日誌

6月7日(月) 身近な教育資源を使って

 教室をまわると、身近な教育資源を使っての学習が展開されていました。
 2年生は、今週の金曜日に実施する「町たんけん」の準備をしていました。班をつくって、行く場所の確認や質問を考えたり、探検の約束やインタビューの仕方について話し合ったりしていました。

 

 


 3年1組では、総合的な学習の時間において、「生き物博士になろう」のテーマのもと、先日、御殿山に行って写真を撮ってきた春の生き物について、名前や特徴をタブレットや図鑑で調べ、それをカードにまとめていました。

 6年1組では、総合的な学習の時間において、「ふるさと鹿沼 新鹿沼宿提案」のテーマのもと、鹿沼のいいところについて、各自がタブレットで調べ学習を進めていました。

 

 中央小学校の強みの一つが、豊かな教育資源に恵まれていることです。その強みを大いに生かして、より充実した学習が進められるよう努めています。