学校ニュース

日誌

図書室の回転式本棚

図書室の本が増えてきたので、回転式本棚を購入しました。文庫版の本を収納するのにぴったりの本棚です。早速、文庫本をそちらの本棚に。文庫本があったスペースには、人気のシリーズ本を。空いたスペースに、絵本を面出しして飾ってすっきり。図書室のマイナーチェンジ!みんな気づいてくれるかな~。

粟野歴史民俗資料館

社会科で昔の暮らしについて学習している3年生。学校の資料室にも昔の道具がたくさん保管されているのですが、今日は粟野図書館に併設されている粟野歴史民俗歴史資料館を見学してきました。長火鉢や飯びつなどの台所用品や、蓄音機やランプなどの生活用品を直に見ることができました。片隅につるされた蚊帳の中は出入り自由。中に入って、ちょっぴり昔体験もできた3年生でした。

本校に保管されているランドセルや、教科書です。

資料室の中に、黒電話やわらじなどが大切に保管されています。

 

 

民俗歴史資料館には、写真でしか見たことがなかったものがたくさん!

蚊帳の中に入り、昔の子供気分を味わいました。

クラス遊び

土日の寒さが嘘のように青空が広がった月曜日。ぽかぽか暖かく、絶好のクラス遊び日和です。1・2年生は「ケイドロ」を、人数の少ない3・4年生は「ケイドロ」からの「だるまさんがころんだ」、5・6年生は体育館で「ドッジボール」を楽しみました。みんな終わった後は、汗びっしょり。うがい・手洗い・消毒に加え、汗の始末もきちんとして、かぜ予防もバッチリできました。

抜けるような青空

1・2年生はケイドロで走り回りました。

3・4年生も、まずはケイドロ。

走り疲れて、だるまさんがころんだへ。

5・6年生はドッジボール。ボールの威力に圧倒されます。

 

きらきら作品展

特別支援学級の廊下の「きらきら作品展」のコーナーに色々な作品が展示されています。

紙とビニールで作った立派な東京タワーが    掲載された写真を効果的に使った

目を引きます。                新聞紙製のバック。         

                

そして、この度、新し作品が仲間入りをしました。

           素敵な冬の世界が広がっています。

 

理科の実験

理科室で、5・6年の児童が、5本の試験管にはそれぞれ何の水溶液が入っているかを調べる実験をしていました。

         色を比べたり、              においを嗅いだり

カセットコンロで水分を蒸発させて結晶を取り出したり  目を保護するためのゴーグルがかっこいい

みんな色々な方法を試し、真剣に学習に取り組んでいました。それにしても、一昔前までは、実験と言えばアルコールランプでしたが、実験の仕方も進歩しました。そして、

タブレットもすいすいと使いこなす子供たちです。

こまに夢中

飛ばされそうな強風が吹いた日の放課後、外で遊ぶのをあきらめて、教室に避難してきた低学年の子供たちが始めたのが、こま遊びでした。先日、地域の方に「昔の遊び」の一つとして教えていただいたものです。
こまにひもを巻き付ける手つきや投げるときのポーズなどなかなか堂に入っています。まだ上手に回せるまではいきませんが、それでもあきずに何度も挑戦していました。

遊びというとコンピューターゲームが主流の令和の子供たちにとっても、昔の遊びは大いに魅力があるようです。

なわとびの練習をがんばってます

今朝の出勤時、車のセンターディスプレイに表示された外気温が-8度となっていて驚きました。出勤時に見た外気温の表示としては最低記録です。

そのような寒さの中、子供たちは、2月2日のなわとび大会に向けて練習に取り組んでいます。業間の時間には、全校生が体育館と校庭に分かれて一斉に練習をします。昼休みに自主練に励む子もいます。今まで跳べなかった技ができたときの嬉しそうな表情。苦しくなっても天を仰ぎながら、あと10秒、あと5秒と跳び続けようとする姿。少しでも上手になりたい、少しでも長く跳び続けたい。子供たちの向上心は寒さを吹き飛ばす勢いです。

  

 

校庭の樹木剪定

昨日、業者の方が校庭の樹木の剪定をしてくださいました。
体の心から冷えるような寒さの中、一日中はしごに登りはさみを動かして木を切る作業はつらくて大変なことだと思っていましたが、すっきりと整えられた木の姿に、妥協しないプロの技とプライドを感じ頭が下がりました。

昔の遊びをやりまりました!

 

 1月15日(金)の3時間目に、1、2年生の生活の時間に、地域のお年寄りの方に来ていただき、昔の遊びを教えていただきました。こまとお手玉とおはじきです。最初は、なかなかできなかった子が多くいましたが、やっているうちにできるよになり、とても楽しそうに取り組んでいました。3名の皆さまありがとうございました。

 

読み聞かせ

3学期になって、初めての読み聞かせがありました。

12日はKLVさんから、13日は読み聞かせボランティアの方からの、読み聞かせです。十二支だったり、雪だったり、今の時期にぴったりなお話に子供達は前のめりです。図書室の掲示物も、今の季節に合わせて模様替え。今学期もたくさん本を借りに来て下さいね。

笑う門には福きたる

3連休が明けていよいよ本格的に3学期が始まりました。

朝からどんよりとした曇り空でとても寒い日となっていますが、保健室廊下の新春バージョンの掲示物を見て気持ちが上がりました。暗く厳しい中だからこそ「笑顔」が大切と思うこの頃です。たくさん笑って福を呼び込みたいです。

そして、健康おみくじを引いたら「中吉」でした。今日は、いつも以上に給食に感謝しながら食べたいと思います。

   

 

  

 

 

3学期始業式

明けましておめでとうございます。
メンテナンスのためにしばらくお休みしていたホームページが再開しました。今後も学校の様子をできるだけリアルタイムでお伝えしていこうと思いますのでよろしくお願いします。
さて、本日から第3学期が始まり、児童全員が元気に登校しました。
始業式では、4名の代表児童が新学期の抱負を発表しました。コロナ禍の中にあっても、しっかりと目標と希望をもって前に進もうとしている子供たちの言葉に心打たれました。

 

 

詩の紹介

傑作!

2学期も本校のホームページをたくさんの方にご覧いただきありがとうございました。1月11日までメンテナンスがありしばらくお休みとなります。

今年最後の記事として5・6年生の廊下に掲示されていた運動会を題材にした詩をご紹介します。小学校生活最後の運動会を最高のものにしようとしていた6年生の気持ちが見事に表現されています。

 

 

今年は、コロナのために思うように行かない事が多くありましたが、来年こそは明るい年になりますように。私達も子供たちに負けないように頑張ります。

皆さま、どうぞよいお年をお迎え下さい。

紙版画で影絵

遊びの天才

図工の時間に紙版画の版を作った1年生。

休み時間にそれを使って即興の影絵劇をして遊んでいました。

子供は身近な物を遊び道具にアレンジする天才ですね。

その様子がとても楽しそうで、とっても可愛くて

担任の先生、思わず写真をパチリ。

3年生 創作絵本のおひろめ

 主人公のいりこさんが、偶然に拾った宝島の地図を持って宝探しの旅に出る話です。真っ暗な洞くつ中で、ランドセルに付けている防犯ブザーのライトをピカーッと点けたり、池に落ちた時にはランドセルを浮き輪代わりにしたりと、身近な物を使ってピンチを乗り切る工夫に感心しました。まさにサバイバルの基本ですね。宝ものをランドセルに入れ、無事に家に帰れたいりこさん。「いりこはそのランセルをずっと大切にしました。」という最後の部分に、作者の、小学校生活の相棒であるランドセルに対する思いが表れているようで、温かい気持ちになりました。

