学校ニュース

日誌

読み聞かせ、大好き!

 図書ボランティアの方による2回目の読み聞かせがありました。5・6年生には、大橋弘子さんが「うわばき女」、3・4年生には吉澤優子さんが「ワニワニ・ワールド」、1・2年生には入江弥生さんが「パンダどうぶつえん」を読んでくださいました。子どもたちに感想を聞きました。

 まずは6年生。「ぺた、ぺた」という足音で3度振り向くと・・・きゃ~!とっても怖かったです。

次は4年生。優しいワニが出てきて、現実にはあり得ないことをしていて、おもしろかったです。

そして2年生。いろいろな動物がパンダに変身したけど、雨が降ってペンキが取れてばれちゃったところがおもしろかったです。

 子どもたちは窓から吹いてくるさわやかな風を受けながら、朝のひと時、本の世界に浸っていました。ボランティアの皆様、ありがとうございました。

美化園芸委員会の活躍

 見野・富岡・下遠部環境整備委員会様から、今年もベコニアの花をたくさんいただきました。先生方が下準備をした花壇に、美化園芸委員会の子どもたちが一つ一つ丁寧に植えました。「かわいいね」と子どもたち。花はみんなの心をまあるくつないでくれます。地域の皆様のあたたかいご支援に心から感謝申し上げます。いつもありがとうございます。

ブリッツェンの選手がやってきた!

 今日は、3年生から6年生の子どもたちが、ブリッツェン自転車安全教室に参加しました。本校での実施は今年で3回目、もう宇都宮ブリッツェンを知らない子どもはいません。校庭に大きなトラックが入ってくると、子どもたちはわくわくそわそわ。今年は、小嶋渓円選手が来てくださいました。子どもたち一人一人に自転車の乗り方をご指導くださり、最後は記念写真をパチリ!みんなで安全運転を誓いました。鹿沼市は、宇都宮ブリッツェンとマザータウン協定を結んだとのこと、これからもずっとご指導いただけたらうれしいです。

1・2年生、大いに盛り上がる ~外国語活動~

 今日は、1・2年生の外国語活動の授業を合同で行いました。歌とダンスで、体のいろいろな部分を英語で表します。始めは少々恥ずかしそうにしていた1・2年生ですが、授業が進むにつれて気分はノリノリ、二人の担任の先生とALTの先生、チャレンジの先生、初任者指導の先生も加わって、みんなで楽しく活動しました。

職員室・給食室の感染症対策 パーテーション設置

 「感染症対策等の学校教育活動継続支援事業(国庫補助事業)」により、職員室と給食室にパーテーションを設置しました。本校のランチルームには既に、立派なパーテーションが設置されています。今回、職員の感染症対策としての追加設置です。

 児童はもちろん、職員も感染症対策を工夫することで、学校の教育活動が安全・安心に継続していけるよう努めていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

体力テストに挑戦!

 6月3日、全校児童が体力テストに挑戦しました。1・6年、2・5年、3・4年と2つの学年がグループを組んで、上学年の子どもが下学年の子どもの面倒を見ながら、はりきって6つの種目を回りました。テスト中、「すごーい」「すげえっ」「うまいっ」「はや!」「うわっ」「がんばって」の声がたくさん聞かれました。

お帰りなさい、5年生。 ~臨海自然教室~

 5年生の臨海自然教室が無事終了しました。2日間ともにすばらしい青空の下、全員で仲良く楽しく活動することができました。海を身近に感じることができた思い出いっぱいの二日間となりました。

 1日目は、砂浜活動、サンドブラストグラス作り、海の図書館・展示室での活動を行いました。広い海とホテルのような施設に気分は最高でした。

 砂浜活動の説明を受けます。みんな真剣な表情です。

 

 引き潮で砂浜が広い時間に砂浜活動ができました。

 とてもきれいな砂浜で、潮くみリレーや砂の造形などを班で協力して楽しみました。

 ベッドメイキングも自分達の力でやりました。

 

 一日の最後に、班長会議を行い、反省とめあてを確認しました。

2日目は、海浜ウォークラリーとアスレチックを楽しみ、友達との絆をうーんと深めました。

 

 15時50分、全員、元気に帰校しました。迎えに来てくださった家の方や先生方が見守る中、立派な態度で到着式に臨み、海を身近に感じた二日間の学びや感想をたくさん聞かせてくれました。

 保護者の皆様のご理解とご協力のおかげで、全員参加の楽しい臨海自然教室を実施することができました。ありがとうございました。引き続き行事実施後の健康観察を丁寧に行い、気になることがございましたらすぐに学校までお知らせくださいますよう、よろしくお願いします。

2年生のお留守番

 6月1日、2年生の担任の先生は、新規採用教員研修のため一日出張です。代わりに、後補充の先生が来てくださいました。子どもたちは、今日も変わらずハッスルハッスル!教室にお邪魔してみたら、みんなで仲良く生活科の町探検の勉強をしていました。休み時間には、さつまいもの苗の水やりもしていました。

5年生、元気に臨海自然教室実施中

 5年生が、昨日から1泊2日で、臨海自然教室に行っています。先ほど、連絡がありました。「全員元気。天気も穏やかで最高。」今朝は、みんなで日の出も見られたそうです。全員、仲良く、楽しく、とてもいい感じで活動中とのことです。さすが本校の5年生!土産話が楽しみです。

 

職員研修 ~心肺蘇生法講習~

 5月26日、鹿沼消防署北分署からお二人の講師をお迎えして、職員研修を行いました。内容は「心肺蘇生法・気道異物除去法・AED使用法・熱中症応急手当」に関する実践研修です。学校にとって最も大切なことは、「子どもの命を守り切り、明日につなぐこと」だと考えます。本校職員は、あってはならない危機に備えて、毎年毎年、新しい知識を学び、訓練を積んでいます。今年も、和やかな雰囲気の中、熱心に研修が行われました。

全校除草、がんばりました

 5月26日、朝のさわやかな風を感じながら、全校児童・職員で校庭の除草作業を行いました。美化園芸委員さんの声かけで、みんなのパワーが結集。涼しいうちに実施した30分間の活動成果は大変大きなものでした。校庭がかなりきれいになりました。

人権の花贈呈式~大切に育てます~

 5月24日、人権擁護委員協議会鹿沼部会様が「人権の花」をプレゼントに来てくださいました。お花を育てながら、命を大切に思う心のやさしさや思いやり、強さも育ててほしいという話を、子どもたちはとてもよい表情で聞きました。人権絵画を鑑賞させていただきながら、絵に込められた思いを想像し、最後は、全員参加型のミニミニコンサートを楽しみました。曲目は「ビリーブ」と「ドレミの歌」の2曲。6年生も先生方もぶっつけ本番でドキドキでしたが、人権擁護委員様の優しいリードのおかげで、素敵な音と空気が体育館いっぱいに広がるのを感じることができました。贈呈式終了後、早速、6年生がお花を植えました。なんだかとても幸せな気持ちです。大切に育てたいと思います。

 

 

プールに水を入れ始めました

 5月21日(金)、今日は朝から、プールに水を入れ始めました。午後4時、注水開始から7時間で、一番浅い所の水深が35cmになりました。とてもきれいです!本日の注水はここまで、続きはまた来週です。プールって、本当にたくさんの水を使うのですね。感謝、感謝。

 

 

2年生、長さの単位を学ぶ

 今日は、2年生の算数の授業を、鹿沼市教育委員会からお二人の先生が見に来てくださいました。これは、新規採用教員にとって大変貴重な研修の機会であり、学校全体でバックアップしているものです。お客様の来校に心弾ませる2年生、頑張る教師、ふわっとバックアップする同僚、そのような中で、2年生の子どもたちは初めて「ものさし」と出会い、長さの単位について勉強しました。

KLVの皆さん、ありがとうございます!

