学校ニュース

日誌

学校再開


 6月1日より学校が再開しました。

 生徒の皆さんや御家庭の協力があり,学校から言われたことをしっかりと守り,節度ある生活をしてくれたおかげで無事にスタートできたことをうれしく思います。

 再スタートにあたって校長先生から,各学年ごとに話をしていただきました。
 一部,紹介します。

【1年生】
①「小学校とは違う,一歩前進した自分を目指しましょう」
 これまで失敗してしまったことや良くなかったことなどをきれいさっぱりに忘れて,リセットして生活しよう。入学をきっかけにして何事に挑戦するなど,一歩前進した自分を目指しましょう。
②「思いやりの心を大切にしましょう」
 相手の気持ちを考え,相手の立場に立った言動が取れる生徒になって欲しい。自分がされて嫌なことは,相手に対してもしない。互いに思いやる気持ちで行動すれば,「いじめ」は起こりません。もし,思いやりのない言動が見られた場合は,先生方は厳しく対応します。

【2年生】
 2年生に期待することを伝えました。
①「守」とは,
 1年生の時から,素直な気持ちで先生方などの話をよく聞き,それを守ろうとする謙虚な姿勢があります。
②「破」とは,
 先生方を頼るのではなく,何事にも自分で考え判断し,自分から行動する力を身につけて欲しい。1年生の時の殻を破り,より自立をしてほしい。これが2年生に期待することです。
③「離」とは,
 3年生になると,学校から離れ,将来夢の実現に向けて自分の道を進むことになります。
 以上の中学校の発達段階を意識しながら,自分を高める努力をして欲しい。

【3年生】
①「最上級生らしさを後輩に見せて欲しい」
 全体的に落ち着いた雰囲気をつくっているは,3年生の最上級生としての自覚がしっかりしているからです。これからも,北中学校最上級生としてリーダーシップを発揮して欲しい。大会やコンクールなどが中止になってしまい,中学校生活の集大成がなしえなかったことは残念ですが,努力したこと・学んだことはこれからの皆さんにとって大きな力になります。
 また,残りの期間で,「最上級生らしさ」を見せて,後輩の育成に力を貸して欲しいと思います。
②「卒業後の進路(目標)に向かって頑張って欲しい」
 先生方も,皆さんのやる気に満ちた,今の姿に答えるために全力で応援します。



1年生部活動見学


 6月8日(月)より部活動見学・仮入部が始まりました。
 既に入部する部活動を決めている生徒とまだ悩んでいる生徒がいますが,どの生徒も真剣に見学をしていました。

 

 

学校再開・部活動再開


 学校が再開しました。マスク着用・こまめに手洗い・うがい・室内の換気・三密にならないなどの校内での取り組みを実践しながらの学校生活となります。はじめは生徒や教師に慣れない部分がありますが,しっかりと「新しい生活様式」を取り組んでいきたいと思います。

(登校の様子)
  

(部活動の再開の様子)
   
 

消毒用アルコールの寄付のお知らせ

 (株)武勇にお勤めで,本校PTAの深谷様より消毒用のアルコール(1ダース分)を北中学校に寄付していただきました。消毒用薬剤等が不足する中,(株)武勇の皆様には,多大なるお心遣いをいただき,誠に有り難く思います。 
 さっそく感染症拡大を防止するために手指等の消毒用として有効に活用させていただきたいと思います。

新型コロナウイルスと子どものストレスについて


 新型コロナウイルス感染症の発生に伴い,自宅で過ごすことが多くなり,外出できないことによるストレスを抱えるお子様が増えることが予想されます。国立成育医療研究センターのホームページに,「新型コロナウイルスと子どものストレス」に関する情報が掲載されています。ご活用ください。

 https://www.ncchd.go.jp/news/2020/20200410.html

陳賢徳先生よりマスクを寄贈していただきました。

 昨年度の1年生の職業講話でお世話になった、株式会社フェドラ、陳賢徳先生より、全校生と教職員に1人3枚、約1500枚のマスクを寄贈していただきました。本校職員で、手袋着用など衛生面に配慮し、ビニール袋に入れ、4月23日の登校日に生徒に配布いたしました。
 マスクが品不足になっている中、フェドラ様にはお心遣いをいただき、本当に有り難く思います。安心・安全な生活を心がけ、大切に使わせていただきたいと思います。