学校ニュース

日誌

バス 6/16 宿泊学習(4年)2日目

晴れおはようございます。

グループ宿泊学習2日目です。

 

鉛筆火起こし体験

 今日も、センターの方々にお世話になります。 

 

  

木の板と棒をこすりつけて、熱くして、火を起こします。

交代しながらこすり続けなければなりません。

火を起こすのはなんて大変なことか・・・マッチやライターの便利さを実感しました。

 

鉛筆野外調理(非常食)

宿泊学習最後の野外体験です。

火起こし体験でできた火種をもとに、野外調理を行いました。

昨日の、やかんで湯沸かしの経験が活かせました。

 飯ごう炊飯。まず米研ぎからです。自分の分は、自分でつくります。

 火の扱いも慣れました。余裕ですね。

 非常用レトルトカレーが温まったかな。

          様々な美味しい顔が勢ぞろい。

 

鉛筆退所式

 あっという間の2日間でしたね。センターの方々に本当にお世話になりました。

    感謝の気持ちを伝えます。

  

 時間が余ったので、昨夜の出し物の続きを。まだまだ居たい気持ちです。

   

 

昨年度の宿泊学習は感染防止のため中止になり、3年生も4年生も今年が初めての宿泊学習でした。どの活動も初めてのもので、真剣に真剣に取り組みました。3年生は、来年度またここで活動することに自信が持てたことでしょう。そして4年生は、来年海浜自然の家での宿泊学習に期待が膨らんだことでしょう。

 

子どもたちに豊かな経験の場を与えてくださった、センターの指導者の方々に深く感謝申し上げます。

1泊2日の宿泊学習は大成功に終わりました。

 

 

  

バス 6/15 宿泊学習(4年)1日目

晴れたいへんお待たせいたしました。

6月14日、15日の1泊2日で、4年生が宿泊学習を行いました。

場所は、板荷にある自然体験交流センターです。

 

グループ第1日目の様子です。

鉛筆開所式

鉛筆ウオークラリー

  

センターの方から説明を聞いて・・・さあ!出発!!2班に分かれてスタートです。     

   

途中で、2班とも合体してましたね。ゴール後、表彰式も和やかに。

 

鉛筆初めての食事(昼食)

  

 

鉛筆やかんゲーム

午後の活動です。野外調理上でやかんのお湯がどれだけ早く沸かせるか競います!

こんなゲームははじめてです。火を起こすが一苦労。

       

2日目の野外調理に向けて、いい経験になりました。

さて、どの班が早く沸かしたのでしょうか?

 

鉛筆河原での活動

本日、野外活動第3弾は、河原で活動しました。

川を眺めたり・・・

探検したり・・・

石積みしたり・・・指導員の方もいっしょに。

石投げしたり・・・

池ノ森とはまた違った自然の中で、それぞれが思い思いの活動ができました。

 

鉛筆キャンドルファイヤー

雨の心配がでてきたので、室内でのキャンドルファイヤーに変更しました。

内容の最終チェック・・・真剣です。

  

「私は火の神です。」

荘厳な暗闇の中で、火の神が、一人一人に火を分け与えました。

努力の火、思いやりの火、勤労の火、自立の火、勇気の火、喜びの火・・・次々と分火されました。

「私は火の神です・・・池ノ森小の校長先生に似ているかもしれませんが、違いますよ・・・・。」

 

キャンドルにも点火でき、やさしい明るさの中で、出し物が披露されました。

背中に書かれた言葉は何ですかゲーム、二文字しりとり、等々、頭フル回転でした。

 

夜まで仲間とともに過ごしたのははじめての経験でした。

頭も体もめいっぱい動かしぐっすり眠った子あり。

興奮でなかなか寝付けない子あり。

ともあれ、全員怪我なく、無事に一日を終えました。

 

 

 

学校 6/15 授業の様子

鉛筆2年生の算数は、3けたの数の学習です。

    

 

鉛筆3年生の国語は、物語の読み取りの学習です。

  

 

鉛筆5年生の理科は、生命の誕生について学びます。

  

 

課題に集中して学んでいる様子が見られました。

 

 

学校 6/14 1年図工

鉛筆1年生が図工で、「びよーんとのばすもの」をつくりました。

    

    

  

たくさんの「びよーん」がならびました。

楽しそうです!

 

学校 6/10 体力テスト

晴れ先週、悪天候のため延期された体力テストが、本日実施されました。

    

上級生と下級生がペアになり、テストを受けていきました。

1年生だけでなく2年生もはじめての体力テストでした(昨年度実施しなかったため)が、

上級生のお兄さん・お姉さんの上手なサポートがあり、無事終えることができました。

結果をもとに、今後の体力向上につなげていきます。

 

学校 6/9 給食の様子

鉛筆給食は、全校生25名が、食堂でいただきます。

毎日、できたてのあつあつメニューで、おいしいメニューばかりです。

みんなで食べるとさらにおいしくいただけます。

  

 わくわく委員会の放送担当が、お昼の放送を始めています。

 曲やお話を聞きながら、おいしくいただくことができます。

先日、パーテンションが出来上がりました。こんな感じです。

 

学校 6/9 さつまいもの苗植え

鉛筆1,2年生が、生活科の学習で、さつまいもを育てます。

今日は、苗植えを行いました。毎年、子どもたちに教えてくださる地域の名人に、今年もお世話になりました。

家庭教育学級もタイアップしての実施です。

  

名人から、苗の植え方について、説明を聞きました。 

 

さて、苗植えです。

一人5本。

苗植えしていると・・・幼虫を発見!

じっくり観察した後、大事に大事に、土の中へもどしました。

     

苗植えの後、藤棚の下で、さらに名人からお話を聞きました。

  

 

家庭教育学級のお母様方にも、ご挨拶です。

お世話になりました。

学校 6/9 水曜日は読書の日

鉛筆水曜日は、図書支援員の斎藤先生も来校するので、図書室がにぎわいます。

図書室入口にこんな貼り紙がありました。皆様、お気をつけて・・・

 

鉛筆2年生が、本を借りに来ました。

エリック・カールの本「スイミー」やギネスブック、ティラノザウルスの本などたくさん借りていきました。

「池の森小のギネスブックを作りたい!」と提案されました。

おもしろそうです。

 

 

鉛筆斎藤先生が作ってくれた紹介コーナーです。

今年度の課題図書が並びます。図書室入口にあります。

 ↑ おしゃれなあなたにおすすめです。

 

学校 6/9 水曜日は英語の日

鉛筆水曜日は、ALTのジョー先生が来校します。

今日は、6年生が、自己紹介の英語スピーチを練習しました。

 メモを読んだり暗唱したりと、一人一人が練習しました。

   

 

 先生に聞いてもらったり、タブレットで録画したりして、より良いスピーチを目指しました。

 

 

学校 6/8 池ノ森学シリーズ(1,2年)

鉛筆1,2年生は、生活科で、池ノ森の生き物について調べています。

   

   

前回は草花を集めてしおりにしました。

今回は、虫をつかまえて観察しました。1年生がつかまえた虫をかごに入れるとき、2年生はそっと助けてあげました。虫を大事に、仲間も大事に・・・です。

後半は、色紙とクリップを使い、かえでの種子に似せて工作しました。

うまくできるとクルクルまわり、遠くまでとんでいきます。友達の真似をしたり、自分で試行錯誤しながら、何度も何度もとばして楽しみました。

 

 

 

学校 6/7 池ノ森学シリーズ(3,4年)

鉛筆3,4年生は総合的な学習の時間に、池ノ森の野鳥について調べています。

   

  

講師の山﨑先生と校外に出かけるのは2度目です。

子どもたちは、鳴き声を聞いただけで、鳥の名前がわかるようになってきました。

頭上をサシバやゴイサギといった鳥が何度も飛んでいましたが、なかなかまとまった姿が見られませんでした。

最後の最後に電柱にとまった姿が見られ、大喜びでした。

 

 

学校 6/7 1,2年生校外学習

鉛筆1,2年生が、生活科の学習で、鹿沼市街に出かけました。

まちの駅新・鹿沼宿~まちなか交流プラザ~新鹿沼駅へと出かけました。

    

        

この集団で出かけるのは初めてです。

街中を歩くだけでわくわくしたそうです。

「鹿沼の麻が、横綱の綱に使われていること」に驚いたり、まちなかプラザに陳列された珍しい石や貝に夢中になったり・・・。いつも見ている街なのに、いろいろな気づきがあったようです。

新鹿沼駅では、リバティもスペーシアも見られてよかったです。

行く先々で子どもたちは、たくさんの方々に支えていただきました。お忙しい中、お時間割いていただき、ほんとに感謝申し上げます。

1,2年生は、今月末、宇都宮動物園方面へ出かけます。感染症対策に留意しながらも、できる活動は、前向きに進めていきたいと思います。

 

 

 

学校 運動会を振り返って(保護者アンケート)

運動会について、保護者アンケート結果をお伝えします。

保護者アンケート.pdf

  

運動会アンケート(感想等).pdf

  

 

保護者の方々からは、労いや称賛、建設的なご意見をたくさんいただきました。

どれも、次年度に向けて貴重なご意見ばかりです。より良いものにしていきたいという思いは、学校も地域も同じであると感じました。次年度は、どのような状況になるのでしょう。未だ先の見えない状況ですが、今回のアンケートをもとに、来年度はさらに良い運動会ができそうです。

アンケート記入へのご協力、ありがとうございました。

 

 

