学校ニュース

日誌

ICT支援員さんとレゴブロック

 月に2回ほど、ICT支援員さんが来校されます。ICT活用型の授業やプログラミング学習を行うときの支援をしてくださいます。早速!レゴWe do というプログラミング学習教材の授業をお願いしました。


 高学年のクラスを対象に、ICT担当教員が授業をすすめます。レゴブロックで形を作り、動作をプログラミングし、動かしてみることをしました。
 まず始めに、スマートハブ(動力部や発光部分があるメインシステム)を光らせるプログラムを作りました。ブロック状のプログラミング言語をくっつけることでプログラムできます。色を変えながら発光するライトを見て、児童達は興味津々でした。

 次は、扇風機。羽を回すプログラムです。右回転、左回転、決まった時間だけ回す、など先生からの指令を児童同士で相談しながら解決していきました。

 最後には、動く人工衛星を作りました。これは動力部分にタイヤを接続し、回転させるプログラムです。
 「これは、皆さんだけで作ってプログラムしてください。」
 この時間に学習したプログラムを活用して、動いたり光ったりする人工衛星ができました。

 支援員さんたちには、ブロック作成の支援やプログラムが正常に組めているかなどのチェックをしていただきました。パソコンのプロの皆さんなので、児童もたくさん教えていただけたようです。

 授業の感想は、みんな「おもしろい!」とのことです。次回も楽しみです。

校舎移転作業続行!

 校舎移転作業を行っています。今日は仮倉庫の移動です。物も大きく重たいので、高学年のお兄さんお姉さんたちに活躍してもらいました。プレハブ校舎からの移転作業はもう少し続きます。

校舎移転作業が始まりました。

 いよいよ北校舎の改修工事も終わり、物品の移動が始まりました。まずは図書室の本の移転です。日替わりで各学年に協力してもらい、次々に本を運んでいきました。まだ図書室の準備ができていないので、本はいったん廊下につんでいます。かなりの量です。運んでくれた児童の皆さん、どうもありがとう!

伐採・剪定ボランティア

お正月明けに、2名のボランティアの方が南校舎の南側と校庭の藤棚と校舎西側の樹木を剪定・伐採してくださいました。

 

北小の耐震改築工事が間もなく終了し、北校舎と南校舎の美しくなったところで2月から子どもたちが勉強するということを知り、「お祝いですよ。」とおっしゃって、ボランティアとして行ってくださいました。

 

こんな風に、隅々まで美しく仕上げてくださいました。ありがとうございました。

 

その後、市からも、校庭周りの弱っている樹木を伐採していただき、北小学校は校舎も校庭も美しくなりました。コロナが収まりましたら、散歩にお出かけください。

MIM研修

 12月21日にMIM(言葉の学習)の研修会がありました。
 学力向上担当のMIM講師をお招きし、低学年担任を中心に参加いたしました。MIMは、1・2年生を対象に、読み・書きのスピードや正しく読むこと、語彙を増やすことなど、様々な学習の基礎となる言葉の力を身につける学習です。たくさんの楽しい活動を通して言葉について学習していきます。
 今回は、より効果的でより楽しい活動をたくさん教えていただきました。いつも取り組んでいる活動に加え、バリエーションが増えたことで活動の幅も広がります。また、どのようなねらいでどの活動をすればよいかということも分かりました。実践的で、とても楽しくためになる研修ができました。