クラス遊び

みんなで遊ぶと楽しいね。

今日はお掃除のないロング昼休み。クラス遊びの日です。1・2年生は「いろおに」3・4年生は「三本線」5・6年生は「けいどろ」で遊びました。

「いろおに」鬼の指定した色はどこにあるかな。急げ急げ。

「三本線」どうやって助けるか、作戦を練るのも大切です。

「けいどろ」捕まったら、ろうやで助けを待ちます。

寒さに負けず、みんな元気に走り回っていました。

清掃強化週間

ピカピカ、さわやかになりました

 月曜日から始まった清掃強化週間。窓のさん、靴箱の中、ゴミ箱などを拭いたり、クモの巣を取ったりと、いつもはなかなかできない場所も念入りに掃除をしました。

 最終日の今日は、その仕上げとして2階の廊下とオープンスペース、階段のワックスがけをしました。(水害の後に張り替えられた1階の床は、蛍光灯の光で滅菌作用を発揮するという特別製なので水拭きやワックスがけはしないのです)全校生で丁寧にゴミを取って水拭きをした後、高学年のお兄さん、お姉さんたちが丁寧にワックスをかけてくれ、床が見違えるほどピカピカになりました。

 子供たちの力できれいになった学校で、さわやかに年を越すことができます。

なかよし班あいさつ

寒さに負けないぞ!

朝夕の空気が、冬らしくぴりっとしてきました。今週の下校の号令は、はなかよし班ごと。寒さを吹き飛ばしてくれそうなあいさつで、子供たちは元気に下校していきます。

5・6年食育指導

朝ごはん、バランス良く食べてる?

 鹿沼市粟野地区学校給食共同調理場の松島先生をお呼びして、5・6年生に食育指導をしていただきました。今日のめあては「どんな朝ごはんを食べたら良いか考えよう」でした。
 朝ごはんには、①脳の目覚ましスイッチ②体の目覚ましスイッチ③排便を促すスイッチの3つの役割があることを教えていただきました。

 

 

 児童が書いた反省をのぞくと、自分には「主食」「主菜」「副菜」の何が足りなかったのか、今後どんなことに気をつけたら良いのかをしっかりと書いていました。
 毎日元気に学校へ来られるように、しっかりと朝ご飯を食べてくださいね!

読み聞かせ

来年もよろしくお願いします!

今年最後の朝の読み聞かせが行われました。
1・2年生は雪の絵本、3・4年生はサンタの絵本、5・6年生はウィルスの絵本を読んでいただきました。いつも、その時期に合った本を選んでくださるボランティアの方々。おかげで、子供たちは絵本に興味津々です。次は年が明けてから。どんな本を読んでくださるのか、楽しみです。

人権講話

差別について考える
 人権週間の取り組みの一つとして、講師の先生をお招きして、5,6年生に人権講話をしていただきました。江戸時代の身分制度から生まれた差別が、身分制などなくなった現在まで長く続いていることを学習しました。様々な差別(男女・外国人・障がい者・家庭環境・コロナ等の病気 など)が、なくならない理由についても一人一人が考えました。差別をなくすためには、正しい知識をもつこと、相手を思いやるこころが大切だと実感できた1時間でした。

 

KLV委員会指導

本の修理はおまかせ

図書委員会は、KLVの方に本の修理の仕方を教えていただきました。ページが剥がれてしまったら、セロテープで直すのはNG。修理専用のテープ、ページヘルパーで直します。本の段差に気をつけないとうまくいきません。みんなで協力して、うまく修理できるようになりました。本が破れてしまったら、図書委員に声をかけてくださいね。図書室もKLVの方が12月使用にしてくださいました。今月も、たくさん本を借りに来てください。

人権集会

人権って難しく考えなくていいみたい
法務省の人権擁護機関では、毎年12月4日から10日までを人権週間と定めていますが、本校ではそれより少し長く12月Ⅰ日から12月10日までを校内人権週間とし、人権感覚を磨くための様々な取り組みをしています。
12月3日は、「人権集会」を開きました。全校児童が体育館に集合し、グループになって、あいこジャンケン(ジャンケンをしてあいこになったらひじタッチをする)、餃子ジャンケン(3人でジャンケンをした時にグー・チョキ・パーが同時に出たらOK)、足し算トーク(グループのメンバーが同時に出した指の数を合わせ、数ごとに決まられているお題について順番に話をする)をしました。あいこが出ると嬉しそうにひじタッチをしたり、友達の話が終わると自然と拍手をしたり、みんなとても楽しそうでした。
人権と言うと難しいと思いがちですが、このような楽しい体験を通して、友達と心を合わせることの喜びや、友達の話を聞くことで今まで知らなかった面を発見し、一人一人の考えや見方に違いがあることを感覚的に受け入れることができるようになっていくのだと考えています。

 

持久走大会

力を出し切りました

12月2日に校内持久走大会を行いました。

全児童が参加し、最後の最後まで力を振り絞って走り切ることができました。閉会式に並んだ子供たちの顔にやりきったと言う達成感が表れていました。

児童の安全確保のためにご協力くださった清洲駐在所の須藤巡査、交通指導員の葛西さん、各学年委員長さん、そして、子供たちに温かい声援を送って下さった保護者の皆さん、ありがとうございました。

避難訓練

備えあれば憂い無し

 

授業中に火災が発生したことを想定し、避難訓練を実施しました。どの子もハンカチで口をしっかりと押さえ、落ち着いて校庭に避難することができました。

その後、消防署から来て下さった3名の隊員の方のご指導で4年生から6年生が消火器操作の練習をしました。水消火器のピンを外しホースを火元に向けて水を発射します。どの子も見事に命中させることができました。本当の火事が起きると気が動転してしまい、消火器を火の中に放り投げてしまう人もいるそうです。子供の時から消火器の使い方の体験を重ねておくことが大切なのですね。

最後に全児童が煙体験をしました。順番に真っ白な煙が充満した教室に入り、手探りで出口に向かいます。煙は床に近い方が薄いので、腰を屈めて進むと逃げやすいということが分かりました。夜だと更に何も見えなくなってしまうそうで、そういう時には、壁を伝っていくと出口に行き着くそうです。煙の圧迫感に恐怖を感じました。

備えあれが憂い無し。いざと言うときにはこれらの体験を役立て、落ち着いて行動してほしいです。

読書週間終了

たくさん本を読みましたね。

11月9日から始まった読書週間も、先週の27日で終了しました。読書クイズに応募して、しおりをゲットしたのは21名。各学年のテーマ読書10冊を読み、読破賞をゲットしたのは27名。全校生31名全員が、普段よりも本に親しむことのできた月となりました。お気に入りの本は見つかったでしょうか。これからも、たくさんの本と出会ってください。

持久走試走

試走も全力疾走

昨日と今日の2日間に分けて、学年ブロック毎に持久走大会の試走を行いました。

試走と言えども一切手を抜かず、力を出し切って走る子供たちです。

試走の記録をもとに更に練習をし、大会本番では、全員が自己ベストタイムでゴールしてほしいです。

3年 駐在所見学

安全を守ってくれてありがとう!

