学校ニュース

日誌

赤ちゃん交流(3年)

 本日は、3年生が家庭科の学習で、NPO法人「レインボー」の皆さんをお招きして「赤ちゃん交流」を実施しました。これは毎年実施している取り組みで、6月27日、28日、29日の3日間を使って、クラスごとに1時間ずつ行いました。

 妊婦体験や抱っこ、おむつ替え、ミルクをあげることなどを疑似体験しました。男女ともに同じ内容を体験し、父親・母親の役割も意識できたのではないのでしょうか。終始、真剣に学習・体験し、あっという間に時間が過ぎてしましました。

 

  

  

お知らせ 笑顔が輝いた運動会 最終回

 

 各学年ともに、学級全員リレーは行いましたが、特に3年生の学級全員リレーの走る姿は、とても力強く迫力があり、流れるようなバトンパスがとても素晴らしく感じました。先頭集団から遅れても、最後までスピードを緩めることなく全力で走りぬいた姿に感銘を受けました。

 すべての種目が終了して、白組と黄組の同点優勝という結果になりました。午後は、各色の解団式を行い、互いの健闘をたたえ合い記念撮影を行いました。後片付けまでしっかり行いました。

お知らせ 笑顔が輝いた運動会 その4

 

 3年生選抜団体種目「物取り合戦2022」です。完全に自分たちの陣地の中にとったものを入れないとだめなため、なかなかの持久戦になっていて、思わず力が入りました。どうやら一つのものには、3名以上は関われないようで、はじめは的外れな応援をしてしまいました。

 

 2年生の団体種目「横綱リベンジャーズ」です。こちらもパワープレイの競技で、横に張った綱を引っ張って、自分の陣地に置かれた紙風船を割れば勝利です。もう少しで届きそうなのにどかないという惜しい場面もありました。

その5もお楽しみに!

お知らせ 笑顔が輝いた運動会 その3

 

全校団体種目「応援玉入れ」です。かごの位置が高いのか、それともかごの大きさが小さいのか、二桁までなかなか入りませんでした。入った玉を数えるとき、日本語以外の言語で数えるときもあり、いったい何個入ったのかわからなくなる時もありました 。

  

1年生団体種目「嵐を呼ぶ北中サイクロンズ」です。回るのも見ごたえありますが、クラス全体で棒を飛び越えるところも見どころです。勝敗は工夫を凝らして作った学級旗を早く掲げたクラスの勝利です。

その4もお楽しみに!

お知らせ 笑顔が輝いた運動会 その2

 

 1年生の団体種目「引くのを止めるな!!」です。ピストルと同時に綱を引き始める人と、トラックを走ってから綱にたどり着いて引き始める人と2段階の綱引きでした。

 

 3年生選抜団体種目「Fring Magic Carppet」です。シートの四隅を持って、タイヤ・卓球の玉・風船・キャンディーボールを運びます。落とさないようにどの組も工夫を凝らしていましたが、なかなか扱いづらかったようです。

その3もお楽しみに!

お知らせ 笑顔が輝いた運動会 その1

6月14日(火) 5色対抗の運動会が実施されました。今年度も感染対策を講じながらの運動会となり、参観制限のある中、保護者の皆さまには、ご協力をいただきありがとうございました。

 

開会式の前には、各色3年生中心に校庭で円陣を組み健闘を誓いあいました。

 

2年生団体種目「One Heart Blue Stars」では、二人三脚や三人四脚を織り交ぜながらリレーを行いました。

練習の成果が発揮されていました。

キラキラ 園芸ボランティア活動開始

6/4(土)学校支援ボランティア園芸班の今年度の活動がはじまりました。

 

プランターと美術室前の花壇と体育館入り口の花壇に色とりどりの花の苗を定植いていただきました。

 

玄関周りが華やかに彩られました。参加してくださった皆さんありがとうございます。

 

これから毎月最初の土曜日の朝7時から活動していきます。参加者随時募集中です。よかったら一緒に活動してみませんか?

花丸 2年地域貢献活動

 6/3(金)2年生が地域貢献活動の一つとして、『学校敷地内クリーン大作戦』として、除草作業に取り組みました。人の手でないと根絶できない箇所の草を除草してくれました。虫に刺されながらの作業お疲れさまでした!

 

 

お知らせ 運動会の練習が始まりました

 6/1(水)運動会の練習が始まりました。今日は、応援席の確認、入場式の隊形の確認。ラジオ体操などが行われました。

 

きびきびとした動きで、当日が迎えられるよう練習に励んでいきます。

 

情報処理・パソコン 5月31日(火)オンライン生徒総会

 令和4年度の生徒総会が5月31日(火)に行われました。例年全校生徒が体育館に参集して行っていましたが、感染対策として、今年度はオンラインで実施いたしました。

 

 メイン会場には、議長団と生徒会役員、各委員会の委員会長が集まり、各教室の大型モニターに映し出されました。

 

各教室では、事前にタブレットに配信された生徒総会資料を見ながら、審議を行いました。

 

議案に対する質問があると、各教室に画面が切り替わり、質問を受けた生徒会役員が審議する場面があるなど、体育館で行っていた総会と変わらない様子で実施することが出来ました。

時間内に議論しつくせなかった内容については、後日改めてアンケートなどを通して、生徒の意見を反映していくことを確認し、閉会しました。 

 

1年生貢献活動 & タブレット講習会 & 学級旗作製スタート!

