学校ニュース

2020年3月の記事一覧

教職員の異動のお知らせ

教職員の異動についてお知らせします
【転退職】
 教  諭  和久井正之(定年退職)
 教  頭  小野 潔 (さつきが丘小へ)
 教  諭  小林 隆弘(永野小学校へ)
 教  諭  赤澤 花野(みどりが丘小へ) 
 養護助教諭 福田 恵美(上南摩小へ)
 
【転入】
 教  頭  福田 力 (北小より)
 教  諭  木村 雅人(永野小より)
 教  諭  臼井 寛子(菊沢東小より)

【育休復帰】
 養護教諭  益子 愛美

桜もチューリップも満開です

10月の水害で幹にたくさんの泥をかぶり
どうなるかと心配していた校庭の桜が
今日、満開となりました。
12月に、有志による奉仕作業で植えた花壇のチューリップも
色とりどりのきれいに咲かせました。

コロナウイルスで不安につつまれた私たちの心を
逆境に折れることなく咲いた花たちが
優しく励ましてくれているようです。

文書と写真もおかえりなさい

台風19号により、泥水が校長室にも流れ込み
大切な文書や写真が水浸しになってしまいました。
その中には、明治時代の卒業生名簿や清洲村郷土史なども含まれていて
どうしたらいいかと、途方にくれていましたが
その窮地を救ってくれたのが、市の文化課の方々でした。
濡れたものを全部引き取り、
文書のページにキッチンペーパーをはさみ、写真はアルバムから一枚一枚はがして
きれいに乾かし、修復してくださいました。
3月24日、それらが5か月ぶりに帰ってきました。
しかも、番号、表題、年代などを記入した目録も作成してくださいました。
その数はなんと、3156点です。
学校にとって歴史を物語る、かけがえのない史料がもどってきました。
文化課の皆さん、ありがとうございました。
この史料を次の世代にバトンタッチできるよう、大切に保管したいと思います。

ビー玉 1・2年

1年間頑張ったね!

24日は1~5年生の登校日です。
1・2年生も全員元気に登校してきました。
生活科で作った「1年かんのおもいで」は、休業になってしまっていたため、本日初お披露目。
「懐かしいね。」「楽しかったね。」等、今までの出来事を振り返ることができました。
そしてみんなで協力できたとき、頑張ったときに貯めていたビー玉を分けることに。
一人10個、なんと90個ものビー玉が貯まっていました。
みんなのキラキラした頑張りが詰まったビー玉は、自信を持って進級するためのお守りとなりそうです。

 

 

卒業式

3月18日(水)に卒業式が行われました。
6年間の思い出がたくさんつまった清一小から卒業したいという、子どもたちの願いがかない、10名の卒業生が笑顔で本校を巣立って行きました。

新型コロナウイルス感染防止のために来賓や在校生のいない、式歌や校歌も斉唱しないという異例の卒業式となりましたが、子どもたちは保護者の皆さんや教職員に見守られ、実に堂々とした態 度で卒業証書を受け取り、心を込めた力強い声で「別れのことば」を述べました。録音してあった子ども達の歌声をバックに1年生から撮りためていた写真をスクリーンに写し、温かい雰囲気に包まれた卒業式となりました。
また、卒業式の前日に6年生だけの登校日を設け、短い時間でしたが復旧した校舎や体育館で過ごすことができました。
 
災害からの復旧を果たした学校からの卒業式とういことで、当日は多くの取材があり、テレビや新聞で卒業式の様子が報道されました。

     卒業式前日に登校し、学校で過ごすこできました

 

6年生の登校日

清一小での授業再開を心待ちにしていた6年生のため
卒業式の前日、一日だけですが登校日を設けました。
新しく張り替えられた校舎や体育館の床や
きれいに整えられた教室を見て
子どもたちはとてもうれしそうでした。
子どもたちの元気な声が響く学校は本当にいいものです。

清一小での業務再開

昨年の台風19号で被災し、粟野中学校を間借りして教育活動を行っていましたが、
校舎及び体育館の復旧工事が完了し、粟野中学校に運び込んでいた児童の机・椅子や教材、電話、パソコン関係など全ての物品移動も済み、本日、清洲第一小での業務を再開することができました。
校庭の整備ももう少しで終了する予定です。
清一小での再開に向けて、ご尽力、ご協力くださった方々に心よりお礼申し上げます。
新型コロナウイルスの感染拡大防止のために、臨時休校となっており、子ども達と一緒に今日の日を迎えることができなかったのは大変残念ですが、子ども達が元気な笑顔で登校してくるのを職員一同心待ちにしております。

新しく張り替えた校舎の床は、蛍光灯の光で抗菌作用を発揮するそうです。

体育館の床もぴかぴか輝いています。