 昨日、KLVさんが来校し、図書室の飾りつけをしてくださいました。今日は雨が降っていて外で遊べないし、図書支援の渡邉先生もいらしているので、2年生は本を借りに行きました。ガラス戸に付けられた飾りを見て、「かわいい!」と声を上げていました。テーブルの上にも、小さなかたつむりがいて、本を読んでいる子どもたちをのぞいているかのようです。KLVさんは、毎回季節に合った飾りつけをしてくださり、子どもたちの季節感を豊かにしてくださっています。

2年ぶりのプール清掃(5・6年)

 今年度は、新型コロナウイルス感染症対策を万全に講じてプール授業を行います。まず必要なのが2年ぶりのプール清掃です。プールの底に危険物が沈んでいるといけないので、まずは職員が頑張りました。体育主任が前処理をよくしておいてくれたおかげで作業は思ったよりもスムーズでしたが、それでも中は、ヌルヌルのドロドロのブジョブジョでした。仕上げの清掃は、5・6年生が全員で頑張りました。パワー全開!濡れることなど気にする様子もなく、半分楽しみながら、見事に仕上げました。さあ、次は機械の点検です。プール開きに向けて、着々と準備を進めています。

毎月15日はノーメディアデー

 北中学校地区3校の取組として「毎月15日はノーメディアデー」に取り組んでいます。今回は、4・5月の実践から、ご家族の皆様や子どもたちの感想をお知らせします。

♡いつもテレビがついているので、新鮮でした。学校の話を聞くことができてよかったです。♡楽しい話ができたし、おなかが痛くなるほど笑ったので面白かったです。♡集中して勉強できた。♡タブレットをやらなかったので、いつもより早く寝られました。♡テレビがついていないと食事に集中しているような気がします。顔を見ている回数が多くなる気がしました。♡一日中ノーメディアを守れました。♡午前中はテレビ・ゲームはしませんでした。週末だったので、一日中は難しかったです。♡テレビを我慢して外で遊びました。♡家族といっぱいしゃべれて楽しかった。♡いつもより家族との会話が増えました。

 

真剣そのもの、第1回避難訓練

 今年度初めての避難訓練を実施しました。大地震とそれに伴う火災を想定した避難訓練です。地震から身を守る行動と大きな建物の中にいるときの避難の仕方の学習です。

 校内放送を通して大きな物音が校舎内に響きました。大地震の発生です。子どもたちは、瞬時にだんごむしのポーズで身を守ります。素晴らしい反応です。スピーカーからは地震のものすごい物音が続きます。張り詰めた空気の中、訓練は引き渡し訓練まで進みました。子どもも職員も真剣そのもの。「子どもも自分の身は自分で守る。家の人も自分の身は自分で守っている。それがみんなの約束です。大丈夫!必ず無事に会えるから。落ち着いて素早く行動できるように普段から勉強しておこう」と話しました。本校は、生きる力を育む防災教育に全校で取り組んでいます。

 

 

野外給食

 今日は、今年度初めての野外給食がありました。昨年度は、新型コロナウイルス感染症のため実施できなかったので、久しぶりの野外給食です。あいにくの小雨模様でしたが、なかよし班ごとに、体育館への通路や各階のオープンスペース、ベランダなどで、ピクニック気分で給食をいただきました。感染症対策をとって、食べながらのおしゃべりはできませんでしたが、いつもとは違った給食に、みんなにこにこ笑顔で味わっていました。次の野外給食は、青空のもとで食べられるといいですね。

読み聞かせ、大好き! パート2

 図書委員会の子どもたちが、黒川様からご寄付いただいた大型絵本を使って、下学年の子どもたちに読み聞かせを行うというのでお邪魔してみました。なんともほほえましい空気です。活動を終えたばかりの図書委員さんに「手ごたえはどうでしたか?」と聞いてみると、「うーん」と少し考えた後、「手ごたえありです」と、にっこり。次回が楽しみです。

読み聞かせ、大好き!

 読み聞かせボランティアの皆様が、朝の読み聞かせを行ってくださいました。朝の10分ですが、どっぷりとお話の世界に浸るこの時間を、子どもたちはとても気に入っています。今日は、低学年が「だるまさんシリーズ」、中学年が「おっと あぶない!」高学年が「ま、いっか!」でした。

PTA保健体育部・執行部による環境整備作業

 5月15日(土)早朝、PTA保健体育部・執行部の皆様が、除草剤散布や樹木剪定、草刈、花壇整備等を行ってくださいました。ボランティアの菊西サポートの皆様もご協力くださいました。手をかけると、自然はいろいろなことを私たちに伝えてくれます。大変な作業も楽しく感じられるのは、多くの皆様が快くご協力くださるおかげと、改めて感謝の気持ちを深くしました。子どもたちとともに、この美しい自然環境を大切に守り育て、学びを深めていきたいと思います。ありがとうございました。

5年生、初めての調理実習

 5年生が、初めての調理実習にチャレンジしました。もちろん、コロナ禍の中なので個人調理です。自分のものは自分で作ります。子どもたちは、真剣そのもの。自分でゆでたほうれん草に満足の表情を見せました。

家庭教育学級、開催!

 5月12日、第1回家庭教育学級が開催されました。まず始めに、鹿沼市教育委員会様、鹿沼市家庭教育オピニオンリーダー様をお迎えして開級式が行われました。顔を合わせての開級式は、なんともうれしいものでした。続く学習会では「ヤクルト健康教室」が実施されました。これは、昨年度の運営委員さん方が計画していたにもかかわらず、中止となってしまった幻の企画です。その思いを今年度の運営委員さんがしっかりとつないだ企画はもちろん大成功!新型コロナウイルス感染症対策を万全に講じながらの少人数での開催とはなりましたが、本校PTAの団結力が優しく感じられるさわやかな学習会となりました。皆様にも、腸内環境を整えて健康で美しく元気に生きるコツを、折に触れて伝授していきたいと思いました。ヤクルト様のご協力に心より感謝申し上げます。

代表委員会のあいさつ運動

 代表委員さんたちが、昇降口で朝のあいさつ運動を始めました。「おはようございます!」子どもたちの元気な声が響きます。手には、手作りの啓発ポスターをもっています。ゴールデンウィークあけにもかかわらず、心弾む朝です。

 

1・2年生の学校探検

 今日は、1年生と2年生が学校探検の中で校長室にやってきました。「失礼します。〇〇〇〇です。学校探検にきました。よろしくお願いします。」なんて礼儀正しいのでしょう。手には手作りの名刺まで持っています。部屋の中をそーっと見まわし「うわあ、初めて入ったあ」とにっこり。子どもたちは、どうやら歴代校長のたくさんの写真とソファーと古い大きな金庫と職員室に通じるドアが気になるようです。楽しい会話がとまりませんでした。

畑の準備ができました!

 今年度も、農園ボランティアの佐藤兼夫様にご協力いただき、子どもたちの農園活動の準備を無事整えることができました。石拾いをして、畑を耕し、肥料をまいて、さらに耕し、約1か月もの時間をかけて丁寧に畑を整えてきました。今日はマルチを張って、いよいよ完成です。へちま棚、ひょうたん棚も設置しました。農園活動は、子どもたちそして私たち職員にとって「育てる」ということを学ぶとても素晴らしい機会となっています。佐藤兼夫様、お忙しい中、ご指導とご協力をいただきありがとうございました。さて、子どもたちは、何を植えるのかな?