5月13日は地区大会に参加しない1年生で校内貢献活動を行いました。この日の天候はあいにくの雨だったため、当初予定していた除草作業を変更して、食堂の窓拭きを行いました。

古新聞を使って、砂や埃、油汚れをきれいに拭き、大変きれいになりました。作業の後は、ゴミがなるべく少なくなるよう協力して集め、ゴミステーションに持っていくまで、自分たちで率先して取り組んでいました。

 

5月17日6校時に、1年生はタブレットの安全な活用方法を学習しました。1年生は、小学校で勉強したことを思い出しながら、お互いに教え合うなどして、熱心に課題に取り組んでいました。本日使用したしたタブレットは、先週の地区大会の日に学校に残った1年生が、名前シールを貼るなどして準備をしてくれました。3年間使うものなので、大切に活用してほしいと思います。

 


6月14日(火)実施予定の運動会に向けて、学級旗の作製が始まりました。学級旗のデザインは、各クラスの学級旗コンテストの結果選ばれた力作です。この原画を基に各クラス4名の学級旗作製委員が白い旗に着色をしていきます。運動会では応援の際に使用しますので、是非楽しみにしていてください。

了解 家庭教育学級開級式・学習会

 5月17日9時から教育委員会事務局生涯学習課社会教育指導員の高橋様と、鹿沼市家庭教育学級せせらぎ会オピニオンリーダーの鈴木様をお招きして、北中学校家庭教育学級開級式を被服室で開催いたしました。

 

 その後、学習会を行ったのち、講師に神山順子先生をお招きして、水引で作るオリジナルアクセサリーの講習会を行いました。

 

 まず練習用の水引選びでしたが、同じ色でもちょっとずつ違ったものがたくさんあり、選ぶ段階からワクワク感が楽しめました。

 選んだ水引きで「あわじむすび」の練習を行いました。はじめは1本、次に2本、3本と合わせて結んでいきますが、本数が増えるとよじれてしまい、直すのに一苦労でした。

 

 そしていよいよ本番用の水引を選んで、オリジナルアクセサリー作りにチャレンジしました。みんなとても真剣で、それまで弾んでいた会話がなくなり、集中して作品作りに没頭していました。

  

 出来上がった作品を並べて、記念撮影をしました。次回は、7/13(水)に大谷へ大人の遠足へ出かけます。多くの皆様の参加お待ちしてます!

 

 

運動会色決め抽選会&結団式

 6月14日(火)に行われる運動会の色決め抽選会が、5月2日(月)に生徒会の主催により行われました。この日は放課後の時間帯に近づくにつれ雲行きが怪しくなってきましたが、生徒の熱気とパワーにより強い雨に降られることなく、全学年そろって実施することができました。1年生から順に抽選の順番を決めるクイズやゲームを実施し、本抽選により色を決定しました。抽選の順番は、1年生はクイズの正解ポイントで、2年生はその場で折って飛ばした紙飛行機の飛行距離で、3年生はボールをゴミ箱に投げ入れる距離を競い合って決定しました。(ちなみに下の画像の漢字の赤い部分は何画目かわかりますか?)

 

 本抽選では、色が決定するたびに歓声が沸き起こりました。今年度は3年生のみが5クラスのため、5色中3色が3学年がそろい、残り2色は3年生と2年生、3年生と1年生というチームとなります。抽選の結果は下記の通りです。

  赤・・・3年3組、1年3組  ※青2年生の得点が入ります。

  白・・・3年1組、2年3組  ※緑1年生の得点が入ります。

  黄・・・3年2組、2年2組、1年4組 

  青・・・3年4組、2年4組、1年2組

  緑・・・3年5組、2年1組、1年1組

 抽選会後に行われた結団式では、3年生の応援団長を中心に応援団員の自己紹介や運動会へ向けの意気込みを発表していました。これから各学級では、運動会の色をベースとした学級旗の作製や出場種目の検討が行われます。今年度の運動会もコロナ禍での開催となりそうですが、北中生のパワーが発揮されることを楽しみにしていてください。

 

2学年授業参観・学年懇談会

4/26(火)に第2学年の授業参観及び学年懇談会を行いました。昨年度は、新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、学校公開日を設けて授業を参観していただきました。今年度は学年別に分散での実施となりましたが、多くの保護者の皆様に参観していただくことができました。学級担任の授業ではありましたが、生徒はいつも以上に緊張した様子で授業に参加していました。

1組:家庭「着方の工夫」 2組:数学「単項式の乗法」 3組:国語「枕草子」 4組:国語「アイスプラネット」

また、授業参観後の令和5年度修学旅行積立集金についての説明会と学年懇談会にも参加していただき、ありがとうございました。コロナ感染も落ち着かない状況が続いていますが、授業や部活動、学校行事などを通して、学年のスローガンである『自立』『信頼』『貢献』~自らの力で為し、思いやりの心で信頼を深め、集団の一員として貢献できる鹿沼北中2年生~を目指していきたいと思います。

 

重要 避難訓練実施

 4/22金曜日。避難訓練を実施しました。今回は、大きな地震の後に家庭科室から出火した想定で行いました。今年度最初の避難訓練なので、避難経路を確認しながら行いました。どの学年も整然と避難することが出来ました。

