学校ニュース

日誌

第1回学校評議員会が開催されました。

 6月11日金曜日の午後に、学校評議員会を開催しました。

 校舎内を見学しながら授業の様子を参観し、その後、北中学校の学校経営の概要、教育課程、生徒の様子などを説明しました。

 評議員の皆様から、「落ち着いて授業に取り組んでいる。」、「個別対応授業が充実している」、「大型モニターやタブレットを使った授業をはじめて見ることができた。」、「オールイングリッシュの授業に驚いた。」、「コロナに負けずに、対策をとって取り組んでいる。」、「スマホ等を使った想像のつかない世界とどう向き合うか苦労がうかがえる。」などの感想や意見やをいただきました。

  

1年生運動会学年練習&学級旗作製

 6月7日(月)5時間目に運動会学年練習を実施しました。6月17日(木)に実施予定の運動会に向けて、応援席の確認や開・閉会式の整列の仕方、ラジオ体操などを行いました。気温が高い中の練習でしたが、1年生は一生懸命に取り組んでおり、中学校で初めてとなる運動会をとても楽しみにしている様子が見られました。各学級の応援団代表の生徒も一人一人運動会に向けての決意を発表しました。今後の学年練習、全体練習などにも真剣に取り組んでほしいと思います。

 

 また、5月中旬から作製を始めた学級旗が完成しました。学級旗作製委員(各学級代表)を中心に、朝早く登校したり、放課後の時間をつかったりしながら作製を続けてきました。各学級とも工夫を凝らした素晴らしい学級旗となりました。運動会でも応援の際に使用しますので、是非、注目してみてください。(画像の生徒は各学級の学級旗作製委員です。)

家庭教育学級 第1回学習会

 第1回学習会は、「自分でできる腸のセルフマッサージ」と題して、川久保先生をお迎えして、『腸活』について実践を交えて学びました。

 「腸が変われば、体変わる」を合い言葉に、皆さん、熱心に指導を受けていました。

 はじめは、内蔵である腸の簡単なつくりの説明から入り、硬くなってしまったり、血流が悪くなってしまっている「腸」をやさしくもみほぐしました。リラックスして、血流を良くすることで本来の腸の動きを取り戻すマッサージを学んでいました。1時間半たっぷりと時間を使い有意義な時間を過ごしていました。

  10月には「ハーバリウム教室」を予定しています。保護者の皆様には2学期にご案内をしたいと思います。 

  

家庭教育学級開級式

 6月3日木曜日、家庭教育学級の開級式が行われました。

 鹿沼市教育委員会 生涯学習課 高橋様、家庭教育オピニオンリーダー せせらぎ会 秋山様をお迎えし、委嘱状を授与していただきました。

 校長先生のあいさつでは「教育の出発点は家庭である。地域がそれを支える。家庭と地域と連携を図っていきたい。」と話されていました。また、家庭教育学級リーダーの佐藤さんからは、「保護者同士の親睦を深めながら、ためになる活動ができるようにしたい」と述べていました。

 

  

 

 

1年生地域貢献活動『通学路クリーン大作戦』

 6月1日(火)6校時に地域貢献活動として『通学路クリーン大作戦』を実施しました。北中学校北側の道路(歩道内)を各学級生活班ごとに分担し、除草や落ち葉拾いを行いました。予想以上に草や落ち葉があり、1時間の活動では拾いきれませんでしたが、生徒は汗を流しながら一生懸命に活動していました。4クラスで45Lゴミ袋で約30袋の草と落ち葉を拾いました。

 今後もこのような貢献活動を通して、集団の一員としての自覚を高めていくとともに、その集団での活動に一生懸命に取り組むことの大切さや、活動のルールやマナーを守ることの重要性を感じてほしいと思います。

 

 

プランターで華やかさがもどりました!