学校 6/4 子供たちのおすすめ本

鉛筆おすすめ本を伝えるお手紙が、毎日のように届きます。

前回紹介した本は、1年生教室前に展示しました。

先週から今週にかけて届いたお手紙に書かれた本は、3階のオープンスペースに展示します。

子どもたちのおすすめ本は、とってもすてきなものばかりです。

いくつかご紹介します。

 

 

お手紙の内容も、レベルアップしてきました。

週に一度来校する図書支援員の斎藤先生も、お手紙を大事に読んでくれました。

お手紙をくれた子の顔を思い浮かべながらの読書は、格別です。

 

 

学校 6/4 授業の様子

鉛筆5年生 算数

「小数でわる計算のしかたを考えよう」

小数でわる計算は、整数の計算にして求めることをまとめた後、さらに適応問題で定着を図ります。

  

ノートを見ると、学びの跡がわかります。一人一人ノートで解答した後、みんなで交流しました。

「あーそうか」「わかった」などのつぶやきが聞かれ、定着が図られているのが伝わりました。

 

鉛筆6年 総合的な学習

6年生は、池ノ森の植物を調べています。今日は、インターネットで検索し、情報収集です。

次回は、講師の橋田先生が来てくださるので、質問したいこともまとめておきましょう。

タブレットにもずいぶん慣れてきました。

 

学校 6/3 わくわくタイム

業間活動はわくわく委員会主催の「わくわくタイム」です。

今日は、班別の縦割り遊びを行いました。

 

2つの班は、それぞれ「だるまさんがころんだ」をします。

始める前に、ルール確認、鬼決めなど話しています。

 

もうひとつの班は「鬼ごっこ」です。すぐに始まりました。

「先生も入っちゃうよ~」

 

さて、「だるまさんがころんだ」が始まりました。

もうひとつの班はどうでしょう・・・・

  

鬼が遠いです・・・ダイナミックな発想です。

でも、鬼の声が聞こえません・・・上級生中心に相談しました。

そして仕切り直しです。少し近くまでいきました。

鬼を決めて、この後、遊び始めました。

 

3班3様のわくわくタイムでした。

学校 6/2 社会科見学(4年生)

鉛筆4年生も、石川小と合同の社会科見学を行いました

4年生は、下水道事務所、川上澄生美術館、千手山公園、第一水源地を見学しました。

  

下水処理の仕組みを学びました。

職員の方の説明を聞き、微生物が汚臭まで分解してくれることに驚きました。

美術館の学芸員さんから「風景にかくれた人間を探して」と問題が出されましたが、

無事に解決できて大喜びでした。

また、木版画の彫りの細かさに感動しながら、作品を鑑賞しました。

石川小の4年生と合同で、いつもより大きい集団での活動でしたが、気おくれせずいつもどおり行動できました。学校に帰ると、第一声、「石川小の子と仲良くなれた」と嬉しそうでした。社会科見学の学びに加えて、たくさんの楽しい思い出ができたようです。

コロナ禍にもかかわらず、見学にご協力いただきました地域の皆様、たいへんお世話になりました。子供たちが安心して活動できるよう、いろいろご配慮・お気遣いいただき、深く感謝申し上げます。

 

さて、3,4年生は、このあと、ビッグイベント「宿泊学習」が控えています。今日の社会科見学で学んだことを活かしていきたいと思います。

 

学校 6/2 社会科見学(3年生)

鉛筆3年生 社会科見学

 3年生は、鹿沼市内の伝統工芸館、文化活動交流館、ヤオハン貝島店を見学しました。

石川小の3年生と一緒に見学します。よろしくお願いします。

  

 

石川小と混合班で活動しました。ヤオハンでは、買いたいものがどこにあるのか、友達に相談しながら進めました。陳列物を見ながら、誰の買い物を優先するか相談して行動した班もありました。

花丸感想

・伝統工芸館の方に、やぐらのいろいろなしくみを教えてもらった。

・ヤオハンは、品物ごとにそろえられていることがわかりました。

・昼ごはんが食べ終わった後の鬼ごっこが楽しかった。

・はじめて社会科見学に行って、いろいろ勉強になりました。石川小の人と友達になりました。

・ヤオハンで買おうと思っていたものが買え感想

・伝統工芸館の方に、やぐらのいろいろなしくみを教えてもらった。

見学の記録がたくさん書けました。石川小の3年生と仲良くなれたことの感想が多かったです。

いつもより規模の大きい集団行動でしたが、得るものも大きかったようです。

コロナ禍にもかかわらず、教育活動にご協力いただきました地域の皆様には、深く感謝申し上げます。

おかげさまで、子どもたちは安心して様々な活動に参加することができました。

ありがとうございました。

 

学校 6/1 運動会を振り返って

鉛筆運動会の振り返って、子どもたちの声をご紹介します。

・力をだして、全力でできたと思います。

・スローガンがとてもよく守れたと思う。でも筋肉痛で足が少しいたい。

・全力で綱引きやリレー、その他もパワー全開でがんばれました。

・パワー全開で楽しくできました。とても楽しかったです。負けてしまったけどがんばれたのでよかったです。

・「勝っても負けても楽しい運動会」どおりにできた。みんな、休む人も一人もいなかったし、みんなで協力して楽しくできた。

・今年の運動会は、地域交流じゃなかったけど、みんな楽しめたからよかったなと思いました。

・地域連合大運動会じゃなくても運動会ができてうれしかったです。

 

◆5,6年生は、お互いの成長を伝え合った後、以下のように振り返りました。

・白組代表で下学年の行動を教えることができてほんと楽しかった。最後勝てて、とてもうれしかった。

・正直、少し不安だったけれど、みんなにしっかり(アナウンスが)聞こえていて安心しました。しっかり聞いてくれてうれしかったです。

・赤組は、6年生一人だったけど、しっかり準優勝盾を返したりもらったりすることができました。下級生のお手本になれたと思うので、来年もがんばってもらいたいです。

・こんなに友達からほめられたから。上手に体操ができてよかったなと思った。きんちょうしたけど上手に体操ができた。

・大きい声ではっきり言えたし応援も上手にできた。スローガンのように一生懸命がんばれたので楽しかったしうれしかったです。

・みんな自分がわからない(気づかない)ところまで、しっかり見てくれていてうれしい。応援も自分で上手にできたと思う。

※それぞれ自分のがんばりを振り返ることで、成長につながったと思います。コロナ禍での、縮小運動会でしたが得られたものは大きかったです。

 後日、保護者アンケートもとりまとめ、ご報告いたします。

 

 

 

学校 5/31 池ノ森学シリーズ(1,2年生)

鉛筆1,2年生 生活科「きせつとなかよし」

◆自然に生えてる草花をよく見てみよう

講師の渡邊先生と、校庭を観察しました。

今まで気に留めなかった草花がありました。一人一人、自分の虫かごの中に摘んで入れました。 

 

◆黄色は赤ちゃん

「ぶどうみたいのがあるよ!」・・・「ほんとだ!」・・・

子どもたちは、桜の実を指して言いました。

「さくらんぼみたいとは言わないのかあ」と担任。大人の感覚とは違うようです。

  

桜の実を拾い始めました。

「黄色も欲しいけど、落ちてないよ。(実の色は)赤と黒と黄色があるけど、黄色は落ちないのかな。」

・・・・・

しばらく考えて、少ししてしゃべり始めました。

「赤はおかあさんで、黒はおばあちゃんで、黄色は赤ちゃんなんだ。赤ちゃんだから黄色は落ちないんだよ。」

この後、赤い実を拾って、手指を真っ赤にしている子もいました。

 

たくさん拾って教室にもどりました。

 

◆だんごむしは虫?

 

教室にもどると、渡辺先生に質問です。

「だんごむしの赤ちゃんは何を食べますか」

先日からだんごむしを飼い始めた子は、赤ちゃんのことが気になります。

その中で

「だんごむしは虫なんですか。足がいっぱいあって、ほかの虫とはちがう。」

すると、渡邊先生が教えてくれました。

「虫じゃない。むかし、小さい生き物をまとめて虫って言ったんだよ。」

渡邊先生は、黒板に「6 4」て書き、

「足が6本、羽が4本、これがむ(6)し(4)」

・・・・・・・

子どもたちは渡邊先生の一言一言に引き込まれていきました。

渡邊先生、どの子の質問も大事に答えてくださって、ありがとうございました。

 

摘んだ草花はパウチして、大事に持ち帰りました。

 

 

学校 5/28 田んぼの様子

先日、田植えしてから、もうすぐ2週間たちます。

「わくわく田んぼ」はどうなっているでしょう。

さし苗が、ぶじに根付いてきたかどうか、ちゃんとわかるのだそうです。地域の方が教えてくださいました。ちゃんと根付くと、朝、葉先に水滴がつくのだそうです。どうでしょう・・・・

わかりますか?

たくさんの水滴が見られます。

じょうずに田植えできた証拠です!よかったよかったキラキラ

 

そして田んぼには、こんな生き物もいました。

豊年エビです。

まさに、ここの田んぼが豊かな証拠です。

これからの生長が楽しみです!

 

学校 交通安全教室

本日、交通安全教室を実施しました。

・ねらい:事故のない安全な歩き方や自転車の乗り方を理解する。

はじめにDVDを視聴しました。

  

その後、いよいよ体験です。

 

鉛筆1・2年生は、歩行や横断の仕方を練習しました。

 

路上駐車がありました。後続に車は来ていませんか?