  

 

 

 

1年生交通安全教室

1年生は,本日4月13日水曜日に「交通安全教室」を実施しました。

鹿沼警察署交通課、市民部生活課対策係の方、そして今年度はダンプ協会のボランティアの方のご協力を得て、大型ダンプカーの死角の実験と講話、実技の講習を受けました。

最初に、大型ダンプカーが角を曲がるときに内輪差が起きること、交差点等で立つ位置によって巻き込まれる可能性があることを実際に見学しました。その後、代表生徒が運転席・助手席に乗ってみて、どこまで見えて、どこが見えないのかを体験させていただきました。

 

講話では、並進や一時不停止などのルールと違反に対する罰則について説明を聞きました。その後、校庭を使って、見通しの悪い場所の確認の仕方、一時停止の仕方、スラロームなどの模擬走行を行いました。また、実技が終わった人から進んで後片付けを行いました。

今年の1年生もほとんどが自転車での通学です。また、徒歩で登校する生徒も、部活動などの練習試合等で自転車を使用する機会があります。今日学んだことを生かして、ルールを守りながら、安全に登下校をしてほしいと思います。

2年生の学校生活

4月13日(水)に身体計測を行いました。2年生は身長、体重、視力の3項目の測定でした。「1年間で8㎝伸びた」「昨年度より目が見えなくなっている」など、測定後にはクラスの友だちと話をする姿が見られました。中学生の時期は、人生の中でも身体の成長が著しく発達する時期です。バランスの良い食生活、質の良い睡眠の確保、適度な運動を心掛け、身体の成長とともに心の成長も目指してほしいと思います。

 

授業が本格的にスタートしました。中学2年生の学習内容は特に重要となります。そのためには小学校を含めた、これまでの学習が基本となります。小学校5年生から中学1年生の学習内容を復習していくとともに、中学2年生の学習内容も日々復習をしてほしいと思います。そして学習の基本は学校の授業です。集中して授業に取り組み、課題の提出忘れなどもしないように頑張ってほしいと思います。

 今後も『規律ある学校生活』を送るために、①爽やかなあいさつ ②時間を守る ③話を聞く ④清掃活動に一生懸命に取り組む ⑤ものや周囲との動きを揃える の5つの項目を意識し、中堅学年として頑張ってほしいと思います。

部活動紹介・1年生部活動見学

本日、4月12日火曜日に、1年生を対象として部活動紹介が行われました。

最初に生徒会長から、部活動は3年間続ける活動なので、自分に合った部活をしっかり選んで続けてほしいという話がありました。

その後、各部長から毎日の活動内容や目標の説明を聞きました。美術部の作品、パワーポイントを使ったプレゼンテーション、楽器の演奏、科学部の実験、運動部による簡単な実演など具体的な紹介があり、1年生は部活動見学や仮入部の参考にしていました。

放課後は、クラスごとの部活動見学を行いました。明日からは部活動見学とともに仮入部が始まり、来週金曜日から、いよいよ令和4年度の新体制が始まります。

 

 

4月8日 令和4年度 新任式・始業式

 4月8日(金)、校庭の桜も満開になり、暖かな春の陽気の中、令和4年度の新任式、始業式が挙行されました。

 去る3月30日(水)に14名の先生方が北中学校から離任され寂しい気持ちでいましたが、本日、13名の先生方が北中学校にいらしてくださいました。13名の先生方がいち早く北中学校での生活に慣れていただけるよう、これまで以上の爽やかな挨拶を行っていきたいと思います。また、先生方と一緒により良い北中学校を目指していきたいと思います。

 

 新任式の後に行われた始業式では、校長先生から「節目である今日という日に、昨年度とは変わるという気持ちを持つことが大切であること。そして学校の教育目標『高め合う生徒』『思いやりのある生徒』『耐力のある生徒』の実現を目指してほしいというメッセージが生徒全員に向けて送られました。また3年生には、最上級生とは学校の顔となるため、一人一人の力を集結させて素晴らしい学年を築き上げてほしい。2年生には、新入生の手本となる学年になるため、先輩としてふさわしい行動をとってほしいというお言葉をいただきました。また、新2年生、新3年生の代表生徒からは昨年度の生活を振り返り、新年度に向けての抱負が発表されました。

 

 11日(月)には、123名の新入生が入学し、全校生徒406名と教職員46名での令和4年度鹿沼市立北中学校がスタートします。コロナ禍の状況が続いていく中での学校生活となりますが、今後も地域から信頼される素晴らしい学校を目指していきたいと思います!!

