by Web管理者
 数を具体物から半具体物へと、半具体物の表象をつくるには、大きく分けて2つの方法がある。1つは図1のように10という単位を強調して、ドットを横に10個並べる方法です。10を横に並べることは、10進法の原理を見えやすくなります。聴覚的な情報を手がかりにできるタイプの子には、「イチ、ニ、サン、・・・・・・キュウ、ジュウ」とすべて異なる音で表せる10までの数詞と、10個を横並びにおける教材がマッチングさせることで、数のイメージがつきやすくなります。
 具体物(星)      半具体物        数字

          図1
  ★ ★     ● ● ● ● ● ● ● ● ○ ○
 ★   ★ ★  ⇒   図2       
 ⇒ 8
 ★ ★ ★       ● ● ● ● ●
    
           ● ● ● ○ ○
 
丸は半具体物の数、白丸は10の補数を表します。具体物を見せて、カードとマッチングさせます。動かせるばらばらのドットや積み木と対応させるだけではなく、10の並びの中で対応させることが必要です。ドットの並びのイメージをきちんと頭の中で再生できるようにすることが大切です。 もう一つは図2のように、10までの数を5という、より小さな見えやすい単位に区切り2段に表すのは、5という単位が見えやすく、数詞という聴覚的な手がかりよりも、視覚優位または同時処理優位な子どもには有効であると考えられます。カードと一対一対応で結びつけることができるようにしていきます。 

12:49