学校ニュース

日誌

感謝と期待の気持ちを込めて

3月18日(金)生徒会主催の「クリーン活動」が行われました。1年間お世話になった教室や校舎に感謝を込めて、隅々まで清掃しました。また、学習の足跡である教室の掲示物も外しました。いよいよ新学期を迎えます。新しい学年への期待、新入生への期待を込めて活動しました。新年度に向けて、心の準備も進みました。

大人の仲間入りです

3月16日(水)立志式が行われました。体育館に集合し、初めに校長先生から、立志の意味や、「夢」と「目標」について、キング牧師の言葉も交えてお祝いの言葉をいただきました。その後、記念品の短冊が贈呈されました。今年の言葉は、「明日はいつも新しい」でした。校長先生の手書きのメッセージです。そして、各クラスの代表生徒が、「立志に思うこと」を題にして、作文を発表しました。どの生徒も力強い決意を発表しました。最後に、「キャンドルセレモニー」を行いました。火を灯したキャンドルを手に、ひとりひとりが立志の言葉を発表しました。幻想的な空間で、心も解放されて、友だちの言葉が胸に刻まれたことでしょう。このあと、生徒たちは真剣に手紙を書きました。記念行事のスキー教室は、残念ながら中止となりましたが、温かい立志式が学校で行うことができてよかったです。保護者の皆さまもご協力いただきまして、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ご卒業おめでとうございます

3月10日(木)卒業式が行われました。好天に恵まれ、卒業生を祝福しているかのようでした。卒業証書を手にした生徒の顔は、少し大人に見えました。答辞では1年間を振り返り涙ぐむ生徒もいました。見送りの後も、担任の先生や友達と写真を撮る姿が見られました。卒業生のみなさん、保護者の皆さま、ご卒業おめでとうございます。

卒業式を明日に控えて

今日は3月9日。明日は卒業式です。そんな今日は、様々な行事が行われました。まず、3年生は卒業式予行を行いました。入場から退場まで、本番と同じ流れで行いました。緊張しながらも、しっかりと動きの確認をしていました。その後、最後の表彰式も行われました。たくさんの生徒が賞状をもらう姿を見て、3年生の活躍を改めて感じました。

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 
3時間目は生徒会主催の予餞会が行われました。新型コロナウイルス感染症対策として、リモートでの開催としました。「西中学校ウルトラクイズ」と名付けられたクイズ大会をして、教室から笑い声が響き、楽しい時間を過ごしました。クイズの成績上位を占めたのはやはり3年生でした。その後、3年生に向けて各クラスからのメッセージビデオが流され、応援団からもエールが送られました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

午後は1・2年生の出番でした。明日の卒業式に向けての準備をしました。それぞれの分担場所で進んで仕事をする姿が見られました。しっかり準備も整い、明日を迎えるだけになりました。

 

 

本日は県立高校一般選抜の日です

3月7日(月)本日は県立高校一般選抜の日です。1・2年生は実力テストに取り組みました。2年生にとっては、まさに1年後の今日県立入試に臨みます。そんな緊張感をもちながらテストを受けていました。

 

 

 

 

 

 

進学先が決まっている3年生は、いくつかの作業班に分かれて、学校の様々な場所で、作業を行いました。おかげで学校がきれいになりました。3年生のみなさん、本当にありがとうございました。

「心の健康」は大切です

3月4日(金)6時間目に、スクールカウンセラーさんを講師にお迎えして講話を聴きました。題目は、「ネット依存・ゲーム依存について」でした。ストレスを軽くすためにゲームをするが、次第にゲームにはまり、学校生活や学習、人間関係に問題が起こってしまうことが依存であると話がありました。なぜ依存してしまうのか、もし病気になってしまったらどうしたらいいのか、スライドで説明を受けました。生徒たちも依存の怖さを自覚し、ネットやゲームの時間に気をつけようと話していました。スマートフォンでオンラインゲームをする生徒もいるようです。スマートフォンの使い方やゲームの時間などについて、もう一度ご家庭でも話し合うきっかけにしてみてください。

  

いよいよ県立高校受検です

3月3日(木)5時間目に、県立高校一般受検に向けての事前指導が行われました。学年主任から全体的な説明があった後、各高校別に分かれて、受検票を受け取りました。説明を聞く生徒たちの顔も真剣で、受検に対しての覚悟が感じられました。受検票を手にした生徒は、「緊張する!」「よし、頑張るぞ!」と話していました。コロナウイルス対策をしっかりして、万全の体調で力を発揮してほしいです。


3学期のスタートです

1月11日(火)始業式が行われ、3学期がスタートしました。3学期の始業式もzoom で行われました。校長先生からは、3学期は短い学期、新たな目標に向かって頑張ってほしいと話がありました。それに続いて、校長先生から、「頭の体操」が2問出題されました。一方的な話ではなく、生徒にも参加してもらいたいという、校長先生の狙いもあったようです。問題は、「発想の転換」をテーマにしたものでした。生徒は、あっという間に答えていました。校長先生からは、「発想を変えて考える、友達と相談する、そうすることで多面的・多角的なもの見方ができる。そうやって授業も進めてほしい。」と話がありました。さらに、コロナウイルス、オミクロン株の感染が増えているが、「コロナは避ける。でも、心は避けない。」ということを忘れずに、有意義な3学期にしましょうということでした。今年もよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

先生方も大掃除

12月24日(金)終業式の後、生徒下校後、職員作業を行いました。男性教員は、主に外回り、水道の凍結防止、側溝の砂取り、西中号の洗車を行いました。女性教員は、主に校舎内、水道やトイレの水回りの清掃を行いました。これで気持ちよく新しい年を迎えられそうです。

終業式です

12月24日(金)終業式が行われました。今回も、コロナウイルス感染予防の観点から、zoom による式となりました。校長先生からは、マザーテレサの言葉が紹介されました。「思考に気をつけなさい それはいつか言葉になるから。言葉に気をつけなさい それはいつか行動になるから。 行動に気をつけなさい それはいつか習慣になるから。習慣に気をつけなさい それはいつか運命になるから。」その後、各学年の生徒たちへ、1年生には、「よい先輩になろう。」2年生には、「よいと思ったことは行動に移そう。」3年生には、「進学先で何を学ぶかが大切だ。」というメッセージが送られました。始業式には元気な笑顔が見られることを期待しています。終業式に先立って、受賞伝達も行われました。