学校ニュース

日誌

6年 家庭科

 6月23日(木)、6年生は、家庭科の「クリーン大作戦」の学習をしていました。自分が調べた掃除の方法で、掃除に挑戦していました。それぞれが工夫しながら取り組んでいたので、とても感心しました。

  

5年 総合的な学習の時間

 6月23日(木)、5年生は、総合的な学習の時間に、南摩の自然について学ぼうと、講師の先生をお招きし、お話を伺いました。子供たちからは、次から次へと質問が向けられ、時間を過ぎても、講師の先生の周りに集まり、質問を続けていました。自分が知りたいと思うことを自分からどんどん学んでいこうとする姿に、成長を感じました。

  

  

2年 国語

 6月23日(木)、2年生の教室でも、国語の授業をしていました。2年生は、「あったらいいなこんなもの」というタイトルで、自分が、「こんなものがあったらいいな。」と思うものについて、自分の考えを友達に伝える活動をしていました。どの子の発想も、とても面白く、思わず聞き入ってしまいました。

  

1年 国語

 6月23日(木)、1年生の教室に行ってみると、国語の学習をしていました。二人組で音読をしたり、全員で声を合わせて音読をしたり、楽しそうに教科書を読んでいました。入学した時より、とても上手に文章を読めるようになっていました。

   

待ちに待った水泳運動

 6月22日(水)、今日は、体育の授業で、「水遊び」と「水泳運動」を実施しました。今年初めてということもあり、子供たちは大喜び。笑顔がはじける時間となりました。

   

   

 

 

5年生の国語の授業を研究しました。

 6月21日(火)、5年生の国語の授業を参観し、授業研究会を行いました。「カレーライス」という物語を読んで、その物語の魅力を友達に伝える授業でした。魅力と感じるところが、一人一人違っていて、それぞれの児童が、自分の思いを一生懸命友達に伝えていました。どの子の発表もとても説得力があり、それぞれの良さを感じることのできる素敵な授業でした。授業後は、授業についての研究協議を行いました。「誰でも、わかる・できる喜びを感じることができる授業の実践」を目指して、研修を重ねていきます。

   

   

   

自分たちで収穫したジャガイモが給食に

 6月20日(月)、2・3年生が、なんま夢野菜プロジェクトで栽培しているジャガイモの収穫に出かけました。南摩地区では、南摩に住む子供たちに、おいしくて安全な食材を提供するために、有志が集まって、野菜の栽培を行っています。この日は子供たちが、給食で使うジャガイモの収穫に出かけました。子供たちは、張り切って、ジャガイモの収穫に取り組んでいました。そして今日(6月21日)は、子供たちが収穫してきたジャガイモを使って調理された肉じゃがが給食に登場しました。いつもとは違う味がしたようです。とてもおいしいジャガイモでした。

  

  

   

  

 

PTA奉仕作業を実施しました。

 6月19日(日)、PTA奉仕作業を実施しました。たくさんの方々にご協力いただき、学校がとてもきれいになりました。休日のお忙しい中、時間を割いてご協力いただいたことに、心から感謝致します。

 

 

2年 算数「大きな数」

 6月16日(木)、今日は、2年生の算数の研究授業を行いました。前日から、どうすれば、「誰もが、わかる、できる喜び」が味わえる授業になるかを考えました。授業では、子供たちが、真剣に課題に取り組んでいました。

 

 

3年生 体育「タグラグビー」

 6月16日(木)、3年生は、講師の先生をお招きし、「タグラグビー」に挑戦しました。初めて取り組むスポーツでしたが、ルールを教えていただき、動き方の練習を重ねるうちに、子供たちは、「タグラグビー」に夢中になっていました。試合では、互いに作戦を立てながら、声を掛け合い、頑張っていました。