日誌

南摩中カフェ~ラストは、「ありがた屋」

令和2年12月15日(火)

 3年生が総合的な学習の時間に、地域の方と連携して取り組んできた「南摩中カフェ」は、本日が最後の班です。カフェの名前は「ありがた屋」。地域の方々に「ありがとう」の思いを伝える工夫を考えてきました。
 今回の班の特徴は、お客様を楽しませるために、「マジック」を練習し、披露したところです。インターネットなどで手品の動画を探し、自分たちで披露できるよう練習して、当日を迎えました。お客様のテーブルを回って手品をご披露し、温かい拍手をいただきました。


◆お客様をお迎えします     ◆テーブルにお持ちします
   


◆カフェを飾る風船       ◆ラテアートも凝っています
   

 

 ◆練習してきたマジックを披露  ◆お見送りをします
   


◆◆地域の皆様に感謝を伝える「南摩中カフェ」は、今日でいちど、区切りをつけます。次回からの総合的な学習では、地元で採れた玉ねぎから作った「玉ねぎドレッシング」を素材に、学習を進めていく予定です。◆◆