学校ニュース

日誌

体育向上に向けて

 栃木県では体力向上に向けて、エキスパートティーチャーが子どもたちの指導に来てくださいます。本校では今日が1回目です。投げる力の向上を目指して、3・4年生と5・6年生にボールの投げ方を指導していただきました。

 まずは、準備運動の中で体ののばし方の指導がありました。

 

 

  

 ジャンプして1回転する運動も行いました。体をひねる運動です。

 

 

 

紙袋を使って

 3・4年生の図工の作品です。紙袋を使って想像力を膨らませ、それぞれが作品に仕上げました。

  

 紙袋から光が射して素敵です。

 

 

 

 

 

 

 

家庭科お掃除実習

 6年生は家庭科の時間に掃除の実習をしました。どんな汚れやごみがあったか観察し、どんな掃除道具が適しているか考えていました。同じところを掃除した子が集まって、実習のまとめをしていました。

 

 

 掃除する前と後の様子を写真に撮り比べていました。

うきうきボックス

 1年生の図工の時間の様子です。教育実習生の授業です。子どもたちが用意した箱を使ってうきうきするような箱に変えていきました。先生のお話を真剣に聞いていました。

  

 どの箱を使うか迷いながら、何を作るか考えていました。「おうちにしたいな」「カメができるかな」「電車かな」「ワニにしたいな」「ヘビもいいな」とつぶやきながら箱を組み合わせていました。

  

 

  

 

 楽しい作品が出いました。

 

 

 

 

 

 

仲間づくり委員会による寸劇

 本校には「仲間づくり委員会」という組織があります。その委員会の子どもたちが話し合い、「廊下を走る人がいるので注意を呼び掛けたい」と、寸劇を考え給食の後で披露しました。

 

 

 廊下を走ってきた子が、友達にぶつかって転ばせてしまうという内容の劇でした。

 

 転んで痛がる子、謝る子の演技がわかりやすく、実際こういうことが起きそうだなと思える内容でした。

 

 

 これで終わりではなく、時を戻し、走らず一列で歩く様子を見せていました。なかなか上手な演技でした。しっかり、「廊下は走らない」と、啓発をしていました。