西小学校のスローガンは、 全力・挑戦・ありがとう です。元気いっぱい、西小の子どもたちの様子をご覧ください。
鹿沼市立西小学校
 

基本情報

〒322-0076
栃木県鹿沼市上日向606
電話 0289-62-3424
FAX 0289-62-3514
 

カウンタ

COUNTER207407

モバイルサイト

アクセスは下のQRコードをご利用ください。
 

天気予報

ごあいさつ

ようこそ! 鹿沼市立西小学校 公式ホームページへ
ホームページから、学校ニュースなど新しい情報をお送りしています。
よろしくお願いいたします。

 

 

新着情報

 
PISA調査(読解力)からPart11Web管理者12/08 10:48
PISA調査(読解力)からPart10Web管理者12/08 10:45
PISA調査(読解力)からPart9Web管理者12/08 10:42
PISA調査(読解力)からPart8Web管理者12/08 10:39
PISA調査(読解力)からPart7Web管理者12/08 10:36
PISA調査(読解力)からPart6Web管理者12/08 10:34
PISA調査(読解力)からPart5Web管理者12/08 10:23
PISA調査(読解力)からPart4Web管理者12/08 10:19
PISA調査(読解力)からPart3Web管理者12/08 10:13
8日 自分は大切な存在!Web管理者12/08 09:40
PISA調査(読解力)からPart2Web管理者12/07 19:08
PISA調査(読解力)からWeb管理者12/07 17:33
AIに負けない子どもを育てるためにPart13Web管理者12/07 17:14
AIに負けない子どもを育てるためにPart12Web管理者12/07 16:50
AIに負けない子どもを育てるためにPart11Web管理者12/07 16:32
AIに負けない子どもを育てるためにPart10Web管理者12/07 16:01
7日 無償の愛を満タンに!Web管理者12/07 08:52
5年臨海自然教室19教員12/06 17:29
6年生、租税教室Web管理者12/06 15:14
5年臨海自然教室18教員12/06 12:29
5年臨海自然教室17教員12/06 12:23
3年生と4年生、ボランティアの斎藤先生から学ぶWeb管理者12/06 11:35
5年臨海自然教室16教員12/06 09:51
5年臨海自然教室15教員12/06 09:26
6日 役立つ事の「喜び」を知ることWeb管理者12/06 08:04
5年臨海自然教室14教員12/06 07:50
5年臨海自然教室13教員12/06 06:51
5年臨海自然教室13教員12/05 21:09
5年臨海自然教室12教員12/05 19:00
5年臨海自然教室11教員12/05 16:07
今日の6年生Web管理者12/05 15:33
今日の3年生Web管理者12/05 15:02
今日の1年生Web管理者12/05 15:00
今日の4年生Web管理者12/05 12:36
5年臨海自然教室10教員12/05 10:53
今日の2年生Web管理者12/05 10:14
5年臨海自然教室9教員12/05 09:43
5日 安心感は、勇気と行動力の源!Web管理者12/05 08:12
5年臨海自然教室8教員12/05 08:08
5年臨海自然教室7教員12/05 07:23
5年臨海自然教室6教員12/04 17:25
今日の2年生Web管理者12/04 15:17
今日の1年生Web管理者12/04 15:06
5年臨海自然教室5教員12/04 13:59
5年臨海自然教室4教員12/04 13:39
5年臨海自然教室3教員12/04 12:50
5年臨海自然教室2教員12/04 10:45
今日の3年生Web管理者12/04 10:10
今日の朝の学習Web管理者12/04 09:48
臨海自然教室 出発しました教員12/04 09:28
4日 「あいさつ」は人とのつながり・結びつきWeb管理者12/04 08:30
5,6年生、ALTチャールズ先生との外国語活動Web管理者12/03 15:54
今日の4年生Web管理者12/03 15:40
今日の3年生Web管理者12/03 10:51
今日の2年生Web管理者12/03 10:49
今日の1年生Web管理者12/03 10:45
3日 食を通じて宇宙とつながるWeb管理者12/03 08:40

学校からのお知らせ

 12月になり、朝晩の冷え込みや寒さも厳しくなりました。明日から連休になりますので、引き続き、体調の管理に十分ご留意してください。
 漢検の締め切りを12月13日(金)まで延長します。ぜひ、応募してみてください。なお、6日現在、1年生4名、2年生1名、3年生2名、4年生3名、5年生1名、6年生4名の小計15名、中1年生3名、中2年生5名、中3年生2名、大人1名の小計11名です。漢字が読める、書ける、使える、意味がわかるなどの語彙を高めるために挑戦してみてください。
 

 

日誌

日々の出来事 >> 記事詳細

2019/11/20

算数の苦手な子のために(大きな数を計算すること)

| by Web管理者

 大きな数の計算が苦手な子のなかで、筆算の手続きが覚えられないタイプがいます。例えば、簡単な計算はできるが、20以上の大きな数の筆算ができない子や、計算の順序がよくわからない子、くり上がりの数をどこに書いてどの数と足すのかわからない子、くり下がりの計算で22-7=25としてしまう子などです。
 このようなことが1つでもあるの子のつまずきの背景には、継次処理能力が弱いため手続きが覚えられないことが考えられます。また、ワーキングメモリの弱さのために、頭の中に数を保持しながら筆算の手続きを行うことに問題があるのかもしれません。ワーキングメモリのへの負荷は、加減の計算が自動化していない場合にはより一層大変になります。

 筆算の困難として、計算の手続きの問題が取り上げられます。1つめは、手順に沿って作業が進められないことです。継次処理能力の負荷が高いため、同時処理能力に比べて継次処理能力が低い場合には、生じる問題です。ワーキングメモリの問題も関係しています。

 2つめは、数字の位を揃えられないことなどがあげられます。同時処理能力の負荷が高い視空間認知能力の問題になります。数には桁があり、十進法では左隣に書かれた数字は10倍の大きさをもつが、数字の位置関係の把握が弱ければ、うまく理解できないこともあります。多数桁の数字の計算になると、数字の位を揃えなければならないが、上手くできないことも生じます。

 前者の場合、計算の手続きを本人が分かりやすい方法で示すことが必要です。手続き表をそばに置いて、それに従って計算の作業を確認しながら行ったり、計算しながら矢印やほかの記号などを自分でつけて計算手続きを確認したりする方法もあります。

 後者の場合、マス目のある計算ノートが必要です。筆算の計算式を書くときには、マス目の位置の右端から2番目の位置に1の位の数字を書く、などと初めから決めておくと分かりやすくなります。


17:40