学校ニュース

日々の出来事

運動会実行委員会活動を開始しました! 

 令和4年度の「運動会実行委員会」の活動が始まりました。

児童が主体となって創り上げる西小学校の運動会です。第1回目の実行委員会は、各係長の自己紹介から始まりました。その後、どんな運動会を目指していくかについて話し合いました。

 6年生を中心とする今後の運動会実行委員会(4〜6年生)の活躍が、とても楽しみです。

 

食育指導(2・3年生)

 9月8日(木)、粟野地区学校給食共同調理場の松島栄養教諭に御指導いただいて、食に関する授業を行いました。

 2年生の「なんでも食べよう」では、好き嫌いなく食べることの大切さについて学習しました。

 3年生の「おやつについて考えよう」では、おやつの役割や適切な摂り方について学習しました。

 2年生も3年生も、自分の食生活について振り返って、成長期にある自分はこれからどうしたらいいかを、一人一人がしっかりと考えることができました。 

<2年生の様子>

<3年生の様子>

体育館さようなら会に向けて⑥

 今日(9/16)は、1年生が体育館へのメッセージを書きました。

「ありがとう」の気持ちを込めて、たくさんのメッセージや絵を書くことができました。

体育館さようなら会に向けて⑤

 今日(9/15)は、2年生が体育館にメッセージを書きました。

普段はできない経験に、「楽しいね!」と言いながら時間いっぱい書き続けていました。

体育館さようなら会に向けて④

 今日(9/14)は、3年生が壁にメッセージを書きました。

 上級生が書いたメッセージや絵をよく見て、「僕たち、私たちも、上手に書こう!」と、一生懸命に取り組んでいました。

体育館さようなら会に向けて③

 今日(9/13)は、4年生が壁にメッセージを書きました。

 予定していた業間の休み時間だけでは時間が足りなくなるほど夢中になり、「昼休みも書きたいです!」と言って、体育館へたくさんのメッセージを書くことができました。

 

体育館さようなら会に向けて②

 今週も、「体育館さようなら会」に向けて準備が進められています。

今日は、5年生が体育館の壁にメッセージを書きました。

一人一人が、体育館への感謝の気持ちを書くことができました。

 明日は、4年生がメッセージを書きます!

体育館さようなら会に向けて①

代表委員会です。

  9月21日(水)に「体育館さようなら会」を行います。

体育館を改修する工事が始まるので、その前に最後の思い出を作るためにこの会を開きます。

今の体育館に感謝の気持ちを伝えるために、体育館にメッセージを書いたり、手紙を読んだりします。

今日は、6年生が体育館の壁にメッセージを書きました。

来週も、集会に向けて準備を進めたいと思います。

いちご一会とちぎ国体に向けて

 10月1日から「いちご一会とちぎ国体」が開催されますが,鹿沼市では市内の小中学生も様々な形で関わっています。

 1学期,6年生が「応援のぼり旗」を作成しましたが、今日(9/9)は、児童会緑化委員会の4,56,年生が、「花いっぱい運動」の花植えを行いました。

 16個のプランターに4株ずつ、サルビアの苗を植えました。子供たちが心を込めて植えたこれらのプランターは、国体の期間中、会場や沿道などに飾られます。その時まで、緑化委員会の子供たちが中心となって大切に育てていきます。

外国語アドバイザーの訪問がありました

 1学期に引き続き、2学期も、月1回外国語アドバイザーの細田先生が指導訪問してくださり、外国語科、外国語活動の授業力向上に向けて指導してくださいます。

 9月6日(火)、2学期最初の指導訪問がありました。外国語の授業を参観していただき、放課後、教員1人1人が授業改善に向けた指導・助言を受けました。

 各担任が自らの授業力向上を図りながら、西小の子供たちが外国語によるコミュニケーションを図る素地となる資質・能力の育成に努めています。

 

粟野地区共同調理場の学校訪問がありました

 学校給食の衛生管理と給食指導の充実を図るため、年1回、粟野地区共同調理場の場長さんや栄養職員の皆さんが学校を訪問され、御指導くださっています。。

 今年度は、9月5日(月)にその訪問がありました。給食中の子供たちの様子や、給食の配膳や片付けの状況などを見ていただきました。

 調理場の皆さんから、給食が好きと答えた児童が多かったことや、元気な挨拶ができて礼儀正しい態度だったことなど、お褒めの言葉をいただきました。また、給食は成長に必要な量が出されており、食事をきちんと摂らなければならない成長期の小学生は、完食できるよう努力してほしいこと、食品ロスの観点からも残量を少なくするのは大切なこと、等の御指導をいただきました。

PTA奉仕作業が行われました

 9月4日(日)、早朝からPTAの皆様による奉仕作業が行われました。

 今回の奉仕作業は、草刈り、校庭周りの側溝の土砂さらい、校舎内の窓ガラス拭き、トイレや水場の清掃に加えて、間もなく改修工事が行われる体育館の物品移動も行ってくださいました。

 この日は朝から蒸し暑い日でしたが、西小の子供たちがより良い環境の中で学校生活を送れるよう、懸命に作業にあたってくださいました。

 PTAの皆様、どうもありがとうございました。

ボランティアの皆様に支えられています

 始業式の日の朝、子供たちは、絵や工作、書道など夏休み中に頑張った課題をたくさん持って登校してきました。

 それらの作品を、「作品整理ボランティア」の皆さんが各コンクールや展覧会などに出品できるよう、1つ1つ丁寧に点検し、整理してくださいました。出品目録を作り、作品の梱包等までしてくださるので、とても助かりました。

 各教室前の廊下は、「作品整理ボランティア」の皆さんが掲示してくださった作品でいっぱいです。ありがとうございました。

避難訓練の後に・・・

 8月31日、避難訓練が終わった後に全校で「ショート除草」を行いました。前日の雨のおかげで草が取りやすくなっていたので、低学年の児童もたくさん草むしりができました。

避難訓練を実施しました

 8月30日から9月5日まで、「防災週間」です。それに合わせて、8月31日(水)に避難訓練を実施しました。今回は、「昼休み時間に地震が発生した」と想定して訓練を行いました。

 地震発生を知らせる緊急地震速報が流れると、校庭で遊んでいた児童は、速やかに校庭の中央に集まってしゃがみました。校内にいた児童は、机の下などにもぐり込んで身を守る体勢をとりました。

 揺れがおさまって職員が安全確認をした後、放送の指示に従って校庭ののぼり棒前に全員が避難しました。

 休み時間など授業以外の時間は、校庭で遊ぶ児童、教室で過ごす児童など、児童がいる場所は様々です。そのような状況の中で地震が発生した時、自分で考えて身の安全を確保する行動が素早く取れるよう、「自らの命は自らが守る」意識を持って行動できる児童の育成に努めています。

令和4年度2学期がスタートしました

 39日間の夏休みが終了し、8月29日(月)から第2学期がスタートしました。夏休みの間静まり返っていた校舎に、子供たちの元気な声や楽しそうな笑い声が戻ってきました。

 始業式は、今回もZOOMで学習室と各教室を繋いで実施しました。各学年の代表児童では、それぞれが「2学期の意気込み」を堂々と発表しました。

・国語が苦手なので、国語の授業を頑張りたいです。

・国語の文章で「てにをは」を間違えてしまうので、自主学習で文や日記を書いて先生に見てもらいたいです。

・自主学習を頑張って、算数でいい点数を取りたいです。

・漢字が好きだし、5,6年生になって難しくなるから頑張りたいです。

・クラスの代表として、いろいろな行事を引っ張っていきたいです。

・自主学習で調べ学習を頑張りたいです。最上級生として、楽しく行事が行えるよう頑張ります。

<始業式での教室の様子>

 