 プランターのパンジーの花の見頃が終わり、ちょっと華やかさがなく寂しい感じでしたが、ボランティアの運営委員会をまたずに、急遽、活動を都合のつく園芸ボランティアの方で実施しました。ペチュニア、マリーゴールド、ベゴニアの苗を植え、プランターを40個以上つくりました。また、体育館玄関に花壇にも植えることができました。

 北中学校に毎日登校する生徒の皆さんや来校する方の心を和ませてくれることと思います。

 園芸ボランティアの皆さんありがとうございます。

  

 

1年生 総合的な学習の時間

 1年生の総合的な学習の時間で「地域貢献」って何だろう?をテーマに、貢献活動について考えました。今年度の鹿沼北中学校は、「自立」、「協働」、「貢献」を柱に、様々な教育活動を行っています。所属する集団や地域、社会の力になり、その集団に必要な存在になることを目標に、学級や部活動、委員会活動、そして北中学校の生徒として、その集団にどう貢献できるのかを考えました。小集団で考えを共有したり、代表生徒の意見を聞いたりしながら、貢献することの考えを深めることができました。

 6月1日(火)6校時に地域貢献活動として『通学路クリーン大作戦』を実施する予定です。通学路の除草やゴミ拾いを通して地域に貢献する意識を高めていくとともに、地域の公共の場を使わせていただいていることやその場を整備してくれている人々への感謝の気落ちを高めていきたいと思います。

 

全国学力学習状況調査・とちぎっ子学習状況調査が実施されました。

 5月27日(木曜日)に、3年生が全国学力・学習状況調査(国語・数学)、2年生がとちぎっ子学習状況調査(国語・社会・数学・理科・英語)を実施しました。

 例年4月に実施されますが、昨年度の臨時休業などの影響から時期をずらしての実施となりました。

 全国学力・学習状況調査では、資料の読み解きや身近な題材についての考察が重視され、質問紙では、昨年の一斉休校中の学習状況についての調査もありました。

 とちぎっ子学習状況調査では、基礎知識や思考力、表現力などを問う内容が出題され、学習の意欲や方法に関する調査も例年通り行われました。

  

歯科検診が行われました。

 5月25日火曜日、歯科検診が全校生を対象に実施されました。学校歯科医4名、歯科衛生士3名が来校し、全員、礼儀正しく静かに検診を受けることができました。

 虫歯になっている生徒は少なかったようですが、歯肉の腫れが目立っていたようです。歯磨きが大切であることを歯科医の先生方全員、口をそろえて話をされていました。また、歯肉を含めた歯の治療は、保護者の方の協力なしには行えません。とくに高校生までの治療は、保護者の方の関りが重要だといわれています。

 治療が必要な場合は、今回の検診を機会に早めに歯科医を受診するようにしましょう。

 

   

 

 

 

令和3年度 PTA専門部会が開催されました。

 5月21日金曜日、PTAの専門部会が開催されました。本来は、PTA協議委員会を開催する予定でしたが、新型コロナウイルス感染症の拡大が心配されるため、規模を縮小しての実施となりました。

 本部役員、総務部、文化研修部、厚生部、生活指導部、体育部の方が集まり、全体会を行わず各会場で協議を行い、組織作りや今年度の活動計画について話し合いを行いましたが、皆さんの協力のお陰で短時間で進められました。

 今後ともPTA活動に御理解・御協力をお願いいたします。

  

 

3年総合的な学習の時間 修学旅行の事前学習を行いました。


 5月21日(金)の5時間目の総合的な学習の時間に、株式会社JTBの山中様をお迎えして、京都の文化や名所について事前学習を行いました。京都の有名な人物、京都が発祥のものなど3年生もよく知っていることから、京言葉、衣・食・住、そして歴史的文化財など、多様な視点から京都を紹介していただきました。

 今学期、3年生の総合的な学習の時間では、「文化の比較」をテーマに栃木県の文化と日本の文化を学びます。山中様からも「古都を知ることは、日本を知る一歩」「地元を知って、京都を知る」など、修学旅行を充実させる極意も教えていただきました。

 

 

令和3年度 北中学校 生徒総会が実施されました。

 5月20日放課後に生徒会総会が、規模を縮小して実施されました。

 生徒会執行部、各学年の学級委員長、委員会委員長・副委員長が代表として集まりました。

 生徒会長から、「生徒総会は、1年間を決める大切なものです。他人事とは思わず、自分のこととして真剣に考えてほしい」と挨拶がされました。議長選出後、活動報告・決算報告、活動計画・予算案の審議を滞りなく進めることができました。

 これまでの北中は、校内の活動に力を入れ、けじめのある行動がとれるようになりました。今年度は、つぼみのように内にためていた北中の良さを、地域という外の世界に花開くように発信したいという思いから、生徒会スローガンを「北中開華ー地域に貢献 高める信頼 深める絆ー」に決めました。今後の活躍にいたいしたところです。

