学校ニュース(日誌)

食育の授業

今月は、粟野地区共同調理場の栄養教諭の松島先生が講師となって、「食育」の指導をしてくれました。
その授業の様子をお知らせします。1、3、5年生の授業を紹介します。
まずは、1年生です。

「なんでもたべよう」という、栄養のバランスについて知ったり、好き嫌いを少なくする大切さを知ったりするための授業です。

1年生にも分かりやすく、絵を見せながら説明してくれました。

続いて、3年生の授業です。

3年生は、「おやつについて考えよう」でした。

おやつに含まれている、砂糖や油の量を知ることによって、食べ過ぎたり、食事に影響の少ない時間を考えたりして、自分のおやつについて振り返りました。

最後は、5年生の授業です。

5年生は、「生活習慣病について考えよう」でした。

糖尿病、高血圧、心筋梗塞などについて、食生活との関連を学びました。

どの学年も、自分の毎日の生活を振り返ることで、将来にわたって健康な生活が送れるように、食生活を見直していく授業でした。

お宅でも、学校で行った「食育」の授業を話題にして、毎日の食生活を振り返って見てはいかがでしょうか。