 

1学期終業式を行いました

 今日(7/20)は、1学期の最終日でした。熱中症対策と感染症対策のため、各教室をリモートでつないで表彰伝達と終業式を行いました。

 終業式の児童発表では、2名の児童が「1学期に頑張ったこと」を発表しました。

・わり算と余りのあるわり算を頑張りました。分からずに不安でしたが、友達の発表を聞いてもう一度考えたら分かるようになりました。家族からは、学校に休まず元気に行ったことを褒められました。

・自主学習を頑張って、ノートが8冊終わりました。早寝、早起きをして、休みの日も水やりなどをしました。クラスでは、イベント係を友たちと協力して頑張りました。クラスのみんなが楽しんでくれたので、よかったです。

 それぞれの教室では、「グー・ピタ・ピン」を意識しながら、終業式に参加している児童が多く見られました。

七夕集会を行いました

 7月13日(水)、ロング昼休みに児童会主催の「七夕集会」が行われました。

 各クラスに願い事などで飾られた笹を飾って、全校児童で七夕を楽しみました。

「七夕集会」では、Zoomを使ってオンラインで各教室をつなぎ、子供たちが「願いごと」を発表しました。たくさんの児童が積極的に手を挙げて、大きな声で「願いごと」を発表することができました。

外国語アドバイザー訪問がありました

 西小学校では、毎月、鹿沼市外国語アドバイザーの細田先生に訪問いただき、外国語科・外国語活動の授業改善に向けて御指導いただいてます。

 7月13日(水)、1学期最後の指導訪問がありました。子供たちは、担任と外国語指導助手のシャリマ先生の授業をとても楽しみにしています。

 

学力向上コーディネーター訪問がありました

 栃木県で実施している「学力向上コーディネーター派遣事業」で、本日(7月12日)、3名の学力向上コーディネーターが本校を指導訪問されました。

 この事業は、児童の学力向上に向けて、各教員が「主体的・対話的で深い学び」の視点から指導いただき、授業改善を図ることを目的としています。

 今回は、1年生と6年生の算数科、5年生の国語科の授業を参観していただき、その後、授業改善のための指導を受けました。子供たちにとって楽しい授業づくりをしながら、学力の向上を図っていきます。

<1年生の授業>

<5年生の授業>

<6年生の授業>

 

なかよし班活動

 西小の子供たちは、毎週水曜日の「ロング昼休み」をとても楽しみにしています。

 7月6日(水)のロング昼休みは、「なかよし班遊び」を行いました。それぞれの班の高学年児童が中心となって考えた遊びを、みんなで仲良く、楽しく遊びました。

 真夏の太陽に負けないくらい、みんな、イキイキ、キラキラ、輝いていました。

避難訓練を実施しました

 7月5日(火)、今年度3回目の避難訓練を行いました。今回は、「非常階段から校内に侵入した不審者が、6年教室に入ってきた」と想定して行いました。

 警察への通報、児童の安全な場所への避難、刺股等での不審者の取り押さえなど、それぞれが状況を判断して対応しました。

 訓練後、感染症対策のため上学年と下学年に分けて、警察スクールサポーターの大島様、上日向駐在所の館山様から御指導をいただきました。

 4〜6年生は、不審者対応のDVDを視聴後、1人でいるときに不審者から声をかけられた場合の対応をロールプレイしました。1〜3年生は、不審者から身を守る合言葉「いか・の・お・す・し」について確認しました。

 登下校の経路や遊び場所の近くなどにある「こども110番の家」を確認しておくことなど、誘拐や連れ去りから自分の身を守るための対応等について学習しました。

 

KLVお話会

 7月4日(月)、西小KLVのみなさんによる「KLVお話会」がありました。1学期最後のお話会は、1年生と6年生対象に行われました。

 1年生には、「およぐ」と「わがはいはのっぺらぼう」の2冊の絵本の読み聞かせをしてくださいました。

 6年生には、カードを当てる手品の御披露のあと、引田の民話「するすみが淵」のお話をしてくださいました。学区内の天王橋付近の民話だったからか、子供たちはすぐにお話の世界に引き込まれて、聞き入っていました。

 西小KLVのみなさん、ワクワクする話やドキドキする話、悲しい話など、幅広いお話を聞かせてくださり、ありがとうございます。

 2学期最初の「KLVお話会」は、1〜3年生への読み聞かせを予定しています。

 

本の整理をしていただきました

 7月1日(金)、「本の整理ボランティア」の皆さんが、図書室の新刊の整理をしてくださいました。

 今年度も、子供たちの豊かな読書活動推進のため、読み物を中心としてたくさんの本を購入しました。ボランティアの皆さんと図書館支援員の高橋さんとで、それらの本1冊1冊に整理番号をつけたり、表紙にフィルムを貼ったりしてくださいました。

 子供たちが図書室で、たくさん入った新刊の中から、「今日はどの本を借りようかなぁ・・・」と、いろいろな本を手に取って迷っている姿が目に浮かびます。

指導訪問がありました

 7月1日(金)、鹿沼市教育委員会事務局の指導訪問があり、水野指導主事が来校されました。6年生の社会科、「貴族が生み出した新しい文化」の学習を参観していただきました。

 平安時代の貴族の暮らしがどのようなものであったかを、iPadを使って考えました。子供たちは、手書きや文字入力などを使い分けながら気付いたことや意見をまとめ、それをオクリンク上で共有していました。

授業参観、学級懇談会を実施しました

 6月29日(水)、今年度2回目の授業参観を実施しました。今回も、感染症対策のため地区別に2回に分け、参観人数も制限して行いました。学級懇談会は、児童の下校後、参加形態をリモート、或いは教室のどちらかを保護者の方に選択していただいて実施しました。

 子供たちは、大好きな家族が参観してくれているからか、いつも以上に背筋を伸ばして、意欲的に授業に参加していました。

 参観後に家族の方が帰られる時には、おうちの方のところへ寄っていって何かを話している姿、おうちの方とギュッとハグしている姿、おうちの方が見えなくなるまで手を振っている姿などが、あちらこちらで見られました。

<2時間目の様子>

<3時間目の様子>

 

 

租税教室(6年)

 6月23日(木)、6年生は社会科の学習の一環で、「租税教室」を実施しました。講師として、鹿沼市青色申告会副会長兼女性部長の星野様、鹿沼税務署財務事務官の谷中様をお迎えし、租税が国や県、市によって行われている対策や事業などにどんな役割をもっているか、等を学習しました。

 学校では、小学生1人あたり、1ヶ月間で約7万円の税金が使われていること、すべての人が様々な形で税金を払っていて税金で支えられていることなど、ビデオ鑑賞や討議活動などで学習しました。

 租税教室の最後には、ジュラルミンケースに入った1億円の札束を見せていただきました。(重さは10kgもあるそうです!)

