学校ニュース

読み聞かせボランティア(読書週間)

 今週は、読書週間でした。朝の学習ではどの学級でも読書に親しみ、本の良さを見直すきっかけとしています。

 今年の読書週間は、すべての学級に「本を読む楽しさ」「想像する嬉しさ」を伝えたい、そして、「伝える嬉しさ」を共有したいという保護者の方が集まっていただきました。そして、ボランティアとして、朝の学習の時間に、すべての学級で読み聞かせを行ってくださいました。


 子どもたちは、ボランティアの方による本の世界に引き込まれるように、静かに読み聞かせに浸っていました。


 子どもたちに物語を語りかけるボランティア


 紙芝居のような形でお話を展開するボランティア

 新聞報道では、全く本を読まない子どもが増加しているとのことです。読み聞かせボランティアの方々の力をお借りして、本の素晴らしさ、楽しさを子どもたちに感じさせていきたいと思います。
 読み聞かせボランティアの皆様、本当にありがとうございました。