学校ニュース

2021年4月の記事一覧

学級懇談と、引き渡し訓練

 4月23日(金)PTA総会実施後は、各教室で学級懇談を実施しました。その後は、児童の引き渡し訓練も行いました。緊急時に子どもたちをお迎えにきた方々にどのような手順で引き渡すのかを、保護者の皆様と確認することができ、大変ありがたかったです。お忙しい中、ご協力いただきました保護者の皆様に心より感謝申し上げます。

 

 

オンラインでのPTA総会を実施しました。

 4月23日(金)、授業参観終了後にコロナ時代のPTA総会ということで、校長室と各教室をオンラインで結んで、PTA総会を実施しました。初めての試みでしたが、密にならずに、短時間で実施することができました。今後も、安全な方法を工夫しながら、できることを実施していきたいと思います。

 

授業参観を実施しました。

4月23日(金)、令和3年度初めての授業参観を実施しました。参観者には、検温や消毒にご協力いただき、喚起を十分に行っての授業参観としました。子どもたちは、おうちの方に参観していただくことがうれしい様子でした。保護者の皆様に、ご協力いただき、大変ありがたかったです。

 

 

入学おめでとう献立

 4月22日(木)、今日の給食は、入学おめでとうランチです。お赤飯に見立てた黒米ご飯と、子どもたちの大好きな鶏の唐揚げ、おいわい吉野汁、ごま味噌和え、そして、お祝いクレープというメニューでした。1年生もとてもうれしそうに食べていました。1年生が入学してから、ちょうど10日。少しずつ学校にも、給食にも慣れてきたようです。

 

 

自分の考えを伝え合っています。(6年 算数)

 6年生の教室をのぞいてみると、算数の授業をしていました。自分で考えた解き方を、近くの友達と話し合っています。友達の考えを聞きながら、うなずいたり、「なるほど。」とつぶやいたりする姿が見られました。距離をとりながらの意見交換は、難しいところもありますが、頑張って自分の考えを伝えていました。

 

 

委員会の仕事を頑張っています。(5年生)

 初めての委員会を終え、新しい委員会での活動が始まりました。今年で2年目となる5年生は、自主的な活動に率先して取り組んでいます。その姿を見ながら、頼りになる上級生に成長していることをとてもうれしく感じました。

 

ひょうたんの種をまきました。(4年理科)

 何やら楽しそうな声が聞こえてきたので、外に出てみると、4年生がひょうたんの種をまいていました。「ひまわりの種に似ているな。」種を見ながら、その様子を観察していました。どんなひょうたんがなるのか、今から楽しみです。種を蒔くのは楽しいものです。

 

 

旬のお魚とタケノコいただきました。

 4月20日(火)の給食は、「旬のお魚ランチ」でした。このメニューに付け合わせとして加わったのは、地元の竹林で南摩中学校の生徒が収穫してきたタケノコを使った、「タケノコのおかか和え」でした。南摩地区ならではのこのメニューは、地域の方のご厚意によって実現できたものです。旬の魚に、旬のタケノコを味わい、季節を感じながら食事をすることができました。とてもおいしかったです。

 

 

新入生歓迎会を実施しました。

 4月20日(火)、児童会主催の新入生歓迎会を実施しました。今年は、「密にならない歓迎会」をテーマに、5・6年生が、活動内容を企画しました。感染症対策をしっかりとして、セレモニーを実施した後、縦割り班ごとに場所を変えて、「1年生が喜ぶ、密にならない活動」を実施しました。5・6年生のアイディアが光る楽しい活動があちこちで見られました。1年生もとても楽しそうでした。5・6年生ありがとう。

 

 

 

 

避難訓練を実施しました。

 4月16日(金)、地震発生を想定した避難訓練を実施しました。使用する教室が新しくなったため、避難経路を確実に覚えることを目的に実施しました。今年度第1回目でしたが、素早く避難することができました。訓練の時から真剣に取り組むことの大切さを子どもたちに伝えました。「備えあれば憂いなし。」もしもの時に備えて、十分な訓練を行っていきたいと思います。