 学習後に講師の方から、「税金があってよかったと思う人?」と尋ねられた際には、多くの児童が手を高くあげていました。自分達も、税金を通していろんな人々に守られていることが理解できたようです。

交通安全教室を行いました

 6月22日(水)、児童の交通安全の意識や交通マナーの向上に向けて「交通安全教室」を実施しました。

 鹿沼市役所の生活課交通政策係の鈴木様、栃木県トラック協会の皆様を講師にお迎えし、トラック左折巻き込み実験や登校班ごとの横断の練習などを行いました。

 道路を横断するときに手をあげるのは、道路を渡ることを周りの人や車にアピールするためであること、また、横断歩道で待つときは、2歩分位下がって待つこと、渡る時には、右左右の確認後うしろも確認すること、歩道を渡るときは横一列でみんな一緒に渡ることなど、1つ1つ丁寧に指導してくださいました。

 最後の児童発表では、「正しい横断歩道の渡り方がわかってよかった」「自分達の班が正しく横断できていたので、よかった」「今日勉強したことを、今日の下校の時から生かしたい」など、たくさん発表していました。

 交通事故に巻き込まれないためにはどうしたらいいかを、1人1人がよく考える時間になりました。

指導訪問がありました

 6月21日(火)、鹿沼市教育委員会事務局の指導訪問があり、1年生の学級活動の授業を参観していただきました。

 「雨の日の遊びを考えよう」という議題について、「何の遊びをするか」「どんな工夫をするか」などを話し合いをしました。

 1年生にとって初めての話し合い活動でしたが、みんな、自分の意見をたくさん発表することができました。発表するときは、みんなに聞こえる声の大きさで、理由も分かりやすく話すことができました。計画委員の子供たちも、それぞれの役割を果たそうと、互いに協力して頑張っていました。

避難訓練を行いました

 6月17日(金)、今年度2回目の避難訓練を実施しました。今回は、竜巻が発生したと想定して行いました。

 竜巻が近づいてくる音と竜巻発生を知らせる校内緊急放送を聞いて、各学級で素早く避難体制をとりました。窓の鍵をかけカーテンを閉めることや、教室の廊下側に机でバリケードを作り机の下に「ダンゴムシのポーズ」で頭を守ることなど、自分で考え、判断して身を守る体制をとりました。

 これからの季節は、竜巻や突風が発生しやすくなります。休み時間や下校中、体育の授業中など、その時の状況によって正しく判断し、自分の身を守れる力を子供たちに育んでいきたいと思います。

マイチャレンジがありました

 6月15日(水)から17日(金)までの3日間、「西中学校マイチャレンジ」で3名の2年生が本校にきてくれました。

 3名の西中生は、1年、3年、4年生に1名ずつ、「先生」として各学級の支援をしてくれました。3名の「先生」は、あっという間に子供たちから大人気になりました。業間や昼休みの時間になると、大勢の子供たちが一斉に寄ってきて、鬼ごっとなどで遊んでもらっていました。

 元気で優しい中学生の「先生」が、分かりやすく勉強を教えてくれたり、筋肉痛になるくらいたくさん遊んでくれたりしたので、西小の子供たちはいつも以上に元気いっぱいに見えました。

 3名の「先生」たち、3日間、ありがとうございました。

*初日は、少し緊張気味でした。

「県民の日集会」を行いました

 本日、6月15日は「県民の日」です。西小では、児童会代表委員会の児童8名が企画、準備して、「県民の日集会」を行いました。

 リモートで各教室をつなぎ、代表委員会の児童が準備したクイズやビンゴをしながら、栃木県に関することについて楽しく考えたり、理解を深めたりしました。

 各学年の感想発表では、「クイズが難しかったけど、楽しかった」「栃木県のことを楽しく覚えられた」「おもしろくて勉強になった」「1年生から6年生まで楽しめてよかった」「代表委員のおかげで、楽しむことができた」「まだまだ栃木県について知らないことがあるので、これからも栃木県のことを考えたい」など、たくさんん感想が発表されました。

 最後の代表委員児童の感想発表では、「毎日のように準備してきて、みんなが楽しめてよい集会になった」「1年生から6年生がみんな楽しんでくれてよかった」「代表委員のみんなで準備してきた。楽しいと言ってくれてよかった」など、自分達で協力して取り組んだこと、みんなが楽しんでくれたことなど、大きな行事をやり遂げたことに喜びを感じ、自信を深めたようです。

学校訪問がありました

 本日(6月13日)、鹿沼市新規採用教員指導訪問があり、鹿沼市教育委員会事務局からお二人の指導者が訪問され、3年生の授業参観しました。

 3年生は、算数の「長い長さをはかって表そう」の学習で、「きょり」や「道のり」の違いを考え、長い長さを表す単位kmを新たに学習しました。子供たちはkmの単位について、「おうちの人が使ってるのを聞いたことがある」「車に乗ってる時、『あと〇キロで着く』って話す」など、日常生活の中で使われている場面を振り返っていました。

 

第1回家庭教育学級

 5月23日に実施した3年生の社会科見学と同じ時間に、同じ場所で、今年度の「第1回家庭教育学級」が行われました。

 開級式では、家庭教育オピニオンリーダーの平原様に御臨席いただき、委員の皆さんへの委嘱状の授与や年間計画の確認などが行われました。

 その後、社会科見学中の3年生と一緒に、いちご園の方からの説明を聞きました。児童が地域に支えていただきながら見学している様子を間近で見学して、地域との連携の大切さを感じているようでした。

 次に、鹿沼市教育委員会事務局生涯学習課社会教育指導員の島田様から、次年度から完全実施となる「コミュニティスクール」について御講話いただきました。学校、家庭、地域が連携して子供達を育てることの大切さを、わかりやすく説明してくださいました。

 参加者みんなで家庭教育のあり方を考える、有意義な時間となりました。平原様、島田様、家庭教育学級員の皆様、ありがとうございました。

  

 

いちご園の見学(3年生)

 少し前の出来事になって申し訳ないのですが、5月23日(月)、3年生が社会科の学習の一環で「出会いの森いちご園」の見学に行ってきました。

 3年生は、事前の学習でたくさんの質問を用意し、ずっと楽しみにしていた見学だったので、とても嬉しそうでした。

 最初に、いちご作りについて、いちご園の方から説明していただきました。実物を見せながらわかりやすく説明してくださったので、子供たちはとてもよく理解できたようでした。また、子供たちからのたくさんの質問にも、1つ1つとても丁寧に答えてくださいました。ハウスの中も見学させてくださり、子供達は興味津々で美味しそうに実っているいちごを見ていました。

 最後は、いちごの試食でした。いちご園で栽培しているいろいろな品種のイチゴを食べ比べて、味や食感の違いについて感想を言っていました。

 始めていちご園の見学をさせていただきましたが、大変有意義な見学となりました。いちご園の皆様、本当にありがとうございました。

   

体力テストを実施しました

 6月1日(水)、2日(木)の2日間にわたり、ペア学年で体力テストを行いました。

 1日目は1,6年のペアと2,5年のペアが、2日目は3,4年のペアが、昨年度の記録更新に向かって一生懸命取組みました。競技が終わると、友達と自分の記録を比べたりしながら、「すごいね!」「〇〇ちゃん、□回もできたんだよ!」など、互いの頑張りを認め合ったりする様子も見られました。中には、「寝起きなので体が硬かった…」など、残念そうに話す児童もいましたが、全力を出し切った子供たちの表情は、キラキラ輝いていました。

 また、実施にあたって、体力テストボランティアとして、保護者や地域の皆様が補助等に御協力くださいました。ボランティアの皆様、ありがとうございました。

<1日目の様子>

<2日目の様子>

水曜日はロング昼休み

 西小では、毎週水曜日の昼休みを「ロング昼休み」にして、35分間遊びの時間にしています。

 元気っぱいの西小の子供たちは、ロング昼休みをとても楽しみにしています。学年を問わず、みんな仲良しです。

<5月11日のロング昼休み>

 

<5月18日のロング昼休み>

体力向上エキスパートティーチャー派遣事業(4・5年)

