ごあいさつ

 日頃より、本校の教育活動に対して御理解と御協力をいただき、ありがとうございます。

 8月27日(金)、感染症対応のため「リモート」による始業式を行い、令和3年度の第2学期がスタートしました。

 今年の夏休みは、昨年以上に感染症対策に気を配らなけらばならない状況下での夏休みになってしまいました。子供たちにとって、制限の多い夏休みになってしまいましたが、保護者の皆様、地域の皆様のお陰で、安全に、元気に、37日間を過ごすことができたようです。皆様の御協力に対しまして、心から感謝申し上げます。

 2学期は、本県に「緊急事態宣言」が出されている中で始まりましたが、185名の子供たちはみんな、明るく元気いっぱいです。2学期は、子供たちが一段と大きく成長する大切な4ヶ月間です。それぞれのよさや能力を一層伸ばしながら、1人1人が輝く2学期になるよう、職員一丸となって取り組んでいきます。

 さらに、子供たちが安全で健康に学校生活が送れるよう、これまで以上に感染症対策をしっかり行いながら学校運営をしていきます。

 保護者の皆様には、引き続き多くの御協力をお願いすることになってしまいますが、どうぞよろしくお願いいたします。

 *8月30日付「2学期学校行事実施日等について」で通知させていただきましたが、子供たちや保護者の皆様の安全を最優先に考えた対応により、運動会と5年生の臨海自然教室はやむなく延期させていただきました。

<運動会は11月13日(土)、臨海自然教室は12月21日(火),22日(水)に延期>

 

<新型コロナウイルス感染症への対応へのお願い>

   新型コロナウイルス感染症対応については、児童の安全、安心を第一に考えて、県教育委員会・市教育委員会の指導を受けながら、児童の人権に配慮した対応も含めて適切、確実に対応して教育活動を行っていきたいと思います。

 保護者の皆様には、お子様、及び同居の御家族様の毎朝の検温と体調を確認の上、「検温カード」への御記入・御提出に御協力をお願いします。

 また、以下のことについても御協力をお願いします。

 

<児童の登校について:8/27〜

① 風邪症状がみられる場合は、自宅で休養させてください。また、同居の御家族に風邪症状がみられる場合も、登校させないようにしてください。

*職員も同様に対応いたします。

② お子様や同居の御家族様等がPCR検査を受けた(受けることになった)場合、速やかに学校へ御連絡ください。

 また、結果が出るまで自宅待機させください。(「出席停止」扱いになります)

 *医療従事者等で定期的に行っているPCR検査は除きます。

 *身近で感染者が出たためPCR検査を受けることになった場合(念のための検査も含みます)も、②の対応をお願いします。

③ 濃厚接触者となった場合、感染者と最後に濃厚接触をした日の翌日から起算して、2週間は、自宅で休養させてください。(「出席停止」扱いになります)

*万が一感染が確認された場合は、速やかに学校への連絡をお願いします。児童や御家族の人権に配慮した対応をし、必要に応じてマチコミメールを通して御連絡いたします。

 

<マスク着用、30秒手洗い、消毒等の徹底について>

・感染症の感染経路として、飛沫感染の他に、空気感染や接触感染に注意が必要です。手で口や鼻を触れないようにするためにも、マスクは効果的です。また、手洗いや手指の消毒も重要です。お子様が30秒手洗いや手指の消毒等が習慣化するよう、御家庭においても御協力くださいますよう、お願いします。

 保護者の皆様には、これまでと同様、御協力をお願いいたします。

 

*幼稚園や保育園、子ども園からスムーズに小学校生活に移行することができるよう、「西小スタートカリキュラム」に基づいて教育活動が行われています。様式ダウンロードにアップしてありますので、御覧ください。

お知らせ

「学習支援のためのサイト」にアクセスしてください!!
https://sptc.xsrv.jp/k-class/

ジョリーフォニックス

A,B,C・・・などの英語で使う文字「アルファベット」は26文字ですが、英語で使われる音(発音)は42種類もあります。そして、その多くは日本語ではあまり使わない音なのです。英語で使う発音と文字を合わせて楽しく学ぶことができるのが、この「ジョリーフォニックス」! チャールズ先生と木村先生といっしょにみなさんも楽しみながら英語の勉強をしてみましょう。

