学校ニュース

日誌

アクセス数150000突破です

 気が付くと、アクセス数が150000を突破していました。これも皆様が気にかけてご覧いただいているお陰と感謝申し上げます。当初は「年内に100000アクセス行くだろうか。」からスタートし、次は年度内に「150000アクセス行けたらいいな。」でしたが、あと2か月以上残しての到達に嬉しく思います。他校のホームページを拝見するとアクセス数はさらにずっと多く、内容面でもとても充実しています。アクセス数は無理でも記事の充実では少しでも追いつきたいと思います。これからも子どもたちや職員の活動の様子や様々な変化の様子をお伝えしていきたいと思います。これからもどうぞよろしくお願いします。

 

       植込みの樹木もきれいに選定されました

図書室の掲示物

 今日は本来でしたら、KLV読み聞かせが予定されていましたが、新型コロナウイルス感染症拡大防止対策として、外部からのボランティアの方で児童と接触する活動を行う方については緊急事態宣言が発出されている期間は活動を見合わせることとしました。読み聞かせを楽しみにしている児童はもちろん、KLVの皆さんも準備をしてくださっているのですが、今の状況を考え読み聞かせは延期させていただきました。図書室の環境整備についてはお願いしましたが、KLVの皆さんが大勢集まるとよくないとの配慮から代表の斎藤さんがお一人で活動してくださることになりました。お正月らしい飾りを考えてくださいました。KLVの皆さんが全員顔を合わせ、楽しく活動したり読み聞かせをしたりできる日常が戻ってきてほしいと思っています。一日も早い収束を願っています。

  

 

子どもは元気いっぱいです

 大人は背筋を丸めて寒そうにしている中、子どもたちは元気に体育の授業を行っていました。中には半袖で汗を拭きながら動き回っている子も。子どもの元気さがうらやましい今日この頃です。

     

樹木の剪定

 三品造園様に職員室南側の樹木の剪定をお願いしました。一日がかりの作業のおかげですっかりきれいになりました。ありがとうございました。

 

 

新年にふさわしい

 子どもたちが戻ってきて校舎内に活気が出てきました。そこに加えて、スクールサポートスタッフの深井先生が生け花で彩りを添えてくれました。職員玄関と校長室が一気に新年にふさわしい様相になりました。色鮮やかで目を楽しませてくれますが、それだけでなく、蝋梅のいいにおいが鼻をくすぐります。学校にお越しの際はぜひご覧ください。

     

     

 

KLV読み聞かせ

 2021年最初の読み聞かせでした。お正月を扱った作品が多かったようで、七福神が登場していました。子どもたちは笑ったり、声を掛けたりしながら楽しそうにお話に聞き入っていました。今年も楽しいお話を楽しみにしています。どうぞよろしくお願いいたします。

   

 

   

 

            

 

   

 

 

 

3学期がスタートしました

 冬休み中に大きな事故や怪我などなく、みんな元気に楽しく過ごせたようです。今日の始業式も放送室から「3学期に頑張りたいこと」を3名の児童が発表しました。それぞれが3学期に取り組みたいことや次の学年や中学校への進学・進級に向けて準備をしようと頑張っていることが分かりました。休み時間には久しぶりに顔を合わせた友達と元気に遊ぶ様子が見られました。

明日から冬休み

 長かった2学期も今日で終わります。明日からは冬休み。今回も終業式は放送室から3名の児童の「2学期に頑張ったこと」の発表と校長先生の話を行い、各教室で聞きました。子どもたちは、それぞれ2学期に行った行事が楽しかったことや各自が頑張ったことを発表しました。上手に発表できました。明日からの冬休み事故や怪我のないよう安全に過ごし、みんな元気に3学期を迎えてほしいと思います。

 

薬物乱用防止教室

 講師として鹿沼警察署生活安全課の吉井様をお迎えし、薬物乱用防止教室を実施しました。子どもたちは薬物を身近なものとして感じていないようですが、これから先、自分の身に誘惑や気の緩みなどがいつ訪れるか分かりません。吉井様からは、「絶対に薬物は使わないこと」「誘いがあっても断ること」「そのときには身近な大人の人に伝えること」などを教えていただき、神妙な顔でうなずいていました。ふり返りでは「薬物はぜったいにやらない」「誘われても断る」といった感想が聞かれました。

もうすぐクリスマス

 先日の記事にも書きましたが、1年生はアサガオの蔓を使ったリース作りを行っていました。作品が完成し、廊下に飾られました。他の教室でも廊下の壁にクリスマスツリーやリースが飾られていました。今年は例年とは少し雰囲気が違う12月が始まりました。いつもとは違う年の瀬になりそうです。それでも子どもたちにとって楽しみなクリスマス。今年ももうすぐやってくるのですね。





