学校ニュース

日誌

3年生 中学校の先生による乗り入れ授業(体育)

 
 

 3年生は、中学校の先生による乗り入れ授業で、体育「ハードル走」を教えていただきました。最初は難しそうに跳んでいましたが、跳び方のコツを教えていただいてからは、リズムよく自信をもって跳べるようになりました。


     

4年生久保田掘見学

 
 4年生が社会科の学習で、久保田掘の見学に行きました。
地域の方にお越しいただき、久保田掘のことについて詳しく教えていただきました。
子どもたちは、久保田掘の全長の約半分を徒歩で歩くことにより、昔の人々の大工事の苦労についても実感できたようです。ふるさと板荷の歴史について、一人ひとりがしっかりと学習することができました。ありがとうございました。



小中合同クリーン活動と野外給食

 毎年実施されている小中合同クリーン活動が行われました。小・中学生が6つの班に分かれ,せせらぎプールや学校周辺の歩道を清掃しました。せせらぎプールにはたくさんの落ち葉があり,学校周辺の道路にも普段は気付かないたくさんのゴミがありました。活動後は,すっかりきれいになった清掃場所を目にし,子どもたちも充実感をもてたことと思います。
 伝統あるこの活動は,小中一貫教育のねらいはもとより,作業を進める中で「自分たちのふるさとを自分たちの手できれいにする」気持ちが育つきっかけになることを願っています。中学生がリーダーとなり,縦割り班で活動することで,小学生にとっても中学生の姿から多くのことを学ぶことができました。
 作業後は,活動した班で給食を食べました。晴天の下で一緒に活動した仲間と食べる給食は格別だったのではないでしょうか。

バレエ鑑賞会

 11月16日(水),板荷小学校体育館を会場に「バレエ鑑賞会」が行われました。当日は,谷桃子バレエ団のみなさまをお迎えし,板荷小・中学生,保護者の方々,地域の方々が一堂に会し,鑑賞しました。第一部は,「実演と解説:バレエを知っていますか?」,第二部は「白鳥の湖ダイジェスト版」の二部構成の鑑賞でしたが,プロの演技はもちろんのこと,小・中学生31名が参加した「バー・レッスン」や「白鳥の湖」にも会場より大きな拍手が送られました。児童・生徒にとっては,秋の深まる中,文化芸術に触れる貴重な体験となりました。


社会科見学(5年生)

 11月15日(火),5年生が社会科見学を実施しました。見学先は鹿沼ケーブルテレビと栃木県庁です。
 鹿沼ケーブルテレビでは,放送のしくみやケーブルテレビ局の仕事について説明を受けました。その後,2グループに分かれ,番組作り体験をしました。出演する側と番組を作る側のそれぞれを体験することができ,情報を伝達する仕事の楽しさと難しさを感じることができました。
 栃木県庁では,本庁舎・昭和館・議事堂を見学しました。子どもたちは,県庁に設置されている本県のPRコーナーや各市町村の情報コーナーを見て,多くのことを学ぶことができたと思います。県庁最上階の展望室からは宇都宮市の景色を一望し,自分たちのふるさと板荷とは違った町並みや地形などに関心をもつことができました。(あいにくの曇天で富士山が見えなかったことが残念でした・・・。)


小麦まんじゅう作り

 11月9日(水)。5・6年生が,板荷中学校で行われた「小麦まんじゅう作り」に参加しました。
「小麦まんじゅう作り」は,例年,小学校6年生と中学校2年生が協力して活動していましたが,中学校が総合的な学習の時間の内容で学習することになったことに伴い,今年度は,小学校5・6年生が参加しました。(次年度からは,5年生での参加になる予定です。)
 当日は,鹿沼市食生活改善推進員会板荷支部の先生方のご指導の下,小中学生が協力して楽しく活動することができました。自分たちの郷土の料理を知り,それを自分たちの手で作る活動から子どもたちは多くのことを学んだことと思います。また,小中一貫教育のよき学習の場となりました。

鹿沼市小中学校合同音楽会

 本日,鹿沼市民文化センターにおいて鹿沼市小中学校合同音楽会が開催されました。
板荷小学校では,3年生以上の児童が参加しました。高齢者交流会,学習発表会に続き,3度目のステージ発表でしたが,みんなで心を合わせ,美しい歌声を響かせることができました。
(写真は,学習発表会の時の合唱の様子です。)