学校ニュース

日誌

3学期のスタートです

1月11日(火)始業式が行われ、3学期がスタートしました。3学期の始業式もzoom で行われました。校長先生からは、3学期は短い学期、新たな目標に向かって頑張ってほしいと話がありました。それに続いて、校長先生から、「頭の体操」が2問出題されました。一方的な話ではなく、生徒にも参加してもらいたいという、校長先生の狙いもあったようです。問題は、「発想の転換」をテーマにしたものでした。生徒は、あっという間に答えていました。校長先生からは、「発想を変えて考える、友達と相談する、そうすることで多面的・多角的なもの見方ができる。そうやって授業も進めてほしい。」と話がありました。さらに、コロナウイルス、オミクロン株の感染が増えているが、「コロナは避ける。でも、心は避けない。」ということを忘れずに、有意義な3学期にしましょうということでした。今年もよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

先生方も大掃除

12月24日(金)終業式の後、生徒下校後、職員作業を行いました。男性教員は、主に外回り、水道の凍結防止、側溝の砂取り、西中号の洗車を行いました。女性教員は、主に校舎内、水道やトイレの水回りの清掃を行いました。これで気持ちよく新しい年を迎えられそうです。

終業式です

12月24日(金)終業式が行われました。今回も、コロナウイルス感染予防の観点から、zoom による式となりました。校長先生からは、マザーテレサの言葉が紹介されました。「思考に気をつけなさい それはいつか言葉になるから。言葉に気をつけなさい それはいつか行動になるから。 行動に気をつけなさい それはいつか習慣になるから。習慣に気をつけなさい それはいつか運命になるから。」その後、各学年の生徒たちへ、1年生には、「よい先輩になろう。」2年生には、「よいと思ったことは行動に移そう。」3年生には、「進学先で何を学ぶかが大切だ。」というメッセージが送られました。始業式には元気な笑顔が見られることを期待しています。終業式に先立って、受賞伝達も行われました。

 

 

出張授業「介護から豊かさを学ぶ」を行いました

12月22日(水)5時間目、総合的な学習の時間に、出張授業「介護から豊かさを学ぶ」を行いました。講師として、未来をつくるkaigoカフェ代表、ゲスト講師として、介護施設「はいこんちょ」の方と一緒に働く職員の方2名をお迎えしました。

授業では、まず、介護の基本的な概要のレクチャーを受けました。その後、介護の実際の仕事について、やりがいを含めてお話をいただきました。そしてその後、「地域で知り合い、つながりをつくるためには何をすればいいでしょうか?」と、「自分がもし100歳まで生きた時、長生きしてよかったと思える社会つくるには何が必要でしょう?」をテーマに、グループディスカッションを行いました。笑顔を交えながら、活発な意見交換が行われました。

 

 

 

 

 

 

 

 

その後各クラスから代表生徒が意見を発表し、つながりを作るために、お菓子作り、ラジオ体操、しりとり大会、カラオケなどの意見が出ました。長生きしてよかった社会を作るためにいてほしい人とあったら安心するものについて意見を出しました。友達や話し相手、介護してくれる人。安心するものではお金、犬、強力な入れ歯などの意見が出て、講師の先生方からも参考になると感想をいただきました。充実した意見交換ができました。

歓喜の瞬間!

12月7日(火)お昼の放送で、先日行われた合唱コンクールの結果発表が行われ、昼休みに校長室で表彰式が行われました。

各学年の優秀賞、最優秀賞の発表の度に、教室からは大きな歓声と拍手が巻き起こりました。

【結果発表】

1年生 最優秀賞 2組  優秀賞 4組

 

 

 

 

 

 

2年生 最優秀賞 1組  優秀賞 2組

 

 

 

 

 

 

3年生 最優秀賞 1組