学校ニュース

日誌

薬物乱用防止教室

令和3年6月9日(水)

薬物乱用防止教室(3年生対象)を実施いたしました。

今回は、劇団三十六計による薬物乱用防止啓発演劇「すばらしい明日のために・・・違法薬物『買わない』『使わない』『かかわらない』」を鑑賞することで、薬物に対する正しい知識と乱用の恐ろしさを感じてもらうことができました。

生徒の感想より

・正直、これまではどうでもいいって考えていましたが、受験生の私たちの不安やストレスなどに付け込んでくる悪い人たちがいることが分かり、これからはしっかりと自分の意志で断ろうと思いました。

・演劇形式だったので、よくイメージすることができてよかったです。演劇を見た後、友達と一緒に、強い意志で断ろうと話しました。

 

 

歯科検診

令和3年6月1日(火)

全校生徒を対象に、歯科検診を実施しました。

7人の歯科医師さんたちは、診察はもちろんのこと、生徒一人一人に丁寧なアドバイスをしてくださいました。

生徒も、真剣に先生の話に耳を傾けていました。

今回診察してくださった先生方からは、本校生徒の多くは口腔衛生環境がよく管理できているので、これからも

丁寧なブラッシングに心がけていくようにとの御指導をいただきました。

今回治療箇所が見つかった場合には、できるだけ早く歯科医を受診するようお願いいたします。

生徒の感想

 ・歯医者さんに、歯がきれいに磨けていていいですねと褒められてうれしかったです。

 ・念入りに磨くところを教えてもらったので、今日からやってみます。

 

全国学力・学習状況調査 とちぎっ子学習状況調査 NRT

令和3年5月27日(木)

全国学力・学習状況調査(3年生)、とちぎっ子学習状況調査(2年生)、NRT(1年生)を実施しました。

これらの調査の目的は、生徒の学力・学習状況を把握・分析し、生徒の学習改善と学校の学習指導改善に役立てるというものです。結果は、夏休み前に届く予定です。この機会に、学習に対するこれまでの取り組みを振り返って、新たな目標に向かって粘り強く取り組んでいけるよう支援してまいります。

調査を終えて

生徒「この日のために、しののめパワーアップ問題集で繰り返し学習してきたので手ごたえ十分です。」

体育祭

         

令和3年5月25日

スローガン、『New World New Life.~共に創る新しい東中~』 のもと、体育祭を実施しました。

昨年度は、新型コロナウイルス感染症拡大のため実施できなかった運動会。

今年度は、内容や時間等が再構築された「体育祭」として、感染症対策を講じたうえで実施することができました。

学級対抗形式の、玉入れ、リレー、大縄跳びなどに、生徒たちは一生懸命に取り組み、学級の絆も深まりました。

体育祭を終えて 

 実行委員長の真田さん(3年)

 「東中のみんなが、勝っても負けても、最初から最後まで一生懸命に参加している姿に感動しました。準備も片付

 けもよくできたと思います。」  

東雲バラ園感謝デー

   

   

   

令和3年5月22日(土)

東雲バラ園感謝デーを実施しました。

バラ園管理や学校行事等で、日頃からお世話になっている地域ボランティアの方々に、感謝の気持ちを伝えようと、東雲バラ園感謝デーを実施しました。あいにくの小雨模様でしたが、科学部によるサイエンスショー、オーケストラ部による演奏、合唱部による発表、クレッシェンド生徒たちによる自作しおり販売、環境委員会・ボランティア委員会によるクイズ等、笑顔あふれるあたたかな会となりました。

【参加頂いた方々・参加した生徒らの感想等】

学校支援コーディネーター黒本さん「子供たちの発表の場が提供でき、子供たちの笑顔が見られてよかったです。」

バラボランティア川田さん「生徒の皆さんが雨の中一生懸命やってくれてうれしいです。」

環境副委員長金子さん(3年)「ボランティアの方々や生徒の皆さんが楽しんでくれてうれしかったです。」

オーケストラ部長土屋さん(3年)「久しぶりに人前で発表できてうれしかったです。」

ボランティア委員圓谷さん(3年)「バラ園クイズでみんなが楽しんでくれてよかったです。」

ボランティア委員橋本さん(3年)「募金を呼びかけました。みんな優しいんだなと思いました。」

科学部長黒川さん(3年)「ボランティアの方々に喜んでいただけてうれしかったです。」

しおりを販売した福田さん(3年)「自分たちが作ったしおりを買ってもらえてうれしかったです。」

合唱部高橋さん(2年)「緊張しましたが、練習通りに発表できてよかったです。」

家庭教育学級開級式及び第1回研修会

 

令和3年5月21日(金)

生涯学習課の高橋勝様、オピニオンリーダーせせらぎ会の平原美登利様を迎えて家庭教育学級の開級式が行われました。

その後の第1回研修会では、「学校現場における新型コロナウィルス感染症対策」をテーマに研修を深めました。

【学級生の皆さんから】

「情報は子供たちからが多いので、学校の様子がわかってよかった。」

「多くの学教行事が中止だったので、子供たちへの影響はどうであったか気になっていたので話を聞けて良かっ 

 た。」

体育祭の練習がんばっています

 

令和3年5月20日

体育祭に向けて、生徒たちは学年ごとの練習に一生懸命に取り組んでいます。

昨年は実施できなかった運動会。今年は内容・時間等を再構築し「体育祭」として新たなスタートを切ります。

感染症対策のため無観客での実施となりますが、生徒たちの躍動が伝わるよう、しっかり準備を進めています。

PTA本部役員会・PTA運営委員会

令和3年5月18日(火)

PTA本部役員会及びPTA運営委員会が実施されました。

髙野PTA会長より令和3年度PTA役員(案)等が賛成多数で承認されたことが報告された後、各専門部ごとに分かれて今年度の事業計画の確認が行われました。

今年度もPTA会長を中心に、役員、会員の皆様の御協力をお願いいたします。

地区春季大会(結果)

地区春季大会(5/14,15)の主な結果

団体戦

〇優勝

  陸上競技(男子) 陸上競技(女子) 野球 サッカー ソフトテニス(男子) 剣道(男子) 卓球(男子)

〇準優勝

  弓道(男子)

〇第3位

  卓球(女子) ソフトテニス(女子) 弓道(女子) 剣道(女子) バスケットボール(男子) 

  バスケットボール(女子)

以上の他に、個人でも多数の入賞がありました。

バラ園管理作業

   

令和3年5月16日(日)

バラ園管理作業を実施しました。

感染症対策に十分配慮しながらも、学校支援コーディネーターを中心として、バラボランティア、人権委員の生徒、生活委員の生徒、本校職員といった様々な立場で、協力して実施することができました。