交通安全教室

 青空の下、交通安全教室が開かれました。今年度は、鹿沼市交通対策課様、鹿沼警察署様、トラック協会の皆様にご指導いただき、大きなトラックによる左折巻き込み実験と、道路の安全な歩き方について学習しました。上級生のたのもしさとやさしさ、下級生の一生懸命さが光ったとてもよい学習となりました。みんなで「学んだことは即実行」を約束して、講師の先生方にお礼の気持ちを伝えしました。

授業参観・PTA総会・学級懇談会

 4月23日、年度始めの授業参観、PTA総会、学級懇談会を、保護者の皆様と顔を合わせて実施することができました。顔を合わせてできるっていいですね。何でもできる!そんな気持ちになりました。例年ほぼ100%の出席率を誇る本校PTAですが、今年度は、体調等を考慮して出席を見合わせてくださった方が少数いらっしゃいました。そのあたたかい思いも加わって、本校は皆様とともに元気にスタートしました。

 

代表委員さん、大活躍「1年生を迎える会」

 4月22日、代表委員会の子どもたちが、「1年生を迎える会」を開きました。今年度初めての集会活動です。代表委員さんは、みんなが楽しめるようにとサービス精神満点で頑張りました。1年生もずいぶん学校に慣れてきたようです。「〇×クイズ」や「体じゃんけん」など、上級生と一緒に仲良く過ごすことができました。そして、楽しく遊んだ後はお楽しみの給食です。今日は、超豪華ニュー「入学おめでとう献立」です。みんな「楽しみー!」と言いながら、ランチルームに向かいました。とてもとてもおいしかったです。

 

歯科検診・うれしい報告です。

 4月21日、今日は歯科検診の日です。虫歯はないかな?歯はきれいかな?子どもたちの心臓は、ドキドキ、ドッキンでした。検診の結果は「合格!」「とても良い歯です。よく磨けています。」とたくさんほめていただきました。

ドリー先生と授業

 今日から、ドリー先生の英語の授業が始まりました。今年度は、毎週木曜日と金曜日に、ドリー先生と一緒に英語学習を楽しむ予定です。今日は、4年生と5年生の授業におじゃましました。子どもたちは、ドリー先生のお国の話に夢中!すごく楽しそうです。「ハロー!」の声も弾んでいました。

1年生、初めての給食に笑顔満開

 4月13日、1年生にとっては記念すべき初めての給食です。担任の先生と、一つ一つ確認しながら給食の準備を進めます。子どもたちは大張り切り。ランチマットを用意して、手を洗って、一列に並んで、いざ、ランチルームへ。この日のメニューは「大麦ご飯、牛乳、ポークカレー、こんにゃくサラダ」と、子どもたちに人気のメニューです。「うわーっ」「ふふふっ」「おーっ」「おいしいです」あっという間に、おいしい顔がいっぱいになりました。

ご入学おめでとうございます

 緑がまぶしい「希望の春」、13名のかわいい新入生が菊沢西小学校に入学しました。とてもうれしいです。代表児童の歓迎の言葉を一生懸命聞く1年生があまりにもかわいらしくて、ワクワクしました。いよいよ令和3年度の本格的なスタートです。入学式の後は、校庭で登校班の顔合わせをしました。大きなランドセルを背負って、上級生と一緒に登校できるかな?「おはようございます」が楽しみです。

 

 

 

  

 

 

 

1年生の皆さん! 入学式を楽しみにしています

 4月12日は待ちに待った入学式です。今日は、5・6年生が中心になって、みんなで入学式の準備をしました。仲間が増えるって嬉しいですね!子どもたちも職員も、張り切って準備をしました。1年生の皆さん、入学式に会えるのを楽しみにしています。

 

 

 

令和3年度のスタートです

 4月8日、いよいよ令和3年度のスタートです。朝、子どもたちの元気な「おはようございます」の声に、心が弾みました。何もかもがこれからという季節、1学期の新任式・始業式は、子どもたちはもちろん私たち職員にとっても、心引き締まる特別な時です。まずは、新しく着任された6名の先生方をお迎えする新任式を行いました。出会いはいつでもドキドキです。続く始業式では、子どもたちと職員とが心を一つにして、さわやかに、菊沢西小学校の令和3年度をスタートさせることができました。校長からの「今年度も新型コロナウイルス感染症対策をしっかり継続して自分の身は自分で守ること、病気にかかってしまった人が一番苦しいということを理解して、さらに苦しめるような言動は絶対にしないこと」という話にも、みんなとても優しい表情で耳を傾けることができました。なんてステキな子どもたち!今年度も、頭と心と体をフルに使って、職員一同、子どもたちとともにアイディアあふれる楽しい学校生活をつくってまいります。どうぞよろしくお願いします。

 

 

美しい教育環境を守るために

 4月3日、PTA執行部と菊西サポートの皆様が、除草作業をしてくださいました。いつも心強いサポートをありがとうございます。今、学校は、始業式に向けて着々と準備を整えています。

 

 

たいへんお世話になりました ~離任式~

 子どもたちの健康を第一に考え、離任式は、急遽、職員だけで行うことにしました。とてもとても残念でしたが、合い言葉のようにして頑張ってきた「工夫して今できる精一杯のことをしよう」の精神を発揮して、子どもたちの分まで心を込めた職員だけの離任式を行わせていただきました。本当は子どもたちが読むはずだった先生方へのお手紙を、担任の先生が代読するのを聞いた時には、こらえきれない涙があっちでもこっちでも、つつつーっ・・・コロナ禍の中の令和2年度は、確かに大変ではありましたが、多くの絆が深まった1年でもありました。皆様には、いつもご理解とご協力・ご支援をいただき、本当にありがとうございました。

 

 

 

修了式

 おかげさまで、3月24日、修了式を迎えることができました。子どもたちのすんなりと伸ばした背筋、しっかりと前を向く瞳に、大きな力を感じました。早く、みんなで声を揃えて校歌を歌える日がきますように。一年間たいへんお世話になり、ありがとうございました。4月の始業式を楽しみにしています。

 

 

 

大空のニコちゃんマークに拍手!

 「3月23日、12時23分頃、鹿沼の上空に飛行機でニコちゃんマークが描かれますよ」保護者の方から情報をいただき、急遽、日課を入れ替え、みんなでワクワクしながらスタンバイしていました。少しでも近くで見るのだと言ってジャングルジムに登って空を見上げる子ども、ひなたぼっこをしながらのんびり待つ子ども、大好きなドッジボールをしながら今か今かと空を気にする子ども、先生方も集まってきました。12時20分、遠くから飛行機の音が聞こえてきます。あっ!見えた!指さす方向に一筋のスモークがはっきりと見えます。そして青い大空に、ゆったりとニコちゃんマークができあがりました。「うわあっ、ああああー」子どもたちの動きが一瞬止まりました。感動です。なぜだか涙が出そうになりました。・・・笑顔をありがとう。元気をありがとう。・・・さあ、給食です。子どもたちは飛び跳ねるようにしてランチルームに向かいました。

 これは、新型コロナウイルスによりうつむくことが多い中、空を見上げて笑顔になって欲しいと、パイロットの室屋義秀さんが企画したイベントなのだそうです。人間って、人のためになることがいろいろできるのですね。みんなの拍手が、どうか室屋パイロットに届きますように。

 

 

 

 