3年生は社会科で「安全なくらしを守る人々の仕事」の学習をしています。そこで、清洲駐在所のおまわりさんにお話を伺いに行ってきました。初めて駐在所の中入り、緊張気味の3年生。仕事の内容や、携帯している道具の説明だけでなく、パトカーの中まで見せていただきました。詐欺防止認定テストも受けさせてもらい、見事認定証ゲットです。私たちが安心して暮らしていけるのも、支えてくださる方がいるおかげです。ありがとうございます。

5・6年生 BLS講習

赤十字救急法指導員の方に来ていただき、一時救命処置(胸骨圧迫、人工呼吸、AEDの使い方)についてご指導いただきました。

       心停止ってどんなこと?               自分の脈を測れるかな?       

        胸骨圧迫の実践練習!                  AEDの使い方         

 

今日の講習では、感染症対策の関係で人工呼吸の実践練習は行えませんでしたが、全員がしっかりと話しを聞き胸骨圧迫、AEDの使い方の練習をすることができました。
なぜ心肺蘇生(救命行為)が大切なのか、よく理解できました。
このような場面に出会わないことが一番ですが、いざという時に率先して動けるようになるといいなと思います。

栃木県パズル

パーフェクトまでもう少し!

1学期にやっていた栃木県のパズル。ときどき社会の隙間時間に行っています。1学期は鹿沼市の隣の市や町を憶えるのが精一杯だった3年生。今は、市や町の名前と場所が一致しつつあります。今日はその頑張りを朝の学習の時間に、他の先生にも見ていただきました。「〇〇市をください。」「〇〇町をください。」と、パズルのピースを次々と組み合わせていく3年生。東側がまだちょっと苦手ですが、パーフェクトまでもうちょっと。3年生終了までには完ぺきになっているね。

持久走練習

自分のペースを見つけよう!

12月2日は持久走大会です。今週から、業間の時間に持久走の練習が始まりました。朝から体育委員さん達が、張り切って準備をしてくれています。校庭の整備だけでなく、その日の目当てもボードに書いて掲示。今日の目当ては「10週走り続けることができる位のスピードをさがす」です。持久走は、自分との戦い。みんな、自分に負けるな!

3・4年 食に関する指導

 粟野地区学校給食共同調理場の松島先生に来ていただき、食に関する学習をしました。今日の給食のメニューに使われていた食材を、「あか」「みどり」「きいろ」に分けて考えました。

     今日の給食のメニューは?           栄養を3つのグループに分けます

 

   自分で3つの栄養のグループにわけます        正しく分けるとこうなります

 

 もし、偏った栄養のとりかたをすると・・・・      自分のことをふりかえって考えました

 

 今日の学習を通して、学校の給食は3つの栄養のバランスを考えてつくられていてることがよく分かりました。
 栄養のバランス良く食べないことで、病気になってしまうこともあり、自分の苦手なものでも、少しずつがんばって食べることの大切さがわかりました。

算数1年生

ひきざんマンからの挑戦状、クリアしたよ!

1年生の算数の学習は「ひきざん」です。毎時間、ひきざんマンから挑戦状が届きます。今回は「おかしが12こあるよ。3こたべると、のこりはなんこになるかな?」の挑戦状が!ブロックや図を使って、考えます。10のまとまりからとっても、ばらからとっても、答えは一緒。ひきざんマンからの挑戦状は、全員クリア!「ひきざんマンのおかげで、ひきざんの新しいやり方が分かったよ」との感想も出ました。今週で、ひきざんマンとはお別れなのだそうですが、みんな、ひきざんマンの事は忘れません。ありがとう、
ひきざんマン!

図書支援員読み聞かせ

読み聞かせ、楽しい!

先週から始まった読書週間。月曜日には、図書委員の読み聞かせがありましたが、今日は、図書支援員さんの読み聞かせです。大型絵本と、図書室に入ったばかりの絵本を読んでいただきました。楽しいところでは、声を出して笑う子供たち。反応がいいのは聞き上手な証拠。読み聞かせを存分に楽しむ事ができました。読書週間は来週まで続きます。みんな、たくさん本を読もうね。

百人一首(3年)

百人一首、憶えると楽しいよ!

3年生は国語で「短歌を楽しもう」の学習をしています。教科書に百人一首の歌が掲載されていたので、五色百人一首に挑戦することにしました。まだ数回やっただけなのですが、3年生は今日で8首憶えてしまいました。3年生曰く、「動物や昆虫が出てくると憶えやすい」のだそうです。日本古来の言葉の美しさに、今後も触れて欲しいと思います。

生活科見学~深程方面~

 11月11日(水)の2,3校時に1、2年生で町探検に行きました。
 最初に黒子松屋さんで、お話を聞かせていただきました。学校で考えてきた質問もしました。あんドーナツをいただき、みんなとても喜んでいました。
 その後、小松神社で、いただいたあんドーナツをみんな食べました。おいしいあんドーナツに大興奮でした。

3・4年生 日光東照宮遠足

 3・4年生は、日光東照宮の見学をしてきました。とても暖かい日で、たくさんの観光客の方がきていました。3・4年生は、しおりの問題を見て、一つ一つの問題を一生懸命調べていました。

       出 発 式 の 様子                たくさんの観光客

 

        問題の答えかな?                がんばって探そう!

 

     朝鮮国王からの鐘を発見              オランダからの回転灯籠

 

                   東照宮見学を終了して班毎に撮影

         楽しみのお弁当の様子です。そして、食べ終わった後も元気一杯です。

 

 問題です。この龍はどこにあったでしょうか。           みんなで撮影です。

全校遊び

かんけり 楽しい!

今日は、3・4年生が遠足で不在でしたが、1・2・5・6年生で全校?遊びを楽しみました。今日は、缶蹴り。「缶蹴り初めて」の子が多く、ちょっぴり心配でしたが、子供たちは遊びの天才。楽しみながらルールを憶え、鬼の隙をついては、缶を蹴り上げていました。最後には、缶もボロボロ。次やるときは、スチール缶で遊ぼうね。

なかよし班あいさつ運動

あいさつって気持ちがいいね。

普段の一斉下校では「さようなら」の号令を高学年がかけています。今週は、なかよし班が、日替わりで号令をかけることになりました。班長の6年生が、ちょっとしたお話をした後は「さようなら」のあいさつです。なかなか全校生の前に立つことのない低学年の子供たちも、大きな声であいさつすることができました。元気なあいさつで寒さも吹き飛ばしちゃいましょう。

縄跳びジャンプ台

ぴょーんと跳べてきもちいい

久野の津布久様より、手作りの縄跳びジャンプ台を3台寄付していただきました。

子供たちが休み時間になると楽しそうに縄跳びの練習をしています。

ジャンプ台を使うと板の反発力のお陰で滞空時間が長くなり、二重跳びなどの難しい技も上手に跳ぶことができて気分がいいのです。これを使って跳ぶ感覚を身に付けると、いつの間にか固い地面の上でも跳べるようになります。今年のなわとび大会では、なわとび名人がたくさん誕生する予感です。

第3・4学年 学年PTA

 第3・4学年PTAが行われました。保護者の皆様、お忙しい中、ご参加いただきありがとうございました。
 バドミントンで、ダブルス・シングルス・グループでの試合を、和気あいあいと、楽しく行っていただきました。笑顔の絶えない時間をみんなで過ごし、親子の絆が一層深まったことと思います。

