鹿沼市立清洲第二小学校は、新しい時代を拓く、確かな学力を身につけた、心豊かでたくましく生きる子ども【かしこい子 やさしい子 たくましい子】の育成を目指します。
鹿沼市立清洲第二小学校
 

基本情報

〒322-0301
栃木県鹿沼市北半田1515
電話 0289-75-2662
FAX 0289-75-2262
 

カウンタ

COUNTER20202

モバイルサイト

アクセスは下のQRコードをご利用ください。
 

天気予報

ごあいさつ

 ようこそ 鹿沼市立清洲第二小学校 公式ホームページへ!
ホームページから、学校ニュース(本校の教育活動、子供たちの活躍の姿)など、新しい情報をお届けしております。よろしくお願いいたします。

 清洲第二小ホームページ閲覧累計が20,000を超えました。本校の教育活動に対する皆様の温かい御支援、御協力に心から感謝申し上げます。
 1月8日に、平成30年度第3学期が始まりました。子供たちは冬休み中に家庭や地域において様々な体験をし、心のエネルギーを満タンにして笑顔で元気に学校生活を送っています。
 今年も、どうぞよろしくお願いいたします。
 
 *学校行事等につきましては、メニューの行事予定を御覧ください。


 

新着情報

 

日誌

日々の出来事
12345
2019/01/21new

南摩小学校との交流学習

| by 教員
 1月21日(月)に、来年度の修学旅行合同実施に向けて、南摩小学校と本校の5年生で、交流学習を行いました。

 最初はお互いにやや緊張気味の様子がみられ、同じ学校の友達と固まって話をしている子供たちがほとんどでした。しかし、仲間づくりや運動などの交流活動を一緒に行っていく中で、緊張も徐々にほぐれ、それぞれの学校の子供たちが入り交じって交流をする姿が見られるようになりました。中には、幼稚園が一緒だった友達もいたようで、その頃のことを思い出して話をしている子供たちもいました。
 南摩小学校の5年生も本校の5年生も、話を聞くときには、話している人の方へ体を向けて静かに聞くことができていました。また、休憩時間後の活動開始の時間には、指示されなくても時間になったら整列をしていました。5月の修学旅行に向けて、すでにすばらしい心構えをもった5年生たちだと、頼もしく感じました。
 交流活動後の振り返りでは、「今度、修学旅行へ一緒に行くのが楽しみになった。」という声を多く聞くことができました。
 来年度の修学旅行合同実施に向けて、よいスタートとなる交流学習ができました。

               
19:26
2019/01/18new

小中交流学習会

| by 教員
 1月18日(金)、鹿沼市立粟野中学校において、粟野中学校区の6年生が集まり、「小中交流学習会」が実施されました。

 最初に、粟野中学校の1年生から、粟野中学校の1日の生活やココが違う中学校!、部活動紹介など、中学校生活について説明を受けました。久しぶりに会った本校卒業生が、制服に身を包んで先輩として落ち着いて説明する姿に、やや緊張気味の子供たちでした。
 次に、1年生のクラスの授業参観では国語科と社会科の授業を参観させていただきました。課題を解決するためにそれぞれの考えを交流したり、難しい言葉が入った質問に素早く応えたりする、頼もしい中学生の姿を見学しました。
 最後に、体育館で中学1年生たちと一緒に交流活動を行いました。「粟中〇✕クイズ」「餃子じゃんけん」「ジェスチャーゲーム」で交流しました。中学生の上手なリードで緊張もほぐれ、他校の6年生とも楽しく交流することができました。
 校舎内の空間に配置されている素敵な芸術作品、充実した設備、優しい先輩たち・・・、中学校への期待が大いに膨らんだ交流学習会でした。

                            
20:26 | 6年生
2019/01/16

租税教室(6年生)

| by 教員
 1月16日(水)、6年生教室において、鹿沼税務署、及び納税貯蓄組合連合会の方々を講師にお招きして、「租税教室」が実施されました。

 国民が納める税金によって、消防署の救急活動や警察署の犯罪取り締まり、ゴミの回収と処理、公園の整備等、様々な活動が行われており、私たちの安全安心な生活が守られ、快適な生活が維持されていることなどを学びました。
 授業の初めは、「消費税を払うのは、いやな気持ちがします。」と言っていた子供たちも、授業の最後には、「税金は、公共のために役立っていることが分かりました。」等の感想を述べることができました。また、1億円を模した札束の見本も見せていただき、その重さ(約10キログラム)にも盛り上がりました。
 授業の後、講師の方から、「子供たちが真剣に授業に参加して、しっかりと自分の意見を述べていてすばらしいですね。」と、お褒めの言葉をいただきました。