学校支援コーディネーターの黒本さんは、「久しぶりに生徒と話ができてよかった」とおっしゃっていました。

人権委員長の星井田さん(3年生)は、「地域の多くの人々にバラ園を楽しんでもらえたらうれしいです」、生活委員長の田中さん(3年生)は、「美しいバラを咲かせるためにこんなにも多くの方々が関わってくださっていたことを知ることができました」と、感想を述べてくれました。

PTA厚生部除草作業

 

令和3年5月16日(日)

PTA厚生部主催の除草作業が行われました。

早朝7時からの作業にもかかわらず、大勢の保護者の方々が校庭や駐車場の除草作業に取り組んでくださいました。

厚生部長の傍島さんは「生徒のみなさんが気持ちよく過ごせるようなお手伝いができてよかったです」と話してくださいました。大変お世話になりました。

東雲バラ園

 東雲バラ園に関し、地域の皆様には日頃より大変お世話になっております。本来なら、多くの方にバラを見て頂きたいところですが、今年は、地域の方々に感謝の気持ちを伝える「感謝デー」とし、入場を制限して(生徒とバラボランティアのうち、事前申し込みをした人のみ)実施します(5月14日現在)。

 保護者や地域の皆様には、お子様の送迎やバラ園の近くを通りがかった際に、見頃を迎えたバラを、お気軽に見に来て頂ければと思います。

   

授業参観・学年懇談(4月)

4月26日、27日、30日、授業参観・学年懇談を実施しました。

 今回は、新型コロナウイルス感染症対策として、学年ごとに日にちを分けました。

また、本校では、生徒の居心地の良い学級づくり、生徒が学びに向かう学級づくりに力を入れていることから、全ての授業を学級担任の行う授業として実施しました。また、感染症対策のため15分程度の参観となりましたが、御理解と御協力ありがとうございました。

 授業参観後には、学年懇談にも多くの保護者の方々に出席いただきました。

 次回は、6月29日からの三日間を予定しております。感染警戒レベルによって変更もありますが、よろしくお願いいたします。

 

 

 

避難訓練

令和3年4月23日(金)

 感染症対策を講じたうえで、火災発生を想定した避難訓練を実施しました。

   どんな状況でもまず安全を最優先すること。年度初めに避難訓練を計画しているのは、新しい学校・教室からの避難

経路を確認したり、安全への意識を再確認したりするためです。

   生徒・教職員あわせて900人を超える東中学校では、日頃から、安全対策・安全教育に力を入れています。その一環

として、日々の感染症対策はもちろんのこと、火災だけでなく、地震、竜巻などの災害に対しても訓練を行っていま

す。また、総合的な学習の時間のなかで、3年間にわたって「安心・安全な生活」というテーマで継続的に学んでいき

ます。

 本日の訓練にも、生徒一人一人が真剣に訓練に取り組んでいました。生徒は、「おかしもち」(おさない、かけな

い、しゃべらない、もどらない、ちかよらない)を忘れないようにしたい、と感想を述べていました。

生徒評議会

令和3年4月19日(月)

放課後、生徒評議会が行われました。

参加した、生徒会役員、部活動部長、学級委員長に、生徒会長の石原さんが、「日々の学校生活がよくなるよう

な、東中生徒会のスローガンを考えましょう」と呼びかけました。この呼びかけを受け、学級ごとにスローガンの案

を考え、次回の生徒評議会に持ち寄って話し合うことになりました。今年度、どんなスローガンになるのか御期待く

ださい。

 

 

 

 

バラ園の管理作業(4/17)の中止

明日(17日)に予定していたバラ園の管理作業ですが、雨の予報のため中止とします。次回の管理作業(5/16)に御協力お願いします。尚、コーディネーター会議は実施します。

部活動見学

令和3年4月15日(木)

1年生が担任と一緒に部活動見学を行いました。

見学中の生徒に感想を聞くと、「先輩のがんばっている姿がかっこいいです。」と話してくれました。

東中には運動部・文化部合わせて22の部活動があります。

見学は、2日間行われ、4月19日(月)から、仮入部となります。

正式入部は、4月26日(月)です。

 

 

部活動紹介

令和3年4月13日(火)

生徒会主催の部活動紹介が、1年生に向けて実施されました。

例年、各部代表による実演デモでしたが、コロナ対策のため、今年度は、スライドショーでの紹介となりました。

スライドショーを見た1年生は、「どの部も楽しそうで、入部先を迷っています。」と感想を述べてくれました。

 

 

 

交通安全教室

令和3年 4月13日(火)

 入学したての1年生に、交通安全教室を実施しました。

 栃木県鹿沼警察署上野町交番田邉署長に御協力をいただき、具体的な事例を基にした交通安全上のポイントについ

て御指導いただきました。

 生徒は、「何より大切な命を守るための心構えについて深く考えることができました。」と、感想を述べていまし

た。

令和3年度 入学式

 

4月9日(金) 令和3年度入学式が、行われ、300人の新入生が、伝統ある東中の一員となりました。

校長式辞では、出会いや一日一日を大切にすることで自分を創っていって欲しいとのメッセージが届けられました。

大森PTA会長からは、「3つの大切」という祝辞を、温かな言葉でいただくことができました。

新入生代表生徒あいさつでは、小太刀彬悠さんが、勉強等に力を入れていきたいと抱負を述べました。

新入生達の真剣な表情、一人一人の元気な返事、背筋をぴんと伸ばして話を聞く姿勢、大変立派でした。

来賓の皆様、保護者の皆様。新型コロナウイルス感染症対策で、ご迷惑をおかけいたしましたが、御理解、御協力あ

りがとうございました。

 

 

 

 

 

令和3年度 新任式・始業式

 令和3年4月8日(木) 

                                       

 令和3年度、最初の儀式である新任式が行われました。生徒を代表して、生徒会長石原杏優さんが歓迎の言葉を述べ、温かな雰囲気で着任教職員を迎えることができました。

 引き続き行われた、始業式。校長からは、「人が見ていようが、見ていまいが、やるべき事をしっかりやること。

人に褒められたいからやるのではなく、正しいことをこつこつやること。」というメッセージが生徒に送られまし

た。生徒代表のことばでは、3年生代表安倍彩月さんは「目標に向かって頑張りたい。最後の1年を大切にしていき

たい。」、2年生代表鳥居煌平さんは「粘り強く学習に取り組んでいきたい。」と希望にあふれる決意が読み上げられました。

 凜とした態度で式に参加した生徒一人一人から、新学年への意気込みが伝わってきました。

令和2年度 修了式

 3月24日(水)、令和2年度 修了式が行われました。

 修了式では、学校長式辞、生徒代表のことばがありました。生徒代表のことばでは、2年荒川愛莉さん、1年宇賀神里緒さんから意見発表があり、生徒達は真剣に話を聞き、1年間を振り返っていました。