 5月23日(月)の2校時に4年生、3校時に5年生を対象に、体育向上エキスパート・ティーチャーをお招きして、体育の授業を行いました。

 「投げる」「跳ぶ」などの本校児童の基礎運動能力の課題に応じた耐力向上の運動を、体を動かしながら楽しく行いました。将来の健康寿命を長く保つためにも、それぞれがちょうどよい程度の運動をする習慣を身に付けて継続してほしいと思います。

 本校の体育の授業では、基礎体力の向上のために、楽しく活動量に満ちた体育授業の展開に努めています。また、積極的に外遊びも奨励して、「健やかな子」の育成を目指します。

 

薬物乱用防止教室(6年)

 5月18日(水)、4時間目に「薬物乱用防止教室」を行いました。

 栃木県警察署の方の講話やDVD視聴で、違法薬物の危険性について学びました。

6年生の子供たちは、講話を聞きながら、うなずいたりメモを取ったりして真剣に取り組みました。ロールプレイやクイズでは、多くの児童が手を挙げて意見や考えを述べるなど、積極的に参加することができました。

書写の授業から(5年)

 5月17日(火)の5年生の授業から(書写)

 西小学校では、今年度も引き続き、書写の授業で板橋先生に御指導いただいています。専門の方からの御指導を受けることにより、学習活動や日常生活に活かすことのできる書写の能力を育んでいます。

 それぞれが心を落ち着けて、一筆ごとに心を込めて字を書いています。「字を書く」という活動では、素早くメモを取る場面もあれば、点画を整えてじっくりと書く場面もあります。状況に応じて、ふさわしい書き方が身につくよう、励ましながら指導していきます。

第1回代表委員会を行いました

 5月13日(金)、業間の時間に第1回目の児童会「代表委員会」を行いました。

 西小学校の代表委員は、3〜6年生の男女各1名で構成されています。学校でみんなが楽しく安心して生活できるように提案をしたり、学校行事を計画・運営したりします。

 今後は、来月に予定されている「県民の日集会」で、どのような活動を行うかについて話し合って準備を進めていきます。自分たちの郷土である栃木県について、みんなによく知ってもらうため、代表委員としての初仕事をがんばっていきましょう!

ペア学年活動を行いました(2・5年)

 5月11日(水)の5校時、「ペア学年活動」を行いました。

 2年生が学校農園で行う野菜の苗植えを、5年生が手伝う形で行いました。5年生は2年生に対して、「自分でできる?」と尋ねながら、自分の力でできることはなるべく2年生に行わせるという姿勢で活動していました。

 苗植えが終わった後の児童の感想からは、「下級生の面倒を見るという経験は今まであまりなかったけど、楽しかったし、勉強になった(5年)」「5年生が優しく教えてくれたおかげで、野菜が植えられた(2年)」などの声が聞かれました。

 これからも、同じ西小学校に通う仲間としての絆を深めていけるような活動がたくさん行えるように、感染症対策を行いながら、工夫と努力を重ねていきます。

通学班長会議を行いました

 5月11日(水)、業間の時間に「通学班長会議」を行いました。

 本校は学区が広大で、半数近くの児童がスクールバスを利用して登下校しています。みんなが交通ルールを守って安全に登下校ができるように、ふだんの登下校の様子を確認した上で、指導しました。

 5月は、統計的にも児童が交通事故に遭う件数の多い月です。毎月通学班長会議を行うことを通して、自分で自分の安全を守る意識の向上も図っていきます。

視力・聴力検査を行いました

 4月から5月にかけて、児童の健康維持、増進のために、身体計測や腎臓検診など保健関係の検査がたくさん行われています。

 視力・聴力検査は、5月2日に上学年、5月6日に下学年を対象に行いました。保健室で聴力検査を受けた後、会議室で視力検査を受けました。密にならないようそれぞれの検査会場に入る人数を制限するため、子供たちは廊下で静かに順番を待ちます。子供たちの足元にある黄色い番号札、見えるでしょうか?

KLV(カリブー)お話会

 5月9日(月)の業間の時間、西小KLV(鹿沼図書館ボランティア)の皆さんによる「KLVお話会」がありました。

 今回は、1,2,3年生が対象でした。1年生には「なんだ、なんだ」「ミラクルベイビー」、2年生には「ねずみの嫁入り」、3年生には「おたまじゃくじのアッペとトッペ」などの読み聞かせをしてくださいました。3年生には、手品も見せてくれました。

 どの学年の児童も身を乗り出すようにして聞き入り、KLVの方の問いかけにも元気のいい反応をみせていました。

 次回の「KLVお話会」は、6月13日に1、4、5年生を対象に実施予定です。

<1年生>

<2年生>

<3年生>

 

バケツに稲を植えました(5年)

 5月6日(金)の2校時、5年生がバケツに稲を植えました。

先日の贈呈式でいただいた種もみの芽出しをして、それぞれがバケツに移しました。

田んぼの状態に近くなるように土を丁寧にほぐしたり、鳥に食べられないようにネットを掛けたりする作業を、子供たちは一生懸命がんばっていました。

 米作りには、これからも水の管理を含めたくさんの手間がありますが、おいしいお米のためにがんばります!

避難訓練を実施しました

 4月22日(金)、火災対応の避難訓練を実施しました。

 本校では、安全指導の徹底を図るため、地震や火事、竜巻、不審者など、さまさまな災害を想定して避難訓練を行っています。

 今回は今年度最初の避難訓練のため、事前に各学級で安全確保のための避難の仕方をよく指導し、理解させた上で、避難訓練を行いました。

 「理科室から火災が発生しました。児童の皆さんは、安全に気をつけて登り棒前に避難してください。」の放送に従って、それぞれの学年が安全だと判断した避難経路から校庭に避難しました。

 年間を通してさまざまな災害を想定した避難訓練を実施しながら、児童に危機予測能力や危機回避能力を育成していきます。

環境整備をありがとうございました

 4月20日(水)、早朝(児童の登校前)から、福田様が校庭の草刈りをしてくださいました。校庭のたくさんの樹木の剪定や草刈りなど、子供たちのために教育環境の整備をしてくださり、どうもありがとうございます。

授業参観

 4月20日(水)、今年度最初の授業参観を行いました。新型コロナウイルス感染症感染防止のため、昨年度と同様に2時間目と3時間目のグループに分け、参観者の人数を制限して実施しました。

 1年生にとっては初めての授業参観、2〜6年生にとっても学年が変わって初めての授業参観ということで、子供たちはとても意欲的に授業に取り組んでいました。

     

 学級懇談については、1年生は授業参観に続いて4時間目に学校で、それ以外の学年は放課後にオンラインにより行いました。

 保護者の皆様、今回も御協力くださいましてありがとうございました。

今日も元気です

 今日(4/19)は、6年生は「全国学力・学習状況調査」、4,5年生は「とちぎっ子学習状況調査」が行われました。国語,算数,理科の3教科を脳ミソフル回転で頑張った子供たちは、昼休み時間に校庭に出て、元気に遊んでいました。

 今週は、昨日まで雨で休み時間に外に出られなかったので、1年生から3年生も、太陽の光の下で、体いっぱい使って外遊びを楽しんでいました。

 西小の子供たちは、外で遊ぶのが大好きです!