       開 会 の 言 葉                 準 備 運 動

 

                   ゲ ー ム の 様 子

 

         閉 会 式                  みんなで記念写真

読書週間

読書週間が始まりました

今週から清一小読書週間が始まりました。まずは図書委員による朝の読み聞かせ。練習の成果が発揮できたようです。テーマ読書の締め切りは27日ですが、早速読破した子も!20日締め切りの読書クイズにも、たくさんの子が挑戦しています。KLVさんの読み聞かせもちょうど読書週間の期間に行うことができました。、図書室の掲示も一新してくださいました。読書週間中に、たくさん図書室に足を運んでくださいね。

新しい先生の着任

養護教諭の益子先生が11月6日を最後に産休に入るため、高学年の児童たちが保健室を訪ねてお手紙を渡しました。また益子先生も下校時に全校生に向けて話をしてくれました。予定日は1月に入ってすぐだそうです。元気な赤ちゃんの誕生をみんなで祈っています。

そして、益子先生に代わり、1か月間学習指導員を務めていた津崎先生が養護助教諭として勤務をすることになりました。更に、先日まで本校で教育自習をしていた菊池さんが、学習指導員として勤務をすることになりました。

若手の先生が増えて学校に新しい風が吹き始めています。

いちご農家見学

おいしいいちごができる秘密がわかったよ

3年生は1学期に社会科で「いちご農家」について学習しました。学校の前にもいちご農家を営んでいるお宅があります。見学させて欲しいとお話ししたところ、快く承諾してくださいました。一度学習した内容ですが、実際見学できるとなったら、聞きたいことがたくさん出てきた3年生。きちんと質問して、理解を深めることができました。ビニルハウスには二酸化炭素を発生させる装置や、水供給機、ウォーターカーテンなど、いちごを育てる工夫がいっぱい。こんなに手間暇かけて育てられたいちごです。おいしくない訳がない。鹿沼はいちご市。おいしいいちごが食べられるのも農家さんの努力があってこそを痛感した時間でした。

みんなが大切な存在

1・2年生で、学級担任と養護教諭から「おへそのひみつ」という命の授業を行いました。へその緒の役割や、おへそはなぜおなかについているのかを学び、みんながおなかにいるときから大切に守られてきたのだというメッセージを伝えました。

今日の授業を実施するにあたり、1・2年生のおうちの方には事前に”妊娠中のエピソード”や”無事に生まれてきたときの気持ち”など、お子さんへのお手紙を書いていただきました。お手紙を読んだ児童たちのなかには、嬉しくて涙があふれてしまったお子さんもいました。愛情がたくさんつまったステキなお手紙を書いていただき、本当にありがとうございました。

感想用紙にお手紙の返事を書いてくれたお子さんもいますので、ぜひ読んでいただきたいです。また、自分も友達も、一人一人が宝物のような存在なのだということをずっと忘れないでいてほしいです。

校外学習に行きました

総合的な学習の時間に、深程、久野の校外学習に行ってきました。

10月29日 深程方面

無量寿院では、中條若処さんについて、詳しく話を聞きしました。

 

       古い石碑の前にて                 深程小松神社にて

中條若処は、粟野第一級の教育者として有名です。総合的な学習の時間で学習をすすめていきます。

11月5日 久野方面

 

久野の小松神社を見学しました。素晴らしい彫刻にみんな驚いていました。

 

安生順四郎の墓を見学しました。隣にある観音堂への階段当てクイズで盛り上がりました。

生活習慣病を予防しよう

1・2年生の指導の後、3時間目は5年生で「小児生活習慣病予防検診事後指導」を
学校栄養士の松島先生に実施していただきました。
生活習慣病ってなんだろう?取り過ぎた脂肪が付着した血管の模型を見たときには、
思わず悲鳴が上がりました。
事前に実施した自分の生活を振り返るアンケートをもとに、どんな生活が自分の健康を守ってくれるのか、どんな食事が体に良いのかを考え学びました。
糖分、塩分、脂肪、どれも適量をとることが大切で、食事だけではなく適度な運動も健康的な生活には欠かせないこと考えることができました。

1・2年生「すききらいなく何でも食べよう」

11月4日の2時間目、1・2年生で職に関する指導を実施しました。
指導をしてくれたのは学校栄養士の松島洋子先生です。
今日のテーマは「すききらいなく何でも食べよう」です。
どうして苦手な食べ物も食べなくてはいけないのでしょうか。
その理由を教えていただきました。
今日の給食の献立には、どんな食材が使われているかな?
それぞれの食材が「あか」「きいろ」「みどり」の栄養のどのグループに入るのかな?

食べ物がもつ大切な働きを知ることができました。
1年生も2年生積極的に発言し、一生懸命学んでいました。

読書週間

読書週間が始まるよ

全国読書週間は10月27日から11月9日ですが、清一小の読書週間は11月9日から始まります。図書委員は、読書クイズを作ったり、しおりを作ったり、読み聞かせの練習をしたり。張り切って準備を進めています。清一小の子供たちは、読み聞かせが大好き。読書週間中のテーマ読書にも、積極的に取り組んでくださいね。

笑いヨガ

笑う門には福来たる

認知症を応援する団体「RUN伴」から、笑いヨガへのお誘いがありました。清一小は、昨年一昨年と「RUN伴」のイベントに、手作りの横断幕を贈っています。今年はコロナの関係で、今までのようなイベントができず、ZOOMで笑いヨガを行うことになったようです。学校を代表して、3・4年生が参加することになりました。学校初ZOOM!うまく接続できるかどきどきの先生達を尻目に、「わ~。ぼくが映ってる!」「○○ちゃん、映ったよ!」と子供たちは大興奮。笑いヨガのエクササイズもちょっぴり照れながら楽しそうに行っていました。笑うと、右脳が刺激され、健康にもいいそうです。笑う門には福来たる。みんな笑って幸せになりましょう!

学級文庫

読書を楽しみます!

先日鹿沼東高等学校から寄贈していただいたたくさんの本。今日、図書委員と学校図書館支援員の先生で、各クラスの学級文庫に配架しました。それぞれの学年の興味にあった本を考えて配ったので、クラスの子達は、本を手ににっこり。ありがとうございました。まだまだ読書の秋です。11月は、図書委員会主催の読書週間も控えています。みんな、読書を楽しみましょう。

運動会 その4

運動会を終えて
 運動会に向けて、高学年の子たちは、「全力で取り組み、勝っても負けても最高の運動会にしたい」という強い思いをもっていました。その思いが学校全体に伝わり、一致団結したとてもよい運動会となりました。子供たちを信じてどんどん任せることで特に高学年の子たちが、目に見えて成長していきました。

 閉会式の後、応援団長が団員に向けて話をしました。勝ってもおごることなく、負けてもさわやかに、練習から本番まで心を一つにして頑張ってくれた事への感謝の気持ちと、共に戦った相手へのねぎらいの言葉を伝える姿に、最高の運動会を実現できた達成感が表れていました。「自分たちの運動会を自分たちの手で」。下級生も、本校の良き伝統の一つとして受け継いでいってくれることを期待しています。

 運動会での運動会実行委員長と副委員長のあいさつをご紹介します。どちらとも本人が考えた文章で、教師の手はほとんど入っていません。
【開会式 運動会実行会副委員長(5年生)のあいさつ】