 式後は、春休み中の過ごし方や学習について担当の先生から話があり、新学年に向けて確認をしました。

 

 

↑受賞報告        ↑校長式辞

 

 

↑生徒代表のことば

1年生薬物乱用防止教室

 3月22日(月)2・3校時に鹿沼市教育委員会の辻和之指導主事を講師にお招きし、1年生を対象に、薬物乱用防止教室を行いました。

 講話では、「薬物乱用と健康について」をテーマに、薬物乱用や薬物依存の恐ろしさ、薬物による身体や精神への影響について学びました。

 生徒たちは、薬物乱用が与える健康問題を理解し、正しい判断や行動ができるように真剣に考えていました。

 

生徒の感想

 違法薬物の怖さを知って、自分がもし誘われたら、正しい判断をし、きっぱりと断る勇気を持ちたいと思いました。

 

↑真剣に講話を聴いている様子    ↑講師にお礼の言葉を述べている様子

新入生オリエンテーション

 3月19日(金)、新入生オリエンテーションが実施されました。入学に対する不安を少しでも解消するために、新入生は、校内の様子を見たり、学級活動を行ったりしました。

 また、卒業生から、東中学校での生活や校舎についてクイズを混えて、紹介がありました。新入生は緊張しながらも、しっかりと話を聞いている様子でした。新入生の入学を心よりお待ちしております。

 

 

↑校内見学の様子     ↑卒業生の話

 

 

↑学級活動の様子

先輩から学ぼう

 3月19日(金)2年生の学級活動「先輩から学ぼう」で、5名の卒業生を招いて実施しました。卒業生から進路を決定した理由や学習方法・悩みや不安への対処方法などについてのアドバイスをもらい、これから約1年間の見通しを立てました。2年生は皆真剣に話を聞き、身近な先輩の言葉から進路について真剣に考えることができました。

  

2年生クラス対抗全員リレー

クラスの団結力を強くし、絆を深めることをねらいとして、3月17日(水)2年生クラス対抗全員リレーを実施しました。
本番を迎えるまでにクラスで協力し、バトンパスの練習や、走順の話し合いを重ねてきました。
本番で生徒達は、仲間を応援し、クラス全員で最後までバトンをつなぎ走り抜きました。

            

↑リレーの様子

↑表彰式の様子

 

 

 

2年生 立志記念行事

3月15日(月)16日(火)第2学年の立志記念行事が行われました。
立志記念行事として、ホテル東日本宇都宮でテーブルマナーを体験しました。
テーブルマナー教室を通して、食べ物を大切にすること、食事をする時のマナー、また、マナーを通して社会性を身につけることの大切さを学ぶことができました。

また、生徒たちは、人をおもてなすホテル従事者の仕事にも関心を高めたようです。

経験は今後の生活に活かすことができると考えます。

             ↓テーブルマナー教室での様子↓

   

         

 

生徒の感想

生徒の感想~立志式・立志記念行事を終えて~
・立志式を通して、今まで、たくさんの人に支えられていることに気づき、感謝の心をもって生活していきたいと思った。

・テーブルマナーを通して、周りの人への気遣いの大切さを感じることができた。この考え方を日常生活のなかでも活かしていきたい。周囲への気遣いを忘れることなく行動できるようになりたいと思った。

 

2年生 立志式

3月15日(月)第2学年の立志式が行われました。

式を迎えるにあたり、立志式の意義について、これまでの生活を振り返り、新たな将来への目標や希望について考えてきました。

式では、校長先生からお話をいただき、立志作文を代表生徒(2年2組竹村花野さん、2年6組折原三雲さん)が発表しました。また、クラスの決意発表では、各クラスの学級旗の披露と立志を迎えるにあたっての決意が発表されました。

                               

↑校長先生のお話             ↑代表生徒による立志作文の発表

 

      ↑クラス決意発表の様子↑

卒業式挙行

 令和3年3月11日(木)本校の卒業式が無事挙行されました。在校生が作成したさくらロードで体育館への花道が彩られ、卒業生を迎え入れました。卒業生代表、鈴木櫻さんの別れの言葉に、卒業生としての3年間の思いが込められていました。わかれのことば.pdf                                           

 また、在校生からは特別のメッセージとして、DVDのビデオを通して先輩への思いが伝えられました。コロナ禍において、今できる最大限の卒業式となりました。

  

      

↑生徒の制作した桜並木と寄贈された桜の花   ↑DVDを視聴している様子

卒業式予行

 3月10日(水)、卒業式予行を行いました。2、3年生が参加し、入退場や、証書授与の動きを確認しました。3年生の姿を、2年生は真剣に見ていました。また、2年生代表長谷川菜々美さんから卒業生に送ることばがありました。送る言葉.pdf

 予行の後には感謝の集いがあり、3年間の感謝の気持ちを込めて、先生方に手紙と花束が贈られました。

 

  

 ↑卒業式予行

 

  

 ↑送辞           ↑感謝の集い

同窓会入会式

 3月10日(水)、同窓会入会式が行われました。本校の同窓会は、会員が今年の卒業生を含めて23,516名の歴史と伝統のある東中学校の教育活動を支援する組織です。同窓会会長 木村剛考様から挨拶をいただき、生徒は真剣に話を聞いていました。次に、同窓会事務局長 福田恭久様から、同窓会の規約について説明がありました。クラス幹事の紹介もあり、代表幹事の3年星野鳳花さんが挨拶をしました。代表幹事挨拶.pdf

 

  

↑同窓会会長挨拶     ↑同窓会事務局長規約説明

 

↑代表幹事挨拶

表彰式の実施

 3月9日(火)放課後、今年度2回目の表彰式を実施しました。古澤育英会育英賞・善行少年・体育運動優良生徒・書初中央展・下野教育美術展などの表彰を行いました。コロナ禍においても、東中学校の生徒の努力の成果であると考えています。

 

3年生 奉仕作業

 3月8日(月)、9(火)、3年生による奉仕作業が行われました。3年間過ごした校舎に感謝の思いを込めて、教室や昇降口、校庭などの清掃を行いました。3年生のお陰で、隅々までとても綺麗になりました。

 

  

 

  

↑奉仕作業の様子

ICT教育の充実~大型TV(65インチ)の使用スタート~

 東中学校においても、令和3年度から、国のGIGAスクール構想の一環として、全生徒に1台ずつ、タブレット端末が配備されます。教室にも大型TV等が設置されます。この、GIGAスクール構想とは、2019年12月に文部科学省から発表されたプロジェクトで、GIGAとは、Global and Innovation Gateway for Allの略です。目的は、全国の学校に高速大容量の通信ネットワークを整備することで、多様な子供たちを誰一人取り残すことなく、公正に個別最適化され、資質・能力が一層確実に育成できる教育ICT環境を実現することにあります。本校でも、着実に準備が進んでおり、先日の授業で、大型TVの運用がスタートしました。生徒達は、「大きくて見やすいです。」「画質がいいです。」とつぶやいていました。この環境を効果的に活用し、生徒のさらなる学力の向上に努めてまいります。