・・・気を付けて確認してから急いで横切りましょう。 

    

鉛筆3~6年生は、自転車乗りの練習をしました。

 路上駐車がありました。前方から車が来ているか確認しましょう。  

      

↓↓↓ 一番釘付けになった場面かも・・・

 

今日の学習は、毎日の生活と切り離せない大切な学びでした。

鹿沼市役所の交通指導員さん、鹿沼警察署・茂呂交番の方々にたいへんお世話になりました。

この後教室で振り返りをしました。

 

学校 5/27 学力テストの日

6年生は全国学力・学習状況調査、

4,5年生はとちぎっ子学習状況調査を行いました。

    

日頃の成果を発揮できたでしょうか。結果が来るのは8月末の予定です。

 

 

キラキラ 寄贈

地域の方から、「彫刻屋台ポスター」を寄贈していただきました。

新聞にも掲載されたもので、鹿沼秋まつりに繰り出される彫刻屋台全27台をデザインした額入りポスターです。

3階オープンスペースに展示すると、子どもたちが興味深げに覗きに来ました。

地域学習で活用させていただきます。どうもありがとうございました。

学校 5/26 いちばん〇〇な本

  

こんなポストが設置されて、約ひと月がたちました。

子どもたちが、おすすめの本を手紙に書いて、ポストに入れてくれるのです。

最近は、日に何度か開けてみるほど、たくさんのお手紙がくるようになりました。

  

おすすめの本は、校長室前や、1年生教室前のオープンスペースに置きました。

〈めいろ〉や〈たんていもの〉、〈ものがたり〉、〈ずかん〉など様々です。

保護者の皆さんも、お迎えの際によろしければ手に取ってみてください。

  

図書支援員の斎藤先生がおすすめする本は、「わたしたちのカメムシずかん」です。

児童が29名の学校のおはなしです。まるで池ノ森小みたいです。

 

 

ときどき、キュンハートとくるお手紙も迷い込んでいます。

  ・・・ありがとうございます。

 

 

学校 5/26 ダンゴムシの日

「せんせー、ダンゴムシがにんしんしました!!!」

朝から元気な声が響きました。

どうやら、ダンゴムシが卵を抱えているようで、発見した子は大喜びです。

最近、生き物を飼い始めた2年生の影響で、1年生が「飼いたい!飼いたい!」と担任にお願いしていました。

業間休みに図書室に行って、ダンゴムシの本を見つけ、虫かごにダンゴムシの部屋をつくりました。

   

昼休みには、さらに庭のダンゴムシを見つけました。

  

「どうしたら丸まるの?」・・・

「見てて。つまんで、手のひらでツンツンてしてごらん、ほら丸まった。」

    

1年生は、身近なものに興味関心を持ち、遊びから探究的学びに発展していきます。

この主体的な学びを、言語活動や表現活動につなげていきたいと思います。

 

 

 

晴れ 5/23 運動会

昨日、天候不良のため延期した運動会。

本日、実施いたしました!!

  

早朝。朝陽が校庭を照らします。待っていたよキラキラ太陽晴れ

校庭には、保護者の方が前日のうちに平らにならしてくれた跡がありました。

まだ7時前なのに、テント下にはじっとしていられない職員が・・・

  

保護者の方が、バギーで校庭をブラッシングしてくれました。

保護者の方々が集まると、PTA会長さんを中心に打ち合わせが始まりました。本校の教育を支えてくれる保護者の皆様の力強さを、ひしひしと感じました。

 

 

 

いよいよ体育主任の合図で、スタート!!

 

開会式の選手宣誓、応援合戦、ラジオ体操が行われ、この後、種目にうつりました。

スローガンどおり、パワー全開!!

  

   閉会式。そしてドキドキの得点発表。

白組優勝、紅組準優勝。

両チームとも、ひたむきに頑張る姿がありました。

転んでもまた起きて走り出す!けがをしてもあきらめない!負けても勝者を拍手で称える!

そんな一生懸命な姿に心打たれました。

児童の皆さん、感動をありがとうございました。

子どもたちと保護者の皆様、そして本校職員で創り上げた運動会が、無事、終了いたしました。

 

学校 明日の運動会に向けて

いよいよ明日が本番です。

    

スローガンどおり、今日のパワー全開!最後の仕上げにのぞみました。

明日は明日のパワーを全開!にして、勝っても負けても楽しい運動会にしていきます。

 今から、わくわくです。

学校 5/21 本日の学び

鉛筆5,6年 音楽

「歌声と楽器のひびきの関わり合いを味わって歌おう」

    

本時の曲は「星空はいつも」です。

はじめに、曲のイメージに合う楽器を選び、副旋律を練習しました。

    

そして、タブレットで動画撮影します。友達に撮ってもらったり、自撮りもできます。

この後、動画の副旋律に、主旋律の自分の声を重ねます。プロの音楽家みたい。

難しい活動でしたが、これからも挑戦します。タブレットで、創作活動がいろいろできそうです。

 

鉛筆家庭学習強調週間を終えて・・・

家庭学習がんばりカードが提出されてきました。

子どもたちの家庭での様子がわかり、努力する姿が目に浮かびました。

その中で、「最近、学校でがんばっていること」について、運動会の練習と答えた子が多かったのですが、次に多かったの答えは「自分が苦手としている学習」についてでした。

できるようになりたいという意欲・思いを、もっともっと大切にしたいと思います。

また、家庭学習に対するおうちの方々のことばが、ありがたいものでした。いくつかご紹介します。

・算数ではできなくてくやしい思いをしたけど、がんばってのりこえてできるようになってうれしかったね。

・自分から進んでお手伝いをしてくれてありがとう。音読も、何回も何回も読んで上手に読めるようになりましたね。

・いつもお手伝いをしてくれてありがとう。母はとても助かります。スポーツと学習もがんばっていますね。これからもこの調子でがんばりましょう。

・ほぼ毎日勉強をしている姿をみていてとても頑張っているな思います。予習で作ってくれたスクランブルエッグがフワトロでとてもおいしかったです。これからも予習・復習と習慣づけてがんばってください。

・下の子の数字の勉強を一緒に教えてくれてありがとう。もうすぐ運動会です。ラジオ体操の練習もたくさんしましたね。本番、きんちょうせずやってください。

・本も読めたし学習もできるようになって立派になりましたね。

 

家庭学習強調週間の取り組みにご協力いただき、ありがとうございました。

 

 

学校 5/20 本日の学び

鉛筆運動会まであと2日

  

毎日「パワー全開!!」です。全校リレーも仕上がってきました。

スローガンが、校舎2階に掲示されました。本番まであと2日です。

 

鉛筆3年算数 

「一人分のクッキーの数の求め方を考えよう」

  

今日は、チャレンジ問題です。既習を活かして難問に挑戦しましょう。

問題:はるこさんとなつおさんは、二人でパーティを開きます。クッキーを4ふくろ用意しました。クッキーを同じ数ずつ分けると一人何枚ずつもらえますか。

児童:なんか変だ・・・(使える数字が)一つしかないなあ。

児童:式がわからない

教師:何が知りたい?

・・・・

児童:何枚ずつ入っていますか。

教師:12枚ずつ入ってます。

児童:あ~

児童:わかってきた

※課題を理解し見通しがたつまで5分程度でしたが、大切な思考活動でした。

 課題に十分向き合った子どもたちは、この後、それぞれ課題解決に集中しました。

 

※3年生は、まだ2桁の数のかけ算はできません。だから、ノートにかいて、自分で数えて、なんとか答えにたどりつきました。そして最後は、お互いに拍手で終わりました。達成感のある授業でした。

 

花丸おまけ 夏の準備開始

   

暑い夏に向けて、エアコンの点検掃除をしてくれました。ありがとうございます。

 

 

学校 5/19 運動会の練習 他

鉛筆本日は雨のため、体育館で練習です。

    

 

鉛筆校舎内に様々な掲示物等があります。

   

・わくわく委員会の活動のお知らせです。

 わくわくするような企画、楽しみです。よろしくお願いします。

・図書支援員さんの企画が始まっています。おすすめの本の紹介や感想を手紙に書いて、ポストに入れてください。

 子どもたちは、どんな本を紹介してくれるでしょうか。楽しみです。

 

学校 5/19 本日の学び

鉛筆1年 算数

「はじめてのたしざん」

    

3+2=5   

算数のノートにはじめて書きます。

一文字 一文字 ていねいに書きました。

 

 先生が出したもんだいを考えましょう。友達と話をしながら考えを深めます。

 指を使って数えます。指は大切な思考ツールです。繰り返し使ううちに、使わなくてもできるようになるのです。

 

学校 5/18 本日の学び

鉛筆2年 算数

「くり下がりのあるひき算のひっ算を正しくおぼえよう」

   

今日の問題:①40ー18 ②45ー38 ③45-8 

一の位どおしではひけないから・・・

「1くり下がる」計算を学びます。

◆今日の振り返り

・たくさん問題ができました。

・最初のころはよくわからなかったけど、だんだん計算ができるようになってきました。

 

鉛筆6年 理科

「血液の流れと働きについて考えよう」

  

前時に習った「心臓」や「肺」の働きも関係してるみたい・・・意見を交流しながら気づきます。

タブレットの動画で血液の流れを確認しました。

◆今日の振り返り

・血液の流れがよくわかりました。

・血液を流すため心臓は2つに分かれていることがわかった。

 

 

 

学校 5/17 田植え

毎年恒例の、全校田植えです。

田植えの活動ができるよう、土地を提供してくださった方、苗を育ててくださった方、田んぼを耕してくださった方など地域の方々のご協力のおかげで、実施することができました。ありがとうございました。

等間隔あけて並びます。水が澄んで、きれいに影も並びます。

おそるおそる入ります。

息を合わせて、横一列ずつ苗をさします。

    

 自分の分担場所は、責任もってしっかり苗をさします。手植えのたいへんさを実感。

  

足洗い。努力の跡が、腕にも服にも。

無事終了!