 総会後には、学級委員長、委員会委員長・副委員長の任命式が行われました。

 校長先生からは、しっかり考えられたスローガンのもと、名ばかりのリーダーにならないよう、自覚をもつことが大切である。これからの北中は皆さんの手にかかっている。一致団結してよい学校をつくってほしいとお話がありました。

  

   

 

 

5月12日 眼科検診

 健全な精神は健全な身体に宿る、というキャッチフレーズが幼少期のTVコマーシャルで流れていました。健全な身体が生活の基本であるということだと思います。

 今年の保健関係の健康診断は順調に進み、身体計測、腎臓検診、内科検診など終了しています。

 本日は眼科検診が実施されました。貧血を含め、アレルギーなど目の病気を早期発見することがあるかもしれません。これらの健康調査の結果を踏まえて専門医に診ていただくこともあるかと思いますが、そのときは保護者の協力をいただきたいと思います。

 健全な精神が健全な身体に宿るように、学力も健全な身体に宿るはずです。健康管理維持に努め精神と、学力の向上に努めていきたいものです。
 

5月17日 教育相談が始まりました

 新年度も一ヶ月が過ぎました。1年生の教育相談が始まりました。学習、生活、友達関係、部活動など学校生活での悩み事を担任にじっくり相談するチャンスとなります。生徒たちにとって勇気をもらえる懇談になることを期待します。

 予定は、次の通りです。 1年生:5月17日~21日、2、3年生:5月24~28日 

5月18日 新体力テストがありました。

 西日本では、例年よりも異常に早い梅雨入りが宣言され、雨天が心配された5/18、北中では新体力テストが実施されました。

 ラジオ体操で体をほぐし、50m走、ハンドボール投げ、反復横跳び、上体起こし、長座体前屈、握力と実施しました。今年の記録はA判定かどうか?それともS判定をとることができるのか?みんな自分の点数を気にしながら、自己ベスト記録を出そうと必死に取り組んでいました。

 残念ながら、後半は雨のため3年生の50m走とハンドボール投げは延期となってしまいましたが、来週の体育の時間に記録をとり完了となります。今後の判定がとても楽しみです。

   

1年生 タブレット研修

 5月10日月曜日に2,3年生に引き続き業者の方をお迎えして、1年生もタブレット研修を行いました。

 1年生は、小学校で使ったことがある生徒やまだ使ったことのない生徒もいて、お互いに教え合う場面もありました。

 誰もが、熱心に取り組んでいて、タブレットの使い方の飲み込みが早いと感じます。機会があればどんどん使って慣れてほしいと思います。

  

 

 

地区春季大会の目標・抱負

 1年生が入部して約一か月。学校に活気が出てきました。

 地区大会を間近に控え、給食の時間を使って、5月14日、15日に行われる春季大会に向けての目標と抱負を運動部の部長に、放送で発表してもらいました。

 また、文化部の部長にも、今後の目標を発表してもらいました。内容は以下の通りです。

野球部】
 僕たち野球部の地区春季大会の目標は、もちろん「優勝」です。今回の大会は、代が変わって初めての大会であり、1年生が入部して初めて迎える大会です。2年ぶりの大会なので、準備することがたくさんありますが、北中野球部という団体で、みんなでしっかり事前の準備と心構えをして、大会に臨みます。
 それに加え、今回の大会は、例年の大会とは異なり、コロナウイルス感染予防対策も行わなくてはならないので、様々なところに気を配りながら大会に参加してきます。
 大会までの残り少ない時間を、野球部は「全力」というテーマで練習を行っていきます。返事、あいさつ、行動、かけ声など、野球に関わるすべてのことを一つ一つ「全力」で行い、今までやってきたことが、大会ですべて発揮できるよう、常に大会のことを意識して取り組んでいきます。
 また、大会を運営してくださる関係者の皆様に対して、感謝の気持ちを必ず忘れることなくプレーしたいと思います。もちろん試合も「全力」でやり遂げ、優勝を勝ち取ってきます。応援よろしくお願いします。