祝 卒業

 3月18日、14名の卒業生が立派に菊沢西小学校を巣立っていきました。新型コロナウイルス感染症対策として、今年度は、体育館をいっぱいに使って会場を設営し、常時換気をしながら、卒業生、在校生、保護者の皆様、PTA執行部の皆様、教職員がそろって卒業式を行うことができました。校庭での見送りでは、鹿沼市の思い出作り助成金を活用させていただき、「1・2・3・おめでとう!」の合図で、色とりどりのエコ風船を空に飛ばしました、みんなの思い出とありがとうが、青空に向かって高く高く舞い上がりました。卒業生の皆さん、ご卒業おめでとうございます。菊沢西小学校は、皆さんのふるさとになります。

 ご来賓の皆様には、今年度もご臨席を賜らずに卒業式を挙行させていただきましたことを深くお詫び申し上げますとともに、これまでのご支援ご協力に、職員一同、心より感謝申し上げます。

 

   

 

 

 

 

iPadを使ってお勉強

 1年生と5年生が、iPadを使って授業を行っていました。1年生はMIM の授業を、5年生は算数の授業を行っていました。子どもたちは慣れた手つきでiPadを操作しながら、楽しそうに学習を進めています。随時、通信により先生や友達とのやりとりも楽しんでいます。まるでゲームをしている感覚のよう!今、鹿沼市内の小中学校では、国のGIGAスクール構想に基づき、着々とICT環境が整えられています。先日は、各教室に大型モニターが配置されました。まもなく児童一人一台のiPadも導入される予定です。子どもたちはワクワクです。有効に活用して、子どもたち一人一人の学ぶ力をぐんぐん伸ばしていきたいと思います。

 

 

 

 

感動!KLVの皆様より6年生に素敵なプレゼントをいただきました。

 今日は、KLVの皆様が6年生一人一人のために折り紙で手作りされたという心のこもったランドセルをプレゼントしてくださいました。ランドセルを見てびっくり!なんとそれは、子どもたちが6年間背負ってきた自分のランドセルとそっくりだったのです。中にはメッセージも入っていました。「おめでとう」の気持ちがみんなの心にじんわりと広がりました。KLVの皆様、ずっとずっと子どもたちを見守ってきてくださり、本当にありがとうございました。おかげさまで、14名、まもなく立派に卒業します。

  

  

 

  

6年生最後の調理実習

 新型コロナウイルス感染拡大防止策のため、今年度は、家庭科の調理実習が思うようにできませんでしたが、本日、やっとできました!なんていい匂いなのでしょう。思った以上に、子どもたちは落ち着いて調理を進めていました。手つきも良い!さすが本校の6年生です。

 

 

樹木剪定

 肌寒いような一日でしたが、平井造園様、兼目造園様、福田造園様、三品造園様、総和造園様が、早朝より集合し、校庭の樹木剪定に取り組んでくださいました。朝、高所作業車が続々と校庭に集合すると、子どもたちは、何が始まるのかと興味津々です。伸び放題に伸びた大きな樹木も、丁寧に手を入れていただき実に嬉しそう!おかげさまで、さっぱりと美しく生まれ変わりました。いよいよ春です。

 

  

 

 

 

体育館をピカピカにしよう

 卒業式まであと13日。みんなで学校で過ごすのは、あと9日です。今日は、ピカピカの体育館で卒業式を挙げてもらおうと、休み時間を使って4・5年生が体育館の水拭きを、職員がワックスがけを行いました。子どもたちはおおはりきりで、なんと、みんなで並んでぞうきんがけを始めました。「1、2、1、2、!」子どもはなんでも楽しんでしまう天才です。あっという間に、ピカピカの体育館になりました。着々と、卒業式に向けて準備が整っていきます。嬉しいような、淋しいような・・・

 

 

 

6年生を送る会

 3月になりました。優しい6年生と一緒に過ごすことができるのもあと2週間です。今日は、5年生が中心になって、6年生を送る会を開きました。メインは、なかよし班で挑戦するゲームラリーです。運営は5年生。コロナ禍でもできて、1年生から6年生までみんなが楽しめて、ワクワクできる!とてもうれしい会になりました。全校生が心を込めて手作りしたプレゼントを手に、感動と感謝の言葉を堂々と述べた6年生の姿にジーンとしました。・・・昨年は、突然の臨時休校のために、自分たちが一生懸命準備した6年生を送る会が開けなかったんだもの・・・優しく成長してくれてありがとう。子どもってすごいっ!

 

なわとび記録会 高学年の部

 高学年のなわとび記録会にもおじゃましました。しーんと静まりかえった体育館に、なわとびの音だけが響きます。集中力の邪魔をしないために、静かに応援するという約束ができているようです。さすが高学年!跳ぶ姿がとても美しいのでびっくりしました。6年生にとっては小学校最後のなわとび記録会、5年生にとっては先輩の貫禄を間近かに感じたなわとび記録会、力を出し切った仲間をたたえる拍手が心地よく心に残りました。

なわとび記録会 低学年の部

 1・2年生のなわとび記録会におじゃましました。全員で持久跳びに挑戦していました。なんて、リズミカル!みんなとても上手です。頑張る表情が、実に良い!失敗してしまってちょっぴり沈んだ後、再びなわとびを握り直す瞬間の表情にも惚れ惚れします。なんと、25分以上も跳び続けた子どもがいました。あや跳びや二重跳びにチャレンジする子どももいました。びっくりです。「先生! 見て見て! 見てくださぁい!」「あのね、今、三重跳びに挑戦しているんだよ」

 

なわとび記録会 中学年の部

 中学年のなわとび記録会にもおじゃましました。全員で準備運動をして気合いも十分!ちょっぴり緊張気味の子どもたちが今か今かとスタートの合図を待っていました。二重跳び、あや跳び、最後が持久跳びです。二重跳びでは、80回以上、あや跳びでは120回以上も跳んだ子どもがいました。持久跳びでは、10分が過ぎても、トントントントンと、全く乱れを感じさせない子どもが複数いました。さすがです。

 

ランタンを作りました

 4年生が、防災教室で、きずなプロジェクトの皆さんから教えていただいたランタンの作り方を全校児童に教えてくれました。懐中電灯とペットボトルとマジックとセロテープがあれば、とても素敵なランタンが簡単にできあがります。こんな素敵なランタンがあれば、突然の停電で真っ暗な世界になってしまった時でも、気持ちが少し救われるかもしれません。工夫するって大切ですね。実は、このランタンを卒業式の演出に使おうと考えたのです。今年も、新型コロナウイルス感染症の状況によっては、全児童が卒業式の式場に入れるかどうか分かりません。「全員でできる」と信じつつ、入れないことも想定して、準備を進めています。どのような形であれ、在校生全員の心を込めて14名の卒業生を見送ります。備えあれば憂い無し!子どもたちは、みんなワクワクしながら作りました。

 

 

 

お店屋さんごっこだよ。いらっしゃいませ!