 

 

小研究授業(英語)

 3月4日(木)に1年3組と2年1組で英語科の研究授業が行われました。「外国語理解の能力」向上のために、ICTを用いた資料を掲示したり、インタラクション(教師・生徒同士のやりとり)やキーワードリーディング(重要語句からの長文読み取り)を行ったりしました。授業では生徒同士で意見交換し、意欲的に発言する姿が見られました。

 

↑授業の様子(1学年)   ↑授業の様子(1学年)

 

↑授業の様子(2学年)   ↑ICTの資料掲示

小研究授業(社会)

 2月25日(木)に1学年で社会科の小研究授業を行いました。

授業では「さまざまな地域区分」をテーマに、教員が掲示する資料を参考にし、生徒同士で話し合い、自分の意見を導き出すことができました。

   

↑授業の様子            ↑ICTを利用した資料掲示

↑話し合いの様子

 

小研(小研究授業:理科)を実施しました

2/25(木)、教師の授業力向上をねらいとして、研究授業(理科)を実施しました。

たくさんの先生達が参観しましたが、生徒達は集中して一生懸命に学習に取り組んでいました。

 

 

 

第4回あゆみ診断テスト

2月18日(木)に1・2年生を対象に第4回あゆみ診断テストが実施されました。

生徒は、今年度最後のあゆみ診断テストに真剣に取り組んでいました。

   

↑テストを受けている様子

バラ園管理作業

 2月21日(日)9:00~東雲ボランティアの方々と本校職員で、バラ園管理作業を行いました。バラの剪定や除草作業、追肥など、これから春に向けてバラ園の環境を整えました。5月の開放デーでは、綺麗なバラが見られるよう楽しみにしてください。

 

  

令和3年度PTA町支部・専門部合同会議について

 2月19日(金)、本校体育館及び3学年教室において、令和3年度PTA町支部・専門部合同会議を開催いたしました。会議では、次年度の役員を選出し、活動計画について協議しました。
 今後のPTA活動のさらなる充実、発展のために、会員の皆様の御理解、御協力をお願いいたします。

 

   

第3回学校評議員会

 2月18日(木)、第3回学校評議員会を本校、大会議室で開催いたしました。
4名の評議委員の方に御参加いただき、本校の教育活動について御意見をいただきました。
 本日いただいた意見を参考に、今後の教育活動の充実に努めて参ります。
 

〈主な評議員の意見〉

・新型コロナウイルスで休校中、学校が生徒にメッセージを送ったり、学びを場を提供したりすることで、生徒は安心して生活できた。

・11月号の学校だよりを読ませていただき、全校企画2020で生徒たちが自分に何ができるのかを考えて行動していたことが分かった。折り鶴を千羽鶴にして市の施設や病院等に提供するなど、地域に東中の取組を発信していたことが素晴らしい。

・生徒指導では、生徒間のSNSトラブルが起こっていると伺った。東中のホームページに保護者対象の資料を掲載して、保護者に啓発をしてはどうか。

 

 

部活動再開

 2月8日(月)本日から部活動が再開しました。1時間程度の練習時間ですが、各部は基礎練習中心に活動に取り組んでいます。

 

  

  

道徳研究授業

 2月5日(金)に2年7組で道徳の研究授業が行われました。

授業では「人間の弱さと強さ」をテーマに、友達の意見を聞きながら、これまでの生活について振り返るとともに、人間としての生き方について深く考えていました。

 

   

↑授業での様子

 

授業後は、教職員による指導方法についての話し合いが行われました。

   

↑話し合いの様子

 

英語科研究授業

2月4日(木)に2年3組で英語科の研究授業を行いました。授業では、インドについて深く知るためにたくさんの英文を読みました。トピックは、School・Food・Sport・businessについてでした。自分の興味のあるトピックを選び、意欲的に取り組んでいました。

 

  

↑授業の様子

部活動再開に向けて

 栃木県の緊急事態宣言が解除されたことを受け、2月8日(月)より、部活動を再開する予定です。約1か月ぶりの活動ということもあり、生徒の健康安全面を考慮しながら、3月12日まで、平日は1時間程度、土日祝日は2時間程度の活動とします。また、地区中学校体育連盟から3月7日(日)までは、他校との練習試合や交流は行わないとの指示が出ています。

 2月4日(木)の放課後、部活動毎にミーティングを行い、来週からの部活動再開に向けて感染対策の確認や活動内容等について話し合いをしました。

 

   

↑顧問会議の様子      ↑部毎にミーティングを行っている様子

生徒会による新型コロナウイルス感染症対策啓発活動

1月29日(金)より、生徒会役員による新型コロナウイルス感染防止啓発活動を実施しています。その活動の1つとして、朝の挨拶運動では、ポスターを掲げて生徒会からマスクの着用やソーシャルディスタンスを呼びかけています。

 

  

  

国語科研究授業

 2月2日(火)に、第3学年で国語科の研究授業を行いました。

 授業では、作文を比較し評価する活動を通して、情報と情報の関係について理解を深め、相手や目的に応じた、文章の書き方を学習しました。

 生徒は、作文に書かれている情報を分析し、自分で観点を立てながらそれぞれの作文を評価していました。

 

 

↑研究授業の様子

第20回 鹿沼ジュニア版画大賞

 第20回鹿沼ジュニア版画大賞の審査結果の発表がありました。本校の2年生、大嶋悠加さんが大賞を受賞しました。また、2年生の山科優衣さん、1年生の吉原未桜さんが優秀賞、1年生の髙橋果穂さんが奨励賞をそれぞれ受賞しました。

 作品は美術の授業で制作したもので、生徒たちは一生懸命、作品制作に取り組んでいました。

 大賞を受賞した大嶋さんの作品は、1月31日(日)~2月17日(水)の期間、鹿沼市立図書館本館1階にて展示されています。新型コロナウイルス感染症対策をしたうえで、御観覧くださいますよう、よろしくお願いいたします。 

 

         

↑大賞 大嶋さんの作品「町中の美術館」  ↑優秀賞 山科さんの作品「教会」 

 

         