3月24日 令和3年度 修了式

  本日、修了式を実施しました。新型コロナウイルス感染対策のため各教室で、校長式辞を動画で配信するという方法で行いました。
  校長式辞では、写真を見ながらこの1年間の活動や行事について振り返り、1,2年生に対して、後輩から尊敬される先輩を目指して、『誰もが安心して楽しく生活できる学校』のために、『少しの我慢、少しの気配り、少しの努力』をのメッセージが送られました。
  各教室では姿勢を正して真剣に話を聴く生徒の姿が見られ、この1年間の生徒の成長を感じることができました。各教室での実施でしたが、今年度の生徒の成長を感じることができ、非常に良い修了式になったと思います。来年度も生徒の皆さんが竹のように強くしなやかに、そしてまっすぐに成長し、様々な場面で活躍することを期待します。

 

 

 

第1学年『やまね祭』を実施しました

 3月22日(火)、雪の降る寒い日となりましたが、新型コロナウイルス感染症の影響で学年別の開催となった『やまね祭』を実施しました。実行委員の生徒により企画、運営されたやまね祭。1年生にとっては本番を迎えるまでに大きな苦労があったと思いますが、本日開催することができ、1学年の最後の思い出になったことと思います。

 第1部の合唱コンクールでは、まん延防止等重点措置期間が続いたため、音楽の授業や各クラスでの合唱練習もできない状況がづづいたため、合唱曲のピアノ伴奏のみの発表となりました。しかし1年生は、ステージにクラス全員で上がることに意義があるとし、合唱はできませんが全員が登壇しました。学級や曲を工夫して紹介する生徒、堂々とした態度でみんなをまとめる指揮者、そして一番緊張したであろう伴奏者の心のこもったピアノ。各クラスの団結力と意気込みが伝わるものになりました。

 第2部では『Blue Stars Festival』という名称(3年間使います)で、学年レクリエーションを行いました。学級や実行委員会での話し合いにより決定した種目を、選択型と全員参加型に分け実施しました。どの種目も実行委員が考えた独自のルールで工夫されており、参加している生徒も、応援している生徒も楽しんでいる様子がありました。

 選択型種目の『ドッチボール』は、各クラス総当たりのリーグ戦で試合が行われました。男女混合チームでしたが、白熱した試合が展開されました。

 同じく選択型種目の『気配切り』は、参加者が全員目隠しをし、相手の気配だけを感じ取りながら刀(棒状にした新聞紙)で相手を切るゲームでした。空振りや転倒、審判の生徒を切ってしまうなど、珍プレー続出で見ているほうが楽しかったです。

 選択型種目の『クイズ大会』では、実行委員の工夫ある問題が出題され、参加していた生徒も各クラスで協力しながらクイズにチャレンジしていました。普段なかなか目にしないものからの出題もあり、とても面白かったです。

 全員参加型の『学級対抗全員リレー』と『大繩』は、本来であれば校庭で行う予定でしたが、降雪があったため体育館での実施となりました。突然の場所の変更、ルールの変更があったのにも関わらず、実行委員を中心に臨機応変に対応することができ、本気で走り、本気で跳び、本気で応援する姿が見られました。

 この他にも3学期の表彰伝達、参加できなかった卒業式の『送辞』『答辞』の動画視聴、各クラス代表生徒による1年間のふり返り発表、クラスの生徒全員に1年間の感謝を込めたメッセージを書くThank you letterなどの活動を行いました。先日実施した職業講話、そして今回の第1学年やまね祭が、まもなく中学1年生が終わろうとしているこの時期に実施できたことは、1年生にとっても大きなステップとなったことでしょう。もうすぐ2年生。誰からも頼られる2年生を目指して頑張ろう!!

聖火リレートーチの展示~目指せ世界に羽ばたくアスリート!~

 オリンピック・パラリンピックの聖火リレーで使用されたトーチ及びユニフォームが北中学校玄関に展示されています。この展示は、市内の各小中学校に決められた期間で、鹿沼市国体推進室の方によりリレー形式で展示することになっています。
 北中学校の展示期間は、3月17日木曜から3月24日木曜までの5日間です。この展示を見て、オリンピアンになれるよう希望をふくらませてほしいと思います。

本日、志を立てる日。「日進月歩~挑戦し続けよう、一つ先の未来へ~」

 今日は、保護者の方をお迎えして、2年生の立志式を行いました。当初は2月の上旬に行う予定でしたが、まん延防止等重点措置の延長から、合唱コンクールや校外学習等の記念行事の内容の検討を余儀なくされることとなりました。
 内容を精選し、感染対策を十分にとって実施することになりましたが、実行委員を中心に、短い時間を利用して準備を進めてきました。

 立志式では、校長式辞、立志式メッセージ、決意の言葉、立志の作文代表発表を行いました。
校長先生からは、「人に優しく、自分に厳しく」という言葉をいただきました。簡単そうだけれでも、実践することは難しいことです。ややもするとこの言葉の逆になりがちです。多くの人とよりよい関係を築き、互いに高め合い、自分を律して成長してほしいとお話がありました。この言葉は、生徒達に短冊の記念品として配られました。
 決意の言葉では、クラスごとに壇上に立ち、1人1人決意の言葉を述べました。緊張な面持ちの中、堂々と誓いを述べることができました。自分の今までを見つめ直し、今後どのように生活するのかを言葉にしていました。

 立志式の後は、「やまね祭」2学年の部を実施しました。内容は、新年の抱負、英語スピーチコンテスト、少年の主張、マイチャレンジ体験発表、総合学習の発表「鹿沼の未来」、合唱コンクールのピアノ伴奏発表です。本来は、全校で行うやまね祭の中で発表されるものですが、今までの成果をこの場で発表しました。

 計画や準備、本番、式の片付けまで、この立志式を通して、自分たちで考え、判断し、行動しているところが、随所に見られました。2年生の大きく成長した姿に、保護者の皆様も、感慨深いものとなったのではないでしょうか。今後の活躍に大いに期待したいと思います。