今日の子どもたち

 朝夕の寒さが堪える毎日ですが、子どもたちは元気です。校庭では障害走で、体育館ではバスケットボールで、汗一杯になりながら走り回っていました。教室では卒業式に向けての式歌の練習を行っていました。式の時には歌えませんが、事前に録音して式の中で流そうと考えています。生活科ではアサガオの蔓を使ったリース作りを行っていました。元気よく、そして楽しそうに活動する子どもたちを見ていて、自分も寒さに身をかがめることなく背筋を伸ばしてすごそうと気合いを入れ直しました。











KLV読み聞かせ

 今日は今年最後の読み聞かせでした。1年生から3年生の教室での読み聞かせでした。KLVのみなさんがお帰りの際に「それではよいお年を。」と帰られました。気がつくとそんな時期なのですね。

校長室のお花

 スクールサポートスタッフの深井先生がまた校長室に素敵な花を飾ってくださいました。読み聞かせのために学校を訪れたKLVのみなさんもしばし花を観賞されていました。



今月の掲示コーナー

 子どもに読んでほしい詩と早口言葉の掲示が変わりました。今回も素敵な詩が掲示されました。

人権集会

 昨日から本校の人権週間が始まりました。昨日はお昼の放送で人権作文の紹介がありました。今日は業間の時間を利用して人権集会がありました。きょうだい学級ごとに教室に集まり「人権ビンゴ」を行いました。まず、本校のよいところを子どもたちが考え、ますに書きました。その後、本校の先生たちが考える本校のよいところを紹介して、それがあったら〇で囲み、〇が3つ並べばビンゴです。先生たちの考えたよいところは「あいさつができる」「声が大きい」「やさしい」「仕事を進んで行う」など全部で9つ。発表されると「やったー」「あってたー」の声が。それに混じって「へー」「なるほど」「そっちかあ」等の声も聞こえました。最後に活動のふり返りを行いました。楽しそうにふり返りをする様子が見られました。











おやじ倶楽部

 12月6日(日)おやじ倶楽部が行われました。今年度は開催は無理かと思っていましたが、「飼育小屋を改装して物置にしたい。」「周りを6年生の絵で飾りたい。」そんなPTA会長さんの一言がきっかけで、開催の運びとなりました。仕事の手順や細かな設計図もなく、その都度みんなで相談しながら作業が進んでいきました。4時間後にはイメージ以上の物置が完成しました。一方、ねじを使ったコントとともに縄跳びのジャンピングボードも整備され、作業は無事終了。1月には6年生の保護者のみなさんと子どもたちによって絵が描かれる予定です。ご協力いただいたみなさん、ありがとうございました。















5年ふるさと活動 鹿沼ケーブルテレビ見学

 12月2日(水)に1組が3日(木)に2組が鹿沼ケーブルテレビを見学しました。ふるさと活動として地域の企業として見学することに加え、社会科の学習で通信業についての学習も兼ねています。子どもたちはケーブルの仕組みについて興味をもったようです。また、生放送での緊張感についてもお話を聞きました。アナウンサーさんだけでなく,カメラマンさん音声さんなど全員が協力して一つの番組を作り上げていることを知りました。実際にカメラやミキサーの仕事を体験したりカメラの前でアナウンスをさせていただきました。普段はすらすら話せるのにカメラの前では緊張してうまく話せなかったようです。貴重な体験をありがとうございました。




上小教研体育部会研修会

 30日(月)に本校を会場に上都賀地区小学校教育研究会体育部会の研修会が行われました。本校の塩澤教諭を講師に「ゲーム・ボール運動の授業づくり」をテーマにした実技研修でした。18名の参加者に加え、本校の職員も参加しました。ゲームやボール運動など実技中心で、普段の研修では見せないような笑顔や大きな声が飛び交い、実に楽しそうな研修会でした。



校内表現運動発表会

 今日で最後の発表会です。今回は5・6年生になります。高学年らしい堂々とした演技でした。低学年からは「かっこいい」「すごい」といった声が聞こえました。他の学年の演技は子どもたちにとってよい刺激になったようです。よい発表会となりました。













北中学校訪問

 今日は北中学校の酒井校長先生と生徒指導の先生が6年生の授業の様子を参観し、中学校生活についてのお話をするために学校を訪問してくださいました。中学校生活が身近なものになり始めて6年生にとって中学校の校長先生と生徒指導の先生の前での授業はとても緊張したようです。そのあとのお話も具体的で子どもたちは興味津々な様子で聞き入っていました。体育発表会を終えて少し緊張感が抜け始めるところですが、子どもたちにとってよい刺激になったようです。