学校ニュース

日誌

新入生保護者説明会

来年度の新入生の保護者を対象に説明会を開催しました。

学校側から中学校の様子や準備物等の説明を行いました。

一斉メールの登録や書類の準備等をよろしくお願いします。

人権週間に合わせて

本日12月10日は世界人権デーです。

今朝は各学級で友達の良いところを見つけ、相手に伝える活動を行いました。

子供たちは、友達の良いところをじっくり考えてワークシートに記入していました。

その後友達からの言葉を読み、自分を見つめ直していました。

 

人権講話

栃木県視聴覚障害者情報センターの佐藤様にお越しいただき、人権講話を行いました。

佐藤様は生まれた時から視覚障害があります。しかし、それが普通だから、自分でできることは自分でするようにしている、その方がわずらわしくない、とのことでした。また、目が見えなくても手と耳で分かることはたくさんあると教えてくださいました。

実際にリンゴの皮むきを実演していただいたり(上手なので皆驚いていました)、音声で知らせてくれる体温計やスマホアプリなどを紹介していただいたりしながら、視覚障害者の日常生活の様子を教えていただきました。健常者が視覚障害者の目となって助けるアプリを利用して、世界中の方と繋がっているそうで、その場で実演してくださいました。

この講話を聞いて、障害のある方に気軽に声をかけ、お手伝いができる生徒が増えることを期待しています。

授業参観、学年懇談

今年度最後の授業参観を行いました。

1年生 学級活動「いろいろな生き方」

2年生:マイ・チャレンジ発表会

3年生:「面接について知る」

 

続いて、学年懇談を行いました。

1年生は修学旅行の集金について業者の方から説明がありました。

2年生は立志式について説明しました。

3年生は入試関係の連絡が中心でした。

ご出席ありがとうございました。

家庭科の学習です

3年生の家庭科では保育を学習しています。

幼児にとって大切な遊びについて学び、担当する年齢の幼児に合わせた遊び道具を、グループごとに考えて作っています。

完成したおもちゃは、南保育園に届けて、実際に使っていただきます。

ALTが新しい先生になりました

11月から新しいALT(外国語指導助手)の先生に指導していただいています。

新しい先生はメンドーザ・シャリマ先生(フィリピン出身)です。

月3回程度の訪問ですが、生徒達は楽しそうに学習しています。

3年生 食育の授業

南押原小の本多栄養士様においでいただき、3年生が食育の授業を行いました。

内容はアイディア献立の立案です。

どんな献立ができたか、楽しみにしてください。

高齢者理解のための学習

5校時に全学年で高齢者理解のための体験学習を行いました。

本来であれば、地区敬老会の前に実施し、敬老会を実践の場とするための学習です。

しかし、地区敬老会が開催できなかったため、この時期に行うことになりました。

講師は鹿沼市社会福祉協議会の皆様です。

1年生は車椅子体験を行いました。段差を上り下りしたり、砂利のところを押したりしました。

 

2年生は高齢者疑似体験(エルダートライ)を行いました。

膝や腕に重りをつけ、視界を狭めるゴーグルをつけて階段を歩いてみました。

 

3年生は寸劇を見たり参加したりして認知症についての理解を深めました。

 

どの学年も有意義な学習になったようです。

2学期期末テスト

今日から2学期期末テストが始まりました。

始業式から、「2学期は自己ベストを更新する学期にしよう」と呼びかけてきました。

テストに向けての準備を十分に行い、自己ベストを更新できる生徒が増えることを願っています。

校外奉仕活動

1年生が校外奉仕活動を行いました。9月に予定していましたが、校外活動の制限により、11月に延期したものです。

1年生は4つの班に分かれ、南押原デイサービスセンター、南保育園、南押原コミュニティセンター、友遊館に出向いて奉仕活動を行いました。

 

学校に残った2・3年生は、花壇の除草と落ち葉掃きを行いました。