 1年生が昼休みにお店屋さんを開きました。魚屋さん、文房具屋さん、ペットショップ、楽器屋さん、食べ物屋さん、お菓子屋さん、お花屋さんもあります。先生方や上級生など、たくさんのお客さんがやって来て、子どもたちはとても張り切りました。「いらっしゃいませ。たくさんありますよ」「お金がないときは、銀行に行っておろしてきてください」カードに描いた手作り商品カードのかわいいこと!お店屋さんになりきった子どもたちの楽しそうなこと!ごっこ遊びの魅力に浸った昼休みでした。

今年最後の授業参観

 今日は、今年度最後の授業参観でした。コロナウイルス感染症対策のため、学習発表会ができなかった分、1年間の子どもたちの成長を見ていただこうと、子どもたち一人一人の発表を授業に取り入れました。1年生は、国語でMIMの発表後、保護者の方をお客さんにしてお店屋さんを開きました。2年生は、生まれてからの自分の成長を振り返り、感謝の気持ちを伝えました。3年生は、国語で学んだ食べ物の秘密について調べたことを発表しました。4年生は、10年間の成長を振り返り今後の抱負の発表。グループごとの学級クイズも盛り上がりました。5年生は、跳び箱や走り高跳びを披露。親子ドッジボールも楽しみました。6年生は、卒業のこの時期。今までの成長と感謝の気持ちを伝えました。授業参観後は、体育館でソーシャルディスタンスを保ち、次年度の役員選出も行うことができました。6月からスタートした学校生活。いつもより遅い始まりでしたが、この時期しっかりと学習のまとめに入り、次の学年に向けて心も体も成長しています。お忙しい中、ご来校いただいた保護者の皆様ありがとうございました。

           

心に響いた最後の鼓笛隊

 指揮者の笛の合図と共に、体育館に響く大太鼓。リズミカルなトリオ。素敵な鉄琴の音色。そこに3部演奏のピアニカが加わります。今日は鼓笛隊引継式。6年生と一緒に演奏する最後の鼓笛隊です。新型コロナウイルス感染症の影響で十分な練習時間がとれない中、それぞれが個人練習を積むことで、心のこもった素晴らしい演奏に仕上げました。学校評議員やPTA執行部の皆様にも参観していただき「素晴らしかった」「懐かしい」との感想をいただきました。6年生の指揮者の「鼓笛隊を引き渡します」との言葉を受けて、4月からの新鼓笛隊の指揮者が「しっかりお受けします」と答え、拍手をいただきました。菊西小の鼓笛隊は、上級生が下学年に教えながら、代々引き継いできた伝統ある鼓笛隊です。1・2年生も大きくなったら鼓笛隊に入るとあこがれの気持ちで見ていました。6年生は、卒業まであとわずか。一日一日が大切な思い出。今日の引継式も、思い出の1ページになったことでしょう。

         

授業で何を学ばせたいか?

 今日は、3年生と6年生の研究授業でした。3年生は、説明文を読み、文章の内容を簡潔にまとめて書く学習。6年生は、2つの資料を読んで意見の交流をし、自分の意見との共通点や相違点を見つけながら、自分の考えを広げていく学習でした。昨年度から、国語の授業について職員で研修をし、どの学年も一生懸命取り組み、子どもたちは書く力、伝え合う力が伸びてきました。大切なことは、教員が「この授業で何を学ばせたいか、どんな力をつけさせたいか」をしっかりともつことです。1年間、指導主事の先生方にも、授業を見ていただきご指導いただいてきました。大変よい研修をさせていただき感謝申し上げます。これからも、授業力向上を目指し、職員一同努力していきたいと思います。

         

オンライン研修を身近に

 コロナウイルス感染症対策で、新しい生活様式にもずいぶん慣れてきました。そんな中、職員の研修もオンラインになりつつあります。研修だけでなく、オンラインでの授業も多く聞かれます。今日は、ICT専門員の方に来ていただき「ズーム」の研修です。研修や授業を主催する側「ホスト役」の方法や研修を受ける側の操作の仕方など、丁寧に教えていただきました。これからは、子どもたちが一人1台ずつiPadを持ち、社会もめまぐるしく変化していきます。職員もしっかり研修したいと思います。

     

3学期はなわとびに夢中

 寒い日が続いていますが、子どもたちは元気いっぱい。2月末のなわとび記録会に向けて、たくさんの子どもたちが縄跳びで遊んでいます。友だちと数え合ったり、3人一緒に縄を交差してとんだりと楽しそうです。4月に入学した1年生も、すっかり大きくなり、前とびや駆け足とびをリズムよく跳んでいます。綾とびや二重跳びができる子もいます。上学年では、二重綾とびを何回跳べるか挑戦!なんていう子も・・・子どもたちの成長には驚きます。今日は、業間休み時間に、全校なわとび練習の初日でした。なわとび記録会では、昨年よりもいい記録が出せるかな。

         

学校給食週間4日目

 今日は、ユネスコ世界無形文化遺産「和食膳」です。献立は、「ごはん・牛乳・さばの塩焼き・五目きんぴら・飛鳥汁・たくあん」でした。旬の魚がおかずとなっており、カルシウムも十分にとれるので「かるちゃんランチ」にもなっています。ところで、和食と言えばなんといってもご飯ですね。本校は、このご飯を調理員さんが自校のお鍋で炊いてくださっています。炊きたてご飯は、実に美味しいです!!調理員さん、毎日、ありがとうございます。

 今日のランチルームには、バックミュージックに「エリーゼのために」が流れていました。ランチルーム前の花壇には、厳しい寒さにも負けないパンジーが、かわいい花をたくさん咲かせています。みんな元気に大きくなあれ。

    

学校給食週間3日目

 今日は、鹿沼市の特産物を使った「いちごランチ」です。献立は、「さつきの舞米粉パン・牛乳・はとむぎ雑炊・ハンバーグにらソースかけ・いちご」。甘くて新鮮で、とてもおいしいいちごに、子どもたちはにこにこでした。

  

  

 今日は、給食委員会の子どもたちの活動の様子をご紹介します。 

 まず、給食中にバックミュージックを流します。今日は、ショパンの夜想曲が流れていました。まるでどこかのカフェレストランに行ったような気分になります。しばらくすると、献立の説明をします。「パンは、鹿沼ブランド米に指定されている「さつきの舞」というおいしい「こしひかり」から作られた米粉を使っています。牛乳は、鹿沼市内の乳牛から搾った新鮮な生乳が使われています。県産の豚肉で作った「ハンバーグ」には、鹿沼市特産のニラを使ったソースをかけました。「はと麦雑炊」には、鹿沼市産のはと麦をたっぷり使っています。デザートのいちごは、もちろん鹿沼市産。JAさんより特別にいただいたものです。感謝の気持ちをもって、美味しくいただきましょう」。とても上手なアナウンスがランチルームに響きました。みんなしっかり聞いています。

 食後も活動は続きます。ランチルームの清掃です。実に手早く、きれいにできます。ごみは、みんなが小さくまとめて出してくれるので、とても助かります。職員も一緒に、テーブルの消毒作業をします。

 委員会活動の時間を使って、ランチルームに季節感のある掲示物を飾りつけています。

     

学校給食週間2日目

 今日の給食は、持久力を高める鉄分たっぷりランチ。献立は、「セルフかぬま和牛丼・牛乳・にらの卵とじ汁・アセロラゼリー」です。給食委員さんが放送で「牛肉に入っている鉄分は、成長期にはとても重要な栄養素です。体中に酸素を運ぶ重要な役割をしています。鹿沼市の生産者が丹精込めて育てた最高級A5ランクのかぬま和牛を美味しくいただきましょう。アセロラゼリーに入っているビタミンCは、鉄を体に効率よく取り入れる働きをします。なんでも残さず食べましょう」と言っていました。子どもたちは「ふーむ、なるほど」といった表情で真面目に聞き、大きな口を開けて美味しそうにたいらげました。片付けの時、「ぼく、牛丼はもういっぱいぐらい食べられるよ」という声が聞こえてきました。頼もしい!明日は、いちごランチです。

    

今日から、学校給食週間特別献立!

