ごあいさつ

ようこそ! 鹿沼市立菊沢西小学校 公式ホームページへ
ホームページから、学校ニュース(日誌)など新しい情報をお送りしたいと思います。

学校からのお知らせ・お願い

◎児童のマスク着用について

 厚生労働省・文部科学省より、人との距離(2M以上を目安)が確保できる場合においては、マスクを着用する必要はないという指針が示されました。これを受けて、学校での対応を以下のようにいたします。

 ☆マスク着用の必要がない場面

  ・屋外で、人との距離が確保できる場合

  ・屋外で、人との距離が確保できなくても会話をほとんど行わないような場合

   (例:離れて行う運動や移動、鬼ごっこなど密にならない外遊び、屋外の教育活動)

  ・屋内で、人との距離が確保でき、会話をほとんど行わないような場合

   (例:個人で行う読書や調べ学習)

 ☆学校生活では、プールや屋内の体育館を含めた体育の授業や、登下校の際にはマスク着用の必要はありませ

  ん。

 

☆季節性インフルエンザに罹患後、再登校する際には、メニューの「登園・登校届」をクリックし、登園・登校届をダウンロードして御記入の上、学校に提出してください。(学校から配付した用紙も同じものです。)

 

☆感染症防止対策「レベル2対応」のお願い (R4.9.26〜 )

 鹿沼市の感染症警戒レベルは、現在「感染レベル2(警戒を強化するレベル)」です。これまで実施してきた基本的な感染症対策(3密避けて、マスクと手洗い)の徹底に、なお一層のご協力をお願いします。

 ○校舎に入る場合は、入り口にて職員が検温をさせていただきますのでご了承ください。合わせて、手指の消毒、来校者名簿への記入をお願いいたします。(昇降口に自動体温計があります)

 ○お子様本人に発熱(平熱より1℃以上高い状態)等の風邪症状がある場合、また、同居の家族に風邪症状がみられる場合も登校を控えていただき、自宅で休養するようお願いします。(出席停止とします)

 ○お子様本人及び同居の家族等がPCR検査を受ける場合は、結果が出るまで自宅で待機するようお願いします。その旨、学校までお知らせください。(出席停止とします)

 ○濃厚接触者となった場合は、保健所の指示を受け、指定された期間の自宅待機をお願いします。その旨、学校までお知らせください。(出席停止です) 

 

新着情報
学校ニュース

日誌

避難訓練を行いました!

今年4回目の避難訓練は、火災を想定し、子供たちには知らせずに行いました。2校時終了間際、突然鳴り響く火災報知機の音。後から子どもたちに聞いたところ、どきどきした子が多かったようですが、みんな放送や担任の先生の指示をしっかり聞いて、素早く避難することができました。かかった時間は、わずか3分!素晴らしいです。

 

その後、鹿沼消防本部予防課の方から、火災の際の避難についてお話をいただきました。火災で避難するとき、一番大切なことは「慌てない」ことだそうです。

 

最後に、消火器の使い方を教えていただきました。そして、代表児童と職員が、訓練用の水消火器で消火体験を行いました。

 

 

冬は空気が乾燥し、火災が増える季節です。この後、万が一の時どのように行動したらよいか、クラスごとにしっかり考えました。

学校生活の様子

鹿沼市立北中学校の先生が来てくださり、6年生に中学校生活の様子や、中学生に向けての心構えなどについて話をしてくださいました。中学生の説明の映像やスライドも交えてお話してくださり、中学校の様子がとてもよく分かりました。中学校に入学するまでに身につけておきたいことも分かり、これまで以上に進学への期待が膨らんできたようです。最後には、質問にも答えてくださり、充実した時間となりました。

 

 

県の体力向上エキスパートティーチャー派遣事業による体育の授業が、3~6年生を対象に行われました。講師は、とちぎスポーツ医科学センターで指導担当専門員を務めている中田佳秀先生です。3・4年生と5・6年生に分かれて、「走る」運動について御指導いただきました。速く走るためにはどのように体を動かしたらよいのか、いろいろな方法で教えてくださいました。

腕の振り方も大切です(5・6年)

 

前傾姿勢のイメージをつけて・・・・・・・・・・・・スタート!(3・4年)

 

 

ストレッチで柔軟性を高めます(5・6年)

今回教えていただいたことを、日頃の運動に生かしていきましょう!

学校生活の様子

朝の挨拶運動も3週間目に入りました。天気の良い日は、昇降口の外で声を掛けています。寒い中毎日5・6年生が声を掛けてくれることで、最近では低学年の子供たちの挨拶の声も大きくなってきました。

 

5年生が、総合的な学習の時間の一環で、日本盲導犬協会によるオンライン「全国一斉盲導犬教室」に参加しました。盲導犬の働きや盲導犬と生活を共にする方の日常生活の話をとおして、視覚に障がいのある方への理解を深めました。

 

全盲と弱視の見え方の違いを体験しました。

 

視覚障がいがある講師の方が使っている触読時計を見せてくださいました。

 

オンラインの講話でしたが、子供たちは熱心に話を聞き、理解を深めることができました。

雪、そして今年度最後の授業参観

10年に一度といわれる大寒波が襲来し、菊西小の校庭にも雪が積もりました。休み時間には、思い思いに雪遊びを楽しみました。

 

 

  

 

午後には、一日中氷点下の真冬日という厳しい寒さの中、授業参観にたくさんの保護者の皆様がお越しくださいました。

1年生 生活科「もうすぐ2年生」

入学してからの出来事を振り返り、頑張ってできるようになったことや、2年生になって頑張りたいことを発表しました。             

 