みなさんが待ちに待った運動会が始まりました。今日のために、みんなで協力し、清一魂を忘れずに、準備や練習をしてきました。練習を重ねるごとに、みなさんの心が一つになっていくのを、僕は感じました。たくさんの方のご協力で、今日の運動会が実現できたことに感謝し、今日は最後まで全力を出して、悔いのない最高の運動会にしましょう。
【閉会式 運動会実行会委員長(6年生)のあいさつ】

今年の運動会は、来賓の方もご招待できず、内容も削減された形になりましたが、児童のみなさんと先生方、保護者の皆様の思いもあって、このように盛大で、最高の運動会になりました。一人も欠けることなく、チーム清一で運動会を終えることができて、本当によかったです。感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。みなさんが、この運動会を、今までで一番いい運動会にしたいという気持ちが、練習の時から感じられました。その気持ちを忘れることなく、これからの生活や様々な行事に、生かしていきましょう。水害にも、コロナにも負けない清一小の伝統を、これからも守っていきましょう。今日は最高の運動会を、ありがとうございました。

       

          運動会終了後、円陣を組んで成功を喜ぶ高学年の子供たち

運動会 その3

【天下分け目の竹取り合戦】

 

【ソーランビート】

 

【紅白リレー】

 

【閉会式】

運動会 その2

【親子でGO TO】

 

【紅白綱引き】

 

【運命の旗】

 

【運だめし】

 

【力を合わせて~デカパンゴーゴー~】

運動会 その1

10月24日(土)に運動会を開催しました。

前日の雨が上がり、雲間から太陽が顔を覗かせる中、子供たちの元気な声が校庭一杯に響き渡りました。今年は、感染症拡大防止のために開催は午前中だけ、観客も児童のご家族のみという形になってしまいましたが、そのような中にあっても、全ての種目に全力で取り組む子供たちの姿にたくさんの感動をもらいました。その様子を数回に分けてお知らせします。

【開会式】

 

【ラジオ体操】

 

【エール交換】

 

【ゴールを目指して全力疾走!】

 

【チェッコリ玉入れ】

総合的な学習の時間の中間発表会をしました。

 3・4年生は、これまで清洲第一小学校のことや、小松神社に伝わる獅子舞について、学習を進めてきました。これまで調べてきたことを、校長先生、菊地先生をお迎えして、中間発表を行いました。

清洲第一小の昔の様子について発表しました。     教えていただいた、ベーゴマ回しに挑戦しました。

獅子舞についての発表をしました。          獅子舞やひょっとこのお面をかぶってやりました。
 これからは、小松神社の見学をしたり、昔の学校の学習をさらに深めたりする予定です。

本の寄贈

たくさんの本をありがとうございました

鹿沼東高等学校から、たくさんの本が寄贈されました。東高JRC部が昨年被災した本校のために何かしたいと、全校生に呼びかけてくださったのです。約1ヶ月で60冊以上の本が集まったそうです。22日、顧問の先生と、代表の生徒さんが本を届けてくださいました。図書委員が代表で受け取りました。各クラスに分配し、学級文庫として活用したいと思います。ありがとうございました。

もうすぐ運動会

自主練をしました
10月24日の運動会に向けて、練習も最終段階です。

今日の昼休みは、各組の応援団長の呼びかけで、今までの練習で上手くいかなかった種目の自主練習をしていました。
赤組は全校リレーでのバトンの受け渡しの練習、白組は綱引きの時の力の合わせ方の相談です。
「自分たちの運動会を自分たちで作りたい」という子供たちの思いがどんどん形になって表れてきてます。

花壇に種子をまきました

かわいい芽
園芸体育委員会の子たちが、校舎前にある花壇の夏の草花をきれいに整理して、ネモフィラとレンゲソウの種子を蒔きました。それから約2週間。可愛らしい芽がたくさん出てきました。このまま枯れることなく冬を過ごし、春にはきれいな花を咲かせるとのこと。こんな小さな芽の中にも強じんな生命力が宿っているのですね。

3年生 社会科見学

自慢の鹿沼市!

3年生は清洲第二小と合同で社会科見学に行ってきました。まずは世界のナカニシへ。大きくてきれいな会社に感嘆の声が。ここで作られた医療機械が世界各国で使用されていることに、みんな誇らしげでした。次は、鹿沼消防署。たまたま近くで火事があり、出動の現場を目の当たりに。私たちの安全を守ってくださっていることを痛感できました。最後は、文化活動交流館。鹿沼秋祭りに使われる大きな屋台や、昔の道具が展示されています。間近で見る屋台の大きさと、美しい彫刻にみんな釘付け。
世界に誇れる企業があり、世界に誇れる祭りがあり、安全を守ってくれる人がいる。素敵な町、鹿沼です。

本校の文芸作品

味わい深い

教室の廊下には、子供たちが作った、詩、俳句、短歌などの作品が貼られています。毎朝校内を見回る時に、作者である子供の顔を思い浮かべながら一つ一つ読むのが楽しみです。同じ作品でも、毎日読んでいると味わいが深まってくるように感じるものです。その中から、いくつかをご紹介します。

【秋を題材に一句】

                            

 

 続いて

【修学旅行の思い出を題材に一首】

台風19号の水害から1年

あれから1年

昨年の台風19号による豪雨で、本校が壊滅的な被害をうけてからちょうど1年となりました。

昨年の今頃は(令和元年10月13日午前10時頃)、校舎に流入した大量の泥水を、教職員や地元の消防団の方たちが必死になってかき出していました。あの惨状と、台風一過の抜けるような青空のコントラストがあまりにも激しかったことが鮮明に脳裏に焼き付いています。

あれから1年。多くの方のご尽力とご協力により復旧を果たした学校は、水害の跡も意識して探さないと分からないほどになり、すっかり落ち着きを取り戻しました。

4年生が、社会科の学習で、当時の記録写真を使い、防災についての学習をしていました。本校の子供たちにとっては、まさに身近な教材です。こうして水害の記憶を伝えていくことも、学校の大切な役割の一つだと考えています。

4年生 社会科見学の様子

10月7日に、清洲第二小学校のみなさんと、4年生の社会科見学に行ってきました。

下水道事務所の様子

水がきれいになっていく様子が分かりました。

環境クリーンセンターにて

ゴミを分別して出すことが大切なことが分かりました。

川上澄夫美術館にて

北海道の風景の作品がたくさんありました。

 

お弁当の後には、楽しく活動しました。

 

全員で記念写真を撮りました。この次は、遠足で会いましょう。

運動会の練習

名言
今週の月曜日から運動会の練習が始まりました。

全校練習が始まる前には、運動会実行委員長が全校生の前で話をします。

○応援の練習の前に

「皆さん、元気ですか。」

(「はーい」というみんなの声)

「よかったです。元気があれば何でもできます。今日の練習も全力で頑張りましょう。」

○全校ダンスの練習の前に

「皆さん、ソーシャルディスタンスに気をつけて並んでいますね。でも、心のソーシャルディスタンスはとらなくていいので、心を一つにしていきましょう。」

名言の連発です。思わず拍手をしてしまいました。
全部自分で考えて話しているそうです。この後もどんな名言が出てくるか楽しみです。

そして、今日は、赤白に分かれて応援団長を中心に応援の練習をしました。応援の仕方の説明や動きの練習、うまくいかないところの部分練習など、全てを子供たちが主体となって行いました。短い練習時間でしたが、みんなの動きや心がどんどん一つにまとまっていく様子が見られました。

久野小松神社 天下一関白流獅子舞について

総合的な学習の時間に、久野小松神社の天下一関白流獅子舞に詳しい、丸山信昭さんをお招きしてお話を聞きました。獅子舞は、悪霊退散、五穀豊穣、家内安全を願い、秋の感謝祭の付け祭りとして行われているそうです。初めて知る事ばかりでした。

 

獅子舞で使われる、篠笛にも挑戦しましたが、音がなかなか出ませんでした。
獅子舞を覚えるにも、篠笛が吹けるようになるにも、たくさん練習をすることが必要だということが分かりました。
貴重なお話をしていただき、ありがとうございました。

3年生読み聞かせ

本を好きになってくれたかな!