↑優秀賞 吉原さんの作品「思い出の地」  ↑奨励賞 髙橋さんの作品「架け橋」

 〈受賞生徒の感想〉

・大嶋さん「大賞をいただけて本当に嬉しいです。特に頑張ったところは、地面のブロックを綺麗にみえるよう意識しました」

・山科さん「受賞できて、とても嬉しいです。特に、レンガの質感をどう表現するかを頑張りました」

・吉原さん「観覧車の細かいところまで再現できるように工夫しました」

・髙橋さん「絵画と違い、色が少ないので、陰影をつけるのが難しかったです。次はもっと彫りを工夫したいです」

保健体育研究授業

 1月29日(金)に加賀美先生が1年2組で保健体育の研究授業を行いました。食生活と健康について、自分の生活を振り返りながら、摂取カロリーや消費カロリーのバランスについて学習し、今後の食生活を見直すことができました。

 

  

新型コロナウイルス感染防止啓発活動

 1月29日(金)より、生徒会役員による新型コロナウイルス感染防止啓発活動を実施しています。この活動は、感染防止対策の徹底を呼びかけるために、生徒会から感染防止対策を発信する活動です。

 初日は、生徒会長の石原杏優さんが啓発放送を行いました。

 

 啓発放送の原稿.pdf

研究授業(社会科)

 1月28日(木)2学年で社会科の研究授業を行いました。

 授業では、北海道地方での厳しい自然環境を克服した稲作の歴史について学習しました。

 積極的に発言する様子や、振り返りの時間で北海道の歴史に触れ、農業の特色を一生懸命

 学習する姿が見られました。

 

 

 ↑授業の様子①          ↑授業の様子②

三者懇談

1月14日~1月22日は3年生を対象に、1月25日~2月4日は1・2年生を対象に三者懇談を行っています。
距離をとったり、アクリル板を利用したりするなど、感染対策を講じながら、三者懇談を実施しています。

保護者の皆様には、御協力・御理解をいただきありがとうございます。

 

 

↑三者懇談の様子

生徒会各種委員会10

1月18日(月)生徒会各種委員会の10回目を実施しました。教室等で日常の活動の振り返るとともに、計画した活動を行いました。また、生徒会本部役員や保健委員会では、新型コロナウイルス感染症対策について話し合う時間をもちました。委員会活動も、今年度のまとめに向けて取り組んでいいます。

 

        

↑環境緑化委員会が花壇を整備している様子      ↑保健委員会が新型コロナウイルス感染症対策について

                          話し合っている様子

 

↑美化委員会が清掃をしている様子  

PTA総務部会

1月14日(木)本校マルチスペースにてPTA総務部会を実施しました。大森PTA会長から、次年度のPTA役員選出についての説明がありました。今年度、支部毎の会議が開催され、役員の選出が行われますが、御協力よろしくお願いします。

 

 

新入生保護者説明会

 1月13日(水)令和3年度の新入生保護者説明会を実施しました。保護者の方の検温、マスクの着用、手指消毒、体育館の換気、座席の間隔を取るなど新型コロナウイルス感染症対策を取っての説明会を行いました。

 学校長の挨拶、生徒の挨拶(1-1金林奏汰さん、1-7髙橋果穂さん)の後、各担当者から教育課程・学校行事・学校生活等について説明がありました。全職員で新入生の入学を心よりお待ち申し上げます。

 

  

全校企画2020 千羽鶴寄贈

 東中学校の生徒・教職員で力を合わせて作成した折り鶴アートを千羽鶴にして、12月21日より地域の医療機関やお世話になっている事業所へ寄贈しました。

 実際に届けてみると、多くの方々より「ありがとう」という感謝の言葉を頂きました。

 今後も、東中学校、地域に元気を与えていけるよう、生徒、教職員が一丸となって頑張っていきます。

  

 

↑医療機関や事業所に配布している様子

3学期 始業式

 令和3年1月8日(金)3学期の始業式を実施しました。

 校長先生から「ハヤブサ2」の話から「驚愕」「感動」「希望」につながることや、新型コロナウイルス感染症対策として、緊張感をもって今やるべきことを確実に実行していくことなどについてお話がありました。

 次に、1年代表 青柳 純さんからは、2年生になるにあたり、リーダーシップを発揮できるようになること、一つ一つの言動に責任を持つこと。2年代表 本條ひよりさんからは、学習計画を立てテスト勉強に取り組む大切さについて。3年代表 坂本恵里奈さんからは、部活動を通して努力し続けることが結果に結びつく体験から、感謝の気持ちや自分自身の成長につながることなどの発表がありました。

 また、最後に養護教諭の酒井先生から、新型コロナウイルス感染症対策の話をいただき、学級でもさらにその対策の徹底について確認をしました。

 

       

↑放送による校長先生の話    ↑各学年代表生徒       ↑教室で話を聞く様子

人権週間

 12月7日~12月11日に、人権への意識を高めるために、「人権ふわふわ言葉運動」を実施しました。この活動では、生徒たちが心が温かくなった出来事や嬉しくなった出来事を色紙に記入し、それを模造紙に貼ることで、クラスごとの「人権の木」を作成することができます。

 

    

 ↑「人権の木」を作成する様子     ↑作成した「人権の木」

 

〈生徒の感想〉

・改めて人権について考えることができました。いつもより、あいさつや言葉遣いを意識でき

 ました。

・ありがとうなどのふわふわ言葉を使うことを意識して生活することができました。

 人権週間を通して、ふわふわ言葉が飛び交うことで、過ごしやすいクラスになったと思い

 ます。

薬物乱用防止教室

 12月21日(月)5・6校時に学校薬剤師の藏重宏先生を講師にお招きし、2年生を対象に、薬物乱用防止教室を行いました。

 講話では、薬の使い方や種類などについて、薬に対する正しい知識を習得することができました。また、飲酒の心身への影響や依存性などについても理解を深めることができました。

 

《生徒の感想》

 今回の薬物乱用防止教室での薬の良い面と悪い面、そしてアルコールの恐ろしさが改めて分かりました。薬を安全に使うためには、約束を守る事という自分の意識が大切であることが分かりました。

 今回、様々なことを学ぶことができましたが、特に、自分の健康を守れるのは、自分の選択が重要なので、その選択を間違えないようにしたいと思いました。

 

 

↑講話を真剣に聞いている様子

2学期 終業式

 12月25日(金)に、2学期終業式が体育館にて行われました。新型コロナウイルス感染防止対策として、式前後の手指消毒や、換気の徹底をするとともに、短時間で実施しました。

 表彰式、学校長式辞、各学年の代表生徒による発表があり、生徒は真剣に話を聞いていました。

 また、全校企画2020について実行委員長から話があり、医療機関、市内公共施設等への千羽鶴の配布が行われたことや、それらの施設から感謝状などをいただいたことについて報告がありました。

 

  

↑学校長式辞        ↑生徒代表の言葉

 

 

