西小学校のスローガンは、 全力・挑戦・ありがとう です。元気いっぱい、西小の子どもたちの様子をご覧ください。
鹿沼市立西小学校
 

基本情報

〒322-0076
栃木県鹿沼市上日向606
電話 0289-62-3424
FAX 0289-62-3514
 

カウンタ

COUNTER385046

モバイルサイト

アクセスは下のQRコードをご利用ください。
 

天気予報

ごあいさつ

「学習支援のためのサイト」にアクセスしてください!!
https://sptc.xsrv.jp/k-class/

ジョリーフォニックス

A,B,C・・・などの英語で使う文字「アルファベット」は26文字ですが、英語で使われる音(発音)は42種類もあります。そして、その多くは日本語ではあまり使わない音なのです。英語で使う発音と文字を合わせて楽しく学ぶことができるのが、この「ジョリーフォニックス」! チャールズ先生と木村先生といっしょにみなさんも楽しみながら英語の勉強をしてみましょう。
 

学校からのお知らせ

6月1日からの通常登校再開について

 

 いよいよ6月から通常登校が再開されます。やっと、すべての子どもたちの元気な声が戻って来ることを嬉しく思っております。しかしながら、今後も、新型コロナウイルスに対する感染防止策を講じていくことが大切です。本校においても、感染防止策をしっかりと講じた上で教育活動を進めてまいります。保護者の皆様方におかれましても、ぜひご協力いただきますようお願いいたします。

                   記

 

1 学校における感染防止対策:学校医の指導も受けながら実施していきます。

(1)スクールバスの増便

  ・登校時は中学校バス、小学校バス、増便バスの体制で、下校時は中学校バスと小学校バスの体制で3つの密にならないようにしていきます。

(2)手洗いの励行

・登校後、業間終了前後、給食前後、5校時開始前などこまめに
   行い、給食前はアルコール消毒も行います。

(3)児童及び教職員のマスク着用

・学校では近距離での会話や発声等が必要な場合が多いため、マスクを着用し、咳エチケットの指導しています。

(4)教室等の消毒

・放課後、教室やトイレ、階段などの施設や共用物品について教職員が行います。 

(5)「3密」をできるだけ避けながらの教育活動の実施

・全校集会等は原則行いません。
  ・グループ活動は、距離をとる、対面をさけるなどの対策を取り行います。

・清掃は縦割り班ではなく、学級ごとに行います。
    ・教室は、こまめな換気を行います。

(6)毎朝の検温の実施

・健康観察カードへの記入をお願いします。教職員も毎朝行います。

(7)給食時の予防対策

  ・給食はグループにせず、前を向いて食べます。

  ・マスクをはずしている給食時の咳エチケットに備えるため、机上にハンカチを置き、すぐに使用できるようにします。

  ・学校では給食後に、教室で一斉に歯みがきを行っていましたが、飛沫等の心配があるため、当分の間、一斉歯みがきは行いません。

(8)教材・教具等の共用はなるべく避けます。共用する場合は、消毒を行います。

(9)お子様の体調不良の場合の処置

・発熱や咳などの風邪の症状がみられる際には、無理をせずに自宅で休養するようお願いいたします。なお、欠席の連絡は連絡帳ではなく電話にて行っていただきますようお願いいたします。

・風邪の症状があり、保護者様の判断で学校を休ませる場合には、「欠席」扱いとはせず、「出席停止」扱い(インフルエンザ等と同様)となります。

・児童やご家族等の健康状況についての相談は、下記までお願いします。

※感染症対策として、ご家庭にお願いしたいことは、別紙保健だより「感染症予防対策についてのお願い」をご覧ください。

 

<栃木県電話相談窓口>

    コールセンター 0570-052-092(24時間対応 土日祝日も含む)

<鹿沼市の相談機関>

    県西健康福祉センター 健康対策課感染症予防 0289-62-6225

 