陸上競技部
陸上競技部の春季大会の目標は、「地区大会総合優勝 ~一人でも多く県大会へ~ 」です。陸上の種目のほとんどは個人種目ですが、順位ごとに点数がつけられていて、獲得した点数を合計し、団体として他の学校と競います。しかし、近年は総合優勝を逃してきました。
 今年はたくさんの1年生が入部し、活気あふれる活動を行っています。地区大会には1年生も出場できるので、初めての大会に全力を尽くしてもらいたいです。
 また、2年生も初めての地区大会になるので、今まで我慢してきた分、思う存分練習の成果を発揮してほしいです。
 そして3年生は、最後の地区春季大会なので、今まで以上に強い思いを持って臨みたいです。
 これから3学年が団結すれば、小さな個の力も部全体の大きな力になります。それを総合優勝につなげたいです。
 そのために、練習には全員が基礎を大切にし、集中して取り組んでいます。また、先輩が後輩に練習を教えるなど、コミュニケーションを多くとるようにしています。
地区大会総合優勝に向け、大会まで残り数日ですが最後まで全力で頑張っていきます。応援よろしくお願いします。

【男子ソフトテニス部】
 僕たち男子ソフトテニス部の春季大会の目標は、団体戦優勝、個人戦は県大会に行ける枠を独占することです。そのために、朝練をして基礎を固めてきたこと、練習試合でできなかったことをできるように頑張ってきました。
 この前の大会では、優勝はできなかったですが、賞状を3つ持ち帰ることができました。少しずつ結果が出てると思うので、いい結果が出るよう頑張りたいです。そしてそれぞれが目標を持って最後まで諦めずに頑張りたいです。また大会の中では礼儀正しく声を出して、自分らしいプレーができるようにしたいです。応援よろしくお願いします。
【女子ソフトテニス部】
 私たち女子ソフトテニス部の地区春季大会での目標は、団体戦入賞、個人戦ではベスト4に入り、県大会に出場することです。去年は、コロナウイルス感染予防のため、大会が開かれませんでしたが、その分これまでの練習で培ってきた力を今大会で存分に発揮したいです。また、勝ち負けもありますが、それ以上に楽しんで試合に取り組めたらいいなと思っています。ペアで一緒に、自分たちの全力で、考え得る一番の作戦で相手に向かっていきたいです。チーム一丸となって、後悔のないプレーを目指し、目標が言っただけで終わらないように、大会までの練習に、さらに力を入れようと思います。応援よろしくお願いします。

【男子バスケットボール部】
 今年は1年生が勇気を持って1人で入部してくれました。14日の金曜日に地区春季大会があります。7人という少ない人数ですが、優勝して県大会出場を目指しています。そのために、今年度から練習内容が変わり、厳しくなりました。声を出すことを意識して、マイナスになる発言をしない。そして、走ることが以前より増えました。もしかすると、私たち3年生にとっては、最後の大会になってしまうかもしれません。なので残りの一日一日の練習を集中して行いたいと思います。今年の大会は全校総当たり戦ではなく、トーナメント戦なので1試合目が重要になります。練習でやってきたことを活かして優勝したいと思います。去年の3年生がデザインしてくださった新しいユニフォームで頑張りますので、応援よろしくお願いします。

【女子バスケットボール部】
 女子バスケットボール部は、3年生6人、2年生5人、1年生2人、計13人で活動しています。
 私たちの地区春季大会の目標は、優勝して県大会に出場することです。そのために日々の練習では、長所であるシュートの確率を上げること、走り負けしない体力をつけること、「やるときはやる、聞くときは聞く、見るときは見る。」とメリハリをつけることを心がけています。
練習試合では、一人一人がどれだけ大会のような緊張感を持ち試合に臨めるかを大切にしています。
 大会まであと少ししか時間がありません。地区大会に向けて、部活動の時間になったら5分以内に部活動場所に行くという時間厳守で練習が少しでも長くできるように取り組んでいます。
 大会に向けてチーム一丸となって頑張ります。応援よろしくお願いします。