 今日から5日間、鹿沼市では学校給食週間として特別献立を実施します。初日の今日は、「塩ジョイランチ」。献立は、「ご飯・牛乳・栃木県産にら入りギョーザ・ナムル・タイピーエン」です。塩分の摂り過ぎは、生活習慣病を引き起こすとも言われています。子どもたちには薄味の習慣をつけてほしい、薄味で美味しい食事をして健康な体を作ってほしいという願いを込めて、栄養士さんのご指導の下、調理員さんが作ってくださいました。今は、感染症対策のため、職員が配膳する給食をおしゃべりなしでいただく日々ですが、子どもたちはニコニコ顔で、塩ジョイランチを楽しみました。幸せです!明日は、「持久力を高める鉄分たっぷりランチ」です。

   

3学期も読み聞かせが楽しみ

 3学期に入って初めての読み聞かせです。今年度も残すところ、あと1回になってしまいました。読み聞かせボランティアの方は、毎回それぞれの学年の子どもたちに合わせて、楽しい本やためになる本を探して読んでくださいます。子どもたちは、いつも目を輝かせて楽しく聞いています。今日は、1年間の感謝の気持ちを込めて、子どもたちから、お礼の手紙と花束をお渡ししました。読み聞かせボランティアの皆様、1年間本当にありがとうございました。

    

緊急事態宣言の間は、我慢だ! ~無言給食~

 感染症対策として、しっかりしたアクリル板で仕切った本校のランチルームですが、緊急事態宣言の間は、少し我慢して、黙って給食をいただくことにしました。担任の先生から話を聞いて、子どもたちも納得できたのでしょう、あまりにも静かなランチルームにびっくり!すごい子どもたちです。ちょっと淋しいけれど、悲しくはありません。みんなで安心して美味しい給食をいただいています。

   

 

 

寒い中でも元気いっぱい

 3学期に入り寒い日が続きます。そんな中でも子どもたちは元気いっぱい。今日は、3学期初めてのなかよし班共遊です。6年生のなかよし班の班長さんを中心に、大なわとびやかげふみ、かくれんぼなど、みんなで楽しみました。寒い中でもお日様が顔を出し、ちょっと温かくなった日だまりの中、子どもたちの元気な声が響きます。6年生は、あと2ヶ月で小学校を卒業です。下級生のリーダーとして小学校でしか経験できない思い出をたくさん作ってほしいです。

      

 

 

 

 

コロナ禍でも、しっかり学習します! ~学習強化月間~

 3学期がスタートしたばかりだというのに、栃木県にも緊急事態宣言が出てしまいました。でも、慌てません。みんなで続けてきた感染症対策を、これまで以上に意識して、一人一人がしっかり行うのみ。どんなに対策をしていても、これだけ市中感染が広がっていたら、かからないとは言い切れません。「できる時にできる事をしっかりやる」の精神で、本校は1月18日~2月12日を「学習強化月間」と定め、全校体制で1年間の学習のまとめに力を入れていくことにしました。各学年とも、朝の学習や授業の中、家庭学習なども活用して、今年度のまとめの学習を進めています。子どもたちは真剣そのもの!指導支援する職員にも熱が入ります。換気のために少し開けた窓から、輝くような光と風が入ってきます。どうか全員が元気に過ごせますように。

     

 

 

 

3学期始業式

 1月8日、いよいよ3学期が始まりました。始業式では、各学年の代表児童が、がんばりたいことや楽しみにしていることを元気に発表しました。聞いている児童のわくわく感も伝わってきました。子どもたちの意欲がなんとも嬉しい始業式です。コロナ禍の中ではありますが、職員、児童、保護者等、全員の知恵と心を合わせて、楽しく頑張る3学期にしたいと思います。本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

「かぬま和牛ステーキランチ」会食会

 給食にかぬま和牛のステーキが出る!かぬま和牛振興会会長様、鹿沼市長様はじめ7名のお客様もお見えになり、新型コロナウイルス感染症対策を万全に講じながら、華やかな会食会が行われました。立派なお肉に、調理員さんも大張り切り。美味しい笑顔がランチルームいっぱいに広がりました。

 

もうすぐ中学生になるんだね

 今日は、6年生の教室に北中学校の先生がお見えになり、北中学校の紹介と入学の心構えをお話しくださいました。はじめは緊張気味の子どもたちでしたが、話がテンポ良く進むうちに、子どもたちのドキドキはわくわくに変わっていきました。もうすぐ中学生になるんだね。

 

人権週間③

 今日は、読み聞かせボランティアによる「人権に関する本の読み聞かせ」でした。低・中・高学年ごとに子どもたちに合わせた本を読んでいただきました。低学年では、怒られてばかりの男の子が、褒められてうれしい気持ちになるお話。中学年では「うそ」について考えさせられるお話。「うそ」にも、怒られたくないときのうそ、自分を守るうそ、いろいろあるけど、相手を悲しませたくないときのうそもあるという内容でした。高学年は、奴隷制度の本を読んでいただき「自由」について考えるきっかけになりました。自由とは、どこに住んでもよい、どんな仕事をしてもよい、何を言ってもよい、でも、人に迷惑をかけないということを常に心に留めていることが大切ですね。というお話もしていただきました。今日の読み聞かせで、子どもたちだけでなく、職員も改めて「人権」」について考えるきっかけとなりました。読み聞かせボランティアの皆様、ありがとうございました。
     

人権週間②

 人権週間の取組に、親子人権標語があります。親子で人権について考え標語を作り校内に掲示します。「ひとりぼっちになったときに、友だちが声をかけてくれて、やっぱり友だちはいいなと思いました」とか「ありがとうと言われてうれしかった気持ちを書きました」とか「コロナ感染症が続いている中で、大切なことをもう一度考え直したい」など、標語を作ったときの気持ちや標語に込めた思いなども含め、人権標語を発表しました。
 子どもたちの発表を聞きながら、これからもずっと自分も相手も大切にしながら心豊かに成長していってほしいと強く願いました。同時に、子どもたちの人権を守る私たち大人の責任は大きいと、心を引き締めました。
     

人権週間①

 今週は人権週間です。今日は、人権週間にちなんで、みんなで楽しい時間をすごそうと、なかよし班共遊をしました。なかよし班の6年生がリーダーシップをとり、1年生から6年生までみんなで三本線やしっぽ取り鬼ごっこなどで遊びました。持久走大会の練習も終わり、今日は、ちょっと一息。ゆったりと時間をとり、みんなで笑顔いっぱい、なかよしの時間を過ごしました。
     

6年生、薬物乱用防止教室に学ぶ

 6年生が、鹿沼警察署生活安全課の岸本様を講師にお迎えして、薬物乱用防止教室を実施しました。子どもたちは真剣そのもの、しっかり学ぶことができました。感想の一部を紹介します。
 ・薬物の恐ろしさが分かりました。たった1回の使用で、人生に悪影響を与える事になってしまうので、絶対に使わないようにしたいです。
 ・若い人の大麻検挙者が増えていることを初めて知りました。
 ・薬物に手を出してしまうきっかけが身近な人の誘いが多いと知り驚きました。たとえ、友人に誘われても、はっきり断る勇気をもちたいです。

 子どもたちが誘惑に負けず、自分を大切にすることができるよう見守っていきたいと思います。

  

一人一人の頑張りが素晴らしい

 雲一つない青空の下、持久走大会が行われました。「目標タイムをきりたいです」「最後まで走り続けたいです」一人一人が抱負を発表し、いざスタートです。校庭を1周して沿道に出ると、応援に来てくださったたくさんの方々。「子どもたちの走っている姿を見ると元気になります」「毎年、この持久走を楽しみにしているんです」と近所のお年寄りの方々も沿道に出て、拍手や声援を送ってくださいます。駐在さんも子どもたちと一緒に走りながら応援です。温かい励ましの中、頑張る子どもたちが光ります。校庭に入ると残り1周。全校で、1ヶ月以上前から練習に励み100周以上走った児童もいます。一人一人が目標をもって持久走大会に臨み、この行事を終えて子どもたちの成長を感じました。
         