KLVお話会(1年)

 西小学校では今年度も、鹿沼図書館ボランティアKLV(カリブ)の皆さんによる『KLVお話会』が毎月行われます。

 4月18日(月)、1年生を対象に第1回目のお話会がありました。1年生にとっては初めてのお話会でしたが、KLVの方のエプロンシアターや絵本の読み聞かせを身を乗り出すようにして聞き入っていました。

 西小KLVの皆さん、今年度もどうぞよろしくお願いします。

*次回は、5月9日に1〜3年生を対象に行われる予定です。

バケツ稲贈呈式(5年生)

 今年度も、5年生が、JAかみつがの事業『みんなのよい食プロジェクト』の"バケツで稲を育てる体験学習"に参加します。

 バケツ稲とは、1人1人の児童がバケツで稲を栽培し、収穫する体験学習です。

 4月14日(木)、「バケツ稲贈呈式」が本校体育館で行われました。代表児童2名が、JAかみつがの青木様から種もみや肥料等のバケツ稲セットを受け取りました。稲の栽培を通して、お米や農業への興味・関心を深めると共に、クラスの仲間と協力し、思いやりや協調性を育んでほしいと思います。

「令和4年度西小スタートカリキュラム」について

 「令和4年度西小スタートカリキュラム」を様式ダウンロードにアップしました。新入生が幼稚園や保育園、子ども園からスムーズに小学校生活を送ることができるよう、カリキュラムに基づいて教育活動が行われます。ぜひ、御覧くださいますようお願いいたします。

令和4年度入学式

 4月12日(火)、入学式を挙行しました。

 前日、5,6年生の子供たちが、心を込めて式場の設営や1年生教室の装飾、校舎の清掃等を行いました。

 入学式当日は初夏のような晴天で、新入生の入学を空もお祝いしているようでした。おうちの方と一緒に登校してきた新入生たちは、少し緊張しているようでしたが、色とりどりのピカピカのランドセルを背負って、みんな晴れやかな表情でした。

 式中の『入学児童認証』では、担任の呼名に1人1人が元気よく、大きな声で、「はい!」と返事することができました。式に参加する態度も、いい姿勢で立派でした。

 6年生の代表児童児童が、「私達が全力でサポートするので、安心して学校に来てください。一緒に楽しい学校生活を送りましょう。」と、『お迎えのことば』を述べました。一日も早く西小学校に慣れて学校生活を思いっきり楽しんで、心も体も大きく成長してほしいと思います。

 

令和4年度 第1学期始業式

 4月8日(金)、校庭の桜が満開の晴天の中、第1学期始業式を行いました。子供たちの表情から、これから始まる一年間へのやる気や期待が伝わってきました。

 子供たちが楽しみにしていた担任等の発表では、子供たちの素直なつぶやきや反応がみられて、微笑ましい雰囲気でした。

 西小の児童全員にとって、1人1人が成長し、楽しいことがいっぱいの、有意義な一年間になることを願っています。

みんなドキドキの、担任等の発表です!

 

令和4年度新任式

 3月に4名の先生方とお別れして寂しさでいっぱいでしたが、今年度、新たに4名の職員が西小に転入し、4月8日(金)に「新任式」を行いました。

 児童代表のお迎えのことばでは、「西小の子供たちは学年を問わず仲がよく、休み時間には校庭で元気に遊んでいます。西小を早く好きになってください。」等、新任の先生方へ歓迎の気持ちを伝えました。

 また、2名の児童(2年生と3年生)が西小に仲間入りしました。二人とも、みんなの前で堂々とあいさつすることができました。よろしくお願いします!

 

令和3年度修了式

 3月24日(木)、表彰集会と令和3年度修了式を行いました。

 修了式では、2名の代表児童が「3学期の反省と春休みのめあて」を発表しました。 

 1年生は、「一番心に残っているのは、運動会です。小学校で初めての運動会はとっても楽しかったです。勉強で一番頑張ったのは、国語の発表です。たくさん発表できました。」

 5年生は、「6年生を送る会実行委員長になり、みんなで意見を出し合って話し合いができました。卒業式の準備も頑張って行い、6年生に思いを伝えることができました。学習では、算数の授業を真剣に受けたら分かるようになりました。」

など、自分が頑張ったことやできるようになったことなどを、立派な態度で堂々と発表することができました。

表彰集会では、書道で金賞を受賞した児童が賞状を受けました。

おもちゃランド

 2年生は、3年生に「おもちゃランド」に招待してもらい、3年生が理科の授業で作ったおもちゃで遊びました。

 磁石や電気を使ったおもちゃを楽しみました。「理科の授業が楽しみだ!」という声が、教室中から聞こえてきました。

 

3年生じまん

  2年生と3年生で連携して、国語の学習を行いました。

 3年生は2年生から質問の手紙をもらい、2年生に向けて「3年生じまん」の発表をしました。

 グループごとに実物やタブレットを利用して、分かりやすく伝えることができました。2年生からの質問にも、たくさん答えることができました。

 

 

 

令和3年度卒業式

 3月18日(金)、第51回卒業式が挙行されました。この日は、雨が降る肌寒い日でしたが、体育館の中は、6年生の晴れの門出をみんなでお祝いする、あたたかい雰囲気に包まれていました。

 30名の卒業生たちは、西小の最上級生として、運動会やなかよし班活動など、さまざまな場面でリーダーシップを発揮し、1人1人が活躍しました。卒業式にあたっても、練習において振り返りや話し合いを繰り返しながら、自分たちの手でこの日の卒業式を創り上げてきました。

 感染症対策のため、5年生が在校生を代表して参加しましたが、最後まで素晴らしい態度で参加していました。1〜4年生はビデオによる参加になりましたが、どの学年も、画面から6年生への感謝の気持ちが伝わってきました。

 西小自慢の6年生たちは、洋々たる前途に向かって大きく羽ばたいていきました。

 

小学校最後の給食(6年)

 3月17日、6年生はいよいよ卒業式を残すのみとなりました。

 小学校最後の給食を、作ってくださる方への感謝を込めて、美味しくいただきました。たくさんの方々に慈しまれ、心も身体も大きく成長してきた6年生。食は健康に直結します。これからも、バランスのよい食生活を心がけ、中学校でもがんばってください!

「山より大きな感謝を込めて」

「いっただっきま〜す!」

みそづくり(3年生)

 3年生は、国語の「すがたをかえる大豆」の学習の一環で、学校農園で地域の方々の支援を受けながら黒大豆を栽培しました。

 今日(3月15日)は、福田様ご夫妻に御指導いただきながら、収穫した黒大豆を使って「みそづくり」を行いました。(感染症対策のため、2回に分けて行いました)

 まず、福田様が作ってきてくださった麹を、各自がパラパラにしました。漂ってくる麹の匂いに、「どこかでかいだだことがある匂いだ」や、「なんかあたたかい!」などの声が聞こえてきました。

 次に、麹に柔らかく炊いた黒大豆と塩を混ぜ合わせ、こねて団子状にしました。子供たちは、全身の力を込めて一生懸命練り合わせていました。ボールのようにまん丸にしたり、サイコロの形にしたりと、とても楽しそうでした。

 最後に、それらを大きな樽に詰め込みました。

 1年後、自分たちが栽培した黒大豆がどのようにすがたをかえているか、今からワクワクしています。

 福田様には、準備から御指導まで、大変お世話になりました。ありがとうございました。

 やわらかく炊いた黒大豆の試食もさせていただきました。

 ALTのチャールズ先生も、3年生と一緒にみそづくりをしました。

卒業式予行

 3月14日の5,6時間目、卒業式の予行練習を行いました。

 予行は卒業式に参加する5,6年生のみで行いましたが、西小の高学年として、一緒に考え、話し合い、互いに協力し合って学校行事や委員会活動などに取り組んできた両学年の、絆の強さが感じられました。

卒業式予行の準備

 3月11日(金)、5年生が卒業式予行(3月14日)に向けて準備をしました。

1人1人が「自分は何をしたらいいか」を考えて、6年生のために一生懸命に取り組んでいました。

5年生の皆さん、ごくろうさまでした!