2 夏季休業期間

  8月1日(土)から8月16日(日)になります。

そのため、1学期終業式は7月31日(金)、2学期始業式は8月17日(月)になります。


保健だより★感染症予防対策についてのお願い★
1 毎日の健康管理について
   以下の点に留意され、ご家庭でのご指導をお願いします。
    ①毎朝、自宅で検温及び健康観察を行う。
   ②三度の食事は、きちんと食べる。
   ③こまめに手洗い・うがいを行う。
   ④手指が不衛生にならないよう、手の爪は短く切っておく。
   ⑤手拭き用ハンカチ・タオル等を携帯し、手洗い後の水分を拭きとる。
   ⑥咳エチケットを守る。原則、マスクを着用する。
   ⑦早く寝て、睡眠を十分にとる。
2 健康観察の徹底
  ・登校前の健康観察の徹底をお願いします。
  ・発熱や風邪症状等がある場合は、登校せず自宅で休養をしてください。
       ・自宅休養した場合は出席停止扱いとします。
       ・欠席の場合は、朝のうちに電話連絡をお願いします。
  ・登校後、発熱や風邪症状が確認された児童は早退とし、家庭連絡いたします。
       ・学校に提出済の緊急連絡カードの記載内容に変更があった場合は、必ず学級担任まで連絡をお願いします。
3 持ち物
 〇検温カード
  ・出し入れしやすいため、ランドセルのかぶせ部分の内側に入れてください。
    〇ハンカチ
     ・手拭き用、咳エチケット用を必ず持たせてください。また、予備用として、数枚は、ランドセルに入れておいてください。
    〇マスク
     ・登校時に着用する他に、予備用として数枚用意してください。
     ・給食、体育の時などにはずしたマスクを入れるケースを、初回のみ学校で用意します。破損、紛失等で買い替えが必要な時は、用意してください。同じものでなくご家庭で用意されたものを使っても結構です。
    〇エプロン、頭おおい(給食当番になったら)
     ・共用を避けるため、給食用白衣は当分の間、使用しません。給食当番児童はエプロン・頭おおいを用意してください。
    ※感染予防のため歯みがき一斉指導は行いませんが、休み時間にお子様が歯みがきをすることはできます。
4 古タオル寄付のお願い
    学校では毎日、職員が学校の施設や物品等の消毒を行っています。消毒する際に古いタオルを使い捨てで使用しています。ご家庭に廃棄してもよい古いタオルがありましたら、ご寄付をお願いします。ご協力いただける場合は、学校まで提出をお願いします。

 

日誌

日々の出来事 >> 記事詳細

2019/11/20

算数の苦手な子のために(大きな数を計算すること)

| by Web管理者

 大きな数の計算が苦手な子のなかで、筆算の手続きが覚えられないタイプがいます。例えば、簡単な計算はできるが、20以上の大きな数の筆算ができない子や、計算の順序がよくわからない子、くり上がりの数をどこに書いてどの数と足すのかわからない子、くり下がりの計算で22-7=25としてしまう子などです。
 このようなことが1つでもあるの子のつまずきの背景には、継次処理能力が弱いため手続きが覚えられないことが考えられます。また、ワーキングメモリの弱さのために、頭の中に数を保持しながら筆算の手続きを行うことに問題があるのかもしれません。ワーキングメモリのへの負荷は、加減の計算が自動化していない場合にはより一層大変になります。

 筆算の困難として、計算の手続きの問題が取り上げられます。1つめは、手順に沿って作業が進められないことです。継次処理能力の負荷が高いため、同時処理能力に比べて継次処理能力が低い場合には、生じる問題です。ワーキングメモリの問題も関係しています。

 2つめは、数字の位を揃えられないことなどがあげられます。同時処理能力の負荷が高い視空間認知能力の問題になります。数には桁があり、十進法では左隣に書かれた数字は10倍の大きさをもつが、数字の位置関係の把握が弱ければ、うまく理解できないこともあります。多数桁の数字の計算になると、数字の位を揃えなければならないが、上手くできないことも生じます。

 前者の場合、計算の手続きを本人が分かりやすい方法で示すことが必要です。手続き表をそばに置いて、それに従って計算の作業を確認しながら行ったり、計算しながら矢印やほかの記号などを自分でつけて計算手続きを確認したりする方法もあります。

 後者の場合、マス目のある計算ノートが必要です。筆算の計算式を書くときには、マス目の位置の右端から2番目の位置に1の位の数字を書く、などと初めから決めておくと分かりやすくなります。


17:40