新着情報
学校からのお知らせ

保健だより★感染症予防対策についてのお願い★

1 毎日の健康管理について
  以下の点に留意され、ご家庭でのご指導をお願いします。
     ①毎朝、自宅で検温及び健康観察を行う。
  ②三度の食事は、きちんと食べる。
  ③こまめに手洗い・うがいを行う。
  ④手指が不衛生にならないよう、手の爪は短く切っておく。
  ⑤手拭き用ハンカチ・タオル等を携帯し、手洗い後の水分を拭きとる。
  ⑥咳エチケットを守る。原則、マスクを着用する。
  ⑦早く寝て、睡眠を十分にとる。
2 関係機関
 <栃木県電話相談窓口>
  コールセンター 0570-052-092(24時間対応 土日祝日も含む)
 <鹿沼市の相談機関>

  県西健康福祉センター 健康対策課感染症予防 0289-62-6225

学校ニュース

日々の出来事

学童待機児童

 学童の開始時刻までの間、学校で待機する児童は14時30分まで体育館で過ごしています。いつもは、宿題をしたり、動画でお話を見たりしているのですが、本日は違いました。

 西小学校が誇るサックス奏者の小川先生が、サックスでいろいろな曲を演奏してくれました。子供たちのリクエストに応えてすぐに演奏する姿に、子供たちも驚いていました。感染予防のため、しっかりと距離をとっての演奏でしたが、とても楽しいひとときになったと思います。

 次の当番の先生は何か披露してくれるのか・・・・

職員のハードルが少し上がっています。

 

今日の給食は… 〜Part 3〜

 今日(9月15日)の給食は、「さつきランチ」でした。「さつきランチ」は、栃木県や鹿沼市の特産物を食材に使った給食が出されます。

 今日のメニューは「県産小麦食パン、かんぴょうのクリーム煮、にらサラダ、とちおとめいちごジャム、牛乳」で、鹿沼市が全国でも有数の生産を誇る「にら」は、サラダに使われていました。

 給食を食べている低学年の子供たちに、「干瓢はどれかな?」と聞いてみたところ、マッシュルームやグリンピースなどを指す子もいました。

 干瓢は栃木県の生産量が日本一で、主に下野市で生産されていますが、子供たちが干瓢を目にするのは、お寿司のかんぴょう巻きの茶色い干瓢が多いのかもしれません。

 ちなみに、給食に出た干瓢は白色(クリーム色?)でした。

<1年生の様子>

<2年生の様子>

外国語活動・外国語科の授業の様子です

 毎週、火曜日と水曜日に外国語活動(5,6年生は外国語科)の授業があり、担任と外国語指導助手(ALT)のチャールズ先生で指導しています。

 授業では、日本語は極力使わないよにして、オールイングリッシュに近い授業を行っています。そうして子供たちが外国語の音声に慣れ親しむことを通して、英語を話すことだけでなく、英語を聞き取る力も自然と身についているようです。

 大人がなかなか聞き分けられない発音も、子供たちは難なく聞き分けられていて、子供たちの能力のすごさに驚かされています。

<3年生の様子>

<5年生の様子>

学童児童の学校待機

 本県に発令されていた緊急事態宣言が延長されました。本校では、児童の感染予防を第一に考え、先週まで行っていた臨時日課を延長しました。

 放課後の時間のさまざまな対応について学童の先生方とも話合い、14時30分まで、学童に行く児童を学校で待機させることになりました。

 密な状態を避けるために体育館に集合させ、間隔を広くとって学童の時間まで待機させています。宿題を進める児童、読書をする児童、タブレットを活用して大型テレビに映した学習番組を見る児童と、待機時間の過ごし方はさまざまでしたが、みんな落ち着いて過ごすことができました。

 今後も学童の先生方と連携・協力して、児童の安全を守っていきます。

  