この後の生育は、地域の方に。どうぞよろしくお願いします。

学校 5/13 1年生を迎える会

わくわく委員会が考えた活動は「ドッチビー」。1年生を迎えて、全校生で遊びます。

  

 はじめに、6年生から、ルール説明。そしてゲーム開始!

    

    

1年生が大活躍しました。

後日、お手紙が掲示されました。

「1年生からおにいさん・おねえさんへ」

・こんなおもしろいものを おしえてくれてありがとう。これからも いろいろなものを おしえてね。

・なげるのが たのしかったです。ありがとうございました。

・どっちびぃが たのしかったです。いっぱいなげられて うれしかったです。おにいさん・おねえさんと またやりたいです。

・わたしは ふりすびいをなげるのが たのしかったです。みんなでできて うれしかったです。

・ぼくは きゃっちができて うれしかったです。みんなで どっちびぃができてうれしかったです。

 

わくわく委員の皆さん、楽しい企画をありがとうございました。

 

 

学校 5/13 運動会練習

     

22日の運動会に向けて、練習真っ最中です。

地域大運動会が実施できないので、学校だけで行います。保護者のみ参加となりますのでご理解ください。

スローガンは、「パワー全開!!勝っても負けても楽しい運動会」

負けても楽しいって、どういうこと?

(児童回答)

・負けてしまってくやしかったけど、みんなで仲良くできたから楽しかったということ。

・みんなで力を合わせて楽しくがんばれたということ。

・全力でがんばって負けたりすること。

・いっしょうけんめいやった気持ちのほうが強いこと。

・6年生は最後の運動会だから、楽しい思い出にするということ。

負けたら悔しい。でも子どもたちは、負けても楽しい運動会を目指します。

 

 

学校 5/12

花丸今日は、英語の日

英語ALTのジョーが来校しました。全学年で、英語の授業がありました。

鉛筆1、2年生

    

    

※All  English の問いかけに、徐々に答えられるようになりました。書字もがんばります。

 

鉛筆3、4年生

    

 ※thisとthatを覚えました。先生のジェスチャーは、this?that?

 

鉛筆5年生

  

 ※名刺交換しながら、英会話にチャレンジ。3人で順番を決めて始めました。

 

鉛筆6年生

 ※6年生は、英語のテスト中でした。学年が上がるごとに、レベルアップしているのがわかります。

 

花丸水曜日は、図書支援員の斎藤先生も来校します。

1、2年生が、図書館を利用しました。

    

    

読んだ本を記録して、自分の成長を確認します。

読書は、本との対話です。対話を通して、たくさん成長してください。

 

花丸おまけ

つばめの巣を発見。さて、何年生の教室前でしょう?

 

 

学校 5/11

鉛筆5、6年生 調理実習 「一人でクッキング」

    

新しい生活様式での「調理実習」は、材料の準備~調理~配膳と、全部一人でクッキング。

黙々と・・・静かな空間で、一人一人が学びに向かいました。

 

イベント昼休みのワンシーン

    

毎日、ほうせんかを見に来ているのかな。

   ほうせんかが、ずいぶん育ちました。(児童撮影) 

 

 

学校 5/10

鉛筆本日の学び

6年生 算数 「数や量の関係をXで表そう」

   

    

5年生 算数 「比例の関係を使って考えよう」

     

※5年生も6年生も、友達や先生の意見を聞きながら、自分のノートにまとめます。

 ノートは、考えを可視化し、理解を深めるための大事なツールです。

 

1、2年生 生活科 「まちたんけんのけいかくをしよう」

   

※まちたんけんのしおりを見ながら、どんなたんけんにしたいか考えます。

 

鉛筆≪池ノ森学シリーズ≫ 3、4年生 総合的な学習の時間

3、4年生は、池ノ森の野鳥について学んでいきます。

講師は、自然観察指導員の山﨑義政先生です。初めに教室でガイダンス、その後、校庭に出て観察しました。

   

     

     

   

 

※望遠鏡で野鳥を観察しました。学校周辺まで出かけて、9羽、見つけることができました。

 これから数回にわたり観察を続けます。どんな野鳥に出会えるかな。

 

     

 

イベント 5/8 PTA奉仕作業

晴れさわやかな朝です!

6:30から、恒例のPTA奉仕作業が行われました。保護者の皆様、そして全職員もそろって、草刈・除草作業に取り組みました。また、学童の支援員さんたちも参加してくださいました。本当にありがとうございました。

キラキラ作業前に、R2年度会長さんから、R3年度PTA新役員さん4名が紹介されました。

キラキラR2年度の役員さんに感謝状を贈ります。

  お世話になりました。

 

キラキラ新会長さんから作業の流れを聞いて、作業開始です。

    

    

    

    

    

    

敷地南側の斜面やフェンス沿いなど、難しい場所の草刈もやっていただきました。草刈部隊の手さばき、お見事でした。花壇や花壇周りの草取りも手早く、どんどんきれいになっていきました。ありがとうございます。

 東光スポーツ(野球部)より差し入れがありました。ありがとうございます。

  

 ミストシャワーも設置していただきました。熱中症対策になります。ありがとうございます。

 

キラキラ昨日、地域の方が、花壇を整備してくださいました。

    ありがとうございます。

 

無事終了。学校中がきれいになりました。最高な環境で、生活できることに感謝申し上げます。

 

  

学校 5/7 

花丸内科検診

 学校医 大谷先生に診察していただきました。

 心音、脈拍、姿勢など丁寧に診ていただきありがとうございました。

 

花丸≪池ノ森学シリーズ≫ 5、6年 総合的な学習の時間

 池ノ森の植物について学んでいきます。

 講師 橋田弘一先生と一緒に学校のまわりを散策し、草花を観察しました。

    

    

    

    

鉛筆児童の振り返り

・いつも歩いている道なのに、ぜんぜん見たことのない草や花があって調べてみたいと思いました。

・いろんな草や属性を教えてくれたので、よくわかりました。

・知っているものもあったけど、知らない花の方が多かったので、これから調べていきたいです。・・・

鉛筆講師 橋田先生から

・草花の名前を覚える必要はありません。調べればわかります。調べることを続けていくうちに、いろんな種類の草花を知ることができます。大切なのは、草花に興味を持ち続けることです。大人になっても学び続けられます。

 

鉛筆次の時間に、学習課題を各自決めていきます。橋田先生から、課題設定のアドバイスもいただきました。橋田先生、今日は実り多いひと時をありがとうございました。

 

花丸感染防止パーテンション(食堂バージョン)の試作ができました!

  

いよいよ本格的に製作開始です。

 

 

記念日 5/6全校集会 「わくわく委員会 活動開始!」

今年度の委員会は「わくわく委員会」です。

「わくわく委員会」のメンバー紹介

 委員長さんのごあいさつ

    

たてわり班ごとに、活動計画を話し合いました。

班の名前は?めあては?活動内容は?

  わくわく委員のみなさんお疲れ様でした。

 

おまけ

 もりんクッション 

   もりんのいもうと

マスコットキャラクター「もりん」をよろしく!

 

会議・研修 ICT巡回訪問

鹿沼市教育委員会から2名のICT活用アドバイザーが来校されました。

水野先生、永山先生、一日よろしくお願いします。

鉛筆国語 MIMを活用したことばの学習

1年生

  

タブレット学習ははじめてです。

永山先生が授業を進め、水野先生がサポートしてくれました。

約束は2つ。「先生の言ったとおりにやる」「先生が言ったこと以外はやらない」

  

 

2年生

    

昨年やっていたMIMの学習を、今年はタブレットで行うことができます。

感想・・・”(正解のとき)ポーンと音がなって楽しいです。” ”すぐに覚えられました。”

 

鉛筆音楽 音をつなげて曲をつくろう

5・6年生

  

「チューリップ」の曲を、つくります。

  

学び合いの場面が自然にできました。

”完成~!”・・・”聞かせてください♪”

 

鉛筆職員研修

タブレットの活用について、永山先生からたくさん学びました。

 

 

 

 

お知らせ 我ら わくわく池小サポーター

職員も、研修と修養に努めます。

 

鉛筆4/14 私たちの「ミッション(使命)」について学び合いました。

  

【私たちのミッションは・・・】

 ・どの立場の人とも信頼関係の構築に努めること。

 ・子供たちが安心して楽しく成長できる学校にすること。

 ・学校が大好きな児童にすること(学習・生活ができる、わかる。自分に自信がもてる)。他

【振り返りから】

・話し合う中で、地域・保護者・児童に恵まれた池ノ森小はすばらしいところだと思う。少しでも児童の良さを伸ばせるように努めていきたい。未来のために、地域のために。

・保護者や地域のニーズに応えることは、子どもを大切にすることだと改めて感じました。そのほかの方と信頼関係をつくるためには、気持ちのよい対応(あいさつ、笑顔、思いやり)を常に心がけることを意識して取り組みたい。

・地域(保護者・児童を含めて)から期待されている学校を改めて感じた。まさに、地域に開かれた教育を展開していかなければと思った。  他

 

鉛筆4/21 「池ノ森の自然を活用した学習づくり(池ノ森学)」を考えました。

・昨年度までの「いけいけ池小たんけんたい」の学習を引き継ぐ学びについて、話し合いました。

    