 また、教室前の廊下には、各学年が6年生のために作った作品を飾り始めました。1〜4年生は式に参加できませんが、それぞれが、それぞれの形で、6年生に感謝の気持ちを伝えています。

音楽鑑賞会(アンデスの音楽)

 3月10日(木)の5校時、6年生は音楽の学習でアンデスの音楽を鑑賞しました。

 南アメリカの国々の紹介に始まり、ケーナやサンポーニャなどのさまざまな楽器についても詳しく説明していただきました。木や動物の骨、甲羅などを材料として作られたアンデスの楽器の音色を、子供たちは目を輝かせて聞き入っていました。

 民族衣装・民芸品や食べ物についても、紹介してくださいました。手縫いの見事な刺繍などからは、その地に根ざした人々の暮らしが思い浮かびます。実際に手に取って見ることができて、子供たちは大喜びでした。

 卒業が近づく慌ただしい日々にあって、爽やかな春風がそよぐようなひとときでした。

表彰集会

 今日(3月9日)の昼休み、「表彰集会」を行いました。

 代表の児童が賞状等を受ける学習室と各教室とを、オンラインで繋いで行いました。代表で表彰された子供たちはみんな、呼名されると大きな声で元気よく返事をしていました。賞状を受け取る姿も、堂々としていて立派でした。

◇学習室の様子

◇各教室の様子

 

外国語アドバイザー訪問

 今日(3月8日)は、今年度最後の外国語アドバイザー(細田先生)の指導訪問がありました。

 どの学年も、英語による聞くことや話すこと、読むこと、書くことなど、1年間の学習で身に付けた力を発揮しながら、英語を用いたコミュニケーションなどに楽しく取り組んでいました。

◇2年生の授業

◇3年生の授業

◇4年生の授業

◇5年生の授業

卒業式に向けて

 今日(3月4日)は、卒業式のために、お世話になった6年生のために、下級生が体育館のワックスがけを行いました。

◇4年生は、みんなで体育館の床を水拭きしてきれいにしました。

◇5年生は、ワックスがけをして体育館の床をピカピカに仕上げました。

コサージュ作り(6年)

3月3日(木)5〜6校時、6年生がコサージュ作りを行いました。

講師の岩井先生をお招きして、自分たちの卒業式を彩るコサージュの作り方を丁寧に教えていただきました。

花の配置を自分なりに工夫して考え、苦戦しながらリボンを巻いて仕上げました。今回は児童のみでのコサージュ作りになりましたが、小学校生活の思い出がまた一つ増えました。当日が楽しみです。

 

 

6年生を送る会

 3月2日(水)、6年生を送る会を行いました。

 今日の送る会に向けて、実行委員会と5年生が中心になり、休み時間などを利用して企画や準備、リハーサルを進めてきました。蔓延防止等重点措置が実施されているため、5,6年生と実行委員は体育館で、1〜4年生は各教室からリモートで参加して行いました。

 『思い出づくり 〜リモートでつながろう〜』で行った「私はだれでしょうクイズ」や「ジャンケン大会」では、工夫を凝らしたクイズやゲームに、体育館にいる6年生も、教室にいる他の児童たちも、盛り上がって楽しそうに参加していました。ジャンケン大会では、それぞれの学年から6年生に対し、感謝の気持ちも伝えました。

 『6年間の思い出スライドショー』では、6年生が入学してからの成長の様子が写し出されました。あどけなさの残る1年生のときの写真や、様々な行事での写真を見て、小学校6年間の出来事を懐かしく思い出していました。

 プレゼント贈呈では、下級生たちが手作りした、心のこもったプレゼントを6年生に渡しました。

 下級生にも、6年生から手作りのステキな花束がお礼として渡されました。

 閉会後、6年生は各教室の廊下に並んだ下級生たちの拍手と笑顔に見送られ、教室に戻りました。

 素晴らしいチームワークで大活躍した実行委員の子供たちです。会終了後、1人1人が感想を発表しました。

 

 

 

国語でモンゴルについて学習しました(2年)

 2年生は、国語の授業で「スーホの白い馬」を学習しましたが、本日(2/28)、講師の方をお招きして、その物語文に出てきた国『モンゴル』や楽器『馬頭琴』について理解を深めました。

 始めに、モンゴルの景色やそこに暮らす人たちの生活、食べ物などについて、写真を見せていただきながら説明を聞きました。

 次に、モンゴルの方が『馬頭琴』や『ツォール』という笛のような楽器で演奏するモンゴルの曲を観賞しました。「ホーミー」という曲では馬頭琴の弾き語りをしてくださいましたが、歌を歌うと同時に口笛も吹いていたのには驚きました。軽快で楽しそうな曲では、曲に合わせて体を動かしている児童もいました。

 馬頭琴はの弦は馬のしっぽでできていること、馬頭琴は以前は馬の皮を使っていたが今は蛇の皮を使っていることなど、詳しく話を聞かせてくださいました。

 最後の児童からの感想や質問では、「とてもきれいな音だと思いました。」などの発表がありました。今日の学習を通して、スーホや白い馬の気持ちがより理解できたのではないでしょうか。

6年生を送る会の招待状

 2月24日(木)の帰りの会のときに、5年生が「6年生を送る会」の招待状を届けました。

 6年生たちからは、「もう1年経つんだ、懐かしい!」という声が聞かれました。校舎内のあちらこちらにきれいな飾り付けも見られるようになり、着々と準備が進んでいます。

クラブ見学会を行いました

 クラブ活動は、異年齢の児童による自発的、自治的な活動を通して、共通の興味・関心を追求する活動で、4〜6年生が参加しています。

 2月22日(火)、4月に4年生に進級する3年生を対象に「クラブ見学会」を行いました。通常は、4〜6年生が活動いている様子を見学したり体験したりしていますが、まん延防止等重点措置が延長になってしまったため、リモートによる見学になりました。

 係の6年生が進行役となって各クラブを回り、それぞれのクラブで、子供たちがクラブを紹介したり実際に活動する様子を見せたりしました。3年生は、テレビの画面を通して熱心に見学し、プリントに感想などを記入していました。

 「もう、入るクラブ決めた!」「みんな入りたい‼︎」などの声が聞かれました。クラブ見学を通して、クラブ活動への期待が一気に高まったようです。

◇運動クラブ

◇図工クラブ

◇昔の遊び、手芸クラブ

◇パソコンクラブ

◇科学クラブ

◇パフォーマンスクラブ

◇質問タイムでは、いろいろな質問が出ていました。

 

 

感謝の会実行委員会3

 2月22日(火)の業間に時間に、感謝の会実行委員(3〜6年)が「感謝の会」の準備を進めました。今までにお世話になった方へのプレゼントを、短い時間に集中して作っています。

 このような学年を越えた活動を通して、西小児童会の伝統が受け継がれていきます。

学校図書館ミニだより3

 3年生は、国語の「詩のくふうを楽しもう」という単元で、「何かがかくれている詩」「声に出して読むと楽しい詩」「見て楽しむことができる詩」を見つけたり、詩を作ったりする学習をしました。

    

学校図書館ミニだより2

 3年生の読書活動の様子をお伝えします。

 3年生は本を読むことが大好きで、ちょっとした隙間の時間も読書に励んでいます。本の紹介カードも、とても丁寧に書かれています。

  

雪が積もってました

 今朝(2月18日)起きると、雪が積もっていました。学校周辺の道路も、校庭も、真っ白に雪化粧していました。

 いつもは、登校してきた子供たちはまっすぐ昇降口に向かうのですが、今日は違いました。校門付近でミニ雪だるまを作ったり、友達と雪合戦したり、友達が来るのを待ち伏せしていて雪玉を投げたりと、朝から校庭に子供達の元気な声が響いていました。中には、登校途中に作ったのか、大きな雪玉を持って登校してきた子もいました。