今日の給食は…. 〜Part 2〜

 コロナウイルス感染症予防のため、各学級の給食の配膳を複数の職員で当たっています。

 配膳を待つ間、給食当番以外の子供たちは自席で黙って待ちます。給食を受け取る時も、密にならないよう順番に受け取りに行きます。もちろん、手指の消毒も欠かしません。

 子供たちを感染症から守るため、感染症対策をしっかり、確実に行っていかなければならないのですが、この給食時の風景は、なんとも寂しい思いがしています。

*今日の献立は「セルフ肉丼、キャベツの味噌汁、ナシ、牛乳」でした。

 

今日の給食は・・・

 今日の給食は、月に1回の「エンジョイランチ」でした。エンジョイには、「楽しく」と「適塩でおいしく」の意味が込められています。

 毎日の食事において、醤油をたくさんかけてしまうなど、気が付かないうちに"塩分撮り過ぎ"になってしまっていることが少なくありません。塩分の摂り過ぎは、生活習慣病を招くことにつながります。

 鹿沼市の学校給食では、塩分が多くならないように出汁をきかせるなど、調理の仕方に工夫がされています。また、鹿沼市の小学生の学校給食摂取基準は「エネルギー650cal、たんぱく質24g、脂質20g、食塩2.0g未満」となっています。

 1日も早くコロナが終息して、以前のようにグループになって、「みんなで楽しく」給食が食べられるようになることを願っています。

麻婆茄子の予定でしたが、麻婆野菜に変更になりました。

 

 

様々な学びのスタイルを取り入れて学習しています

 コロナウイルス感染症拡大防止対策に伴って、西小学校では、各教科等の学習のねらいに応じて、様々な学びのスタイルで授業を行っています。

 従来の学習スタイルの他に、タブレットを活用した授業や、万が一臨時休業等になってしまった場合に備えてオンラインでの朝の会や授業を試行的に行うなど、子供たちの「学びの保障」に向けた教育の充実に努めています。

 タブレットを使用した学習においては、各御家庭に御協力をお願いする場合もあると思います。どうぞ、よろしくお願いします。

 

高橋先生を御紹介します

 2年担任の星野先生が新規採用者研修で1日不在の時、星野先生の代わりとして、1学期は柳田先生が来てくださっていました。

 2学期からは、高橋 渉(たかはし わたる)先生が来てくださることになり、本日(9月7日)着任なさいました。2年生の子供たちは、始めのうちは緊張している様子が見られましたが、優しい高橋先生の笑顔に次第に緊張もほぐれてきて、先生を囲んで話しかけたりしていました。

 高橋先生がいらっしゃるのは月1回程度になりますが、半年間、どうぞよろしくお願いします。

タブレットを活用した学習に向けて

 現在、学校では、ICTを活用した授業も行われていますが、その中の1つとして、タブレットの活用があります。タブレットは、学校での授業の他に、臨時休業等になった場合、児童が自宅で学習を行う際の学習支援の1つとして活用できます。

 今日(9月6日)は、鹿沼市のICT活用アドバイザーの永山先生に講師としてお越しいただいて、「Microsoft   Teams」の使い方を各学年に教えていただきました。

 職員は、使い方を覚えるのに苦労しているのですが、小さい頃からICTに触れている子供たちは、いともたやすく使い方をマスターしてしまいました。

 子供たちの能力は無限大です!

 

 

防災時に備えて

 9月1日は「防災の日」でしたが、今日(9月3日)の給食は、「防災給食」でした。

 地震や風水害等で避難所生活をしなけらばならなくなった場合、「非常食」を食べることなります。鹿沼市では、いつ起るかわからない災害に備えて日頃から防災意識を高くしておくためにも、年1回、給食時に「防災給食」が出されます。

 今年の防災給食は、ヒートレスカレー、ナン、アロエヨーグルト、バナナ1/2本でした。量的には通常の給食より少なそうに見えますが、682Kcalあります。

 子供たちは、各自でレトルト容器に入っているカレーをお椀にあけて、ナンにつけて食べました。

 非常食はどんな味だったか、非常食を食べてどう感じたかなど、御家庭で話題にしてみてはいかがでしょうか。