 講師の渡邊知義先生、橋田弘一先生から、アドバイスを受けて考えました。

 各学年のテーマや流れを決めました。今後の活動も随時お知らせいたします。

 

鉛筆感染防止対策も、知恵と技を集めて・・・

 対面用の卓上パーテンションを設置することになりました。

 みんなで縦・横の長さ、設置場所などを話し合い、イメージができると、あっという間にできました。知恵のある者、技の長けた者、それぞれの強みが生きました。

    

対面になりやすいところに設置していきます。

 

キラキラ 4/30 

花丸朝の検温チェック

    

昇降口前で、体温カードをチェックします。

今日も全員OK!元気な姿で送り出していただき、ありがとうございます。

 

花丸本日の学び

(1)先生の話を聞きながら考える学び

  

 ・1年国語 ひらがなの学習 ”「さ」を正しく書こう”

  ななめの線に気をつけて・・・一画一画の向きを確認しています。

 ・3年社会 鹿沼市をまとめよう・・・先生の説明を聞きながら、地図を見て考えます。

(2)一人で考えて書く学び

  

 ・2年国語 日記を書こう・・・見たこと、したこと、聞いたことなどを思い出して書きます。

(3)友達と相談しながら考えを深める学び

  

 ・6年音楽 どのように表現して歌うか考えよう

  このグループは、歌の出だしを「はっきり、大きく」と書きました。

  

  このグループは、歌の出だしを「なめらかに、やさしく」と書きました。

  同じ曲でも表現のしかたが変わります。この後、実際に歌ったりしてさらに深めます。

 

花丸業間のワンシーン

  

「ほうせんかの芽が出たよ。」「お水やった方がいいよね。」「連休明け、大きくなってるかな。」

花丸連休明け、子どもたちも大きく育って来るかな・・・。

 

花丸 4/28 学びの様子

1年生 算数

「7と8と9は、いくつといくつでできているかな」

     

半具体物(おはじき、自分の指)を操作しながら考えています。

 

   

先生や友達といっしょに考えています。

教室の中に、様々な学びの姿がありました。

 

3年 算数

「ヤオハンにとうちゃくした時こくは?」

    

 

はじめに、自分の考えをノートにまとめます。

次に、板書して友達に伝えます。

そして友達の解き方と自分のを比べて、考えを深めていきます。

 

4年 算数

問題です。

    

ノートには、結論・理由をまとめました。自分の考えをロジックに表現していきます。

この後、意見交換しながら納得いく答えを考えました。

 

英語活動

担任も英語で話します。

アイアム マジシャン!・・・

子どもたちにも伝わったようです。

 

職員室も学びの場に

   

1年 こくごで、めいしをつくりました。職員室の先生に、めいしをわたして ごあいさつします。

 

本日の給食

  

メープルトースト、牛乳、マカロニのクリーム煮、イタリアンサラダ

 

 

 

イベント 4/26 生活科 たんけん

1,2年生が、学校のまわりをたんけんに出かけました。

ため池や神社を、みんなでたんけんします。

   

ため池は初夏の様相。足元に生えている草に興味津々。

 

    

日吉神社。来たことあるけど、あらためて、じっくりとたんけんです。

「(お賽銭箱に)お金を入れないとおまいりしちゃだめだよ。」

「お金入れないから、さわっちゃだめだよ。」

・・・「神さまはやさしいから、お金なくても(願いを)かなえてくれるんだ。」

「神さまに おくりものしたよ。」

 

【たんけんカード】

   

グループ 4/25 除草剤散布

 早朝、保護者の皆様が、学校敷地内に除草剤を散布してくれました。

 校庭や花壇周りなど散布していただき、きれいな環境を保つことができます。

 休日の早朝、このような活動が行われているおかげで、学校は、きれいな環境で気持ちよく生活することができるのです。参加いただきました皆様、ありがとうございました。

 

 準備。除草剤の薬を詰めたタンクはとても重そうで、背負うのが一苦労な様子でした。

       

校庭への散布からスタートしました。一列に横並び。

皆さんの息がピッタリ合って進みました。ほんとにありがとうございました。

グループ 4/23 授業参観

 保護者の皆様、今年度最初の授業参観においでいただきまして、ありがとうございました。子どもたちもエールをたくさんもらい、良い学びができました。参観後の学級懇談もスムーズに進みました。保護者の皆様と直にお会いしてお話しすることができ、安心感も増しました。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

 

会議・研修授業の様子

       

 

 

    

 

花丸学級懇談後、家庭教育学級開級式が行われました。生涯学習課 髙橋 社会教育指導員から7名の役員の皆様に、委嘱状が交付されました。役員の皆様、お世話になりました。

  

 

にっこり最後に、本日の給食  

 今日もスペシャル献立でした。

 スパゲティミートソース、牛乳、フレンチサラダ、チーズドック

  ミートソースにパルメザンチーズをかけていただきます!本場の味です!!

 

 

避難訓練を振り返って

机の下に   全体で振り返り

4/16(金)に避難訓練を行いました。大きな地震により家庭科室で出火したことを想定して行いました。

子どもたちの振り返りは、80~100点でした。高学年ほど、自分に厳しい点数です。「知っていたから、放送を聞かないで動いてしまった」「本当の地震だったら放送を聞かないと動けない」など謙虚に考えていました。「事前に知らされないで行う訓練」の提案もあり、この日の訓練が今後に生かせるものとなりました。

年度内に、不意の避難訓練を実施いたします。

 

子どもたちの振り返りを、昇降口付近に掲示しました。

掲示

4/22 にゅうがくおめでとうこんだて

にゅうがくおめでとうこんだて

 

 

 

 

 

 

わかめごはん、牛乳、とりにくのからあげ、そくせきづけ、おいわいよしのじる、いちごクレープ

 

【子どもたちの感想】

・わたしは、今日のとりのからあげを楽しみにしていました。特に、わかめごはんとからあげの組み合わせが大好きです。デザートも、もちもちの皮でおいしかったです。

・入学おめでとうこんだて、おいしかったです。とくにイチゴクリームクレープがおいしかったです。また食べたいので、クレープときどき出してください。

・スープがあったかくておいしかったです。からあげもおいしかったです。

・とてもおいしかったです。①クレープ ②わかめごはん ③からあげ

・わかめごはんがとくにおいしかったです。あと、みんなで食べるきゅうしょくはとてもおいしいです。

・わたしは、とてもおなかがすいていたので、とてもおいしく感じました。とくに、わたしは、わかめごはんが好きなので、とてもうれしかったです。また食べたいです。

・今日のおいわいこんだてのからあげがぱりぱりしておいしかったです。1年生もよろこんでいました。

・入学おめでとうこんだて、おいしかったです。とくに、デザートがおいしかったです。上の方は、いちごがこくて、下の方はクリームとまざっていてそこがおいしかったです。

・今日の給食は特に美味しかったです。からあげは、ころもがサクサクカリカリで、お肉にとてもよく合うからあげでした。わかめご飯は、わかめとその塩加減がとても美味しかったです。このメニューの時はいつでもわくわくします。

 

令和3年のテーマは「わくわく」です

花丸令和3年度が始まり、ほぼ2週間になりました。学校全体が「やる気」に満ちている様子です。

 今年度の本校のテーマは「わくわく」です。このHPを通して、池ノ森小から様々な「わくわく」することを伝えて参りますので、どうぞよろしくお願いします。

 始業式に、子どもたちには以下のように伝えました。

 

【始業式の話】

 令和3年の新学期が始まりました。私から皆さんに送る今年のテーマは「わくわく」です。

 皆さんは、わくわくするようなことを、今までたくさん経験しているでしょう?例えば難しいクイズやゲームがちょっとずつ解けるようになってくると、わくわくしませんか?どこかに出かけるときもわくわくしますし、それまでの計画や準備もわくわくしますね。どんな「わくわく」であれ、わくわくすることには一生懸命取り組むことができます。一生懸命やると、どんどん難しいことにも取り組めるようになります。一生懸命な姿は、周りの人たちにも勇気を与え、みんながやる気になります。みんながそれぞれ、自分の「わくわく」に一生懸命取り組んだら、池ノ森小学校全体が今よりもっと素晴らしい学校になっていくのです。あらためて、自分がわくわくすることを考えてみましょう。

 さて、「わくわく」することが思いついたら、より良い取組にするために3つのことをがんばりましょう。

 一つ目、「先生や友達の話をよく聞きましょう。」

 二つ目、「友達と仲良くしましょう。」

 この二つを実行すると、自分一人だけではできなかったことにも「わくわく」と挑戦できるようになるでしょう。

 三つ目、「いろいろな本を読みましょう。」

 本を読むことで、「わくわく」することがたくさん増えてきます。今まで思いつかなかったような「わくわく」が思いついたり、無理だとあきらめていた「わくわく」に取り組むためのヒントをくれたりします。自分自身がどんどん豊かになりますね。

 話を聞くこと、仲良くすること、読書すること、この3つをがんばりましょう。(中略)

 今年のテーマは「わくわく」です。「わくわく池小」です。みなさんがわくわくすることで、今年1年間、池ノ森小学校を盛り上げていきましょう。

                       

キラキラ 入学式の様子

4/12(月)入学式が行われました。

4/12(月) 入学式が行われました。緊張した様子で入場し、すべてに真剣な態度で参加できました。これからが楽しみです。

1年生に3つのお願いをしました。

①担任の先生のお話をしっかり聞きましょう。

②友達と仲良くしましょう。

③本をたくさん読みましょう。

入場

令和3年度の池ノ森小がスタートしました。

今年度、池ノ森小はこんなことに力を入れます!

