学校ニュース

日誌

授業力向上・公開研究授業

 平成30年度から、本校は、鹿沼市教育委員会の指定を受け、授業力向上事業として、国語・数学・英語の授業改善に取り組んでいます。10月5日は、鹿沼市教育委員会の指導主事や宇都宮大学共生教育学部附属中学校の先生が講師として来校され、公開研究授業を実施しました。鹿沼市内の中学校からも、24名の先生も参加され、授業後の研究会では、指導方法について熱心に協議していました。
 研究授業は2年1組(国語)、2年8組(数学)、3年4組(英語)で行われ、生徒達は少し緊張気味でしたが、真剣に授業に取り組んでいました。

 

     ↑研究授業の様子         ↑授業後の研究会の様子

人権に関する道徳「星はやさしく光っていた」

新型コロナウイルス感染症にたいする人権尊重の意識を高めるための、東中学校では、道徳資料「星はやさしく光っていた」を用いて全クラスで、道徳の授業を実施しました。生徒の感想及び道徳資料「星はやさしく光っていた」を掲載しますので、この機会に、ぜひ御家庭でお子様と一緒にコロナ禍における人権について、話し合ってみてください。
        道徳の感想資料.pdf  星は優しく光っていた.pdf

出典:道徳資料「星はやさしく光っていた」 愛知県西尾市教育委員会

学校公開

 9月29日(火)~10月2日(金)までの期間、学校公開を実施しました。

学校評議員や100名を超える保護者の方々、東中学校区の小学校の先生方が来校し、生徒の学習や生活の様子を参観していただきました。学校評議員の方からは、「学校全体が落ちついていて、しっかりと学習に取り組んでいて、大変素晴らしいです。」との感想をいただきました。

     ↑授業の様子

  

     ↑参観の様子

東中全校企画2020

10月1日(木)に、全校生徒による創作活動を行いました。
この活動は、コロナ禍においても、「東中801人のパワーを結集させ、みんなで一つのものを作り上げ地域へ発信しよう」というテーマのもとに取り組んでいます。
この活動を通して、東中を、そして鹿沼を盛り上げていきたいです。
どんなものが完成するのか是非、期待してください。

 

  ↑鶴を折っている様子

  ↑折り紙の内側にメッセージを書いている様子

3年生 6校時(学びの保障)

 新型コロナウイルス感染症対策のため、学校が4月~5月は休業となりました。そこで、3年生の「学びの保障」のために、9月30日から毎週水曜日の6校時に授業を行っています。また、11月中旬からは、水曜日に加え、毎週木曜日も授業を行います。国語・社会・数学・理科・英語の授業内容を進めるとともに、さらなる学習内容の定着を図りたいと考えています。3年生は熱心に授業に参加していました。

 
   ↑授業を受けている様子 

3年生 進学説明会

 9月29日(火)、3年生を対象に、保護者同席のもと、鹿沼高等学校、鹿沼東高等学校、鹿沼南高等学校、鹿沼商業高等学校の進学説明会を実施しました。学校の特徴や募集する生徒像、進路状況、入試などについて説明がありました。また、県立高校特色選抜や入試の手続きなどについて確認を行いました。

 
    ↑説明会の様子

第6回 委員会活動

 9月28日(月)第6回目の委員会活動を放課後に実施しました。定期的に活動を実施しながら、東中をよりよくするため、取り組んでいます。
 今回は、環境緑化委員会が花壇の除草作業をしたり、体育推進委員会が熱中症対策で使用していたテントをきれいに拭いたりするなどの活動をしていました。

     ↑環境緑化委員会の活動の様子

 
     ↑体育推進委員会の活動の様子

3年生 学校説明会

 9月24日(木)から、3年生の希望者を対象に、放課後、学校説明会を実施しています。24日(木)は、宇都宮北高校、宇都宮商業高校、25日(金)は、宇都宮中央女子高校、今市工業高校の学校説明会を行いました。学校の特徴や求める生徒像、施設などについて説明があり、生徒たちはその説明を受け、積極的に質問をしていました。12日間、22校の県立高等学校の説明会を実施して参ります。

 
        ↑説明会の様子  

3年生 性に関する講話

 9月24日、栃木県助産師会助産師の小嶋由美さんを講師に招き、3年生を対象に、心と体の変化や思春期における性や性衝動について講話をいただきました。命の大切さや、互いを尊重し、理解しあいながら生きていくことの大切さを学ぶことができました。


     ↑小嶋さんによる講話の様子


     ↑真剣に話を聞いている生徒の様子


     ↑代表生徒によるお礼の言葉