学校ニュース

日々の出来事

なかよし班活動

 西小の子供たちは、毎週水曜日の「ロング昼休み」をとても楽しみにしています。

 7月6日(水)のロング昼休みは、「なかよし班遊び」を行いました。それぞれの班の高学年児童が中心となって考えた遊びを、みんなで仲良く、楽しく遊びました。

 真夏の太陽に負けないくらい、みんな、イキイキ、キラキラ、輝いていました。

避難訓練を実施しました

 7月5日(火)、今年度3回目の避難訓練を行いました。今回は、「非常階段から校内に侵入した不審者が、6年教室に入ってきた」と想定して行いました。

 警察への通報、児童の安全な場所への避難、刺股等での不審者の取り押さえなど、それぞれが状況を判断して対応しました。

 訓練後、感染症対策のため上学年と下学年に分けて、警察スクールサポーターの大島様、上日向駐在所の館山様から御指導をいただきました。

 4〜6年生は、不審者対応のDVDを視聴後、1人でいるときに不審者から声をかけられた場合の対応をロールプレイしました。1〜3年生は、不審者から身を守る合言葉「いか・の・お・す・し」について確認しました。

 登下校の経路や遊び場所の近くなどにある「こども110番の家」を確認しておくことなど、誘拐や連れ去りから自分の身を守るための対応等について学習しました。

 

KLVお話会

 7月4日(月)、西小KLVのみなさんによる「KLVお話会」がありました。1学期最後のお話会は、1年生と6年生対象に行われました。

 1年生には、「およぐ」と「わがはいはのっぺらぼう」の2冊の絵本の読み聞かせをしてくださいました。

 6年生には、カードを当てる手品の御披露のあと、引田の民話「するすみが淵」のお話をしてくださいました。学区内の天王橋付近の民話だったからか、子供たちはすぐにお話の世界に引き込まれて、聞き入っていました。

 西小KLVのみなさん、ワクワクする話やドキドキする話、悲しい話など、幅広いお話を聞かせてくださり、ありがとうございます。

 2学期最初の「KLVお話会」は、1〜3年生への読み聞かせを予定しています。

 

本の整理をしていただきました

 7月1日(金)、「本の整理ボランティア」の皆さんが、図書室の新刊の整理をしてくださいました。

 今年度も、子供たちの豊かな読書活動推進のため、読み物を中心としてたくさんの本を購入しました。ボランティアの皆さんと図書館支援員の高橋さんとで、それらの本1冊1冊に整理番号をつけたり、表紙にフィルムを貼ったりしてくださいました。

 子供たちが図書室で、たくさん入った新刊の中から、「今日はどの本を借りようかなぁ・・・」と、いろいろな本を手に取って迷っている姿が目に浮かびます。

指導訪問がありました

 7月1日(金)、鹿沼市教育委員会事務局の指導訪問があり、水野指導主事が来校されました。6年生の社会科、「貴族が生み出した新しい文化」の学習を参観していただきました。

 平安時代の貴族の暮らしがどのようなものであったかを、iPadを使って考えました。子供たちは、手書きや文字入力などを使い分けながら気付いたことや意見をまとめ、それをオクリンク上で共有していました。

授業参観、学級懇談会を実施しました

 6月29日(水)、今年度2回目の授業参観を実施しました。今回も、感染症対策のため地区別に2回に分け、参観人数も制限して行いました。学級懇談会は、児童の下校後、参加形態をリモート、或いは教室のどちらかを保護者の方に選択していただいて実施しました。

 子供たちは、大好きな家族が参観してくれているからか、いつも以上に背筋を伸ばして、意欲的に授業に参加していました。

 参観後に家族の方が帰られる時には、おうちの方のところへ寄っていって何かを話している姿、おうちの方とギュッとハグしている姿、おうちの方が見えなくなるまで手を振っている姿などが、あちらこちらで見られました。

<2時間目の様子>

<3時間目の様子>

 

 

租税教室(6年)

 6月23日(木)、6年生は社会科の学習の一環で、「租税教室」を実施しました。講師として、鹿沼市青色申告会副会長兼女性部長の星野様、鹿沼税務署財務事務官の谷中様をお迎えし、租税が国や県、市によって行われている対策や事業などにどんな役割をもっているか、等を学習しました。

 学校では、小学生1人あたり、1ヶ月間で約7万円の税金が使われていること、すべての人が様々な形で税金を払っていて税金で支えられていることなど、ビデオ鑑賞や討議活動などで学習しました。

 租税教室の最後には、ジュラルミンケースに入った1億円の札束を見せていただきました。(重さは10kgもあるそうです!)

 学習後に講師の方から、「税金があってよかったと思う人?」と尋ねられた際には、多くの児童が手を高くあげていました。自分達も、税金を通していろんな人々に守られていることが理解できたようです。

交通安全教室を行いました

 6月22日(水)、児童の交通安全の意識や交通マナーの向上に向けて「交通安全教室」を実施しました。

 鹿沼市役所の生活課交通政策係の鈴木様、栃木県トラック協会の皆様を講師にお迎えし、トラック左折巻き込み実験や登校班ごとの横断の練習などを行いました。

 道路を横断するときに手をあげるのは、道路を渡ることを周りの人や車にアピールするためであること、また、横断歩道で待つときは、2歩分位下がって待つこと、渡る時には、右左右の確認後うしろも確認すること、歩道を渡るときは横一列でみんな一緒に渡ることなど、1つ1つ丁寧に指導してくださいました。

 最後の児童発表では、「正しい横断歩道の渡り方がわかってよかった」「自分達の班が正しく横断できていたので、よかった」「今日勉強したことを、今日の下校の時から生かしたい」など、たくさん発表していました。

 交通事故に巻き込まれないためにはどうしたらいいかを、1人1人がよく考える時間になりました。

指導訪問がありました

 6月21日(火)、鹿沼市教育委員会事務局の指導訪問があり、1年生の学級活動の授業を参観していただきました。

 「雨の日の遊びを考えよう」という議題について、「何の遊びをするか」「どんな工夫をするか」などを話し合いをしました。

 1年生にとって初めての話し合い活動でしたが、みんな、自分の意見をたくさん発表することができました。発表するときは、みんなに聞こえる声の大きさで、理由も分かりやすく話すことができました。計画委員の子供たちも、それぞれの役割を果たそうと、互いに協力して頑張っていました。

避難訓練を行いました

 6月17日(金)、今年度2回目の避難訓練を実施しました。今回は、竜巻が発生したと想定して行いました。

 竜巻が近づいてくる音と竜巻発生を知らせる校内緊急放送を聞いて、各学級で素早く避難体制をとりました。窓の鍵をかけカーテンを閉めることや、教室の廊下側に机でバリケードを作り机の下に「ダンゴムシのポーズ」で頭を守ることなど、自分で考え、判断して身を守る体制をとりました。

 これからの季節は、竜巻や突風が発生しやすくなります。休み時間や下校中、体育の授業中など、その時の状況によって正しく判断し、自分の身を守れる力を子供たちに育んでいきたいと思います。