3年生は国語で「はんで意見をまとめよう」の学習をしました。テーマは「1年生に読み聞かせする本を決めよう」目的は「1年生に本を好きになってもらう」です。先生と3年生、どちらも一人二役。4冊の本の中から、決まったのは「とうめいにんげんのしょくじ」!1年生が喜びそうな内容とイラストが決め手になりました。実際、1年生の食いつきのいいこと。本を好きになってもらうという目的は達成できたようです。

1年生 音読発表会

みんな上手にできました

先週、1年生から音読発表会の招待状が届きました。

一文字一文字、心を込めて書いてくれた招待状です。

それからというもの、1年生の子たちは私の姿をみると

「校長先生、発表会、絶対来てね。」

「校長先生、明日発表会だよ。」

と。日に日にみんなのわくわくが高まっている様子でした。

 

今日は、いよいよ本番です。

フェイスシールドをつけた子供たちが、順番に「くじらぐも」のお話を音読してくれました。

相手に良く聞こえるように口をはっきり動かして、登場人物の気持ちや場面の様子が伝わるように声の大きさや読むスピードを工夫して、とっても上手に読むことができました。

1年生の音読発表会は、1学期の「おおきなかぶ」に続いて2回目ですが、毎日、家で音読の練習に取り組み、着実に力をつけていることが分かりました。観客役の2年生も全員が、良かったところや頑張ったところを、しっかりとポイントを押さえて1年生に伝えていて、こちらもすばらしかったです。

.

1年生は、すでに次回の発表会のことを考えているとのこと。招待状が来るのが楽しみです。

KLV読み聞かせ

チーム清一!友達っていいよね!

今日はKLVさんの読み聞かせの日。「ともだちや」「きみはほんとうにすてきだね」の2冊を読んでくださいました。どちらもテーマは「ともだち」です。運動会のスローガンも「一致団結!清一魂!全力 協力 チーム清一!」みんなで運動会を盛り上げていこうという意気込みが込められています。スローガンは学校のあちらこちらに掲示されていますよ。図書室もすっかり運動会仕様。運動会、みんな頑張ろうね。

教育実習

ようこそ先輩
本校の卒業生が、10月5日から10月30日までの期間、教育自習をすることになりました。大学で学んだ理論を教育の現場で実践することで更に理解を深め、専門職としての資質を向上させたいとのことです。学校全体で子供たちの先輩である実習生の指導、支援、応援をしていきたいと思います。

朝のあいさつ運動

元気におはようございます
清洲地区青少年育成会議と清洲地区コミュニティ推進協議会による「朝のあいさつ運動」が行われました。清一地区の役員さんが、ポケットパーク付近、ヤマト運輸横断歩道付近、正門、東門の4箇所に分かれて、登校してくる児童たちにあいさつをしてくださいました。子供たちも元気な声であいさつをすることができました。このような機会によって子供たちが地域の方の顔を覚え、自分から進んであいさつをできるようしていきたいと思います。

朝早くから参加してくださった役員の皆様、ありがとうございました。

運動会のスローガン

一致団結清一魂 全力 協力 チーム清一
運動会の練習が10月5日から始まるのを前に、運動会実行委員長と副委員長の二人が校長室を訪れ、5,6年生が中心となって考えた運動会のスローガンを披露してくれました。

このスローガンには、赤組も白組も勝っても負けても、悔いのない楽しい運動会にするために全力で心を一つにワンチームで頑張ろうという意味が込められているそうです。みんなが納得するまで時間をかけて意見を出し合い、練り合いをしてようやく決まったとのこと。スローガンを決める過程の中にも心が一つになる瞬間がいくつもあったことでしょう。

10月24日の本番に向けた子供たちの取り組みが楽しみです。

学習指導員着任

よろしくお願いします
新聞等でも話題になりましたが、栃木県教育委員会では、コロナ禍の中、児童生徒の健やかな学びを保障するために「補習等のための指導員等派遣事業」を実施することになりました。
本校にも、10月1日に学習指導員が着任しました。各学年の担任とチームを組んで子供たちの学習や生活の支援に当たります。初日からやる気モード全開で活躍してくれていて、子供たちも大喜びです。

読み聞かせ

読み聞かせ大好き

10月は運動会日課になってしまうため、朝の読み聞かせができません。そこで、9月の最終日にも、読み聞かせをしていただくことになりました。友達の声とも、先生の声とも、家の人の声とも違う、味わい深い声での読み聞かせ。子供たちは、自然と前のめりになって聞き入ってしまいます。今月は運動会の練習が始まります。読書の秋、スポーツの秋、素敵な秋を楽しみましょう。

 

5、6年生 ミシン学習

出来上がりが楽しみです
5、6年生が、家庭科でミシンの学習をしています。ただ今、ナップザックの製作に取り組んでいるところです。集中して作業をしているとあっという間に時間が過ぎていくようです。

清洲第一小学校の昔のお話

 9月25日に、総合的な学習の時間で進めている、清洲第一小学校の昔の様子について、本校の卒業生である神山一晴様からお話を聞きました。3・4年生は、学校生活や家に帰ってからの遊びなどについてのお話を目を輝かせて聞いていました。

 

     昔の遊び(ベーゴマ)の様子

 

 貴重な写真を見せていただきました。

    臨海学校の様子        集合写真

修学旅行 その6

到着式

子供たちが、数日前から「楽しみすぎて眠れない」というほど心待ちにしていた修学旅行があっという間に終わってしまいました。2日間、自分たちで考え、協力しあっている姿がたくさん見られました。また、どこに行っても大きく羽目をはずすことなく節度のある行動をとることもでき、立派な清一小の子供たちでした。一緒に行動を共にした永野小の皆さんとも仲良くなれ、中学校で再会するのが楽しみです。
一人一人の心の中にたくさんの思い出が残ったことでしょう。

 

感染症予防のため、バスの中で子供たちが企画をしたレクレーションはできませんでしたが、全く飽きさせることなく子供たちを楽しませてくださった、プロフェッショナルなバスガイドさん、バス酔いの子を一人も出すことなく安全運転をしてくださった運転手さん、2日間が最高の思い出になるよう細部にまで心配りをしてくださった添乗員さん、本当にお世話になりました。

最後に、修学旅行実現のために様々な場面でご支援とご協力をくださった保護者の皆様、ありがとうございました。心よりお礼申し上げます。

修学旅行 その5

修学旅行2日目 アクアマリンふくしまへ

野口英世記念館を出発したバスは、常磐自動車道で最後の見学場所である「アクアマリンふくしま」へ。猪苗代を出た時には小雨が降っていましたが、太平洋側に向かうにつれて天気がよくなり、気温も上がってきました。