 

3月7日 各小学校で中学校説明会を行いました

 1月から延期していました中学校説明会ですが、各小学校先生方のご協力により3月7日から、さつきが丘小、菊沢西小、北小、菊沢東小と4つの小学校で実施いたしました。どの小学校でも、子どもたちは私たち中学校の教員を大きなあいさつで迎えてくださり、とても気持ちよく説明会を始めることができました。
 小学校6年生は生徒会役員が作成した中学校紹介動画を見たり、中学校職員による説明を聞いたりしました。熱心に話を聞く態度や姿勢から、小学校の先生が6年間積み重ねたご支援、ご指導を実感することができました。
 6年生は今週末に小学校を卒業し、来月11日(月)には本校の入学式を迎えるわけですが、コロナ禍の中、健康に留意し、明るく元気に中学校の門をくぐってくれることを期待しています。

立志式の準備を行いました。

 明日、2年生は立志式を迎えます。2月上旬に予定していましたが、まん延防止等重点措置が発令されたことで、延期をしていました。しかし、記念式典も含め規模を縮小し実施します。

 今日は、準備と練習を行い、最終確認を行いました。立式を迎える2年生の意識は高く、明日の式典や記念行事が楽しみです。

  

  

  

 

1年生『職業講話』

 新型コロナウイルス感染症感染拡大の影響で延期とした『職業講話』を実施しました。栃木県経済同友会の講師派遣事業により紹介をいただいた栃木県内8事業所より講師をお招きして、生徒一人につき二つの講話を聞くスタイルでの実施としました。働くことの意義や大切さ、そのために中学校生活の中で育てていかなければならない力などについてそれぞれの講話から学び、2年生での職場体験学習や中学校卒業後の進路決定に役立てていくことをねらいとしました。いつもの授業と同様、それ以上に真剣な眼差しで講話を聞く姿が見られ、講話後には「簡単にあきらめてはいけないことが分かった」や「コミュニケーションの大切さを改めて感じた」、「第一印象がとても大切であることを知った」などの感想がありました。また、講師の先生にお茶をお出ししたり、教室へ案内したり、司会進行を務めたりするなど、決められた役割に責任をもって取り組むことができました。1年生が終わるこの時期に貴重な体験ができ、今後の活躍や成長が楽しみとなりました。

 

第75回卒業式

卒業式が実施されました。今年度は、155名が卒業です。
担任の呼名にしっかり答え、校長先生から卒業証書をひとりひとり授与されるその姿は、とても凜々しく感じられました。

校長先生からの式辞では、コロナ禍の中、色々と生活が制限されて思うような活動ができない中、逆風でも進むヨットの話をしていただきました。風の向きを利用して推進力得るように、知恵を出し合い、力強く生きていく大切さを語っていただきました。

送辞では、「3年生の姿から多くのことを学んだと同時に、自分たちに託されたことをしっかり実現するよう努力したい」と話していました。また、それを受けて答辞では、「コロナ禍の中、活動が自粛や中止になって、いろいろなことが十分に取り組めない中、いろいろな面で私たち3年生を支えてくださった保護者の方や先生方に感謝しています。」と伝えていますした。

今後の卒業生の活躍に期待しています。

 

  

  

  

  

 

卒業式準備

1,2年生が、明日迎える卒業式の会場づくりを熱心に行いました。
卒業式に参加できませんが、立派に卒業できるようにこころを込めて準備を行うことができました。

  

  

 

 

 

「同窓会入会式」と「新調した校旗の贈呈」

 3月8日火曜日に同窓会入会式を実施しました。役員の方を3名お迎えし、同窓会についてお話を聞きいたり、今年度の新規の役員の紹介を行ったりしました。 

 また、同窓会入会式にて、新調した校旗の贈呈が行われました。これは、今まで使っていた校旗が古くなり、色あせやほころびが目立つようになったため、同窓会の役員の方にご相談したところ、ご厚意で快く、新調していただいたものです。生徒たちに披露するのがはじめてとなります。

  

 

 

県立一般入試入試が始まりました。

 3月7日(月)は県立高校一般入試の1日目でした。きっと全力を尽くすことができたことと思います。本日8日(火)は面接試験を実施する高校があります。悔いの残らぬよう最後まで力を十分に発揮できることを祈っています。

 学校に残っている3年生は、朝から貢献活動を行いました。3年間の学校生活の恩返しとして、食堂のシールはがし、体育館のどん帳の修繕、消音用のテニスボールの穴うち、グラウンドや男子テニスコートの整備、駐車場のガイドロープ張りを行いました。午後は、学校の北側の坂道に行き、歩道に積もった落ち葉や土を運ぶ作業を行いました。

 卒業まであとわずかですが、中学校卒業に向けて最後の活動を本当に一生懸命やってくれました。3年生の皆さん、ありがとうございます。

 

受検生へのエール

3月8日(月)3年生貢献活動

 

 

3年生ダンス 学年発表会

 2月22日に、3年生のダンス発表会を行いました。体育の授業を使って、自分たちで曲を選び、テーマに沿ったオリジナル100%のダンスを考えました。きれいにそろった振りが光ったチーム、小道具を使ってパフォーマンスをするチーム、フォーメーションの入れ替えにこだわるチームなど様々でしたが、12時間チーム一丸となって考え練習したダンスは、どのチームも完成度が高くすばらしいものになりました。