【男子卓球部】
 1年生も本格的に部活動が始まり、何でも頑張る姿を見ると、僕たち3年生も初心を思い出します。2年生は初めて後輩ができ、先輩というプレッシャーを持ち部活動に取り組んでいる姿を感じられます。
 地区大会も間近になり、皆が練習に取り組んでいます。ですが男子卓球部には、たくさんの問題があります。先生や僕たち男子卓球部全員で、ひとつずつ解決し、地区大会を優勝できるように、悔いのない試合をできるように頑張りますので、応援よろしくお願いします。この大会の経験が次の大会への意欲になるようにしたいと思います。
【女子卓球部】
 女子卓球部は現在、3年生11人、2年生9人、1年生7人の計27人で活動しています。私たちの地区春季大会の目標は、地区大会団体戦優勝、個人戦ベスト4入りです。そのために主に2つのメニューに力を入れています。1つ目は一球練習です。卓球という競技はどれだけミスを減らせるかが勝利への鍵となります。なので一対一での基本練習やラリー練習に力を入れています。2つ目は多球練習です。一球練習とは違ってたくさんのボールを連続で打つ練習方法です。卓球ではミスを減らすこと以外にフットワークも重要になってきます。なのでボールをたくさん打つことによって安定性やフットワークを身につけて強化しています。これらの練習以外にも筋トレやラダーなど基本的なことに力を入れて日々練習に励んでいます。この練習の成果を存分に発揮できるように頑張りますので、応援よろしくお願いします。

【サッカー部】
 サッカー部は今年度、新しい仲間が増え、3年生14人、1年生1人、総勢15人の新体制となり、地区春季大会に向けて毎日練習に取り組んでいます。コロナウイウルの影響もあり、3年生にとっては、今大会が最後の大会になってしまう可能性もあり得るので、これまで努力してきたことを精一杯見せつけたいと思います。そんなサッカー部の今大会の目標は、県大会出場です。サッカー部はけが人が多いので、まずはけがに気をつけて、安全なプレイを心がけていきたいと思います。日々の練習では、現在目の前の大会を意識して今までよりも練習のスピードを上げたりと、いろいろなことを行っています。チームが発足したときよりも団結力が強くなったので、個人技だけでなく、チーム力でも挑んでいきたいと思います。春季大会まで残された時間は少ないですが、初回の動向にも注目しながら練習に励んでいきたいと思います。

【バレーボール部】
 バレーボール部の地区春季大会の目標は、強豪校との試合でも張り合い、以前の大会で僅差で負けたチームに勝つことです。勝利の回数を増やし、強豪校と戦う強い気持ちを今回の地区春季大会で得ていき、次の大会につないでいきたいです。
 そのために残りわずかな練習時間でチーム内のコミュニケーション能力と技術を磨き大会で発揮できるよう頑張ります。
 大会ではミスをしたり、相手に攻められ苦しい状況がありますが、声をかけ合い、ミスをカバーし合い団結して乗り越えていきます。また気持ちをしっかりと持ち、途中でくじけない精神を持つことを意識します。これはバレーボール部でできていない課題の一つなので、春季大会の日には、緊張しつつも胸を張って挑みたいです。そして、その過程が夏の大会に良い影響を与えられるように活動していきます。応援よろしくお願いします。

【剣道部(男女)】
 剣道部の地区春季大会の目標は、個人戦で入賞、団体戦では、男女ともに県大会出場です。昨年度からコロナウイルスの影響により、練習が思うように行えず、久しぶりの大会なので不安が大きいと思います。しかし、少ない練習時間の中で、練習したことを試合で発揮できるように頑張りたいと思います。1,2年生は今回の大会が初めての試合なので、不安や悩み事がたくさんあると思います。ですが、みんなで励まし合い、協力し合いながらベストを尽くして、目標を達成できるよう頑張りますので、応援よろしくお願いします。
文化部 活動の状況・これからの目標

【吹奏楽部】
 現在、吹奏楽部は3年生22人、2年生20人、1年生14人の計56人で活動をしています。私たちの今年度の活動内容は、夏に上都賀地区吹奏楽フェスティバル、吹奏楽コンクール、定期演奏会、秋には上都賀地区音楽祭や小中合同音楽祭を予定しています。1年生が入部し、楽器を決めて、2,3年生は、楽器の扱い方やあいさつ、礼儀などを教えています。
 また、フェスティバルやコンクールで演奏する課題曲の「トイズパレード」や、自由曲の「三角帽子」の練習をしています。私たちは、中央祭、県の吹奏楽コンクールで金賞をとることを目指しているので、部員全員で力を合わせ、完成度を高めていきます。
 8月には定期演奏会が行われる予定なので、コンクールで演奏する曲やJ-POPなど、様々なジャンルの曲を練習しています。聴いている人や自分たちが楽しめるような曲を作り上げられるように心を一つに頑張ります。

