学校ニュース

福祉について考える

 車椅子で生活するって、どういうことなんだろう。

 4年生総合的な学習の時間で、社会福祉協議会から講師の先生をお招きして、車椅子体験、高齢者体験を行いました。

 まずは、車椅子を使う側、補助する側に分かれて体育館に作った模擬コースを一周すると、両方の立場で様々な気付きがありました。「小さな段差も大きく揺れて怖い。」「車椅子を押すのって大変。」「段差を越えられない。」などなど。

 それぞれの立場を体験し、話し合うと車椅子を押す動きが変わります。

「動く前に声をかけると安心する。」「段差の力の入れ方は…」体験することで新たな視点を見つけた子供たちは、自ら工夫しながら動き始めます。

 高齢者体験も同じです。小さな段差も辛いこと、視野が狭くなること、色の見え方が違うことなど、でも、ちょっとした手助けで楽になること、様々な気づきを体験を通して得ることができました。

 こうして得た知識は、言葉だけでない実感のこもった体験を通した学びとなります。

 4年生たちの真剣な眼差しが、まぶしく見える素敵な時間でした。