学校ニュース

なかよし班安全会議

 12月15日(水)に、なかよし班安全会議を実施しました。

 2学期は、「児童自らが、学校の安全と環境衛生の状況を報告・共有したり、維持改善について話し合ったりして、安全を守っていこうとする態度、維持改善に努めようとする態度を養わせる」「各自がしっかり考えて、発表できるようにさせる」という目的で、安全と環境衛生について『考える・話し合う・発表する』を中心とした会議形式で進めました。

 初めから丸くなって、まじめに話し合いをしていた班、班長が全員を一列に並ばせて、会議のポイントを説明することから始めていた班、まずは清掃分担場所を点検し、その後に話し合っていた班、班長だけに頼らず、他の高学年の児童もサポートしながら進めようとしていた班など、どの班も同じ目的に向かっているけど、そのための手段はさまざまだったというところが、よかったと思います。

 また、低学年の児童には、難しい会議だったかと思いますが、班長や他の高学年の児童は、言葉を選びながら、分かりやすく説明をしていました。会議の記録も、班長は一生懸命書いていました。

 安全会議として実施するのは初めてでしたが、全員、よくがんばっていました。

 安全会議で話し合ったことは、今後も日常的に意識してできるよう、働きかけていきたいと思います。