日誌

2022年3月の記事一覧

3月24日(木) 令和3年度修了式

 令和3年度の修了式を行いました。5年生は199日、2~4年生は198日、そして1年生は196日登校して、その課程を修了しました。その一日一日をとにかく精一杯頑張った児童は、大きくたくましく成長したなと感じています。

 代表児童からは、3学期に頑張ったことと新年度の抱負が堂々と語られました。また、校長の式辞では、各学年に通信票が送られ、その頑張りを称えました。その頑張った時には、必ず一緒に活動した友達や上級生、活躍を支えてくれたお家の人や地域の方々、先生がいたこと、そして、その人たちに頑張る姿で感謝の気持ちを伝えてきたことを話しました。一人一人がチーム中央のメンバーとして活躍し、中央小学校の自慢であることを伝えました。最後に、これまでの活躍の姿を、プレゼンテーションで視聴し、一人一人が成長した一年であったことを、画面を通して確認することができました。

 

 

 

 

 

  

 

3月23日(水) 「学校自慢」発表会

 3年1組が国語で「学校自慢」発表会を行いました。自慢の場所を写真におさめ、それを大型モニターに映しながら発表しました。教室や体育館、校庭など、なぜその場所が自慢なのか、その理由や思いを詳しくはっきりと述べることができました。原稿を見ずにみんなの方を向いて発表する児童も多く、分かりやすく伝える表現力がずいぶん身についているなと感心しました。

 

 

3月23日(水) お楽しみ会

 いよいよ明日で今年度も終わりになります。教室をまわると、この学年での思い出をつくろうと「お楽しみ会」を行っている学級がいくつもありました。学級活動で話し合い、何をするかをみんなで決めて進めました。伝言ゲームや宝探し、フルーツバスケットやドッチボールなど、思い思いの活動をして、大いに楽しんでいました。学級のきずなが、また一段と深まったように見えました。

 

 

 

 

 

3月23日(水) 2年生が凧揚げ

 2年生が、生活科と図工科の合科的学習として、自分だけの凧を作り、それを校庭で空高く飛ばして楽しみました。1,2組が一緒に活動し、校庭いっぱいを使って夢中になって飛ばしていました。時々、糸が絡まってしまって困った様子も見られましたが、たくさんの手作り凧が空を舞う様子は圧巻でした。満面の笑みと歓声が、校庭いっぱいに広がりました。

 

 

 

3月23日(水) 1年生が校外学習

 1年生が生活科「きせつとなかよし」で、春を探しに御殿山公園に出かけました。この2,3日急に寒くなったので、冬の発見もあったようです。氷や霜柱、雪を見つけたり、つくしやタンポポ、梅の花やダンゴ虫などを見つけたりして、大はしゃぎしながら発見したことを教えてくれました。季節の発見のあとは、グランドで鬼ごっこをしたり「かごめかごめ」をしたりして、みんなで楽しく遊びました。「きせつとなかよし」になった素敵な校外学習になりました。

 

 

 

 

3月22日(火) PTA執行部会を開催

 PTA監事のお二人に監査をしていただいた後、令和3年度最後のPTA執行部会を開催しました。

 今回は、令和4年度のPTA総会や活動について協議しました。今年度もコロナ禍にあり予定通りの活動はできませんでしたが、できる中で教育活動を支えてくださったり、背中を押してくださったりして、とても頼もしい執行部の皆様でした。10名のうち、PTA会長様をはじめ5名の役員の皆様が本校を去られます。これまでの誠意と熱意ある活動、そしてご尽力に心から感謝申し上げます。‶起動力と活気みなぎるPTA活動”をありがとうございました。これからも本校の支援者としてどうかお力をお貸しください。

 

3月22日(火) どの学級でも!

 いよいよ3学期も今日を入れてあと3日!各教室では、学年のまとめをしたり、お楽しみ会の準備をしたりして、落ち着いた雰囲気の中で活動に取り組んでいました。1学期当初から比べると、学級のまとまりが感じられ、居心地のよい教室の中で活発に過ごしている様子が見られます。

 金曜日に卒業した6年生の教室は、物一つなく整然としていました。「この学校を旅立っていったのだな。」と実感し、寂しさがこみ上げてきました。

 

 

 

 

 

3月18日(金) 心のこもった卒業式

 今日は、6年生の晴れの舞台となる卒業式が挙行されました。67名の児童が、小学校の課程を修了し中央小学校を巣立っていきました。
 卒業証書を受け取る卒業生の凜とした立派な態度に、とても感動しました。また「別れのことば」では、これまでの6年間を振り返り、今の成長を確かめながら、自信に満ちた表情を見せていました。見送りでは、保護者の皆さんや在校生代表の5年生からたくさんの祝福を受け、少し照れながらも満面の笑みを見せてながら歩みを進めていました。
 お陰様で、心のこもった温かな卒業式になりました。PTA役員の皆様、保護者の皆様、大変お世話になりました。そして、在校生代表の5年生はとても立派な態度で式に臨み、卒業生からしっかりバトンを受け継ぐことができたと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3月17日(木) 心のこもった式場に!

 いよいよ明日は、6年生の晴れの舞台となる卒業式です。5年生が在校生を代表して、式場の準備を行いました。
 卒業生が「いい卒業式だった!」と思ってくれるようにと、どの児童も心を込めてテキパキと仕事を進めていました。さすが在校生を代表する5年生です。式場となる体育館はもちろんのこと、昇降口や通路、6年生の教室まできれいに掃除をし、そして思い出に残る飾りつけを行いました。
 明日は、心のこもった温かな卒業式になることでしょう。

 

 

 

 

 

3月17日(木) 卒業お祝い献立

 今日は、6年生にとって、小学校での最後の給食となりました。お祝いのケーキやみんなの大好きな唐揚げが出ました。また、お汁の中には桜の花びらをかたどった蒲鉾が入っていました。これまでお世話になった6年生に「ありがとう」と「おめでとう」の気持ちを抱きながら、美味しくいただきました。