 1年生は、入学してから毎日頑張ってきたご褒美として、1時間目に雪遊びをしたようです。校庭いっぱいに走り回りながら、雪遊びを満喫していました。早々に上着を脱いで、半袖になっている子もいました。

 大人にとってはあまり歓迎しない雪ですが、子供達にとっては元気満タンになる素敵なプレゼントです。

今年度の啓発パネルが設置されました

 本校東側のフェンスには、大きな「啓発パネル」が何枚も設置されています。この啓発パネル作成は、東大芦地区青少年育成市民会議が主催となって毎年実施されています。

 本校児童の家庭を対象に青少年健全育成に関するポスターを募集し、優秀賞を受賞した作品について、親子で大きなパネルに描いてもらい、それらを学校周りに設置し子供たちの健全育成の啓発をしていただいてます。

 2月16日(水)、親子で力を合わせて制作した力作6点が、青少年育成市民会議の皆様によって、フェンスに設置されました。

 青少年育成市民会議の皆様、ありがとうございました。

 

 これまで設置されていた啓発パネルのうち、6点が新しいものと交換されました。

 新たな啓発パネルが設置されて、学校の周りがより明るい雰囲気になりました。

学校図書館ミニだより

 現在、感染症対応のため図書室での本の貸し出しができませんが、児童の読書活動の様子をお伝えします。

 1年生は、友だちがどんなお話が好きなのか、本の紹介カードを使って伝え合いました。他にもっと知りたいことを付箋紙に書きました。

 

 

 2年生は、紹介カードを読んで、よく書けているところを付箋に書いて伝えました。

  

算数の時間(5年生)

 2月14日(月)、5年生は算数の時間に、ICT支援員の方を講師にお迎えして、プログラミングを使って多角形を書く手順を考えました。

 今回は、Scratchというソフトを使って学習しました。最初に正方形を書きましたが、タブレットに随分慣れてきた子供たちはすぐに書くことができました。いくつも正方形を書いたり、大きさの違う正方形を書いたりしていました。次に、正三角形を書くためのプログラミングを考えました。正三角形は、底辺を上に設定するか下に設定するかによって、プログラミングの難易度が変わってしまいます。正三角形を書きたいのに正六角形になってしまうなど、苦戦している児童もいました。

 プログラミングを使って正多角形を書くには、内角だけでなく外角の考え方も必要になります。子供たちは、既習内容を適切に使いながら、コンピュータを作動させる命令を考え、組み立ていました。

感謝の会実行委員会2

 2月9日(水)の昼休みの時間、感謝の会実行委員が「感謝の会」について話し合いました。今年度どのような方達にお世話になったかについて、各クラスで話し合った内容を共有しました。この後は、お礼の手紙などの準備を進めていきます。

学級活動(1年生)

 2月10日(木)、1年生は学級活動で「からだをきれいに」の学習をしました。

 「体を清潔にしていないとどうなるか」を考えたり、「自分の体のよごれていると思うところはどこか」を考えたりしながら自分の体について振り返り、みんなで話し合いました。そして、話し合ったことをもとに、1人1人が「からだをきれいにすることで、これからがんばること」を書きました。

 最後に、正しい手の洗い方をみんなでやってみたり、正しいお尻の拭き方をぬいぐるみで確認したりして、体をきれいにするために自分でやることを学習しました。「私はここしか洗ってなかった」「お尻の拭き方が間違ってた」など、自分の生活を振り返ったつぶやきがあちらこちらから聞こえてきました。

今日も、おそうじも頑張りました

 感染症対応のため出席停止者等が多くなっていますが、西小の児童は、清掃もみんなで協力し合いながら頑張っています。

広い校庭の清掃は、1〜3年生が担当しています。

感謝の会実行委員会

 今日、(2月2日:水)の昼休み、感謝の会の実行委員が「感謝の会」について話し合いました。

 普段お世話になっているたくさんの方々に、どのように感謝の気持ちを伝えたらよいか、今後はクラスの意見なども集約しながら準備を進めていきます。

6年生を送る会実行委員会

 2月2日(水)、昼休みに「6年生を送る会」の実行委員が話合いを行いました。

来月には卒業する6年生に感謝の気持ちをどう伝えたらよいか、計画的に準備を進めていきます。

掃除も頑張っています

 2学期終盤頃になるとコロナ感染者が減ってきたので、3学期から、異学年で構成する「縦割り班」の清掃を復活させました。

 しかし、感染者の急増に伴い、感染拡大防止のため、やっと復活できた縦割り班清掃を学年清掃に戻すことになってしまいました。縦割り班で清掃ができたのは、たった1週間でした・・・

 現在、子供たちは、学年ごとに分担された清掃場所を掃除しています。縦割り班清掃ができなくなってしまったのは残念ですが、学年清掃でも、クラスのみんなで古い校舎を一生懸命きれいにしています。

子供たちの安全のために…

 西小学校前には手押式の信号機が設置されており、登下校時には多くの児童がその場を横断しています。信号機がある道路は緩いカーブになっている上に交通量も多いため、交通事故等が心配される大変危険な状況でした。

 そこで、地域の自治会や青少年育成市民会議、コミュニティセンターの皆様が、子供たちの安全確保のための対応を市や県に働きかけてくださっていました。

 昨日(1月27日)、信号機がある場所に、子供たちが信号待ちをする待機スペースができました。下校時、子供たちはすぐにその変化に気づいて、待機スペースで信号が変わるのを嬉しそうに待っていました。

 西小の子供たちは、地域の皆様によって守られています。地域の皆様のあたたかさに、心から感謝する毎日です。

水曜日は「ロング昼休み」の日です

 今日(1月26日)は、子供たちが楽しみにしているロング昼休みの日でした。

 朝はどんよりとした曇り空で寒かったのですが、お昼休みの頃には雲ひとつない晴天になり、外はぽかぽかの小春日和になりました。

 子供たちは、ケイドロ、なわとび、サッカー、鬼ごっこ、砂遊びなど、校庭いっぱいに夢中になって遊んでいました。遊んでいるときの子供たちは、誰もが笑顔で、とってもいい顔をしています!

 

 昇降口での密を避けるため、休み時間終了時は、奇数学年と偶数学年に分かれて時間差で校舎に入っています。 

 

研究授業を行いました(4年)

 今日(1月25日)は、4年生の外国語活動の研究授業を実施しました。今日も、感染症対策のため授業の様子をリモート配信して行いました。

 グループ活動では、店員役とお客さん役に分かれ、お客さんがお気に入りのフルーツパフェを作るために、店員役の児童が「what do  you want?」と尋ねたり、お客さん役の児童が「I  want 〜」と欲しい果物を答えたりしました。

 子供たちはみんな、ALTと同じくらいの発音のよさで会話していました。英語を使うことを楽しみながら、堂々と声に出して伝えあえていること、素晴らしいです。

 みんな、お気に入りのフルーツパフェは作れたかな?

