学校ニュース

2020年8月の記事一覧

ゴミ箱のカスタマイズ

後片付けも楽しくね。
教室のゴミ箱を、とあるゲームのキャラクターにカスタマイズしてみました。「こんなゴミ箱だと、お掃除も楽しくなるかしら。」と、キャラクターに関する小物が、日に日に増加。これで工作後の片付けはばっちりです。

落ち葉掃きのボランティア

ありがとうございます
今年は、梅雨の長雨のせいか、8月になってからの高温のせいなのか、校庭のサクラの葉が落ちるのが早く、掃いても掃いてもサクラの木の下が落葉だらけになってしまいます。困っていたところ、交通指導員の葛西様が落ち葉掃きのボランティアに来て下さいました。草取りや植え込みの剪定も。「暑い中をすみません」と言うと、「きれいになった校庭を見ると気持ちがいいわ」と笑顔の葛西様。本当にありがたいです。

3年生 国語 へんとつくり

神経衰弱!勝ったのは・・・

3年生は国語で「へんとつくり」の学習をしています。左右に分かれる漢字パズルを作ったので、神経衰弱の要領で先生と勝負することに。「あれ、さんずいのカードさっき出たはず。」「ん?にんべんのカードはどこだったっけ。」と、先生があたふたするのを尻目に、何の迷いもなくカードをめくる3年生。結果はもちろん10組対6組で、3年生の勝利。次は、いとへんカード、てへんカードを追加して勝負する事になっています。カードが増えて、リベンジなるのでしょうか、、、。

パタパタ虫

パタパタ虫はパタパタとぶよ!

1・2年生は9月29日に「子ども総合科学館」に遠足に行きます。8月の科学館では「工作のテイクアウトスペシャル!」と称して、家で簡単に作れる工作キットを配布しています。HPには、家で簡単にできる遊びのプログラム」の掲載も。2年生は、その中の一つ「パタパタ虫」を作ってみることにしました。材料はストローと輪ゴムだけ。あっという間完成です。輪ゴムをまいて離す時にちょっとしたこつがいりますが、パタパタ虫が中を舞う姿はかわいくて、大はしゃぎの子供たちでした。

発育測定と視力検査

8月18日と19日の二日に分けて発育測定と視力検査を行いました。

1回目の発育測定は、6月の臨時休校明けに実施したので、まだ2か月半しかたっていませんが、どの子も着実に成長していることが分かりました。視力検査は、臨時休校の影響で例年よりだいぶ遅れた実施となってしまいました。

発育についても視力についても、自分の体の様子を知るのは楽しみでもあり緊張もするものですね。順番を待つ子供たちの表情にもその気持ちがよく表れていました。

KLV読み聞かせ

暑い日ピッタリの読み聞かせ

18日は、熱中症アラートが発動。1・2年生が楽しみにしている待機の時間になっても外で遊ぶことができません。でも、その日は、KLVさんの読み聞かせの日。読んでくださった本は夏にピッタリ「くまさんのアイスやさん」「にじいろのさかな」です。暑い一日でしたが、本の涼しげな世界に浸ることができた子供たちでした。

傘差し登下校

2学期が始まって2日目の今日も朝からとても暑いです。

登下校時の熱中症を防ぐために、昨日から傘を差すことにしました。傘により直射日光を浴びるのを避けることができるので体感温度がずいぶん下がります。また、傘を差すことで前後を歩く人との距離がとれるため、感染症予防のマスクを外すこともできるので息苦しさがなくなり一石二鳥です。
コロナ禍の中の猛暑を乗り越えるためには、傘差し登下校も新しい生活様式の一つとなるかもしれません。

2学期始業式

 2週間の夏休みがあっという間に過ぎ、今日から2学期が始まり、子供たち全員が元気に登校してきました。

 2学期の始業式も、教室にいる子たちの顔を思い浮かべながら放送で行いました。校長の話は、規則正しい生活をしようと、相手に届くように心を込めてあいさつをしようの2点。各学年の代表児童の作文には、2学期への意気込みや期待が込められていました。

昼間の気温が35度近くまで上昇し、外に遊びに行くこともできませんでしたが、友達と生活することがとても楽しそうな子供たちでした。

 

教室で放送を聞く子供たち。背筋の伸びた姿が美しい。

1学期終了

終業式は放送室から
7月31日、1学期終業式を行いました。

新型コロナウイルス感染症対策のために、異例ずくめの1学期間でしたが、無事にこの日を迎えることができました。保護者の皆様をはじめとした多くの方々のご協力に感謝いたします。

終業式は、密を避けるため放送で行いましたが、子供たちは、教室は代表児童の作文発表や校長の話にしっかりと耳を傾けていました。

 

8月に入った途端に猛暑がやってきました。
暑さに負けず楽しい夏休みを過ごして、元気に2学期を迎えてほしいです。