↑全校企画2020の報告

R2 鹿沼市教育祭図工・美術展(校内展示)

例年、12月に鹿沼市教育祭図工・美術展が開催されていましたが、今年度は、新型コロナウイルス感染症対策のため、校内展示となりました。

美術の授業で制作した作品の中から、各学年、各学級の代表生徒1名の作品が職員玄関前に展示されました。生徒達はそれらの作品を鑑賞し、友達の作品の良さや、面白さに気づくことができたようでした。

  
校内展示の様子

  

1年生・デザイン画       ↑2年生・絵文字


3年生・空想画

〈生徒の感想〉
・「先輩の作品はすごく上手で、作品制作の参考になった」
・「色々な作品を観ることができて、面白かった」

いじめ防止強調週間

11月30日(月)~12月4日(金)の1週間、しののめリーダーズが企画した「いじめ防止強調週間」を実施しました。「輝く個性 響くあいさつ 笑顔の花を咲かせよう」のスローガンのもと、生徒たちの発案で、名前あいさつキャンペーンや肘・腕タッチ運動などを行いました。

今後も生徒たちには、いじめのない思いやりのある学校生活を送ってほしいと思います。

    
↑昇降口に掲示されたスローガン      ↑ハイタッチの様子


新型コロナウイルス感染症対策~保健委員会より~

 保健委員会では、新型コロナウイルス感染症対策として、生徒の手洗いの意識調査を行いました。その結果から、十分に手洗いができていない場面があることが分かりました。そこで、保健委員会では、保健だよりを発行したり、具体的な手洗いの仕方を示した掲示物を作成したりして、学校全体で感染防止に努めています。
 保健だより No.1.pdf 保健だより No.2.pdf

 

駅伝部 朝練習

 11月に行われた県中学駅伝競走大会をもって3年生は引退し、令和3年度に向けて、新たなメンバーを加えて練習を再開しました。現在は、1・2年生が中心となり、次年度に向けたチーム作りを目的に活動しています。朝の冷え込みが強くなってきましたが、生徒達は朝の練習を通して、心と体を鍛えています。

  

特別支援学級 ソーラン節発表会

 11月27日(金)昼休みに、特別支援学級に在籍する生徒によるソーラン節の発表会を体育館で行いました。8月から毎週1時間練習し、振り付けなどを覚えてきました。当日は、多くの先生方が参観しました。生徒達は、緊張した面持ちでしたが、最後まで踊り切ることが出来ました。

  

感染防止対策事業 part2

東中学校では新型コロナウイルス感染防止対策事業を推進しています。下の写真の物品を購入し、感染防止を心がけ、日々の教育活動を実施しています。
  
↑教室用サーキュレーター  ↑非接触式電子温度計

  
  ↑サーモマネージャー(非接触式検知器)職員玄関に設置

避難訓練

 11月20日(金)に、大地震を想定した避難訓練が行われました。今回は新型コロナウイルス感染症対策の観点から、避難場所を校庭と体育館に分けたり、学年ごとに時間差をつけて避難しました。生徒たちは避難する時は、「お・か・し・も・ち」の合い言葉を念頭に、素早く落ち着いて避難することができました。非常時には、冷静に行動ができるように、今日の訓練を活かしてほしいです。
   
↑校庭への避難             ↑避難後の様子(校庭)

   
↑体育館への避難            ↑避難後の様子(体育館)

あゆみ診断テスト

11月19日(木)に、第3回あゆみ診断テストを実施しました。

3年生は中学校生活最後のあゆみ診断テストとなり、これまでの学習の成果を発揮しようと、集中してテストに取り組んでいました。

 
↑生徒がテストに取り組んでいる様子

プランター作り

11月19日(木)放課後、安全委員会では、鹿沼警察署や図書館、コミュニティーセンター等に設置するプランターを作りました。コロナ禍で世の中全体が暗くなりがちですが、生徒達は気持ちを込めてパンジーをプランターに植えていました。生徒達が作成したプランターを見て、地域の方々が少しでも心が温かくなっていただければうれしいです。
  

2年生 研究授業(学級活動)

11月17日()に鹿沼市教育委員会、清野指導主事を講師に招き2年4組で研究授業が行われました。
「1年後の自分~進路の実現に向けて~」をテーマに学級活動の授業が行われました。進路に対する悩みや不安について生徒達による活発な話し合いが行われ、自分たちの将来について真剣に考えることができました。
その後、教員による授業研究会を行い、指導方法について研修を深めました。
      
  ↑研究授業の様子         ↑授業研究会の様子
  

3年生 薬物乱用防止教室

 11月16日(月)に鹿沼警察署生活安全課係長の秋山雅彦様を講師としてお招きし、3年生を対象に薬物乱用防止教室を行いました。
 講話やDVD視聴を通し、薬物の怖さや依存症、勧誘されても、しっかりと断ることのできる強い意志をもつことの大切さを学びました。

  
↑生徒が真剣に講話を聞いている様子

バラ園管理作業

 11月13日(金)委員会活動の時間に、環境緑化委員会の生徒と東雲ボランティアの方々が協力して、バラ園の管理作業を行いました。
 秋が深まってきた時期ですが、東雲ボランティアの方々お世話になりました。来年もまた、きれいなバラが東中学校を彩ってくれたらと思います。

  

2年生 看護の出前講座

  11910日に、2年生の総合の授業で看護の出前講座を実施しました。
看護師の方をお招きし、看護師の仕事内容、魅力、やりがい、医療現場の現状等についてのお話を聞くことができました。また、聴診器・酸素飽和度測定器の体験もすることができました。
  この講話や体験活動を通して、職業について関心を高め、自分の生き方について深く考えることができたようでした。

           
      ↑講話を聴いている様子    ↑聴診器の体験をしている様子

1年生 人権講話

 11月11日(水)に、S-PEC(栃木県LGBT支援団体)の方を講師にお招きし、1年生を対象に人権講話を実施しました。
 生徒たちは講師の方の体験や思いを聞き、性の多様性に関する問題を学ぶことができました。
 また、講話を通して、自らの生き方、在り方について深く考えていました。


    
↑講話を聞いている様子     ↑お礼の言葉を述べている様子

県中学校駅伝競走大会

 11月7日(土)県中学校駅伝競走大会が栃木県運動公園にあります、カンセキスタジアムとちぎ(陸上競技場)で行われました。本校の駅伝部の生徒(27名)は、9月から練習を開始し、限られた時間の中で、練習に励み県大会では、男女とも14位という結果でありました。地区大会の記録よりも、参加者全員が大幅にタイムを縮めるなど、これまでの取り組みの成果が現れました。保護者、地域の皆様、これまでの応援ありがとうございました。この結果を来年以降に生かし、東中生の「最後まで、全力を出し切る」という伝統の襷を、次年度につなげていきたいと思います。

