学校概要

教育目標

 考える子 心豊かな子 たくましい子

学校経営方針

  自立と生涯学習を基盤とし、「生きる力」の育成を図る。

1 基礎・基本の定着を図り、分かる授業の実践と「学び合い」のある授業を行う。

2 人権尊重を基盤とした学校経営により、児童一人一人の居場所がある学級づくりを行う。 

3 体力と運動能力の向上、健康教育の充実を図るとともに、危機回避能力を育成する。

4 家庭や地域と連携し、地域とともに歩む、開かれた学校づくりを推進する。

沿革
明治 6年   久野村に貫道舎を建設する。
  6年   深程村の無量寿院で小学校教育を開始する。
  23年   久野1番地に深程尋常小学校を新築する。(両村合併)
  25年   校名を清洲第一尋常小学校とする。
  38年   校名を清洲第一尋常高等小学校とする。
昭和 16年   校名を清洲第一国民学校とする。
  22年   校名を清洲村立第一小学校とする。
  30年   校名を粟野町立清洲第一小学校とする。(町村合併)
   33年   新校舎が完成する。(久野620-1番地) 
   37年   校歌を制定する。 
   53年   体育館が完成する。 
 平成  元年   道徳教育研究校として発表する。 
   8年   新校舎が完成する。 
   8年   校庭を拡張する。 
   9年   校庭を拡張する。 
   12年   同和教育研究校として発表する。 
   16年   プールが完成する。 
   18年   校名を鹿沼市立清洲第一小学校とする。 (市町合併) 
   21年   市人権教育拠点校に指定される。 
   24年   体育館耐震化工事が完了する。 
   26年   特別支援学級(知的障害)が新設される。 
   27年   複式学級が始まる。(2・3年複式) 
   28年   複式学級 (3・4年) 
   29年   複式学級 (2・3年)(4・5年) 
   30年   完全複式学級(1・2年)(3・4年)(5・6年) 
 令和  元年   1・2年生の複式学級が解消となる。 

 

児童数及び学級数

                                        平成31年4月1日現在

  1年 2年 3年 4年 5年 6年
2 0 5 5 4 6 22
6 1 1 0 2 4 14
8 1 6 5 6 10 36
学級数 1 1   3年生と複式学級   5年生と複式学級 4
特別支援学級数( 1 )


 

鹿沼市立清洲第一小学校ガイドブックについて

鹿沼市立清州第一小学校ガイドブック(一部をご紹介しております)


第1章 学校経営のこと
1 1-1-1学校経営の方針.pdf
2 学校の沿革・校歌・校章
1-3本校の特色ある教育活動.pdf
4 学校評価
第2章 学校生活のこと
1 年間行事予定
2 日課表
3 教室配置図
4 登下校
5 通学路マップ
6 欠席と連絡方法
7 生活のきまり
8 いじめ防止基本方針
9 いじめを防止・早期発見するために
10 ノーメディア・チャレンジ・デーの取組
第3章 学習のこと
1 学習のきまり
2 家庭用具の約束
3 家庭学習の手引き
4 家読2 清洲地区の歴史
5 特別支援教育
第4章 健康のこと
1 健康診断
2 保健室の利用
3 災害共済給付制度

第5章 安全のこと
1 校内安全点検、通学路点検
2 緊急災害時における下校・児童の引き取り
3 メール配信システム
第6章 事務的なこと
1 学校集金
2 就学援助制度
第7章 地域との連携のこと
1 学習支援ボランティア
2 安全に関するボランティア
第8章 その他
1 学校以外の相談窓口
2 清洲地区の歴史

アクセスマップ