小名浜に到着し、まずは「いわきららミュウ」で昼食をとりました。2階にある食堂からは小名浜の漁港がよく見えます。ここは2011年の東日本大震災で大変な被害を受けたところですが、当時の様子を想像することができないほど見事に復興を果たしていました。

 

修学旅行最後の食事を済ませた後は少しだけ自由時間となりました。物産コーナーの中にあった自由に弾くことができるピアノで、守友先生の伴奏で校歌を歌ったり、演奏をしたりと思いがけず盛り上がりました。

 


「アクアマリンふくしま」では、班別の自由見学となりました。三角トンネルで親潮と黒潮の真ん中に立ったり、まるで一つの生き物のように泳ぐ魚の群れに見入ったり、展望台で景色をながめたり、そして財布に残っている小遣いと商品の値札を見比べて最後のお土産を買ったりと、思い思いの時間を楽しんでいました。

 

レジのお姉さんのユニークなマスク姿もパチリ

2年生 国語 お手紙

お手紙届いて良かったね

2年生は国語で「お手紙」の学習をしています。今日は1年生をお客さんに招いての音読発表会。「悲しい気持ちが伝わるように読みます。」「励ましているように読みます。」自分のめあてを言ってから、いざ発表です。ちょっぴり緊張気味の2年生でしたが、練習の成果をしっかり発揮できました。
練習風景

1年生のお客さんを前に、いざ本番。

修学旅行 その4

修学旅行2日目 ホテルから野口英世記念館へ

修学旅行2日目は朝食からスタートです。全員が元気な顔で朝食会場に集合することができました。係の子の話の後「いただきます」。これからの活動に備えてしかりと栄養をチャージしました。

 

楽しかったホテルでの時間もあっという間に過ぎ、出発です。写真はありませんでしたが、ホテルの職員の方が大勢庭に並んで、バスが見えなくなるまで手を振って下さいました。万全な感染症予防対策をとって迎えてくださったホテルの皆さん、お世話になりました。

バスに乗って10分足らずで、2日目最初の見学場所である「野口英世記念館」に着きました。ここには、野口英世が16歳まで過ごした生家と、生涯に関する資料を集めた展示室があります。子供たちは、千円札でおなじみの野口英世がどのような人だったのかを詳しく知る機会となりました。展示品をじっくり見てメモをしたり、写真に納めたり。中には、身長が153センチだったという野口英世と並んで記念撮影をする子も。

修学旅行のお留守番

留守番は任せて!

17・18日の2日間、修学旅行で5・6年生が不在。でも、心配ご無用。下級生だけで、しっかり登校できました。国旗を掲げる仕事も、委員会の仕事も、清掃も、4年生を中心にみんなで役割分担。お留守番を立派にこなすことができました。

 

 

 

修学旅行 その3

修学旅行1日目 日新館からホテルへ

絵付けをした赤べこを大切に箱にしまった子供たちは、再びバスに乗って会津藩校日新館へ。会津藩の武士の子は、全員が10歳になるとここに入学することが義務づけられており、常時1000人以上の生徒が勉学に励み、多くの優秀な人材を輩出したそうです。今回訪れたのは、戊辰戦争で消失してしまった建物を復元したものですが、当時の藩校での生活の様子が再現されています。係の方の後を継いで藩校に伝わる「什の掟」を復唱する子供たちの、正座をした背中に、ぴりっとした緊張感がありました。

 

日新館の広大な敷地の中を見学し、いささか疲れた様子の子供たちでしたが、猪苗代湖を見たら元気回復。湖をバックに一日目最後の記念撮影をしました。

いよいよホテルリステル猪苗代へ。バスから大きなホテルの建物が見えると、「あー、楽しみ-」との声が聞こえて来ました。そうですよね、修学旅行の大きな楽しみのひとつは友達と宿泊すること。その気持ち分かる分かると、心の中で大きくうなずいてしまいました。

 

 

夕食は、小鍋もついた豪華なメニュー。代表の人に合わせてあいさつをし、感染症予防のため全員前を向いて静かにいただきました。

修学旅行 その2

修学旅行1日目 昼食・赤べこの絵付け体験

 ショッピングの後は、鶴ヶ城会館で昼食です。
 朝が早かったのでお腹が空いたことでしょう。

 桶の中には豚肉と卵のそぼろご飯がたっぷりと。天気がよかったの
 で、乾いた喉に冷えた水がとてもおいしかったようです。

 お腹がいっぱいになった後は10分ほどバスに乗り、会津を代表す
る民芸品「赤べこ」の製造元である番匠へ。ここで絵付け体験をしました。全身が赤く塗られている文字どり赤べこに、白と黒で絵付けをします。見本を見て更に発想を飛ばし、自由な感覚で絵付けをする子供たち。すてきな作品ができました。

修学旅行 その1

修学旅行 1日目 学校から鶴ヶ城へ

保護者の皆さんや先生方に見送られ、バスは時間通りに学校を出発  しました。

バスの中は2人掛けのシートに一人で座る、全員マスク着用、乗車する時にはアルコールで手の消毒をするなど、できる限りの感染症対策をとりました。子供たちが中心となって歌たりゲームをしたりすることはできませんでしたが、ガイドさんの巧みなリードで楽し

く過ごすことができました。

 

那須と磐梯山のサービスエリアで休憩を入れ、予定より早めに鶴ヶ城に到着。
大きな石垣を見て、これを積んだ人々の苦労を想像したり、天守閣から城下町を見下ろして城主気分を味わったりする子供たち。城の中には会津の歴代領主や白虎隊についての資料が多数展示されていました。事前に調べ学習をしていた子供たちですが、実際に会津若松を訪れたことで歴史の重みを実感することできたようです。

見学が終わったグループは、修学旅行で初めてのショッピングへ。何を買うかじっくりと吟味している子、即断即決する子など、買い物にも一人一人の個性が表れていました。

修学旅行

9月17日、18日は修学旅行でした。

新型コロナウイルス感染症防止のために様々な協議や検討を重ねましたが、多くの方々のご協力により無事に当日を迎え、合同実施の永野小も含めた5,6年生全員が元気に参加することができました。

これから、修学旅行の様子を何回かに分けてシリーズでご紹介いたします。

学校の日常が戻ってきました

鹿沼市内の小・中・高校に対する爆破、誘拐予告があったために、4連休の翌日である9月23日が臨時休業となりました。全職員で不審物の確認や見回りなどをして万が一の事態に備えていましたが、無事に一日が終了しました。
前日から当日にかけて何度も学校に来て不審物を確認してくださったり、周辺の巡視をしてくださったりした清洲駐在所の須藤巡査にも大変お世話になりました。ありがとうございました。
今日は、6日ぶりに子供たちが元気に登校し、ようやく学校の日常が戻ってきました。

修学旅行出発式

いってきまぁす

今年の5・6年生の修学旅行は、一泊二日で福島方面に行くことになりました。今日は待ちに待った修学旅行第一日目。全員のにこにこ顔がそろって、さあ出発式です。修学旅行実行委員が司会進行を勤めます。校長先生、担任の先生の話の後、いってきますのあいさつをしたら、いよいよバスで出発!お見送りの保護者の方々、ありがとうございました。たくさんのお土産話を楽しみにしていてくださいね。