○男子部長コメント
 県大会は、結果よりも最後まで楽しんで走ることを心がけてスタートラインに立ちました。緊張はしましたが、心がけたことが出来て良かったです。後輩たちは、来年も頑張って練習に励み、大会で活躍してほしいです。熱い応援ありがとうございました。


○女子部長コメント
 コロナ禍の中、県大会が開催され、両親、駅伝メンバー、先生方、支えてくれた人すべてに感謝をしながら、走ることが出来ました。駅伝部として参加した、この貴重な経験を生かし、学校生活に生かしていきたいと思います。たくさんの応援ありがとうございました。


    

  

   

全校企画2020折り鶴アート 校外展示

 11月9日(月)から、全校企画2020で完成した折り鶴アートを、正門付近に校外展示しています。
 メッセージには、東中を、鹿沼を元気づける明るく前向きな気持ちが込められています。
 生徒達が協力し、全校生が一つとなって作り上げた折り鶴アートを、地域の方々にご覧いただければ嬉しいです。

  


↑校外展示の様子

生徒会任命式・引き継ぎ式

 11月6日(金)本校にて、生徒会新役員の任命式と、現生徒会役員からの引き継ぎ式が実施されました。手指消毒や短時間の実施など、新型コロナウイルス感染防止対策を講じながら、7か月ぶりに全校生徒の参加で行いました。新役員は、校長先生から任命書を受け取り、引き継ぎ式では校旗を現生徒会長から新生徒会長へ渡されました。新生徒会を中心に、今後の東中学校の更なる飛躍を期待したいです。

    
 ↑任命後の様子            ↑校旗の引き渡し

朝のあいさつ運動

 本校では、毎朝、生徒会役員や生活委員が中心となり、あいさつ運動を実施しています。また、東部地区青少年市民育成会議(自治会長や民生委員などからなる組織)の方々も、月2回あいさつ運動に参加していただいています。さらに、PTA総務部の役員の方々も「ふれあいの日」として、あいさつ運動を行っています。
 様々な方々の御協力で、さわやかな一日のスタートを切っています。
   
↑生徒会役員・生活委員のあいさつ運動の様子 


       
↑あいさつ運動と同時に生徒会役員が   ↑青少年市民会議やPTAの方々によるあいさつ運動の様子
落ち葉掃きをしている様子
 

3年生 クラス対抗全員リレー

 11月4日(水)、3年生クラス対抗全員リレーを行いました。
 昼休みや学活の時間を使い、バトンパスの練習や走順の話し合いを行い、本番に挑みました。
本番では、新型コロナウイルス感染防止対策として、ソーシャルディスタンスを保ちながら整列をし、マスクを付け、拍手での応援となりました。
生徒達はクラスメイトからの応援を受けながら、最後まで諦めず、全力で走りきりました。
 結果は、優勝7組、準優勝4組、3位1組となり、校長先生から、表彰状とトロフィーが授与されました。

  
↑スタートの様子       ↑バトンパスの様子

  
↑学級旗           ↑表彰式の様子

〈生徒の感想〉
・「コロナで大変な状況の中、クラスが団結する機会となり、実行できて良かった。」
・「順位に関係なく、各クラスが団結し、それぞれの色を出し、楽しくできた。」

祝 初優勝

 本校の2年生常盤和也さんが、9月22日に開催された第55回県知事盃争奪ゴルフ競技大会決勝大会で、ジュニアの部中学男子で優勝という素晴らしい成績を収めました。
 学校全体で常盤さんの活躍を応援していきましょう
 常盤和也さんの感想
 「知事盃の時はバーディがたくさん取れたのでよかったです。来年も連覇したいです。」
 

 
    

全校企画2020完成披露セレモニー

 1029日(木)に、全校企画2020完成披露セレモニーが行われました。

 全校企画2020では、コロナの終息を願い、東中のパワーを集結させ、東中や住んでいる地域(鹿沼)を盛り上げるために、折り鶴アートを作成しました。

完成セレモニーでは、オーケストラ部員の演奏によるファンファーレに合わせて、完成した折り鶴アートが披露されました。また、全校企画2020の実行委員から、全校企画の取組の意図や実行委員として学んだことについて発表がありました。この企画を通して、全校生徒で取り組んだという成就感を得ることができました。

     
  ↑完成セレモニーの様子     ↑実行委員による言葉

  
  ↑折り鶴アート完成披露の様子
折り鶴アートのメッセージは、

全てが私達の青春 今こそ心を一つに つかめ明るい未来」です。
全部で24,552羽の折り鶴で作られています。

メッセージは、本校の3学年生徒が考えたもので、東中を、鹿沼を元気づける明るく前向きな気持ちが込められています。


↑3年生


↑1年生


↑2年生



1年生 性に関する講話

10月30日(金)に鹿沼市保健福祉部健康課の植平晴美さん、手塚花那さんを講師としてお招きし、1年生を対象に性に関する講話を行いました。
思春期の心と体の変化をテーマに、心と体の成長のペースの違いや、それぞれの個性を受け入れ共に生活していくことの大切さについて学びました。
また、実際に赤ちゃんの人形を持ち、赤ちゃんの重さや大きさを体験しました。


↑人形で実際の赤ちゃんの重さを体験している様子



↑生徒が真剣に講話を聞いている様子

感染症対策支援事業

 東中学校では新型コロナウイルスへの感染防止対策事業を推進し、下の写真の物品を購入し感染防止を心がけ、日々の教育活動を実施しています。
     
 ↑教室で使用するアクリル板 ↑来客用のディスペンサー 
   
 ↑体育館用 大型扇風機 

令和3年度入学生の運動着等について

 本校では令和元年7月からこれまで、令和3年度入学生の運動着等について生徒、保護者からの意見を踏まえながら、安全性、機能性、耐久性、価格等の観点から検討を進めて参りました。つきましては、令和3年度入学生から、下の写真の「運動着」及び「半袖シャツ・ハーフパンツ」「帽子」、「上履き」を使用することとなりましたのでお知らせします。なお、これまでの東中学校の「運動着」及び「半袖シャツ・ハーフパンツ」については、令和3年度入学生から原則、使用できないことを御承知願います。今後とも、本校の教育活動に御理解、御協力をお願いいたします。
   

東中全校企画2020 経過報告

 10月1日より東中全校企画2020を進めています。
 また、10月29日(木)の完成を目指して、生徒と職員が一丸となって頑張っています。
 どんなメッセージになるのか、とても楽しみです。