久しぶりの交流活動

 例年なら、さつまいも掘りや運動会など、希望の家の方との交流ができていたところですが、今年度は、コロナウイルス感染症対策のため、なかなか交流ができません。そんな中、市の事業「花卉イノベーション」で久しぶりの交流活動です。4~6年生と希望の家の方とで、パンジーの苗を植えました。
 ブルーや紫、黄色など、色とりどりに咲いたパンジー。小さな種から、希望の家の方が大切に世話をして花を咲かせてくださいました。今度は、菊西小で引き継ぎ大切に育てていきたいと思います。たくさんのパンジーの花で、学校が明るくなりました。希望の家の皆様、ありがとうございました。
       

PTA資源物回収

 11月28日(土)にPTA資源物回収が行われました。コロナ対策にマスクと手袋をしての実施です。地域の方々にもご協力いただき、新聞紙、段ボール、ビン、カンなどがたくさん集まりました。また、菊西サポートの皆様にも早朝からお手伝いいただきました。大変ありがとうございました。コロナ禍の中、多くのPTA活動が中止されてきましたが、保護者の皆様、ボランティアや地域の皆様、教職員が顔を合わせて共に働くことができたことを大変うれしく思います。ここかしこで会話がはずみ、心安らぐ時間となったように思います。

  

   

工事が始まりました

 体育館南側駐車場の整備工事が始まりました。重機のパワーはすさまじく、大量の土砂があっという間にダンプに積まれ、次から次へと運ばれていきます。そこへ砂利が投入されると、あっという間にきれいにならされていきます。作業の速さときれいな仕上がりにはびっくりさせられます。ぬかるみのない、きれいな駐車場を使える日が楽しみです。作業員の皆様、大変ありがとうございます。

  

  

オレンジホームって、どんなところ?

 5年生の総合的な学習の時間の学びのテーマは「福祉」です。例年なら、学校近くにあるオレンジホームを見学させていただき、入所者の皆様と交流させていただきながら、子どもたちの様々な気付きをあたたかい学びにつなげるところですが、今年はコロナ禍なのでそれは叶いません。どうしたものかと悩んでいたところ、オレンジホームの青木さんが、子どもたちのためにと出張授業を行ってくださいました。子どもたちは、パワーポイントの写真を食い入るように見つめ、熱心に学びました。5年生は、気付きの天才だと思いました。授業の最後に、子どもたちがおそるおそる青木さんに手渡したのは、なんと子どもたちが苗から育て手作りしたという「ヘチマたわし」です。驚いた表情でうれしそうに受け取ってくださった青木さんを見て、子どもたちはまたまた大喜び!おかげさまで、コロナ禍でもあったかーい学びを実感することができました。オレンジホームの皆様のご協力に感謝いたします。

  

  

  

修学旅行2日目


 朝6時15分、起床してすぐに屋上に向かい、全員で日の出を見ました。太平洋に昇るまん丸の太陽はため息が出るほど美しく、思わず手を合わせました。修学旅行2日目は、西行戻しの松公園と仙台うみの杜水族館に行きました。一人でも発熱者がいたら、その団体は入場できないという徹底したコロナ対策を講じた水族館なので、入場前は少々ドキドキ、入場後は安心して班別自由行動を楽しむことができました。昼食は仙台の牛タンを美味しくいただき、修学旅行も終盤。子どもたちから「終わっちゃうよ」の声が聞こえてきました。帰りのバスの中では、バスガイドさん発案の「誰でしょう」ゲームを楽しみ、互いの個性をみんなで認め合いながら元気に帰校しました。見野橋を渡ると、照明を全てつけた学校が見えました。そして、たくさんの方々が私たちの帰りを待っていてくださいました。保護者の皆様や先生方の「お帰りなさい」がとてもうれしかったです。
 でも、実は、修学旅行はまだ終わっていないのです。2週間後、参加者全員の健康が無事確認できますように。

  

  

  
 
  

不審者から身を守る

 校庭に不審者が入ってきました。子どもたちに声をかけ、写真を撮り始めます。さあ、子どもたちは、どう行動するでしょう?
 今日は、不審者対応の訓練でした。もしも、不審者を見かけたら・・・身を守る行動は・・・不審者から、できるだけ遠くに逃げる。近くの大人に助けを求める、捕まったら大声で知らせるなど、自分で最善の方法を即座に考え行動に移すことができるよう訓練をしました。スクールガードの大島様や駐在所の坂本様からも、不審者から身を守る方法をお話いただきました。一人一人が自分の避難の仕方を振り返り、「もしも・・・」のときに生かしてほしいです。
     

盲導犬が来ました

 東日本盲導犬協会の方が、盲導犬を連れて、本校に来てくださいました。始めに、視覚障害者の生活や歩く方法についての説明の後、盲導犬の一生、基本訓練やお仕事などをスライド視聴でお話ししていただきました。60分ほどのお話を子どもたちは、熱心に聞きましたが、驚きなのは、盲導犬もその間、じっと座って待っています。
 その後、アイマスクをつけて歩行体験です。子どもたちは、ハーネスを持って盲導犬とゆっくり歩きます。盲導犬は、障害物があるとユーザーに教えるために立ち止まります。車の音や人混みの中も、落ち着いて行動できるそうです。本当によく訓練されています。盲導犬は、ハーネスをつけている間は、お仕事中です。じっと目を見たり、話しかけたり、勝手に写真を撮ってはいけないのだそうです。また、盲導犬は、視覚障害者の方の体の一部と同じです。お寿司屋さんでも飛行機の中でも、人の行ける所は、どこでも同じように入ることができると、法律で定められているのだそうです。
 盲導犬は、人が大好き。人との信頼関係がしっかりできています。子どもたちは、初めて盲導犬とふれ合い身近に感じ、盲導犬体験教室を通して、福祉について知る大変よい機会をもつことができました。盲導犬協会の皆様、大変ありがとうございました。
         

修学旅行1日目


 待ちに待った修学旅行。コロナ対応の大型バスにゆったりと乗っていざ出発!一日目は、震災遺構の荒浜小学校と松島の観光スポット瑞巌寺をみんなで見学しました。津波の威力に言葉を失い、日本の歴史に思いをはせ、しっかりと学んだ後は、楽しみにしていた観光地松島の自由行動です。班に分かれて、お目当てのお店に意気揚々と入っていきました。お宿は『花ごころの湯 新冨亭』、美味しいお料理と温かいお風呂をいただいた後は、それぞれのお部屋で・・・。

  

  

  

  

   

足踏み式消毒液スタンドをいただきました

 市川智様より、足踏み式消毒液スタンドを2台ご寄付いただきました。足踏み式なので手でポンプを触らずに消毒できる非接触型です。子どもたちは楽しみながら消毒ができます。昇降口に設置しましたので、ご来校の際はぜひご使用ください。市川様、ありがとうございました。

   

逆上がり練習機が新品のように

 子どもたちが一生懸命練習に取り組んできたため、逆上がり練習機の踏み板がかなりすり減ってきました。それを、福田明PTA会長様が新品のように作り直してくださいました。子どもたちは大喜びで、今まで以上に練習に励んでいます。逆上がりができない人はいなくなることでしょう。福田様、ありがとうございました。

  

読書週間です

 今日は、読書週間の取組として、図書委員会のみなさんが、1~4年生に読み聞かせをしてくれました。本校には、大型絵本も何種類かあり、低学年の児童も読み聞かせの時間を楽しみにしています。朝の菊西タイムにも、すぐに本を開き、読書好きの子どもたちです。これからも、ますます本を好きになってほしいです。図書委員のみなさん、ご苦労様でした。
       

