学校ニュース

日誌

さすが、6年生

 7月19日(月)、この日の朝は、ワックスがけのために廊下に出した机や椅子を教室の中に運び入れる作業をすることになっていました。小さな1年生たちはどうしているのかと、1年生の教室に様子を見に行くと、6年生が手伝いに来てくれていました。さすが6年生、進んで重たい物を運んでくれていました。本当に頼りになる6年生です。 その様子を、見つめる1年生は、きっと「6年生ってすごいな。」と思っていることでしょう。

 

 

6年 学び合い

  6年生の教室に行ってみると、教室では、係ごとに分かれて係活動をしていました。自分たちでアイディアを出し、友達と協力しながら活動する姿は、さすが最上級生です。どんどん頼もしく成長しています。

 

 

5年 家庭科調理実習

 5年生になると、新しく家庭科の授業が始まります。コロナ禍でということで、感染防止対策をしながら調理実習を行いました。一人調理で感染を防ぎます。5年生の子供たちは、手際よく調理に取り組んでいました。

 

 

5年 総合的な学習の時間「南摩の環境の変化」

 7月16日(金)、5年生は、総合的な学習の時間に鹿沼市自然観察会の会長さんをお招きし、南摩の自然について学びました。南摩には、たくさんの貴重な植物や昆虫が生息していることを知り、子供たちは、南摩の自然の豊かさに改めて気づいたようでした。生態系を保つために必要なことなども教えていただきました。休憩時間にも、自分から質問に行く5年生の様子を見て、とてもうれしい気持ちになりました。

 

 

4年理科「電気のはたらき」

 4年生は、プログラミングの学習をする前に、理科の「電流のはたらき」で、電流の強さとプロペラの回り方の関係を学びました。電流の回路をどうつなげば、プロペラが勢いよく回るのかを、試行錯誤しながら学んでいました。自分で思考を働かせ、実際に動かしながら実験する学習は、子供たちにとって、とても大切な学習だと考えています。うまくいかないことから、どうすればよいかを考えていく学習を、これからも大切にしていきたいと思っています。

 

 

4年 プログラミングに挑戦

 4年生は、理科の時間にプログラミングに挑戦しました。指示を的確に組み立てることで、プロペラを自分の好きなタイミングで回す仕組みをつくります。4年生にとっては、初めての学習でしたが、先生の話を真剣に聞きながら、友達と協力して、全員がプロペラを回す仕組みを完成させました。新しいことをどんどん吸収していく子供たちを見ていると、心から「すごいな。」と思います。

 

 

 

 

3年 総合的な学習の時間「南摩たんけんたい」

 3年生は、総合的な学習の時間に「南摩地区」について調べています。この前は、「南摩地区の昔の様子」について調べようと、地域の方々をVTに迎え、昔の様子について教えていただきました。昔の写真を見せていただいたり、VTの方々が作成してくださった地図や資料を見せていただいたりしながら、たくさんのことを学んでいました。   子供たちの学習のために、たくさんの準備をしてくださり、丁寧にご指導してくださる地域の皆様の存在は、学校の大きな宝だと感じます。

 

3年 学校をきれいに

 南摩小学校では、「みんなで、自分たちの学校をきれいにしよう。」を合い言葉に、休み時間に遊んだ後、子供たちが校庭にある草を3本以上抜いて、校舎に戻ってきます。3年生は、いつも進んでたくさん草を抜いてきています。学校のために頑張れるお兄さん、お姉さんに成長している3年生の姿を見て、とてもうれしく思いました。

 

 

2年パラシュートで遊ぼう

 校庭で楽しそうな声が聞こえてきたので行ってみると、2年生が手作りのパラシュートで遊んでいました。空高く投げ上げては、パラシュートがゆっくりと降りてくる様子をうれしそうに眺めていました。手作りの物で遊ぶのも楽しいものです。

 

2年生活科「生きものをつかまえよう」

 7月13日、2年生は、小川に住む生きものを探しに、地域に出かけていきました。ザリガニや沢ガニの住んでいる場所や捕まえ方を調べ、いざ出発です。子供たちは意気揚々と出かけていきました。出かけた用水路には、ザリガニやタニシなどがすんでいました。子供たちは捕まえるのに夢中です。学校に帰ってきた後も、捕まえた生き物を写真に撮ったり、飼育の仕方を調べたりしていました。2年生の子供たちにとって、とても楽しい一日になったようです。