 
↑鶴をつなげている様子

 
↑鶴を並べている様子

鹿沼地区駅伝競走大会

  10月23日(金)、鹿沼地区駅伝競走大会が行われました。小雨が降る中、生徒は練習の成果を存分に発揮し、男子Aチームは2位、男子Bチーム3位。女子Aチームは優勝、女子Bチーム5位の成績を収めることができました。男女とも11月7日(土)に県総合運動公園(カンセキスタジアム)で開催される県中学校駅伝競走大会に出場します。引き続き応援よろしくお願いします。

  

  

3年 学校説明会

 今年度は、コロナ禍のため県立高校の1日体験学習が中止となりました。そこで、本校では、9月24日(木)~10月19日(月)の期間に、放課後を利用して、県立高校(22校)の学校説明会を実施しました。参加した生徒数は、延べ139人、保護者は、121人でした。高校の担当者から、高校での生活や学習、取得できる資格、学校行事、部活動など、詳しい説明がありました。この学校説明会を通して、生徒は高校への関心を高めるとともに、進路実現に向けて決意を新たにしたようです。


  

説明会の様子

通級指導研修会

 10月16日(金)、上都賀教育事務所学校支援課副主幹 荒川 一志先生を講師にお招きし、「通級指導における支援の在り方」について研修会を実施しました。
本校には、通級指導教室(アンダンテ)があります。そこでは、生徒の社会的自立に向けて、生徒一人一人の特性に応じたきめ細かな支援を行っています。本研修を通して、教師の連携の重要性や生徒の特性に応じた支援等について深く学ぶことができました。この研修での学びを、今後の生徒一人一人の支援に生かして参ります。
 

とちぎ教育賞 受賞

 本校職員 安田晃一事務長が10月13日(火)に栃木県公館にて、「とちぎ教育賞」を受賞されました。この賞は平成19年に教職員の資質向上や学校の活性化を目的に創設され、日々の実践を通じて顕著な教育効果を上げている教育関係職員を表彰するものです。今年度は、県内小・中・高等学校を合わせて50名の教職員が表彰されました。安田事務長は、本校の事務長として、学校事務管理を総括するとともに、本校の教育活動の充実に尽力されてこられました。また、栃木県公立小中学校事務職員研究協議会の会長として、全県的にリーダーシップを発揮し、協議会の活性化や事務職員の資質の向上に貢献されてこられたことが、この受賞に至りました。本校教職員がこの賞を受賞したことは、我々の誇りであり、励みでもあります。今後とも、教職員が一致団結して、本校の教育活動の質の向上に努めてまいります。

     
安田事務長のコメント「責任を重く受け止め、東中の発展に尽力します。」

歯科検診

10月6日(金)に、歯科検診を実施しました。

学校歯科医の大貫先生、菊地先生、山本先生、石澤先生、岡本先生、齋藤先生、三浦先生の7名の先生方にお世話になりました。

 歯科検診の結果、治療が必要となった場合は、早期受診、早期治療をよろしくお願いいたします。
  

歯科検診の様子

家庭教育学級の実施

   今年度は、コロナ禍のため、当初予定していた視察研修や子育て交流のつどいが中止となりましたが、10月8日(木)、14名の保護者が参加し、今年度最初の家庭教育学級を実施しました。三浦憲子先生を講師にお招きし、アロマの種類や効果等について理解を深めるとともに、講話後は、三浦先生の御指導のもと、アロマのハンドクリームとバスソルトを作成しました。自分だけのオリジナルハンドクリームとバスソルトを作成を通して、保護者同士のコミュニケーションを深めることができました。
   

  
     ↑家庭教育学級の活動の様子

学校保健委員会

 10月2日(金)東中学校において、学校薬剤師の藏重宏様を講師に招き、学校保健委員会を実施しました。生徒(生徒会役員、保健委員31名、PTA1学年委員(14名)、校長先生を初め本校職員(13名)が参加し、藏重様から「感染症の予防」についての講話をいただきました。感染経路を絶つためには、何をしなければならないかなどについて、考えるよい機会となりました。また、10月5日(月)には、参加した保健委員がこの委員会での学びを各クラスで発表しました。
                     保健委員会資料.pdf  

    
 ↑保健委員委による発表の様子  ↑藏重先生による講話の様子

授業力向上・公開研究授業

 平成30年度から、本校は、鹿沼市教育委員会の指定を受け、授業力向上事業として、国語・数学・英語の授業改善に取り組んでいます。10月5日は、鹿沼市教育委員会の指導主事や宇都宮大学共生教育学部附属中学校の先生が講師として来校され、公開研究授業を実施しました。鹿沼市内の中学校からも、24名の先生も参加され、授業後の研究会では、指導方法について熱心に協議していました。
 研究授業は2年1組(国語)、2年8組(数学)、3年4組(英語)で行われ、生徒達は少し緊張気味でしたが、真剣に授業に取り組んでいました。

    
 ↑研究授業の様子         ↑授業後の研究会の様子

人権に関する道徳「星はやさしく光っていた」

新型コロナウイルス感染症にたいする人権尊重の意識を高めるための、東中学校では、道徳資料「星はやさしく光っていた」を用いて全クラスで、道徳の授業を実施しました。生徒の感想及び道徳資料「星はやさしく光っていた」を掲載しますので、この機会に、ぜひ御家庭でお子様と一緒にコロナ禍における人権について、話し合ってみてください。
        道徳の感想資料.pdf  星は優しく光っていた.pdf

出典:道徳資料「星はやさしく光っていた」 愛知県西尾市教育委員会



学校公開

 929日(火)~102日(金)までの期間、学校公開を実施しました。

学校評議員や100名を超える保護者の方々、東中学校区の小学校の先生方が来校し、生徒の学習や生活の様子を参観していただきました。学校評議員の方からは、「学校全体が落ちついていて、しっかりと学習に取り組んでいて、大変素晴らしいです。」との感想をいただきました。

 
 

授業の様子

 
  

参観の様子

東中全校企画2020

10月1日(木)に、全校生徒による創作活動を行いました。
この活動は、コロナ禍においても、「東中801人のパワーを結集させ、みんなで一つのものを作り上げ地域へ発信しよう」というテーマのもとに取り組んでいます。
この活動を通して、東中を、そして鹿沼を盛り上げていきたいです。
どんなものが完成するのか是非、期待してください。

  
↑鶴を折っている様子

 
↑折り紙の内側にメッセージを書いている様子

3年生 6校時(学びの保障)

 新型コロナウイルス感染症対策のため、学校が4月~5月は休業となりました。そこで、3年生の「学びの保障」のために、9月30日から毎週水曜日の6校時に授業を行っています。また、11月中旬からは、水曜日に加え、毎週木曜日も授業を行います。国語・社会・数学・理科・英語の授業内容を進めるとともに、さらなる学習内容の定着を図りたいと考えています。3年生は熱心に授業に参加していました。
  

  ↑授業を受けている様子