目指す学校像

・一人一人の良さや強みを発揮しながら、主体的に地域社会と関わり、様々な課題を解決していく。

目指す児童像

・他者とつながり、対話を通して主体的に活動する。

目指す教職員像

・互いを尊重しながら他者とつながり、地域と関わり、主体的な学び手であり続ける。

 

テーマは「わくわく」です。子どもたちと共にわくわくして活気ある学校を創造してまいります。

 

育成会からプレゼントをいただきました

 卒業式後のお見送りの後に感謝の会が行われ、池の森小育成会から、スクールキャラクター「もりん」のマーク入りエコバッグをいただきました。今年は新型コロナの影響で児童が参加する形での離任式が出来ないので、1年間お世話になった先生方に子ども達の感謝の気持ちを伝えさせたい、という育成会長のお話でした。鹿沼市の社会福祉協議会の助成をいただいたものだそうです。ありがとうございました!使わせていただきます。

 

令和2年度の卒業式が行われました

 

 春らしい穏やかな天気に恵まれ、PTA役員、保護者の皆様、在校生の見守る中、2名の6年生が卒業しました。新型コロナウィルス拡散防止のため、来賓なし、歌なしでの挙式となりましたが、職員一同知恵を絞り、校内や会場の装飾、ビデオメッセージ、黒板アートなど今年ならではの卒業式をつくりあげました。中学校の制服を着、卒業証書を手にした卒業生を見て、とても感慨深い思いをしました。あらためまして、ご卒業おめでとうございます。

 

卒業式を前に

今日の給食は、「卒業おめでとう献立」でした。わかめご飯、吉野汁、鶏のから揚げ、ほうれん草の和え物、イチゴクレープ、牛乳でした。みんなが好きなものばかり。6年生にとって小学校最後の給食でした。今日もとってもおいしかったです。

子供たちが帰ってから6年生のために黒板に落書きしました。

 

メダカの放流をしました

 今年の理科研究が終わったので、今日はメダカを居た場所に返しに行きました。「いけいけ池小たんけんたい」が用水路から採ってきて、ビオトープで増やし育てたメダカのうち、大きな個体30数匹を、5、6年生が選んでバケツに入れ放流の準備してくれました。それを昼休みに全児童で元いた場所に戻してきました。元気に泳いでいきました。メダカがずっと見られる「池ノ森」であってほしいです。

卒業式予行が行われました

 いよいよ来週18日の卒業式が迫ってきました。全児童、一生懸命予行練習に取り組んでいました。先生たちも放課後、職員会議を開き改善点を話し合いました。卒業生にとっても、在校生にとっても、良い、そして思い出に残る卒業式になるといいです。

自然観察フィールド『観察園(仮称)』は《ネイチャーパーク》に決定しました

 

 5・6年生が自然観察フィールドに看板をつけてくれました。自然観察フィールド『観察園(仮称)』の名称は《ネイチャーパーク》に決定しました。自然観察フィールド《ネイチャーパーク》は校門北側にあります。できるだけ草刈りや除草剤の噴霧をしない自然のままの場所にして、様々な植物が生え、昆虫がたくさん生息するような場所にしたいです。

2月26日(金)6年生を送る会

 

 初めに体育館で、6年生のことが良く分かる「○×ゲーム」、2チームに分かれての「三本線」を行いました。先生も参加して汗びっしょり。次にランチルームに移動してプレゼント。今回は、5・4・3年生が中心となってこの会を企画してくれました。立派に進行もしてくれて、次の学年へのステップにもなりました。お世話になった6年生との思い出の機会に、また感謝の気持ちを伝える良い機会になりました。6年生、これまで最上級生としての活躍、本当にお疲れ様でした。ありがとうございました。

2月25日(木)アバターロボットを使った美術鑑賞会を実施しました!

 

 栃木県と(株)ドコモCS栃木支店の連携による将来的な5Gソリューションの活用に向けた実証実験の一環として、栃木県立美術館に設置したアバターロボットを児童が学校にいながらパソコンで遠隔操作し、学芸員と一緒に美術作品鑑賞会を行うという図工のオンライン授業(1,2年生)を実施しました。コロナ禍における新たな美術鑑賞方法の試みにもなっています。学芸員の誘導でロボットを交代で動かしながら、「何が描かれているかな?」「この人達は何を考えているかな?」「この人のポーズをまねしてみて!」などの問いかけに元気よく反応しながら、清水登之の《地に憩う》《山麓の家族》《父の庭》の3点を鑑賞しました。アバターロボットを使っての鑑賞ということで児童は興味津々。まだまだ改良点はあるかと思いますが、双方向型のオンライン鑑賞には様々な可能性がありそうです。近未来の授業を垣間見た思いでした。

先輩による「化石探し講座」

 昨年10月に5・6年生が塩原の「木の葉化石園」に行ったときに後輩へのお土産に買ってきた化石の原石を使って、5・6年生が講師になっての「化石探し講座」が行われました。いけいけ池小たんけんで自然に興味を持った児童には大喜びの体験になりました。また、5・6年生にとっては上級生としての役割を自覚する良い機会になりました。

 

 夕方、すごい虹が出ました。端から端までクッキリ見えて、しかも二重!

こんなの初めてです。びっくり。そしてとてもうれしい気持ちになりました。

なわとび記録会がありました

 

 なわとび記録会が行われました。みんな、すごく集中して頑張っていました。そのせいか、いつもより結果が良かったという児童も多かったようでした。個人の記録会の後、クラスの長縄記録会も行われました。みんなで力を合わせて頑張る姿が見られてうれしかったです。

地区理科研究展覧会

 

 全校生で取り組んだ「いけいけ池小たんけんたい」を5・6年生が理科研究としてまとめました。1~4年生の観察記録や全校生によるスケッチを使ったたんけんマップも加えて、全校生による研究になっています。とてもすてきな研究物ができました。地区審査に出品したところ、最優秀賞をいただきました。みんなで頑張れてよかったです。

パンジーの苗植え

  1~5年生が今までお世話になった6年生のため(卒業式に向けて)に、パンジーの苗植えを行いました。協力してきれいに植えることが出来ました。

1月8日(金)3学期始業式

 

 令和2年度第3学期が始まりました。新型コロナウイルス感染症拡大の状況を鑑み、今回の始業式は、校内放送で行い、児童は各教室で放送を聞きました。代表児童が、3学期の抱負を述べ、学校長の話も放送を通して行いました。困難な状況が続いているなかですが、ひとり一人にとって、充実した毎日を過ごせるようにしたいと思います。また、3学期は一番短い学期ですが学年のまとめと進級の準備をする大切な学期。健康に気を付けて元気に楽しく学校生活を送れるようにしていきたいです。

1月9日(土)どんどやき

 

 育成会主催のどんど焼きに、職員も参加させていただきました。ありがとうございました。今年は小さめでしたが勢いよく舞い上がる炎と、天に昇っていく灰、竹の激しい破裂音。「新年」を感じました。他地区では見る機会の少なくなった行事ですが、大切に継続されている池ノ森にあらためて感激しました。

国際宇宙ステーション


 12月10日(木)17:05頃から数分間、池ノ森の上空を宇宙飛行士の野口聡一さんが滞在する「国際宇宙ステーション」が、北西から南東に向かって輝きながら、かなりの早さで移動していくのを目視することが出来ました。国際宇宙ステーション(ISS)は、地上約400km上空に建設された、人類史上最大の宇宙施設です。日本の実験棟名は「きぼう」。なんていい名前でしょう。おもわず、(流れ星ではありませんが)「新型コロナ騒ぎが早く治まりますように」と、お祈りしてしまいました。

フォトコンテスト表彰式・池ノ森自然写真展










12月8日(火)フォトコンテスト表彰式
12月9日(水)~11日(金)池ノ森自然写真展

12月8日は、表彰式といけいけ池小たんけんたい活動報告会が行われ5・6年生が司会進行・発表を立派に行いました。ご応募いただきました作品はどの作品も現在の「池ノ森」を見事に切り取った素晴らしいものです。写真展以降も、西階段にしばらく展示させていただき、池ノ森のステキを発信させていただきます。


フォトコンテスト審査結果発表!