 

 

研究授業を行いました(6年)

 西小では、国語科の授業を中心として、確かな読み方を身につけ、自分の考えを深めることのできる児童の育成に取り組んでいます。

 本日(1月24日)、上都賀教育事務所の増田指導主事を講師にお迎えし、6年生の国語の時間に研究授業を行いました。

 通常は、研究授業は授業を行う教室に全職員が集まって授業を参観していますが、今回は感染症対策のため、6年生の授業の様子を各職員にリモート配信して行いました。

 まず最初に、「これからの社会でどう生きていくか」について、これまでにまとめた自分の考えをもとに各グループで話し合い、自分の考えを広げたり深めたりしていきました。

 次に、グループで話し合ったことや自分の意見を発表して、全体で意見を共有しました。

 特に、グループでの話し合いでは、それぞれが自分の考えを述べたり、友達の意見に対し質問したりするなど、どのグループも積極的に意見を交流していました。6年間、共に学校生活を過ごした30名の子供たちの絆の深さも感じられる授業でした。

 

 

西小の児童は風の子です

 今日(1月20日)は大寒でした。

 雪が舞う寒い一日でしたが、西小の子供たちは「風の子」です。昼休みになると、みんな元気よく校庭に飛び出していきました。なわとびの二重跳びに何度もトライする子、みんなでサッカーをする子、勢いよくブランコをこぐ子など、15分間の休み時間を思いっきり楽しんでいました。

休み時間終了のチャイムが鳴ると、一斉に昇降口に向かって走っていきました。

人権教育講演会(6年)

 1月14日(金)の6時間目、6年生を対象として「人権教育講演会」が行われました。

 講師の白土様をお招きして、差別の歴史や人権に関する正しい知識をもつことの大切さについて、お話をしていただきました。

 子供たちは時折メモをとりながら、真剣な表情で白戸様の話を聞いていました。正しい知識をもち、正しい判断力をもつことが、誰もが幸せに生きられる社会を作ることにつながります。学校では、知識が行動につながるように、相手を尊重する態度や言葉遣いを含めて、今後も指導を重ねていきます。

ボランティアの皆さま、ありがとうございます

 3学期も、作品整理ボランティアの皆さまが、子供たちが図工の時間や冬休み中に作成した絵画や版画などの作品整理を行ってくださいます。

 本日(1月13日)、作品整理ボランティアの皆さまが来校されました。美術展などに出品するたくさんの作品を、台紙に貼ったり、名前を記載するなどしてくださいました。子供たちが、時間をかけて一生懸命に制作した作品を、整理ボランティアの皆さまが1枚1枚丁寧に、心を込めて、出品準備に当たってくださっています。

 ボランティアの皆さま、いつもありがとうございます。

 

第3学期始業式

 令和4年1月11日(火)、第3学期の始業式を行いました。今回も、リモートで各教室を繋いで行いました。

 始業式では、各学年の代表児童が次のような「3学期の意気込み」を発表しました。

・体育でサッカーを頑張りたい。

・算数のかけ算を頑張りたい。手洗いやうがいもしっかりやりたい。

・縄跳びの二重跳びを頑張りたい。算数の復習もしっかりやりたい。健康にも気をつけて元気に過ごしたい。

・国語の文章問題を得意にしたい。大きな声で元気に挨拶したい。

・自主学習にもっと取り組みたい。予習や復習をしっかりやって勉強を頑張りたい。

・代表委員活動を頑張りたい。掃除もきちんと行って、みんなにいい気持ちで登校してもらいたい。

全員、はっきり、堂々と発表することができて素晴らしかったです。

 3学期は、1年間の仕上げをして次の学年に繋げていく大切な期間です。6年生にとっては、小学校最後の2ヶ月間になります。一日一日を大切にし、180名全員の力を結集して、心に残るいい思い出となる3学期、そして1年間になるといいなと思います。

 代表児童の発表は、学習室から映しています。

 

第2学期終業式

 12月24日(金)、2学期の終業式を行いました。今回も、感染症対策のためZOOMで各教室を繋いで行いました。

 始業式前に、「表彰伝達」を行いました。子供たちは2学期もたくさんのことに一生懸命に取り組んで、書道や絵画、俳句、新体力テスト、スポーツ少年団など、多くの賞を受賞しました。

 始業式の「児童の発表」では、代表の児童が2学期に頑張ったことなどを発表しました。2年生の児童は、かけ算九九を頑張って練習したこと、みんながいい気持ちでいられるように友達の気持ちを考えて行動したことなどを発表しました。6年生の児童は、毎日復習することを続けたら勉強が分かるようになったこと、小学校最後の運動会なので、練習も本番もしっかり臨んで成果が出せたことなどを発表しました。

 代表児童だけでなく、西小の児童全員が精一杯頑張って、いろいろな力を伸ばせた学期でした。

 各教室では、2学期の締めくくりとして、しっかりとした態度で終業式に参加することができました。

 

 

なかよし班遊び

 感染症対策のため、昨年4月から実施できなかった縦割り班(なかよし班)の活動が復活しました。先日班員の顔合わせを行い、同じ班の人の顔や名前を覚えました。

 今日(12月23日)は、清掃なしのロング昼休みにして、それぞれの班ごとで遊びました。鬼ごっこや三本線、ドロケイ、ドッジボール、ドッジビーなど、6年生が準備をしてくれたので、みんなが笑顔で楽しめました。

 異学年交流は、小学生にとって素晴らしい学びの場になります。下級生の面倒を見る高学年、お兄さん、お姉さんに優しく接してもらえて嬉しい気持ちになる下学年、誰にとってもよい時間になったのではないかと思います。特に、縦割り班活動が初めてだった1、2年生は、とても楽しそうでした。

 終業式を前に、みんなで共有できる素晴らしい思い出ができました。準備をしてくれた6年生、ありがとうございました。

     

臨海自然教室19(5年生)退所式

 始まりがあれば、終わりがあります。とうとう退所式となりました。列を整えて、姿勢を正し、感謝の気持ちを伝えました。

 実行委員の皆さんが、しっかりと場の雰囲気を作って退所式を進行しました。

 自然の家を離れるときは、大勢の施設職員の方が5年生を見送ってくださいました。

 その様子を写真に撮ることは失敗しました。見送ってくださった方は、多分、今まで見た中で一番多かったのではないかな。

 別れを惜しみつつ、バスは西小へ向かいます。

 それぞれの御家庭にお子様が戻ったら、ぜひ、楽しかった体験、成功から、失敗から学んだことなど、沢山の土産話を聞いてあげてください。子供たちの行動の良かったことそうでないこと、それらの意味を考えさせて、よりよい価値付けをすることが大切ではないかと思います。

 今回の臨海自然教室が、子供たちにとって、御家庭の皆様にとっても楽しい素敵な思い出となりますように!

 

臨海自然教室18(5年生)2日目昼食

 さて、充実した2日目間の臨海自然教室も終わりに近づいてきました。これから最後の食事です。



 片付けや整頓、ゴミ集めなど、率先してできる児童も増えてきました。自分から進んでやることの気持ちよさを感じられた子も多いようです。

 楽しかっただけでは終わらない、素敵な何かに気づける2日間になるといいなと思います。

臨海自然教室17(5年生)塩&さつま の続き

 浅い鍋のような陶器の上で加熱された海水は、徐々に煮詰まり濃くなって、水がなくなると一気に塩となって出てきます。これは、ちょっとした感動をよびます。

  スプーンで塩だけをこすり落として、小袋に入れて完了です。

 さつまいもも無事、焼き上がりました。感謝の気持ちを込めて、いただきます。片付けもがんばりました!

 昼食、食べられるのかな?

 

 

臨海自然教室16(5年生)塩作り&さつまいもの壺焼き

 今日の午前中の活動は、「塩作り」と「さつまいもの壺焼き」です。施設の先生のお話を聞いて、海水汲み、壺焼き準備、火おこしの3チームに分かれて作業開始です。

 

  海水を汲みに行ったチームの写真がありませんが、きっと今ごろ、海岸でうまくやっているに違いありません。