         
07:47 | 6年生
2018/12/20

Limitクリスマスコスペシャルコンサート

| by 教員
 12月20日(木)、清洲第二小学校体育館において、本校職員 野口亮先生とその友人 傳法谷(でんぽうや)隆範さんにより結成されたピアノデュオ「Limit」による『クリスマススペシャルコンサート~ブギウギピアノの秘密』が開催されました。
 このコンサートに向けて、体育館の中は子供たちと職員によって、クリスマス一色に華やかに飾りつけがなされました。
 開会に先立って、子供たちは、暗転された場内を「きよしこの夜」の音楽を聴きながら入場しました。
 コンサートでは、ジブリやアニメ、ディズニー、クリスマス楽曲など、誰もが知っている名曲をアレンジしたメドレー曲や、野口先生作曲の「ラ・メール」などのオリジナル楽曲を、ブギウギのリズムで聴かせていただきました。ピアノ1台を4手連弾するお二人の指の動く速さに会場のみんなは驚かされ、いつしか、ブギウギの魅力に取りつかれていきました。
 児童たちとのコラボ企画や運動会のダンスメドレーなどもあり、クリスマのウキウキする雰囲気を心ゆくまで楽しみ、あっという間に時間が過ぎてしまいました。
 夢のような素晴らしいひと時をプレゼントしてくださった
「Limit」のお二人に、心から感謝します。


          
19:54
2018/12/19

百人一首会 in 医王寺

| by 教員
 12月19日(水)に、地域の文化遺産である医王寺において、「百人一首会in医王寺」が行われました。
 本校では、毎週木曜日の清二っ子タイム(朝の学習)を「百人一首」の時間として、毎年、100首の中から20首を決めて取り組んでおり、子供たちは、百人一首を通して日本文化に触れ、古典(和歌)に親しんでいます。1年生の子供たちは、初めはルールを覚えることさえ大変でしたが、今では、自分の好きな一首を決めて、毎週楽しんで取り組んでおり、「吹くからに~」と上の句を聞いただけで、すぐに「はいっ!」と元気に取り札が取れるまでに腕を上げている子も、たくさんいます。
 「百人一首会in医王寺」では、由緒ある医王寺の客殿の畳の上にきちんと正座し、和室での作法を守って活動する子供たちの姿は、いつもより大人びて見えました。
 百人一首の後は、高学年は和室の畳の拭き掃除、低・中学年は境内の落ち葉拾いを行いました。
 今年で7回目の催しになりますが、いつも清二小の子供たちを温かく迎え入れてくださる医王寺の住職様に、心より感謝申し上げます。ありがとうございました。

        
19:16 | 今日の出来事
2018/12/18

クリスマスコンサート(ラストコンサート)

| by Web管理者

 12月15日(土)に、宇都宮工業高校音楽部によるクリスマスコンサートが開催され、約130名の方が来場されました。
 清洲第一小としては18回目、清洲第二小との合同開催としては4回目になり、毎年、地域の方も楽しみにしてくださっていましたが、平成最後の今回を一区切りとして、ラストコンサートとなりました。
 今回のオープニングは、クリスマスソングメドレーでした。その後の毎年恒例の白い布を体に巻き付けつけた神様が登場した音楽劇では、昭和歌謡がたくさん演奏され、観客のみなさんが顔を見合わせて「懐かしい」とにっこりされたり、歌に合わせて手拍子が起こったり、自然と歌詞を口ずさむ姿などが見られました。アンコールは、昭和歌謡や映画音楽の数々をメドレーにした演奏でしたが、魂のこもった、気迫あふれる演奏に客席から大きな拍手が起こり、まさしくラストにふさわしい、素晴らしいコンサートとなりました。
 清洲地区でのクリスマスコンサートは最後となりましたが、若者らしいさわやかさと実力を兼ね備えた、宇都宮工業高校音楽部の皆さんの今後の活躍を、陰ながら応援したいと思います。
 最後に、コンサートの準備や後片付け等に御協力くださったPTAの方々にお礼申しあげます。ありがとうございました。