 フォトコンテスト審査結果を発表します。地域外からもご応募があり最終的には総数76点の参加をいただいて盛大なコンクールとなりました。ご応募ありがとうございました。(撮影者のお名前をクリックすると大きな写真が見られます)


「最優秀賞」 
【生命の部】『ひなんくんれん まとまって』   金子雄一さま



   
ニホンミツバチの巣を襲うスズメバチの緊迫した瞬間をおさめたベストショットの写真だ。特に、ニホンミツバチが尻を上げて戦闘態勢をとっているようすは、生態的にも貴重な画面だ。〈評:渡辺知義氏




【景観の部】 『どきどきわくわくたんけん隊』  高橋 瞳さま

 緑の田園と森に囲まれた1本の農道、3人の子ども達はこれから何の探検に行くのでしょう。池ノ森・自然の魅力再発見のテーマに最もふさわしい作品です。縦位置の構図もよく、延々と続く道の遠近感がよく表現されています。〈評:小杉国夫氏〉





「優秀賞」
【生命の部】 『クモと雲』  秋澤 貴之さま     

   ジョロウグモと大きな巣を樹間をとおして大空に配した構図は見事だ。また虫たちの天敵ジョロウグモも野鳥などに襲われることもあるだろう、8本ある足が6本になっているのも自然界の厳しさを伝えている。〈評:渡辺知義氏



【景観の部】 『夕日』  カサブランカさま 

  今回の写真展の中で夕焼けの写真は珍しく、とても目立っていました。

 この情景はある特定のタイミングでしか出会う事が出来ない希少な夕焼けということもあり、こだわりが伝わってきました。また、雲と空のコントラストが素晴らしくシャープに表現されております。安部 敬士郎氏


 

「審査員特別賞」 
『家族』  江俣 拓実さま

  普段は見過ごされてしまう道端に咲く植物(エノコグサ)を、実にフォトジェニックに撮っています。夕暮れ時、低いアングルで逆光でとらえ、大小の穂が輝き、背景をシンプルにボカしたのも効果的です。〈評:小杉国夫氏〉





「自然観察員特別賞」 
【生命の部】『家族でお食事』   2本足のかかしさま

   田植えが終わり、しばらくして落ち着いた水田の風景。上半分は山か林のかげ、下半分には青空が映り、コントラストがよく出ている。

   サギの食事風景だが、ここには2種類の家族がいて、大きい方はアオサギ、小さい方はゴイサギの親鳥と幼鳥。ゴイサギの幼鳥が何かをついばんでいる。サギたちは、全部が同じ方向を向いているので、先頭のゴイサギの方向に小魚の群れでもいるのだろうか、想像をかき立てる風景だ。〈評:山崎義政氏




【景観の部】『お米たくさん実ったね』  金子 雄一さま


  たわわに実った米、キジの親子。オスとメスの幼鳥に、親鳥が話しかけている様子が感じられ、微笑ましい一枚だ。構図も斜めに一線あっておもしろい。望遠レンズで、親子を深度ぎりぎりまで捉えていてタイトルとの相性が良く出ている。(被写界深度=ピントが合う範囲)

  今年の春、学校の校門前の草むらで母キジが卵を抱えていた。そっとのぞき込んだら威嚇して飛びかかってきたので、あわててその場を逃れたことがあった。ヒナは7~8羽生まれるが、この写真の幼鳥になるまでには、たくさんの試練があり、実った米を見られる幼鳥は数少ない、やさしく見守ってあげたい。〈評:山崎義政氏





「PTA会長賞」 
『空と田んぼと日光の山』  瓦井 陸空叶さま   

 空と大地の比率がすばらしく吸い込まれるような印象を受けました。また、撮影場所が子供たちの毎日通う通学路ということもあり、今回のテーマである池ノ森がうまく映し出されていると感じました。〈安部 敬士郎氏〉



「学校長賞」 
『男体山と池ノ森』  髙橋 志歩さま  
 

  初冬の青空に曇をいただく日光連山と池ノ森地区、そして児童の姿。児童が写真を撮ろうとしているのは池ノ森小学校でしょうか。フォト活動を行った今年の「いけいけ池小たんけんたい」を象徴する写真ができました。〈評:島 一嘉〉





「いけいけ池小たんけんたい特別賞」
『太陽と草』  髙橋龍司さま

 池ノ森の自然とまんまるい太陽が、ドカンと元気のもらえる写真で、雲一つない空が池ノ森の魅力そのものだと感じました。また、しゃがんで撮った角度の向きは、小杉さんに教わった写真の撮り方の一番大切なポイントを捉えた撮り方で素晴らしい作品だと感じました。〈5・6年児童〉

写真展の準備がはじまりました



「いけいけ池小たんけんたい池ノ森自然写真展」の準備がはじまりました。昨年の高橋進展(絵手紙展)の経験が活かされ展示作業もスムーズです。前回の活動が次の活動にに繋がっていて、すごいことだと思います。

いけいけ池小たんけんたいアートクルーズ

今年の「いけいけ池小たんけんたい」の総まとめとして、県立美術館で行っている「アートクルーズ」を活用し、県立美術館と県立博物館に行ってきました。とても楽しい一日になったようです。児童は前日からとても期待していたようで、連れて行った私たちもとてもうれしかったです。


美術館では、企画展示室では展覧会を担当した鈴木学芸員さんに竹工の解説をしていただきました。細やかな作品やダイナミックな作品、さまざまな表現がありました。栃木県は竹工が盛んで人間国宝がふたりもいるんだそうです。

コレクション展では、本校の先生たちがワークシートを使って鑑賞会を行いました。子ども達は、心に残る作品やワークシートにある〈キラキラ〉や〈しあわせ〉〈におい〉などといった「言葉」にふさわしい作品を一生懸命見つけました。

公共施設の利用のしかたを学ぶほかに、美術館ではものを「観察」する力の育成と、個々の見る「切り口」を自分の表現として伝えること、他の考え方を認め自分の価値観を高めることをめざしました。

博物館で、5・6年生は、10月に那須塩原の現地調査でもお世話になった柏村先生にご指導いただいて鹿沼土の成分分析を行い、火山活動の学習を深めることが出来ました。修学旅行で行った群馬県の赤城山との関係も教えていただきました。

1~4年生は、これまで「いけいけ池小たんけんたい」で学んだ「水辺のいきものについて」を、博物館の標本を見ながら再確認してきました。見たことのない珍しいいきものもたくさん見てきました。


博物館では、「博物館に展示してあるようないきものが池ノ森地区にいる」ということから、地域の貴重性や、自分たちが行ってきた「いけいけ池小たんけんたい」の活動の意義を確認することができました。

鹿沼市教育会図工美術展 サテライト会場


毎年、鹿沼市文化活動交流館で行っている鹿沼市教育会図工美術展を、今年はサテライトの形で各校で行うことになりました。12月1日(火)から保健室の横に展示します。(本校は12月11日(金)まで)機会がありましたらご覧ください。

人権集会


人権集会がありました。「人権は自分も相手も大切にすること」という話の後、グループになり、フラフープを指に乗せたまま床に下ろすというゲームをしました。「息を合わせ」たり、「協力」したり、「相手のことを意識」したりしないとうまく出来ません。生活の中でも相手を意識できるようにしたいです。

校庭の紅葉



 学校の周りも紅葉が見られるようになりました。池ノ森小学校の校庭には驚くほどたくさんの樹木があり、赤やオレンジ、黄色の紅葉がたのしめます。今、見頃です。落ち葉もたくさんで、まるでカラフルな絨毯のようです。1・2年生の生活科の授業で使う「秋を探す」教材が学校の庭で手に入る素晴らしさがあります。
 教頭先生や教務主任の先生、スクールサポートの先生達が掃いてくださっていますが、おいつきません。お世話になります。ありがとうございます。

食に関する指導



 3・4年生、5・6年生が津田小栄養教諭の村上先生をお招きして食事に関する勉強をしました。好き嫌いをせず偏りのない食事を心がけること、おやつの取り過ぎには注意すること等教えていただきました。

避難訓練


 地震を想定した避難訓練が行われました。全児童、放送と同時に机の下に隠れ、先生の指示に従って迅速に避難することがことが出来たようです。先生がいない場合でも放送の指示だけで逃げられるのか、が次の課題かもしれません。

南東の夜空


 日が暮れるのが早くなってきました。昨日、御連絡いたしましたが、ご覧になれたでしょうか?あたりが暗くなってきた頃、南西の空に細い月と木星、土星が寄り添うように輝いています。惑星と月の競演は、月が細いほど惑星の明るさが際立ち、とても美しい眺めになるのだそうです。木星と土星は12月下旬にかけて更に近づいていくそうです。

球根植え



 全児童で花壇にチューリップ、クロッカス、スイセンの球根を植えました。きれいな自分たちの学校をつくること、4月に入学する1年生をお花で迎え入れること、ふたつの意味のある活動だったと思います。みんな一生懸命活動できました。

フォト審査




 写真家の小杉国夫さん、鹿沼自然観察会の渡邉知義さん、山崎政義さん、PTA会長さんを審査員に招いて、フォトコンクールの審査を行いました。事前に小杉さんから見るポイントを教えていただいて、児童が「いけいけ池小たんけんたい特別賞」を選び、その後「最優秀賞」と「優秀賞」を審査員全員で、「審査員特別賞」「自然観察員特別賞」「PTA会長賞」「学校長賞」をそれぞれ選びました。賞に入る入らない関係なく、池ノ森の素晴らしい写真がたくさん応募され、池ノ森のステキがまた見つかりました。ありがとうございました。発表は12月8日(火)になります。お楽しみに!

校庭に彫刻の設置




 伊澤さんご夫婦にお世話になり、粟野中学校のバラ園のところにあった彫刻を本校校庭に移動しました。彫刻は二紀会で活躍する飯村直久さんの石を彫ってつくった作品《森の音Ⅱ》です。
 大きさの違う卵を横半分に切ったようなものが繋がって輪をつくっています。卵の上面は鏡のように磨かれ、側はのみ跡で仕上げられています。磨かれた部分には風景が映り込み、水をたたえているかのようです。木々に囲まれた水の雰囲気は、まるで池ノ森の溜池のイメージにも思えます。晴れた日には木漏れ日が、雨の日には榎の木からの滴が降り注いで森の音がするかもしれません。池ノ森小学校にぴったりの彫刻ではないでしょうか。
 座っても良い彫刻だそうですが、危ないので立ったり、飛び乗ったり、飛び降りたりしないでください。

1・2年生 生活科 草木染め






 昨年度もお世話になった鹿沼市生涯学習活動講師の若林キミさんを迎えて、草木染め体験を行いました。昨年は用意していただいたものを使っての草木染め体験でしたが、今年は自分たちで探した池ノ森の植物を使っての草木染め
を行いました。クチナシは鮮やかな黄色、アボカドは薄いピンク、センダングサは黒緑色(海松(ミル)色というそうです)に染め上がりました。とても楽しかったです。若林さんからは「チクチクくっついて『いやだなあ』と思う雑草(センダングサ)もこうやって役に立ちます。身の回りにもいろんなものがあります。見た目だけで『いやだなあ』と思わないでください。いいところがあるんです。」とお話をいただきました。人も同じだなあと思ってお話を聞かせていただきました。自分たちの身近にある植物を使って手品のように布に色をつける(染色)ことが出来ること、普段関心を持たない植物にもそんな力があること、自分たちの周りにはそういった植物があること、を学びました。また、池ノ森のステキをみつけました! 