 

【クラスの発表会~一班毎に実演しました。】

【学年全体 代表チームのダンス発表会(動画視聴)】

    

教員全員で、道徳教育についての研修を行いました。

 2月18日金曜の放課後に、鹿沼市教育委員会主催の「授業力向上事業研修会 中学校『特別の教科 道徳』の全体会にリモートで参加しました。この研修は、西中学校を会場に行われたものです。

 全体会では、講師の帝京大学大学院教職研究科教授の赤堀先生の講話をライブ配信で聞きました。演題は、「道徳科の特質を生かした授業構想」です。道徳の授業でおさえるべき内容を細かく話していただき、有意義な時間となりました。道徳の授業を、人間としての生き方についての考えを深める時間として大切にしいきたいと思います。

  

1,2年生は、学年末テストを実施しました。

 2月16日水曜に予定されていた1,2年生の学年末テストを、21日月曜に延期して実施しました。これは、新型コロナウイルスの感染の拡大で自宅待機する生徒が増加したため、テスト範囲の内容が十分に習得できてないことを受けて配慮したものです。また、学習相談の時間を設け、定着できていないところを補充しました。

 どの生徒も、学習してきたことを出し切ろうと、真剣に鉛筆を走らせていました。

  

  

  

ノーメディアデーの取り組みについて

 本校では毎月15日をノーメディアデーとし、メディア使用を控えたり使用についての振り返えりを行ったりしています。2月15日(火)、16日(水)のお昼の放送において、スマホの健康被害について啓発動画を各学級で視聴しました。この動画は、保健委員会の生徒が班別に作成した6種類の短編動画になります。保健委員会では、本校生徒の健康課題がスマホの使用に起因するものが多いと考え、取り組みをしてきました。『スマホをどう使用するか』考え、健康的に使用していける力をつけていきましょう。

 

3年生卒業制作

 美術科では、2学期から卒業制作プロジェクトを進めています。
 クラスのみんなで協力して藍染のハンカチを制作しました。
 その後、石印づくりをしてし、オリジナルの石印を押しました。パッケージにも石印を押し、完成です。自分への記念や家族への記念として持ち帰りますので、楽しみに待っていてください。

 

 現在、美術室廊下には下野教育美術展の作品や藍染の作品が展示してあります。

 

学年末テストに向けた臨時学習相談

  2月21日(月)に延期しました学年末テストに向け、2/7(月)から学習相談が始まりました。これは、コロナ禍のためやむを得ず欠席したり、出席停止等になったりした生徒を対象とした学習相談です。希望者は決して多くはありませんが、学力の向上を目指して真剣に取り組む姿が見られます。本日(2/8)は1,2年生ともに数学を中心に行いましたが、「わかった。」「できた。」「勉強になった。」などの感想が多く、今回の学習相談はとても効果的であると感じています。学年末テストまであと12日。最後までしっかり取り組んで、納得のいく得点をとってほしいものです。今回の学習相談はあと4日間続きます。引き続きしっかり取り組んでいきましょう。

  

 

1月26日 第3回授業力向上研修

 北中生の学力向上を願い、本校職員は授業力向上研修を行っています。今回は今年度3回目の研修会となりましたが、どの教科も授業の準備を念入りに行い、よりわかりやすい授業を目指しました。生徒が主体となる展開が、随所に見られ50分間を集中して取り組むことが出来ました。今回の授業を行うにあたって、鹿沼市教育委員会の先生に様々なご助言をいただきました。

 また、新型コロナウイルスの感染が増加していることから、オンラインで授業研究も行いました。11月のかぬま教育の日の授業研究会と同様、とても熱心に議論を交わしていました。

 

  

  

  

  

1月19日 新入生保護者説明会

 1月19日(水)、令和4年度新入生の保護者説明会を開催しました。コロナ禍の中ではありましたが、入学予定者の9割を超える保護者にご来校いただきました。保護者の皆様の北中への関心の強さを感じることができ、北中職員として改めて身の引き締まる思いがしました。多数の保護者の皆様にご参加いただきまして、誠にありがとうございました。
 説明会は学校長あいさつ、学習の様子、生活について、部活動について、自転車通学のこと、集金関係と続きました。途中、本校生徒会役員が作成した新入生向け動画を視聴していただきましたが、北中のよさを少しでもお伝えできたのではないかと思います。今後は新入生への説明会やオリエンテーションなどをできる限り実施し、保護者やお子様の中学校入学への不安を少しでも軽減できれば幸いであると思います。職員一同、お子様のご入学を心よりお待ちしています。

   

3学期、身体計測を実施しました。

 1月12日(水)に3学期の身体計測を実施しました。夏休み明けに実施した前回の身体計測から4か月半、ずいぶん成長している生徒もみられました。とくに3年生は、心も体も大きく成長し、3学期の活躍が楽しみです。後日、個人の結果通知をお配りしていますのでご家庭でご覧ください。

  

3学期がスタートしました。

 第3学期始業式が行われました。

 今回も、各教室で動画を見る形で行いました。校長先生からは次のようなお話をいただきました。

①目標を持つこと
 夢や目標を持つことことは、行動の軸や原動力となり、それがぶれない自分をつくり、自分の心が変わることにつながります。しっかり目標を立てましょう。
②卒業・進級にふさわしい人間に成長すること
 教育目標の実現を目指し、人間的に成長してほしい。とくに、3年生は、目標とする進路の実現、そして、感謝の気持ちを大切に悔いのない中学校生活を送ることを大切にしてもらいたい。