 

 


13:02
2018/12/10

世代間交流

| by 教員
  12月7日(金)、清洲コミュニティーセンター主催の「世代間交流事業」があり、地域のおじいさん、おばあさんにおいでいただき、1、2年生が昔の遊びを教えていだだきました。

 「竹とんぼ」「けん玉」「おはじき」「こま」を使った4つの遊びを、グループに分かれて、10分間ずつすべて体験しました。
 1年生にとっては、初めて経験する遊びがほとんどで、うまくできるか心配でした。しかし、おじいさん、おばあさんに遊び方やうまくいくコツを丁寧に教えていただき、楽しく遊ぶことができました。
 2年生は、1年生の時に体験済みで遊びのコツなどを体で覚えていたようで、上手に竹とんぼを飛ばしたり、おはじきをはじいたりしていました。
 「竹とんぼが遠くにとんだ!」「こまがうまく回った!」といった歓声も、あちらこちらでたくさん聞かれました。
 最後に、教えてくださった皆さんに、1年生はクリスマスにぴったりの手作りのリースを、2年生は心のこもったお手紙をプレゼントしました。皆さん、とても喜んでくださいました。
 本当に楽しいひと時を過ごすことができました。ありがとうございました。



                     
 
17:02
2018/12/10

パンジー植え

| by 教員
 12月5日(水)に、栃木園芸の益子 清さんに来ていただき、3年生から5年生でパンジー植えとチューリップの球根植えを行いました。

 1人で1つのプランターを準備し、土を入れるところから作業が始まりました。重い園芸用の土の袋を持ち上げ、懸命にプランターの中に土を入れていました。土を入れた後、そこにバランスを考えながら5つのパンジーの花を植えました。最後に、肥料をまいて完成です。
 1人で一生懸命作業をしたり、大変なときには友達と協力したりしながら、根気強く活動を進める姿が見られました。これから、自分で植えたパンジーは責任をもって育てていくことになります。
 また、チューリップの球根も植えました。さまざまな色のチューリップの球根を準備し、体育館の南側の花壇に植えました。
 球根にも向きがあり、お互いに声をかけ合いながら、向きをそろえて植えていきました。なるべく同じ色が隣り合わないように相談しながら植えていく姿に、子供たちの意欲と工夫を感じました。

 来年の春には、下級生のみんなが大好きな6年生の卒業式を華やかに彩る、色とりどりのパンジーやチューリップの花を見ることができると思います。

         


  

10:00
2018/12/10

人権集会

| by 教員
 12月4日(火)に人権集会が開かれ、2種類のゲームを体験することを通して、人権について考えました。

 一つ目は、「バースデーライン」です。言葉を使わずに誕生日を伝え合いながら、順番に並ぶというゲームです。話してはいけない中で、苦戦しながらも懸命に友達の考えを受け止め、自分の考えを伝えようとする姿が見られました。最後には、見事、誕生日順通りに並ぶことができました。
 二つ目は、「ぎょうざじゃんけん」です。グー、チョキ、パーをぎょうざの材料に見立て、3人グループでその3つをそろえるというゲームです。勝ち負けを決めるじゃんけんとは違い、たくさんそろえることができたら「相手のことを考えることができた」、あまりそろわなかったら「同じものを出して仲が良い」、といった視点をもってもらうゲームでした。

 普段、人権についてじっくりと考える機会があまりない中で、短い時間ではありましたが、自他の人権を大切にしようとする感覚を磨くための貴重な体験ができました。

       

07:49
2018/12/05

持久走大会

| by 教員
 12月5日(水)に、持久走大会が開かれました。

 12月とは思えないほどの暖かな陽気の中、子供たちの力走が見られました。また、自分たちが頑張るだけでなく、頑張っている友達を精一杯応援する姿も見られました。
 今年度は、女子の低学年の部で13年ぶりの大会新記録も出ました。
 大会終了後は、子ども待機スペース見守りボランティアの皆さんが、学校農園で収穫したサツマイモで作ってくださったできたての大学芋をいただきました。
 当日の運営に際しては、保護者の皆様のボランティアの支援をいただきました。また、力を尽くして頑張っている子供たちに、温かい声援をたくさんいただきました。皆様の御協力、御支援に、心より御礼申し上げます。ありがとうございました。


          
10:24
12345