学校ニュース

日誌

本校の資料展示のお知らせ

 2月3日から2月13日に鹿沼市民文化センターで開催される 鹿沼まるごと博物館 第7回企画展 『災禍の祈り』に、本校に保存されている「清洲村郷土誌」や「卒業記念集合写真」などの資料が数点展示されることになりました。資料を取りに来た鹿沼市教育員会文化課の職員の方のお話では、展示だけでなく子供も楽しめる企画も考えているとのことです。

            資料を確認する市教委文化課の担当職員の方々

 

 

寒さに負けない子供たち

快晴がつづいています。

子供たちは寒くても元気いっぱいです。

校庭を駆け回っている姿から日々パワーをもらっています。

 

読み聞かせ

今年もよろしくお願いします。

 

今年度最後の学期、3学期のスタートです。図書室の掲示もKLVの方や図書支援の先生が新しくしてくださいました。

色々なジャンルの本に触れる機会となっている読み聞かせも、残すはあと2回。

今年も図書室に足を運び、たくさんの本に親しんで欲しいと思います。

 

3学期始業式

例年より長かった冬休みが終わり、1月11日に始業式を迎えました。児童全員が元気に登校できたことをうれしく思います。各学級の代表児童が3学期の抱負を発表してくれましたが、どの子の言葉にも3学期も頑張ろうという決意や希望が表れていました。今学期も充実した学校生活が送れるよう誠意をもって教育活動に取り組んでいきたいと思います。ご協力をよろしくお願いします。

 

 

金銭教育(5・6年生)

よく考えて使おうね

 

5・6年生は金融広報アドバイザーの方を講師に招いて金銭教育を行いました。

「欲しいものがあったら、本当に必要なのか、今必要なのかを考えてみよう」

「お金も大切だけど、お金で買えないものはもっと大切」

お正月を目前に、お金のはたらきや大切さを教えていただき、子供たちの身も引き締まったようでした。

スケート教室

12月17日はスケート教室でした。

学校を出発した時には雨が降っていましたが、霧降スケートセンターに近づくにつれ青空が広がり、うっすらと雪に覆われた日光連山が子供たちを迎えてくれました。

コロナのために昨年は実施できなかったので、2年ぶりのスケート教室でしたが、あっという間に上手に滑れるようになった子供たち。おいしいお弁当も食べて、一日を満喫したようです。

 

駐在所見学(3年生)

 

私たちの安全を守って下さりありがとうございます!

 

3年生は社会科で安全を守る仕事の学習を行っています。そこで清洲駐在所の須藤さんにお話を聞くことにしました。パトロールや巡回連絡だけでなく、事件や事故があれば現場にかけつけるなど、駐在所のお仕事は大変そうです。警棒は身につけているだけでなく、通在所のカウンターやパトカーにも常備してあり、危険と隣り合わせのお仕事であることも再確認できました。私たちの安全を守って下さっていることに感謝の気持ちも持つことができました。

 

避難訓練

12月14日の3時間目に家庭科室から出火したことを想定した避難訓練を行いました。

今回は、鹿沼市消防署から消防士の方に来ていただき、消防署への通報や避難誘導の様子も見ていただきました。

次に消火器の使い方を教えていただきました。写真に写っている消火器には、実際にはバケツ9杯分に匹敵する消火剤が入っているそうです。消火器を使う時は自分の逃げ道を作ること、火の元に消火器を向けること、火が天井までいっていたら初期消火はあきらめてすぐ逃げることが大切なのだそうです。最後には全員が水消火器を使って火を消す練習をしました。みんな、教えていただいたことをもとに火の元(火の絵が描かれている的)めがけて水をかけ、無事に消火(的を倒す)できました。災害はいつ起こるか分かりません。いざという時にこの経験が役立つことでしょう。

 

ワックスをかけました!

12月6日~10日は清掃強化週間でした。

1年生~6年生が協力して、自分の清掃担当場所を隅々まで一生懸命に掃除をしました。。

最終日の10日には、縦割り班清掃で綺麗に水拭きをした2階の廊下、オープンスペース、

東階段、西階段に5・6年生がワックスをかけました。

さすが高学年。予定の時間より早く終わりました。

ワックスも月曜日には綺麗に乾き、床がぴかぴかになりました!

 

おやつについて考えよう

 粟野地区学校給食共同調理場の栄養教諭である、松島先生をお呼びして5・6年生を対象に

食に関する指導を行いました。

 今回のテーマは、「おやつについて考えよう。~生活習慣病を予防するために~」でした。

 前もって児童に行ったアンケートでは、児童の半分が「ほとんど毎日おやつを食べる」と答えてくれましたが、

おやつで食べているお菓子やファストフードに含まれる油の量、一緒に飲んでいるジュースに含まれる砂糖の

量を知り驚いている様子でした。

 今後、おやつやファストフードを食べるときに、食べる量や組み合わせを考えながら食べられるといいですね。

 

 

学級会1・2年生

よく聞いて、考えて、発表できたよ!