 3学期は、1,2年生50日、3年生41日の生活となります。目標を持って1日1日を大切に過ごしましょう。

  

 

令和3年度第2学期終業式 「夢は自分でつかみ取ろう!!」

 第2学期始業式が行われました。今回は、各教室にてリモート形式で実施しました。

 校長先生の式辞の中に、次のようなお話がありました。

 2学期は、新型コロナウイルス感染症の影響を受け、まさに正念場になりましたが、それぞれの学年で力を結集して困難を乗り越え、それぞれの目標が実現できるよう努力していました。その成果として、全員が様々な場面で活躍できたことを嬉しく思います。
 夢は、叶うものではなく、叶えるもの。決して受け身にならず、自分からつかみ取る覚悟でこれからも頑張って欲しいです。自分との戦い続くとは思いますが、夢は逃げません。逃げるのはいつも自分です。今までの経験を生かし、それぞれの夢や目標を実現してください。


次に、生徒指導主事の先生から冬休みを前に話がありました。
①3つの危険を回避しましょう。
・自転車をはじめとして交通事故にあわない。
・SNSをはじめとしたネットに関わるトラブルにあわない。
・薬物には近づかない。
②身だしなみを整えて、3学期のスタートを切りましょう。

3学期の始業式には、元気な皆さんに会えることを楽しみにしています。充実した冬休みをお過ごしください。

  

 

学校保健委員会「スマホで失わない!~スマホを健康的に使うには~」

 12月15日(水曜日)に、学校保健委員会を実施しました。
 学校医と学校薬剤師、PTA総務部、教職員が「スマホを健康的に使うにはどうしたらいいのか」を話し合いました。
 
 このテーマは、保健委員の生徒達が健康面の課題を出し合った中から「スマホの使用と健康面について」の内容を絞りました。その後、アンケートを実施、分析を行った結果を今回の学校保健委員会で、動画にして発表しました。

 
 参加者は、結果発表を受け、感じたこと、家庭での様子やルールなどを情報交換しました。スマホやゲームの時間を制限できないで悩んでいることを話していました。
 
 最後に、学校医と薬剤師の先生からお話を聞きました。
・成長している子どもは、スマホやゲームに依存しやすいため、使わない時間を作り制限する。
・脳がスマホ依存しやすいシステム(プロセス依存)を作り、より刺激を求めるため、自身によるコントロールが難しい。
・依存しないために、①スマホやゲームの影響について勉強する。②周囲の親と連携する。③子どもとよく話をする。④夜間はやらない。⑤デジタル機器から離れる。などが大切のようです。

 北中学校では「ノーメディアデー」を毎月15日に設定しているので、それを継続していくようにしていくと同時に、今回の話を生徒達へ伝えていきたいと思います。

 

  

  

3年生 金融教育

12月3日(金)に3年生は、社会の時間に「金融教育」を実施しました。

生命保険会社の宇都宮支社長様をお迎えして、身近な例を通して中学生に分かりやすく経済、金融、生命保険についてお話ししていただきました。これからの社会で、どのように経済に関わっていくべきかを勉強する上で、今日のお話は大きなヒントになったと思います。

生徒たちは学習資料の他にマスクを、学校にはマスコットキャラクターのぬいぐるみと長縄をいただきました。3年生はこれから本格的に受験シーズンを迎えますが、健康の管理にも気をつけ、感謝の気持ちで学習に邁進したいと思います。

本日の生徒の感想を紹介します。

・株価や株式、そして保険など家でお父さんに話を聞いたりした時は難しくて分からなかったけれど、講師の先生の話を聞き少し分かるようになったので、より興味が湧いてきました。

・経済という言葉は知っていましたが、経済が何なのかを知らなかったので、お金が動くことによって成り立つことが分かったので良かったです。

・消費者がいてこそ経済が回るということがよく分かりました。大人になるまでに経済のことをもっと知りたいと思いました。

・保険を始めたのが、ヨーロッパで福沢諭吉が日本に取り入れたことや、保険のお金がどのくらい集まってどのように支払われたり運用されるのか、普段あんまり聞かないことなので、面白かったです。

・関西人と関東人で話す言語がだいぶ違ってびっくりした。出身地が関西の人ならではの問題で楽しかった。

・この講話を聞いて、物の見方が変わったと思いました。以前は、物の値段が上がっても、あまり気にしていなかったけど、これからはなぜ値段が上がってしまったのかを考えて、物を買うようにしたいです。

1年生 性に関する指導 『生命の尊重』

11月30日火曜日に学級活動の時間を使って、助産師さんからお話を聞きました。

内容は、生命誕生の意義を理解し、これまでの自分の行動を見つめ直し、今後の生き方をしっかりと考えることができるようにすることが目標です。

思春期の心や体の変化、生命誕生の過程、命の大切さについて丁寧にお話をしていただきました。

【生徒の感想】

〇自分や他の人の命の大切さが分かりました。

〇思春期の私たちの体や心の変化を詳しく知ることができました。

〇周りにある情報にはウソが多いことなどを丁寧に教えてもらい、理解が深まりました。

〇成長する中で、人との関わりが難しくなり、親や周りの人に反発してしまうことがあったりするけれど、自分の気持ちを整理したり、コントロールをして、人の気持ちを考えたりしてみたいです。

