西小学校のスローガンは、 全力・挑戦・ありがとう です。元気いっぱい、西小の子どもたちの様子をご覧ください。
鹿沼市立西小学校
 

基本情報

〒322-0076
栃木県鹿沼市上日向606
電話 0289-62-3424
FAX 0289-62-3514
 

カウンタ

COUNTER459964

モバイルサイト

アクセスは下のQRコードをご利用ください。
 

天気予報

校長室から

校長室から、各種情報をお送りいたします。
 

日誌

校長室だより >> 記事詳細

2019/12/07

PISA調査(読解力)から

| by Web管理者
 12月3日(火)に「国際学習到達度調査(PISA)」の結果が公表されました。4日(水)の新聞に掲載されたのはご存じかと思います。見出しを見ると、「日本「読解力」急落15位」、「理数系上位維持」、「長文読み書き減 要因か」、「情報探し出す 苦手」、「本・新聞読む生徒 高得点」、「小中高 討論・発表重視へ」、「読解力 転落ショック」、「SNS世代 読むより反応」などがありました。
 日本の読解力が急落したのは、「子どもたちの言語環境が急激に変わり、読書などで長文に触れる機会が減った」ことを文部科学省の担当者は述べています。子どもたちの言語環境が急激に変化したことは、スマホやSNSといった環境の変化があげられます。「この公園には滑り台をする」という文章が予備校で提出された要約文だそうです。主語や述語が不明確で意味が通じない文や、すべてに「、」をつなげ、1文で書く高校生もいるとのこと。この原因の1つにSNSの普及があると言われています。スマートフォンを使って、短文でのやりとりできるラインは、単語や略語だけの「話し言葉」で通じてしまいます。また、そのときの気分を「スタンプ」を使えば、感情を言葉にする必要もありません。このように、「正しく書かなくてもいい」環境も生まれたことが、言葉の乱れにもつながっているようです。
 また、本の種類にかかわらず、本を読む頻度は、2009年と比較して減少傾向にあります。読書を肯定的にとらえる生徒や本を読む頻度が高い生徒の方が、読解力の得点が高いという結果も出ています。中でも、フィ クション、ノンフィクション、新聞をよく読む生徒の読解力の得点が高くなっています。

17:33