学校ニュース

日誌

下野新聞の取材「交通安全うちわ」

7月16日(金)昼休みに、下野新聞の記者が取材に訪れました。交通安全協会菊沢支部の「交通安全うちわ」に対するものでした。本校から4・5・6年生全員が交通安全標語を応募させていただいたので、本校児童がうちわを持っているところを撮影したいというものでした。本校を代表して、6年生全員に写真に入ってもらいました。

もうすぐ夏休み、交通安全に努め、自分の命を大切にしてほしいです。

 

 

とても暑いですが

7月16日(金)業間、とても気持ちのよい青空が広がっていました。熱中症対策は不可欠ですが、あまりにも青空がきれいだったので写真に収めました。

新規採用教職員の指導訪問

7月15日(木)は、上都賀教育事務所による新規採用教職員の指導訪問がありました。お2人の先生が来校してくださり、授業を見ていただいた後、ご指導を頂戴しました。

子どもたちは、本当に、一生懸命、学習に取り組んでいました。とてもとても素晴らしい態度でした。

 

サイクルパトロール ありがとうございました。

7月15日(木)はサイクルパトロールの日でした。下校直前に大雨が降ってきてしまい、雷が鳴ってきたらどうしようと思ったのですが、下校時刻には雨も上がり気持ちよく下校できました。今日は5名の保護者の皆様にご協力をいただきました。本当にありがとうございました。

今日も暑いですが

7月15日(木)、今日もじめじめした暑い1日になりそうです。そんな中でも、子どもたちは、外で、思いっきり体を動かしていました。

こうして見ると、まるで森か林のようです。セミの抜け殻を集めていました。

何日か前には乗れなかった子が、乗れるようになっていました。

きゅうりもなすも、たくさん採れました。

体育で行った活動を遊びながら練習している児童が増えました。すばらしいことです。

 

 

 

木を揺すったら

7月14日(水)業間に校庭を歩いていると、「先生、ボールが木に引っかかってしまいました。」と言いながら、6年生が木を揺すっていました。遊んでいたボールが木に乗ってしまったらしいのです。次の瞬間、その子たちから「クワガタだ~っ」という叫び声が。揺すった木から2匹のクワガタが落ちてきたのです。ボールよりも先に。

なんともラッキーなお話でした。

花が咲いたよ

7月14日(水)、登校指導を終えて昇降口に向かうと、あさがおの世話をしているたくさんの1年生の姿が目に入りました。「先生、ぼくの花が咲いたよ」「私はつぼみができたよ」「明日、咲くかなぁ」1年生の嬉しそうな声が耳に入ってきました。みんな、よかったですね。世話をしたかいがありましたね。

 

KLVさんの活動がありました。

7月13日(火)、KLVさんが図書室の環境整備を行ってくださいました。「これから夏休み」というこの時期にピッタリの掲示物を作ってくださいました。また、新刊本の受入れをしてくださいました。お忙しいところ、子どもたちのために時間をつくってくださいまして、本当にありがとうございます。今後とも、よろしくお願いいたします。

 

 

業間はこんなに天気がよかったのに

業間の子どもたちの様子です。こんなに外で気持ちよく過ごせたのに。13:10には鹿沼市に「大雨警報」が発令されました。あっという間に校庭は水浸しになりました。

業間終了後、1年生が使っていた一輪車を片付けてあげる3年生の姿がありました。また、委員会の仕事として竹馬を整とんする姿や、委員会の仕事ではないのに友達の仕事を手伝う姿が見られ、とても嬉しく思いました。

生命の神秘

7月13日(火)業間に校庭を歩いていると、6年生のある男の子が、「先生、あそこでセミが生まれています。」と教えてくれました。案内してもらって見てみると、まさに「羽化」の最中でした。その子も虫が好きで、1時間目の理科で「葉の観察」をしていたときに、たまたま見つけて、業間にはタブレットを持ってきて、既に動画と静止画を撮影し終わったとのことでした。今は、サイトを検索すれば、いくらでも動画が見つかるご時世ですが、私にとっては、「生」で見られたことがとても嬉しく感じました。まだまだ私も少年のような心を持ち合わせているようです。