〇自分の体について理解し、さらに異性の体や心について理解することがこれから大切だと思いました。

〇命は本当に大切で、私たちが生まれることは当たり前でないことがわかりました。

〇赤ちゃんが生まれるには、周りの人の優しさや助けがあることで無事に生まれることができることが分かり、両親に感謝したいです。

〇思春期の心と体の変化について正しい知識をもち、いろいろな変化にも対応できるようにしたいです。

  

生徒会役員選挙が行われました。

 生徒会役員選挙が11月30日に行われました。
 11月に公示され、早速、ポスター作成から演説の準備などに取りかかりました。お昼の校内放送では責任者による応援演説、登校時や昼休みを利用した選挙活動を行いました。
 29日は、立合演説会と投票を実施しました。立合演説は事前撮影を行い、Teamsによる演説を視聴、その後、Homesによる投票を実施しました。演説の内容を聞くと、どの立候補者も頼りがいがあり、北中生徒会を任せられる人材だと感じました。12月初旬に全校生に結果公表する予定です。

【選挙運動】

  

【選挙ポスター】

 

【立会演説会】

   

自転車点検~整備をしましょう。~

 業者の方による自転車点検を、自転車で通学している生徒を対象に行いました。

 点検の結果、整備が必要な自転車が30台近くありました。特にチェーンが伸びている自転車が多く見受けられました。対象の生徒には、個別に整備する箇所を示した黄色の札を渡しました。近くの自転車屋さんや自転車を購入したお店で修理をお願いできればと思います。

  

避難訓練~自分の身は自分で守る~

 今回の避難は、地震発生後、火災が発生したことを想定し、昼休みの時間に行いました。

 生徒は、教室や校庭で過ごしバラバラになっているにもかかわらず、キビキビと行動することができました。

 また、訓練の日時を知らせず行ったにも関わらず、真剣な姿で取り組みました。

  

  

 

 

 

1年生 自然生活体験学習 ふり返りの活動

 11月8日(前半1・2組)、9日(後半3・4組)に実施した自然生活体験学習のふり返りとして、『はがき新聞づくり』と『体験活動紹介movieクラス別発表会』を実施しました。

 

 『はがき新聞づくり』では、自然生活体験学習での体験活動や思い出、学び、今後の生活に生かしたいことなど、個人でテーマを決定し、はがきに新聞形式でまとめていきました。はがきサイズ(148×100mm)の中に、新聞タイトルや見出し、本文、イラストなどを上手くレイアウトし、色を着けて仕上げました。文章を書いたりイラストを描いたりすることが得意な生徒も苦手な生徒もいますが、相手に何を伝えたいのかを考えながら作成することができました。4階パソコン室前廊下に掲示してありますので、12月2日(木)、3日(金)の学校公開日に来られた際には、ぜひご覧ください。

 『体験活動紹介movieクラス別発表会』では、体験活動の際に撮影した動画や静止画を、各グループ毎にタブレットの動画編集ソフトを活用して、体験活動やふり返りの様子を紹介する動画を制作しました。グループで役割分担をして、動画のコンセプトや体験活動の紹介、ねらいに対するふり返りなどをグループ全員が発表した後、制作した動画を視聴しました。各クラスで、笑いあり、驚きあり、拍手ありの素晴らしい発表会となりました。一人一人が責任を果たし、協力し合って、信頼し合って活動する1年生の姿が印象的でした。今後は、各クラスの代表を決め、11月30日(火)には学年発表会を開催する予定です。

3年 性に関する指導『私たちの心とからだ』

11月24日水曜日に、大学病院の産婦人科のお医者さんにお話を聞きました。内容は、1,2年生で学んだことをもとに、異性に対する理解を深め、望ましい人間関係や集団づくりを中心とした個人及び社会の一員としての在り方や生き方についての自覚がもてるようにすることが目標です。

性感染症・十代の人工妊娠中絶・出会い系サイトをきっかけとした性の逸脱行為等は大きな社会問題から、大人の体との出会い、異性との出会い、自我との出会いについて、中学生として今必要な話をじっくりとしていただきました。

《生徒の感想を紹介します》

〇男女の心と体の違いがよく分かりました。〇自分のことだけでなく異性のこともきちんと知ることが必要だと思った。〇付き合うこと相手のことを大切にするために付き合ったのにDVをするのはよくないと思いました。〇「性」とは、今を生きる「生」と未来を守る「性」だと言うことを学んだ。〇男性と女性で考えることや欲求も変わることを改めて考えさせられた。

 

 

3年学級活動 性に関する講話

 11月24日(水)5校時に3年生は、学級活動の時間に「性に関する講話」を聞きました。

 県内の病院にご勤務の産婦人科のドクターをお迎えして、「私たちの心と体」をテーマに、「10代はしっかり栄養を取ることが重要」「思春期の体の変化」「性に関する知識や情報」「異性を好きになること」など大変詳しく具体的にお話をしていただきました。

 この講話を通して「自分の体を大事にすること」や「相手のことを大切にすること」などを考える機会となりました。