学校ニュース

日誌

6年 総合的な学習の時間「郷土の歴史・伝統文化に学ぶ」

 6月4日(金)、6年生が、郷土の歴史を学ぶために勝願寺を訪問しました。今から600年前に開かれたという勝願寺。現在に至るまでの長い歴史やお寺を建てた時の人々の願い、受け継がれてきた伝統など、たくさんのお話を伺うことができました。ご住職様からは、「歴史から学ぶことは大きい。ぜひ、郷土の歴史に興味を持ち、自分が住んでいるところはどんな歴史をたどってきたのかを学んで欲しい。そうすることが、郷土を知り、郷土を愛することにつながると思う。」というお言葉をいただきました。これからの学習で、子どもたちが、どのようなことを学び、感じ、考えていくのかとても楽しみです。

 

 

体力向上エキスパートテーチャー来校

 6月4日(金)、体力向上エキスパートティーチャーが来校し、体育の授業を行いました。3・4年生の体育では、「走る運動」を行いました。速く走るためのポイントを教えていただきながら、充実した活動ができました。学習を通して、こつを掴んだ児童がたくさんいたようです。

 

 

 

1年 算数の学習の様子

 6月4日(金)1年生の教室に行ってみると、算数の学習をしていました。絵を見ながら、たし算の文章問題を作っていました。話をよく聞いて、しっかりと学習に取り組む姿に成長を感じました。立派な小学生になりました。

 

プール清掃をしました。

 6月2日(水)放課後、教職員でプール清掃をしました。昨年度は、新型コロナウイルス感染防止のため、プール学習を見合わせたため、2年ぶりのプール掃除となりました。プールの中にたまった枯れ葉を掻き出したり、底や壁をきれいにしたりと、苦労しましたが、なんとか、きれいなプールにすることができました。子どもたちの喜ぶ顔が浮かんできます。

 

 

野外給食を実施しました。

 6月2日(水)野外給食を実施しました。メニューは、やきそば、オムレツ、ブロッコリー、牛乳、イチゴスティックです。縦割り班ごとに校庭に出て給食を食べました。感染防止のため、距離をとり会話を控えての食事となりましたが、風を感じたり、鳥のさえずりを聞いたりしながら食事をするのは、とても気持ちがよかったです。食事の後は、縦割り班ごとに共遊をしました。笑顔がいっぱいの昼休みとなりました。

 

 

 

園芸委員会大活躍その2

 今日は、園芸委員会の児童が、プランターにマリーゴールドの苗を植えていました。今まで学校をきれいに彩ってくれていたパンジーを片付け、代わりにマリーゴールドを植えました。パンジーの花を片付けたり、土を運んだり、苗を植えたりと、一人ひとりが一生懸命働いていました。また、学校がきれいになりました。園芸委員の皆さんありがとうございます。

 

放課後の様子

 5月31日(月)、児童下校後の職員室では、打ち合わせ終了後、「これを使ったら、とてもわかりやすかったですよ。」と、効果的だった指導方法を紹介し合っていました。一方では、体力向上エキスパートティーチャーとの打ち合わせを行っていました。年に2回、エキスパートティーチャーが来校し、児童の体力向上を図るために体育の授業を行います。どんな授業になるかとても楽しみです。

 

 

4年 総合的な学習の時間「福祉について考えよう」

 5月27日(木)、4年生の教室をのぞいてみると、子どもたちが思い思いに資料に目をやり、調べ学習をしていました。自分の課題をもち、たくさんの資料の中から自分に合った資料を選択し、一生懸命調べていました。集中して取り組んでいる姿を見て、成長を感じました。それぞれの課題をどのように解決していくのか、とても楽しみです。

 

 

南摩地区小中一貫教育研修会

 5月26日(水)、南摩中学校において、南摩地区小中一貫教育研修会を実施しました。この3月に小学校を卒業した子どもたちが、中学校でどのように頑張っているのか、授業の様子を見せていただき、その後、「小中で一貫して取り組む教育活動」について研修を行いました。南摩地区の小中学校の教職員が集まり、それぞれの学校での取り組みの様子を情報交換したり、小中で一貫して取り組んでいくことを共通理解したりすることができました。今後も思いを一つにし、南摩地区の子どもたちの育成に力を尽くしていきたいと思います。

 

 

2年 生活科「野さいをそだてよう」

 5月24日(月)、学校の花壇に、2年生がサツマイモの苗を植えました。先週から、草を取り、土を耕し、植える準備をしていました。自分たちの力でがんばる2年生を見て、とても頼もしく感じました。秋には、たくさんの芋が収穫できますように。