学校ニュース

2020年12月の記事一覧

詩の紹介

傑作!

2学期も本校のホームページをたくさんの方にご覧いただきありがとうございました。1月11日までメンテナンスがありしばらくお休みとなります。

今年最後の記事として5・6年生の廊下に掲示されていた運動会を題材にした詩をご紹介します。小学校生活最後の運動会を最高のものにしようとしていた6年生の気持ちが見事に表現されています。

 

 

今年は、コロナのために思うように行かない事が多くありましたが、来年こそは明るい年になりますように。私達も子供たちに負けないように頑張ります。

皆さま、どうぞよいお年をお迎え下さい。

紙版画で影絵

遊びの天才

図工の時間に紙版画の版を作った1年生。

休み時間にそれを使って即興の影絵劇をして遊んでいました。

子供は身近な物を遊び道具にアレンジする天才ですね。

その様子がとても楽しそうで、とっても可愛くて

担任の先生、思わず写真をパチリ。

3年生 創作絵本のおひろめ

 主人公のいりこさんが、偶然に拾った宝島の地図を持って宝探しの旅に出る話です。真っ暗な洞くつ中で、ランドセルに付けている防犯ブザーのライトをピカーッと点けたり、池に落ちた時にはランドセルを浮き輪代わりにしたりと、身近な物を使ってピンチを乗り切る工夫に感心しました。まさにサバイバルの基本ですね。宝ものをランドセルに入れ、無事に家に帰れたいりこさん。「いりこはそのランセルをずっと大切にしました。」という最後の部分に、作者の、小学校生活の相棒であるランドセルに対する思いが表れているようで、温かい気持ちになりました。

クラス遊び

みんなで遊ぶと楽しいね。

今日はお掃除のないロング昼休み。クラス遊びの日です。1・2年生は「いろおに」3・4年生は「三本線」5・6年生は「けいどろ」で遊びました。

「いろおに」鬼の指定した色はどこにあるかな。急げ急げ。

「三本線」どうやって助けるか、作戦を練るのも大切です。

「けいどろ」捕まったら、ろうやで助けを待ちます。

寒さに負けず、みんな元気に走り回っていました。

清掃強化週間

ピカピカ、さわやかになりました

 月曜日から始まった清掃強化週間。窓のさん、靴箱の中、ゴミ箱などを拭いたり、クモの巣を取ったりと、いつもはなかなかできない場所も念入りに掃除をしました。

 最終日の今日は、その仕上げとして2階の廊下とオープンスペース、階段のワックスがけをしました。(水害の後に張り替えられた1階の床は、蛍光灯の光で滅菌作用を発揮するという特別製なので水拭きやワックスがけはしないのです)全校生で丁寧にゴミを取って水拭きをした後、高学年のお兄さん、お姉さんたちが丁寧にワックスをかけてくれ、床が見違えるほどピカピカになりました。

 子供たちの力できれいになった学校で、さわやかに年を越すことができます。

なかよし班あいさつ

寒さに負けないぞ!

朝夕の空気が、冬らしくぴりっとしてきました。今週の下校の号令は、はなかよし班ごと。寒さを吹き飛ばしてくれそうなあいさつで、子供たちは元気に下校していきます。

5・6年食育指導

朝ごはん、バランス良く食べてる?

 鹿沼市粟野地区学校給食共同調理場の松島先生をお呼びして、5・6年生に食育指導をしていただきました。今日のめあては「どんな朝ごはんを食べたら良いか考えよう」でした。
 朝ごはんには、①脳の目覚ましスイッチ②体の目覚ましスイッチ③排便を促すスイッチの3つの役割があることを教えていただきました。

 

 

 児童が書いた反省をのぞくと、自分には「主食」「主菜」「副菜」の何が足りなかったのか、今後どんなことに気をつけたら良いのかをしっかりと書いていました。
 毎日元気に学校へ来られるように、しっかりと朝ご飯を食べてくださいね!

読み聞かせ

来年もよろしくお願いします!

今年最後の朝の読み聞かせが行われました。
1・2年生は雪の絵本、3・4年生はサンタの絵本、5・6年生はウィルスの絵本を読んでいただきました。いつも、その時期に合った本を選んでくださるボランティアの方々。おかげで、子供たちは絵本に興味津々です。次は年が明けてから。どんな本を読んでくださるのか、楽しみです。

人権講話

差別について考える
 人権週間の取り組みの一つとして、講師の先生をお招きして、5,6年生に人権講話をしていただきました。江戸時代の身分制度から生まれた差別が、身分制などなくなった現在まで長く続いていることを学習しました。様々な差別(男女・外国人・障がい者・家庭環境・コロナ等の病気 など)が、なくならない理由についても一人一人が考えました。差別をなくすためには、正しい知識をもつこと、相手を思いやるこころが大切だと実感できた1時間でした。

 

KLV委員会指導

本の修理はおまかせ

図書委員会は、KLVの方に本の修理の仕方を教えていただきました。ページが剥がれてしまったら、セロテープで直すのはNG。修理専用のテープ、ページヘルパーで直します。本の段差に気をつけないとうまくいきません。みんなで協力して、うまく修理できるようになりました。本が破れてしまったら、図書委員に声をかけてくださいね。図書室もKLVの方が12月使用にしてくださいました。今月も、たくさん本を借りに来てください。