いけいけ池小たんけんたい 1年間のまとめ


 渡邉先生、山﨑先生と一緒に行ってきた今年の「いけいけ池小たんけんたい」も最終日。1年間のまとめを行いました。今年は池ノ森の水環境を水生生物を中心に調べましたが、今年も様々な発見がありました。これから5・6年生を中心に研究のまとめを作成していく予定です。写真家の小杉さんから「生き物を見つける目がすごい」と褒めていただきましたが、渡邉先生、山﨑先生のおかげだなあ、と思います。ありがとうございました!

フォト活動 秋




 写真家の小杉国夫さんをお招きして、「秋の池ノ森」を撮影するフォト活動を行いました。今日は家庭教育学級とタイアップ。お天気に恵まれ真っ青な空がとてもきれいでした。紅葉した草木や秋の野花、池ノ森の風景と日光連山等、傑作がたくさん撮れました。終わった後は体育館で講評会を行いました。大人があれこれ考えて撮るより、子どもが感性で撮った写真の方が何倍もすごいものが撮れたような気がしました。(個人の感想です。)写真コンクールの締め切りが近づいてきました。どしどしご応募ください!

いけいけ池小たんけんたい 溜池周辺いきもの調査 10月



 
 いけいけ池小たんけんたいが、 溜池周辺のいきもの調査(3回目)を行いました。前回より更にトンボ類は数が減り、バッタ類を多く捕獲することができました。
 
【捕獲した生物】:ハサミムシ、オオカマキリ、オオアオイトトンボ、カナヘビ、ワラジムシ、コカマキリ(緑・褐色)、アキアカネ、コバネイナゴ、キチョウ、クビキリギス、ウラギンシジミ、ショウリョウバッタ、モンシロチョウ、クルマバッタ、クモヘリカメムシ
【確認した野鳥】:ハシブトガラス、ハシボソガラス、カケス、スズメ、ヒヨドリ、キジバト、アオサギ、コゲラ、シジュウカラ、モズ、ノスリ

5・6年生 校外学習(那須塩原方面)





 

 秋晴れの素晴らしい天気のもと、5・6年生が理科、社会、図工の勉強に紅葉の那須塩原方面に行ってきました。午前中は栃木県立博物館の柏村先生にお世話になり、露出している地層の現地調査や『木の葉化石園』での化石取り出し体験を行いながら、塩原の地形、地層と川の流れ、化石について学びました。午後は4年生の社会の教科書にも載っている明治21年に建てられた『旧青木家那須別邸』の見学、世界で活躍する日本を代表する画家のひとり奈良美智さんの美術館『N`s YARD』での美術鑑賞会を行いました。とても充実した楽しい校外学習になりました。係の仕事もしっかり出来ていました。

いけいけ池小お楽しみ会~秋のスポーツ大会



 児童会主催のいけいけ池小お楽しみ会~秋のスポーツ大会を行いました。今年は春に運動会が出来なかったので、これまでも行っていた『全校共遊』を拡大したかたちでの実施としました。しっぽ取り、池小ネットワーク、みんなでジャンケン、綱引き。児童会のメンバーが企画・準備・進行・競技説明・後片付けを頑張ってくれました。おかげでとても楽しい時間になりました。とてもよかったです。
 応援に来てくださった保護者の皆様、ありがとうございました。

2年生朗読劇『おてがみ』


 2年生朗読劇『おてがみ』朗読劇は、こぢんまりとしたかわいらしい劇でしたが、感情のこもった読み方はもちろん、2年生達で話し合って考えたという、小道具、大道具にも工夫があって、とても雰囲気のあるステキな朗読劇でした。一緒に見ていた1年生は「来年は」という気持ち、3年生は振り返りの気持ちだったようです。

1・2年生 生活科校外学習




 1・2年生も「なかがわ水遊園」に行ってきました。こちらは生活科なので同じ施設に行っても、勉強の内容が違います。川の中の生き物をよく見てくること、友達と協力すること、係の仕事を頑張ってくることを目標に頑張ってきました。1・2年生にとっては初めての校外学習でかなり楽しみにしていたようです。とても楽しい1日になったようでした。

ガーデンスピナー


 今までなんとなく職員室の壁に掛かっていた金属の飾り。先日、テレビで美術番組を見ていたら見覚えのあるそれを大量に使ったインスタレーションが紹介されています。吊されたそれが回転してキラキラ輝いています。調べたところ、アメリカなどの家庭で使われている装飾品の「ガーデンスピナー」というものだそうです。お恥ずかしい話ですが用途を初めて知りました。あわてて平らだったそれを回転するように広げて昇降口の天井に吊してみました。(あとで聞いたら3年前に鹿沼市の姉妹都市ノースダコタ州のグランドフォース高校生からいただいたものだったそうです。今まで大変失礼しました。)

教員研修 外国語



 市教委の高橋奈穂子先生をお招きして本校の外国語の学習についての勉強会を開きました。1、2年生の授業を参観していただいた後、授業についての話し合いを持ち、講評をいただきました。
 1,2年生でもここまで出来るのかと驚いた、ジョリーフォニックス。終盤の高度な語が含まれる会話も、子ども達が理解できていたスモールトーク。1,2年生にとって身近なものを選び、繰り返しの活動を取り入れたメインの活動。たくさんのお褒めの言葉をいただきました。他学年も含め今後の活動に活かしていきたいと思います。

3・4年生 社会科見学



 3・4年生が社会科見学に那珂川町にある淡水魚水族館「なかがわ水遊園」に行ってきました。体験講座、水族館見学を主に、公共施設の利用や、経路の町や地域の様子、土地の利用などについても学んできました。
 いけいけ池小たんけんたいで水生生物を研究しているため、展示物への興味がとても良かったようです。とても楽しかったそうです。市内の社会科見学が出来なかったための措置でしたが、関連する内容を見ることで深い学びにつながったようでよかったです。

いけいけ池小たんけんたい水生生物調査 10月



 いけいけ池小たんけんたいが、 溜池周辺のいきもの調査(2回目)を行いました。前回は雨が降ってきてしまい、調査が中止になってしまいましたが、今回は大丈夫。じっくり調査を行うことが出来ました。
 前回たくさん見られたトンボ類は数が減り、キリギリスやコオロギ、クモなどを多く捕獲することができました。
 
【捕獲した生物】:オオイトトンボ、アキアカネ、コガネグモ、ナガコガネグモ、エンマコオロギ、ツズレサセコオロギ、クビキリギス、ツユムシ、スズメガ(幼虫)、オオカマキリ、コカマキリ、キチョウ、ツマグロヒョウモン

【確認した野鳥】:ハシブトガラス、ハシボソガラス、カワセミ、セグロセキレイ、カルガモ、ヒヨドリ、コジュケイ

池小まつり





 令和2年度の池小まつりを実施しました。今年は演目を縮小し、会場も座席数を限定しての開催となりました。練習も集まっての練習が難しかったため、
お囃子演奏、各学年の合奏や総合的な学習の発表、各学年の英語朗読という構成となりました。そんな中で児童・職員ともに「出来る範囲で、最大限のものを」めざして頑張りました。

 その後、自治会との合同開催となった「ヴァイオリンとピアノによるコンサート」が行われました。今年は連合での運動会が開催できなかったので自治会がプレゼントしてくれたものです。とてもステキな時間となりました。ありがとうございました。

 子どもたちは演技、準備、片付け、係りの仕事等、全力を出し切り、協力し、お互い励まし合って活動できました。思い出に残る1日になったのではないでしょうか。

池ノ森自然フォトコンテスト募集中!


「池と森のいきもの天国 いけいけ池小たんけんたい ー池ノ森自然フォトコンテストー」の募集期間がスタートしています。期間は11月13日(金)までです。池ノ森の自然をテーマに写真を撮って、是非、ご応募ください!
 今週末は「池小まつり」です。子ども達は毎日練習を頑張っています!

租税教室


税務署の方をお呼びして5・6年生が税の話を聞きました。お世話になりました。税金が自分たちの身の回りでどのように使われているのか、税金がなかったら自分たちの暮らしがいかに不自由なものになるのか、を学びました。その大切さが理解できたようです。

新聞に紹介されていたので読んでみました


コミック5巻までの、文明が失われた世界で科学の知識によって抗生物質をつくり出そうというストーリーと、現在医療関係者が新型コロナウィルスの治療薬開発に立ち向かっている姿がダブって感じられました。ところどころ専門的な話が出てきますが、理科の授業で習った薬品名や元素名が出てくるので分かったような気になれました。

新聞に紹介されていたので読んでみました


日本で肺ペストが流行する、という世界を描いた作品。ウィルスが感染拡大していくイメージばかりでなく、ウィルスに罹患したときのイメージ、ウィルスの次にやってくるもののイメージも描かれていて、人が様々な状況下でどのような判断を下すべきかを考えさせられました。現在の新型コロナウィルス状況下を彷彿させます。(全3巻)