アギさん読み聞かせ

モンゴルのこともっと教えてね

国際医療福祉大学の福田先生と、モンゴルからの留学生アギさんが1・2年生の授業支援に入ってくださいました。パワーポイントを使った、モンゴルの場所や生活の様子の説明に、子供たちは興味津々。最後は日本に来てまだ2年目のアギさんの読み聞かせ。流暢な日本語で「ピーマンマン」の絵本を読んでくださいました。また2月に、遊びに来てくださるそうです。今度はモンゴルの遊びを教えてもらって、一緒に遊ぼうね。

ちいちゃんのかげおくり

青空に込められた平和への思い

3年生は国語で「ちいちゃんのかげおくり」の学習をしました。戦争を取り扱った教材に初めて出会った3年生。最初は「家族に会えて良かったね」と感想を持った3年生でしたが、学習を進めるうちに戦争の悲しさ、切なさ、怒り、などたくさんの感情がわいてきたようです。授業と同時に戦争に関する絵本の平行読みも行ってきました。3年生の心に残った本は、小さな女の子が主人公の「まちんと」「えんぴつびな」、圧倒されてしまう迫力の画が特徴の「ひろしまのピカ」の3冊。学習のまとめとして、詩も作りました。「平和が続くといいな」との思いが込められているそうです。

クラブ

やっぱりクラブは楽しい!

2学期から待望のクラブが始まりました。先週は、組織作りが主だったため、今回のクラブからが本格始動。運動クラブは「ソフトバレー」、創作クラブは「空気でっぽう」です。ソフトバレーでは、サーブがなかなか入らず苦労していましたが「ドンマイ」「だんだん調子よくなってきてるよ」等、声を掛け合い楽しく活動できました。空気でっぽうも、箱を押さえる人とテープを貼る人、二人一組になって協力して作業に取り組みました。完成した空気でっぽうに、お線香の煙を入れて空気の輪が見えると、みんな大はしゃぎでした。次のクラブも楽しみですね。

全校遊び

仲良く遊べたよ

今日のロング昼休みは、全校遊び。体育館全面を使って、三本線を行いました。ルールを知らなくても、まずはやってみよう。やっていくうちに覚えます。よく分からないまま飛び出してつかまっちゃったり、深追いし過ぎて相手陣地まで行っちゃったり、線を踏まずに戻っきちゃったり。失敗しても、ドンマイです。仲間がフォローしてくれます。捕まえても、捕まえられても、始めから終わりまで、全員笑顔。汗びっしょりになりながら遊ぶことができました。

3・4年生で、手話教室が行われました。

    手話で表すと・・・        この動物は何を表しているでしょう

 

 これは何を食べているでしょうか         数字の表し方です。

 

 このほかに、自分名前の表し方や、うどん、そば、ラーメンの表し方も教えていただきました。
 学習の最後に、お願いとして、「避難所などで、放送が分からなくて困っている人がいたら、みなさんからそっと教えてください。」と、お話をしてくださりました。3・4年生は、大きくうなずいていました。

チャレンジ学習

自分のペースでしっかり学習
毎週金曜日の朝の学習はチャレンジ学習。自分でプリントを選び、自分で丸を付けるので、自分のペースで学習を進めていくことができます。分からないところは先生に質問してOKです。今学期からそのチャレンジ学習のプリントが新しくなりました。プリント1枚終えるごとにシールを1枚引くことができるという、お楽しみも増えました。自分のペースでたくさん勉強して、カードをシールでいっぱいにしていこうね。

読み聞かせボランティア

本を読んでもらうのはうれしいね

浸水被害や感染症対策の関係で、昨年の10月からお休みしていた朝の読み聞かせ。本日、ほぼ1年ぶりに再開です。今年度も引き続き大牧様、島村様、西村様の3名の方が読み聞かせボランティアを引き受けてくださいました。一年間のブランクがあったとは思えないほど、子供たちはあっという間にお話の世界へ。素敵な時間を過ごすことができました。

5,6年家庭科

草むしりからの洗濯
 とても暑い日でしたが、朝一番に校庭の草むしりを行いました。暑い夏の間に、思う存分伸びた草たちを、5,6年生があっという間にむしってしまいました。
 その日の5時間目の家庭科。草むしりで汚れた軍手と、体育の時間に汗をかいた体育着を、手洗いで洗濯しました。デリケートな体育着は、優しく押し洗い。汚れが落ちにくい軍手は、ごしごしもみ洗い。それでも落ちない汚れは、つまみ洗い。自分も洗濯物と一緒に濡れながら、一生懸命洗いました。しっかりすすいだ後、脱水は洗濯機にお任せし、しわを伸ばしてハンガーに掛けました。次の日、すっかりきれいになった体育着と軍手を、それはそれは丁寧にたたんでいました。

KLV読み聞かせ

読書の秋です

今日は月1回のお楽しみ、KLVさんによる読み聞かせの日です。「いっきゅうさん」「いいこといっぱい」2つのお話を読んでいただきました。暑くもなく寒くもない、お話を聞くにはもってこいの季節。子供たちは前のめりになって聞き入っていました。KLVさんは、図書室の掲示も秋使用にしてくださいました。昇降口の詩も、秋を感じますね。読書の秋。たくさん本を読んでくださいね。

カラスよけの設置

頑張れダミーたち
子供たちが農園に蒔いたポップコーン用のトウモロコシが収穫直前にカラスの被害に遭ってしまいました。美味しそうにトウモロコシをついばんでいるカラスを見た子供たち。急いで農園に行ってみたところ無残に食べ散らかされた様子にがっかりとしていました。

そこで、時期を遅らせて蒔いていたトウモロコシを守るべく立ち上がった農園主任。ダミーのカラスやトンビを設置しました。
青空に羽ばたくダミートンビを見てツバメが慌てて飛んでいったとの目撃情報がありましたが、本命はカラスです。ダミーたちが農園を守ってくれることを大いに期待しています。

奉仕作業

テントの天幕洗い
8月30日(日)に奉仕作業を実施しました。

今回は、昨年の水害で泥をかぶったままになっていたテントを、体育小屋から運び組み出して天幕を張り、表と裏の両面にこびりついている泥を、高圧洗浄機、デッキブラシ、タワシなどできれいに洗っていただきました。
朝の7時から約1時間半、ぐんぐんと気温が上がっていく中を、ほとんどの方がマスクを着けたままで作業をしてくださり、最後の頃は汗と水でずぶ濡れ状態でした。お陰様で、ずっと気がかりだったテントがきれいになり、10月24日の運動会に向けた準備が大きく前進しました。
ご協力くださったPTAの皆様、お疲れ様でした。そして、ありがとうございました。

ゴミ箱のカスタマイズ

後片付けも楽しくね。
教室のゴミ箱を、とあるゲームのキャラクターにカスタマイズしてみました。「こんなゴミ箱だと、お掃除も楽しくなるかしら。」と、キャラクターに関する小物が、日に日に増加。これで工作後の片付けはばっちりです。

落ち葉掃きのボランティア

ありがとうございます
今年は、梅雨の長雨のせいか、8月になってからの高温のせいなのか、校庭のサクラの葉が落ちるのが早く、掃いても掃いてもサクラの木の下が落葉だらけになってしまいます。困っていたところ、交通指導員の葛西様が落ち葉掃きのボランティアに来て下さいました。草取りや植え込みの剪定も。「暑い中をすみません」と言うと、「きれいになった校庭を見ると気持ちがいいわ」と笑顔の葛西様。本当にありがたいです。