2年生 生活科「あしたへつなぐ 自分たんけん」 

今までの自分を振り返り、iMovieで作成した動画を使っておうちの方に感謝の気持ちを伝えました。

 

3年生 社会科「古い道具を使っていたころのくらし」

昔の道具について発表し、道具の変化の理由について話し合いました。

 

4年生 学活「2分の1成人式」

10年間の成長を振り返り、今までの感謝の気持ちをおうちの方に伝え、自分の将来の夢を発表しました。

 

5年生 総合的な学習の時間「手と手をつないで」

障害のある方や高齢者への理解を深め、学んだことをグループごとに発表しました。

 

6年生 総合的な学習の時間「12歳の自分発見」

今までの12年間を振り返り、お世話になったおうちの方への感謝の気持ちを伝え、将来の夢や希望を発表しました。

いつもありがとうございます!「感謝の会」

日頃お世話になっている方々を招待し、「感謝の会」を3年ぶりに開催することができました。

準備から実施まで、児童会の代表委員が中心となって行いました。

 

児童代表のあいさつの後、全児童がかいたお礼の手紙を一人一人にお渡ししました。

 

次に、1~3年生が運動会で踊った「ツバメ」を、4~6年生が鼓笛を披露しました。

 

コロナ禍で、なかなか地域の方と触れ合える機会がもてないでいます。今回短い時間でしたが、子供たちの感謝の思いを直接伝えることができて、本当にうれしく思います。御都合でお越しいただけなかった方には、後日お手紙をお送りします。楽しい学校生活を送れるのも、様々な場面で支えてくださっている皆様のおかげです。本当にありがとうございます!!

学校生活の様子~「しもつけ新聞塾」・KLV様の活動~

5年生が社会科「情報をつくり、伝える」の学習で、下野新聞社鹿沼支局長柴山英紀様と同販売事業局教育文化事業部坂井千恵様を講師にお招きし、講義をいただきました。新聞の役割や特性、製作過程、記者の仕事など1時間にわたり教えていただきました。教科書だけでは分からない、新聞の製作過程や新聞記者の仕事について詳しく話を伺い、学びを深めることができました。学習の様子は、後日下野新聞に掲載される予定です。

 

 

 

3学期もKLVの皆様が、図書室の整備に来てくださっています。今回は、図書室の飾り付けをしてくださいました。子供たちも飾りを楽しみに、図書室に行っています。ありがとうございます。

 

学校生活の様子

本校のよさとして、お客様に元気な挨拶ができるという点がありますが、今年度、校内での児童同士の挨拶に少し元気がなくなってきたという声が上がりました。子供たちに意見を求めたところ、6年生を中心に、朝挨拶運動をしようということになりました。早速、高学年の児童が、昇降口や階段などで、「おはようございます!」という声を掛けてくれています。低学年の児童も、少しずつ元気な挨拶が朝からできるようになるといいなと思います。

 

 

業間には、抜けるような晴天の下、縦割り班ごとに共遊を楽しみました。

ドッジボールでは、上級生が取ったボールを下級生に渡してあげたり、敵味方関係なく「頑張れ!」という声を掛けたりしています。

三本線やけいどろ(鬼ごっこ)では、低学年の子が高学年の子を必死に追いかけたり、作戦を立てて走ったり、思いきり体を動かして遊びました。

 

5年生が、総合的な学習の時間の授業で、オレンジホームの方をお招きし、高齢者疑似体験を行いました。体に重りバンドやイヤーマフ、前かがみ姿勢体験ベルト、前が見えにくくなるゴーグルなどを装着して、高齢者の方の体の動きにくさを体験しました。高齢者が生活する上での困難さを体験することで、子供たちは自然と高齢者を思いやる言葉を口にしていました。また、その生活を家族だけではなく、社会全体で支えていくことが福祉であることも学びました。お忙しい中、多くの学びをする機会を設けてくださいましたオレンジホームの皆様、本当にありがとうございました。

  

  

学校生活の様子

3学期が始まって2日目。身体計測を行いました。どのくらい成長してるかな?結果が楽しみです。

 

3日目は、読み聞かせがありました。

 

1・2年生「ワタナベさん」            3・4年生「鹿沼のむかし話~芋正月」

 5・6年生「こわい!闇王」

ボランティアの皆様、いつも楽しいお話をありがとうございます。

 

3年生が、紙版画を刷りました。版画用紙を霧吹きで濡らしてから、台紙にのせて刷ります。カラフルな色合いが、版画用紙にきれいに写し出されて、楽しいです。

 

3学期のスタート‼

令和5年が幕を開けました。学校は令和4年度3学期の始まりです。

始業式では次のような話をしました。

一番短い3学期、1~5年生は52日間、6年生は48日間しか学校に来る日がありません。そんな短い3学期ですが、1年間のまとめの大切な時期です。1・2学期でできるようになったことがたくさんあったことでしょう。でも、それには自分の努力もありますが、周りの友達や家族などの支えがあったはずです。その周りの人たちへの「感謝」の気持ちを表しましょう。また、まだできないこともあります。それを次の学年に向けてできるよう「つなぐ」学期でもあります。3学期は、「感謝」と「つなぐ」を大切に、過ごしていきましょう。

代表児童からも、3学期頑張りたいことや、次の学年に向けて取り組みたいことが、それぞれしっかりと発表されました。3学期がとても楽しみになりました。

  

2学期終業式

1年の中で一番長い2学期。大きな行事が次々とありました。2学期始業式に話した多少の困難「壁」を乗り越えることの大切さ。子供たちは、その時その時で、立てためあてに向かって困難にくじけず、どのようにしたらよいか考え行動することができました。終業式では、代表児童が「頑張ったこと」を堂々と発表することができました。