うれしいお知らせ

 スクール・サポート・スタッフとして渡邉悦子先生が着任されました。コロナウイルス感染症対策のための消毒作業など、様々なお手伝いをしていただけます。給食の配膳台の消毒や食器の準備をしていただいたり、子どもたちと一緒に清掃をしていただいたり、大変ありがたいです。休み時間には、子どもたちの見守りもしてくださいます。これからどうぞよろしくお願いします。 
 

今年も豊作です

 毎年、1・2年生が生活科で育てるさつまいも。今年は、コロナウイルス感染症対策のため、希望の家の方とのいもほりが難しくなり、全校生でいも掘りをすることになりました。掘ってみると、びっくり!春に植えた細い苗がいつの間にこんなに大きくなったのか、大豊作です。「こんなに大きいです」「折れないように掘るのが大変です!」など、子どもたちは、いも掘りに夢中。自分たちで掘ったさつまいも。どんなおいしいお料理になるか楽しみですね。
         

元気に出発しました

 6年生の修学旅行が始まりました。今年は、仙台市・松島方面です。1日目の今日は、震災遺構「仙台市立荒浜小学校」を見学し、昼食をとった後、瑞巌寺から班別行動で松島を散策します。2日目は、西行戻しの松公園散策後、仙台うみの杜水族館へ行きます。
 寒い朝でしたが、みんな元気に出発しました。気を付けていってらっしゃい!

  

  

  

久しぶり、なかよし班共遊

 菊西フェスティバルが終わって、気持ちのよい青空の下、久しぶりのなかよし班共遊です。後期の児童会のみなさんと6年生が中心となって、全校みんなで楽しむ時間です。なかよし班では、6年生のアイデアで、しっぽとり鬼ごっこやけいどろかくれんぼ、マスじゃんけんなどで遊びました。その後は、おなじみの体じゃんけん。新しいじゃんけんキングも決まり、12月のなかよし班共遊も楽しみです。
     

持久走練習スタート

 今週から、持久走の練習が始まりました。体温を測り、体調を整えて、しっかり準備体操をして、いざスタート!音楽に合わせて、5分間走ります。校庭4周、5周、6周と数えながら、子どもたちは、一生懸命です。持久走本番は、12月8日。それまで、昨年よりどれだけタイムを縮められるか、目標をもって練習に励みます。
       

先生たちが、おすすめの本を紹介します

 校内読書週間が始まりました。この週間は、子どもたちがますます本に親しめるよう、様々な取組をしています。今日は、取組の1つ「先生のおすすめの本」を紹介します。子どもたちは「この本、知ってる」「これ、読んでみようかな」など話しながら、昇降口に張り出された「先生のおすすめの本」を楽しんで見てくれます。書いてよかった、うれしい限り。ますます本に親しみをもってほしいです。                       

給食は栄養満点!

 今日は、板荷小の栄養士の見目先生をお招きし、5年生が家庭科の授業です。炭水化物、タンパク質、ビタミンなど、5大栄養素の役割について学び、その日の給食に出た食材をそれぞれの栄養素に分けてみました。給食は、5大栄養素が全て含まれていることを知りました。5年生の子どもたちは、体も大きくなり、小食や偏食が減り完食できる子が増えてきました。この授業を生かして、自分の食生活について振り返り、これからも健康な生活を送ってほしいと思います。
   

パンジーをいただきました

 見野・富岡・下遠部環境整備協議会様より、今年もたくさんのパンジーをいただきました。11月になり花壇も寂しくなると感じていたので、この時期、色とりどりのパンジーが学校を明るくしてくれました。「次はこの色にしよう」「上手に植えられたかな?」子どもたちは、植え変え作業に終始笑顔で取り組み、心を癒してくれるひとときとなりました。大変ありがとうございました。

  

  

  

5年生、手話を学ぶ


 5年生が、講師の先生をお迎えして手話教室を行いました。これまで、教科書や本を使って自分たちなりに学んできましたが、やはり、体験とコミュニケーションの効果は絶大です。みんなの笑顔がとても優しく感じました。

  

  

感謝状をいただきました

 本校の「学校支援ボランティア」が栃木県教育委員会から表彰を受けました。長年に渡り活動を続けられてきたボランティアの皆様への感謝状です。大変おめでとうございます。皆様のご協力があって教育活動が成り立っていることに感謝申し上げます。これからもどうぞよろしくお願いいたします。
 感謝状は昇降口に飾ってありますので、ご来校の際にはぜひご覧ください。また、この記事内に、ボランティア活動などを紹介した「ボランティア新聞」を掲載しましたので、ご覧いただければと思います。
       

            

ボランティア新聞1号.pdf
ボランティア新聞2号.pdf

4年生、研究授業がんばりました

 今回の研究授業は4年生です。説明文を読んで、要約する学習です。「要約」とは、文章全体の構成をとらえて、伝えたい内容を短くまとめること。要約に必要な言葉を説明文から抜き出し、グループで話し合い検討します。そして、そのキーワードとなる言葉を入れながら、要約をしていきます。大人でも難しい要約。子どもたちは、一生懸命考え、要約をしていきます。真剣に学ぶ4年生の姿に、成長を感じます。
     

みんなが主役!感動フェスティバル

 「みんなで盛り上がろう!オー」6年生の合図で、赤、黄色、ブルー、ピンク、カラフルな風船が青空に上がりました。菊西フェスティバルの始まりです。今年は、運動会を縮小し、子どもたち、職員、PTAの方々のアイデアいっぱいのフェスティバルです。
 徒競走では、「いっしょうけんめい走ります」「一位をとれるようにがんばります」一人一人名前と目標を発表し走ります。トラックの周りに全校児童と保護者の方が集まり、温かい声援が広がります。
 障害走では、親子で二人三脚やスキップ、デカパンなどで走ります。親子で息を合わせてゴール。子どもたちも家の人との競技で笑顔いっぱいです。
 1~3年生のかわいいPaprikaダンス、4~6年生の力強いかけ声のソーラン、鼓笛隊の発表も見事でした。1~3年生のしっぽ取りリレー、4~6年生の紅白リレーも白熱しました。
 最後の種目は、会場のみなさま参加の体じゃんけんです。3位まで勝ち抜いた保護者の方には特別賞。児童も保護者の方も、みんなに楽しんでいただきました。
 終了後は、PTA執行部と菊西ボランティアの方から、子どもたちにかき氷が振る舞われました。中学生も小さい子も保護者の方も、みんなで味わい、またまた笑顔。みんなが主役、みんなで一つになった感動フェスティバルでした。
                   

1年生から「うみのかくれんぼクイズ」です

 
 「先生、来て来て。クイズに答えてください」と、かわいい1年生に誘われて行ってみると、掲示板に「うみのかくれんぼクイズ」が掲示されていました。国語で学習したことを生かして、1年生自身が「うみのかくれんぼクイズ」をつくったのだそうです。なかなかよく考えて書けています。文章も文字も上手です。学校にいらっしゃる時がありましたら、ぜひ、1階トイレ前の掲示板をご覧になり、1年生がつくったクイズをお楽しみください。

  

さらに明るく 楽しく

 鹿沼市教育委員会施設係の作業班の方々が、ランチルーム天井の蛍光灯を交換してくださいました。高い天井なので、足場を組んでの大がかりな作業でした。先日、久しぶりに再会した全校でのランチルーム給食が、さらに明るく、楽しい時間となりました。作業班の皆様、大変ありがとうございました。