 

本校は学級会を通して「進んで話し合い、協力して実践する子どもの育成」を目指し、学校課題に取り組んでいます。

13日は今年度最後の研究授業、1・2年生「2学きをふりかえるかいをしよう」が行われました。

学級会の始まりの歌「にじ」で気持ちがほぐれ、穏やかな雰囲気で会が始まりました。議題や、提案理由、決まっていることを確認したら、いよいよ話合い。司会の3人が頑張ったのはもちろんですが、他のみんなも、友達の意見をよく聞き、自分の意見を堂々と発表できました。話し合いの結果決まったのは「2がっき思い出ばくだんゲーム」「がんばった絵のプレゼント」。仲良くなるために行う会だという理由がしっかり頭に入っているので、全員が納得して決定できました。これからみんなで準備も頑張りましょう!23日の「ふりかえる会」がますます楽しみになりましたね。

 

ICT活用アドバイザー来校

目指せタイピング名人

 昨日は、鹿沼市教委よりICT活用アドバイザーの永山先生が来校され、子供たちにタブレットの使い方についてご指導してくださいました。今回は、タブレットをキーボードにつなぎ、10本の指を使って文字を打つこと(タイピング)を中心に教えていただきました。基本は、猫の手のイメージで手の平を丸くしてキーボードの上に指を乗せること、速さより正確に文字を打つことを心がけることの2つだそうです。どの学年の子供たちも、楽しくかつ真剣にタイピングの練習に取り組んでいました。タイピングの練習を続けていくと、キーボードを見なくてもすらすらと文字が打てるようになります。いつかは、そんなかっこいいタイピング名人になってほしいです。

 放課後は、職員研修の時間を設けて、永山先生にICTの有効な活用の仕方をたくさん教えていただきました。

 

人権集会

友達のことも友達のことも大切に。

 

12月1日から10日は清一小の人権週間です。

7日には人権集会が行われました。

まずは「ギョウザじゃんけん」。皮(パー)肉(グー)ニラ(チョキ)がそろったら、ギョウザの完成「いただきます」ができます。パー・グー・チョキがそろえばいいのだけれど、なぜか同じ物を出しちゃう気の合う友達です。

次は「ラッキーセブンじゃんけん」。1から5まで指を出し、足して7になったらひじタッチ。相手が何を出すか考えながらのジャンケンです。相手を思いやる気持ちにつながります。

「後出しジャンケン」では、負けるように出すジャンケンに意外と苦戦。普段と違うことをするって、難しいですね。

最後は「ピクトグラム」。何を表しているか、仲良し班で考えました。誰にとっても分かりやすいマークであることを実感できました。

6年生が人権作文を読んで会が閉じられました。心がほんわかできた集会となりました。

 

 

図書室掲示

12月もたくさん本を読んでね!

 

12月になり、KLVの方や図書支援の先生のおかげで、図書室が一気にクリスマスムードに!ALTの先生も、昇降口の詩のコーナーにアドベントカレンダーを飾って下さいました。クリスマスの飾りは、見ているだけでうきうきしますね。

今日は一足早くKLVの方が1・2年生に読み聞かせのプレゼント!本は心の栄養。本を読んで、自分の心に栄養をプレゼントしてあげましょう。

 

持久走大会

みんな頑張りました!

 

雲一つない青空の下、持久走大会が行われました。

「練習してきた成果を出し尽くそう」「自分のめあてを達成しよう」と、みんな頑張りました。「疲れた」「もうだめだ」と思っても、たくさんの声援に背中を押され、力が出せたようです。応援の力は偉大です。

保護者や地域の方に安全面でもサポートをしていただいたおかげで、けがをする子も体調を悪くする子もなく、無事全員完走することが出来ました。ありがとうございました。

服のチカラ 応援プロジェクト

ご協力ありがとうございました!

5・6年生は総合で環境の学習をしています。そこで、もう着なくなった子供服を、世界で服を必要としている人々に送る「ユニクロ 服のチカラ 応援プロジェクト」に取り組みました。地域の方にも声をかけ、約5ヶ月で集まった子供服はなんと936着!みんなの想いが世界中に届きますように。

 

喫煙防止教室

11月29日に、鹿沼市健康課母子健康係保健師の松田昌子様と大房千紗様をお呼びし

5・6年生を対象に喫煙防止教室を行いました。

たばこには、なんと200種類もの有害物質が含まれているんだそうです。

たばこの煙の中に含まれる有害物質の中には、ヒ素や一酸化炭素、DDT等が含まれており、

これらはアリ駆除剤や車の排気ガス、殺虫剤に使われることやタールは発がん性物質であることを知りました。

また、たばこが体にどんな悪影響があるのかを丁寧に教えていただきました。

たばこは、百害あって一利無しと言われるほど体に良いことがないことがよく分かりました。

 

持久走の練習にサプライズの応援

本番も頑張ります

昨晩からの雨が上がり、校庭の水も引き始めました。明日の持久走大会は予定通り実施できそうです。

月曜日には、今年の3月まで本校の学習指導員をしていた菊地先生が、持久走練習の応援に来てくださいました。菊地先生のサプライズの登場に子供たちはびっくり。とてもうれしかったようで、一段と力が入った走りをしていました。

菊地先生は、本校を離れた今も、ホームページを通して子供たちの様子を見てくださっているそうです。明日の持久走大会の記事も楽しみにしてください。

 

読書週間の読み聞かせ

読書週間も大詰め!

 

読書週間も今週が最終週。

読み聞かせボランティア、図書委員による読み聞かせに引き続き、今週の水曜日の読書の時間は図書支援員の渡邉先生に読み聞かせをしていただきました。人に本を読んでもらうって、大人にとっても幸せな時間。クリスマスを前に「お家の方に本を読んでもらえる幸せ時間が、子供たちにありますように。」と願うばかりです。

いちご作り農家の見学(3年)

清洲のいちごは間違いなく美味しい!

 

3年生は以前社会科で「いちご作り」の学習をしました。今回、学校の目の前のいちご農家「大越さん」のビニルハウスを見学することに。

クリスマス前の一番高いいちごです。足下に気をつけてビニルハウスの中へ。ビニルハウスの中はイチゴが育ちやすい26度の夏温度。ぽかぽかになりながら、いちごの出来るまでの話を聞いたら、質問タイム。二酸化炭素の出る機械やハクビシン対策のネットなど、様々な工夫も知ることが出来ました。これだけ手間暇がかかっている大越さんのいちごは、美味しいに違いありません!