【美術部】
 美術部の今年の活動内容をお伝えします。これからの予定として、1年生はポスター製作、2,3年生はポスター製作を美術部展へ出品する作品づくりを並行して行います。ポスターは個人で「交通安全」、「愛鳥習慣」などのテーマを選び製作し、コンクールに出品します。ポスターの他にも水彩画など部活で製作したいろいろな作品を作品展へ出品し、鹿沼市、栃木県のトップだけでなく、全国へ行けるものを目標としています。
 また、運動会ややまね祭などの学校行事を彩る看板を部員全員で力を合わせて製作します。そして鹿沼市で行われる美術部展では、個人で作品を作り上げ、1年の集大成として賞を取れるように頑張ります。1年生が入部し、新体制でこれから1年間活動していきます。個人の作品も共同製作も1年生から3年生まで意見交換し、よりよい作品が作ると共に、まとまりのあるいい雰囲気の部活を作り上げていきたいです。

【科学部】
 現在科学部は、3年生18人、2年生10人、1年生13人、計41人で活動しています。
 今年度の科学部は、昨年度まで行っていなかった土日の部活動を月に2回行っています。主な活動内容は、3つのグループに分かれて行う活動・畑での作物作り、実験器具の点検や理科室の掃除などを行っています。
 まず、3つのグループの1つめのグループは、ロボットグループです。ロボットグループはロボットコンテストへの出場に向けてのロボットの制作、実験を繰り返し大会で賞を取ることを目指すグループです。2つめのグループは、理科研究グループです。理科研究グループはグループでテーマを決めて、研究発表展覧会に出品できるよう実験・観察に取り組むグループです。3つめのグループは理科研究グループです。理科研究グループは各学年の理科の実験のおさらいをするグループです。
 ほかにも理科室の整理も行っています。皆さんが理科室を気持ちよく使用できるよう頑張っていますので、よろしくお願いします。

【パソコン部】
 パソコン部の今年度の活動内容は、キーボードで文字入力をするタイピング技術の向上や体力づくりとして行っている外周、パソコン検定に加えて、昨年度コロナ禍で行うことができなかった統計グラフコンクールが行われます。統計グラフコンクールは最大4人までのグループを作り、各グループが課題を決め、校内アンケートを実施したり、インターネットで情報を集め、Excelという表計算ソフトにアンケート結果や調べたデータを入力しグラフを作成します。考察はWordという文書作成ソフトを用いて入力します。
 P検定は、タイピングやパソコンの知識を問う一般問題、表計算やワープロの操作技術など幅広い分野が出題されます。受験級があがるにつれて難しい問題になっていきます。
 パソコン部の目標は、P検定受験者数を増やして、全員合格できるようにすることと、統計グラフコンクールで入賞することです。これらの目標達成に向けて、活動を行っていきたいです。

  

 

 

 

運動会、ただいま準備中です。

5月7日 運動会、ただいま準備中

運動会の色分けが完了し、いよいよ準備が始まりました。

まずは、各学年の実行委員(生徒会体育委員)による種目の検討です。教員も交えて、各学年ともに知恵を出し合い、ユニークな競技になるよう検討を重ねています(写真)。自分たちで考え、自分たちが盛り上がる運動会になることを期待します。

 運動会は係活動が活発になるのはもちろんのこと、各組ともに応援団を組織したり、各学級では学級旗を製作したりするなど、各色、各学級が団結できる運動会となっています。

 栃木県内、鹿沼市内でもまだまだ新型コロナウイルスの感染が続いているようですが、今年も新型コロナウイルスに負けない運動会にするため、うがい手洗いマスク着用などの感染対策をとりながらの運動会に臨みたいと思います。乞うご期待…

北中学校デジタル化第2弾!

 5月6日に引き続き、3年生が業者の方による、タブレットの使い方を学びました。基本操作、タブレットでできることなどを講師の方から熱心に学んでいました。

 生徒たちに感想を聞いてみると「タブレットでどんな授業ができるのか楽しみです。」などと話をしていました。

 電波の状態やタブレットの設定が十分でなかった点もあり、その課題は今後解決できるようにしていきたいと思います。

 

  

  

北中デジタル化、第1歩!

 今年9月1日、デジタル庁が発足予定のようです。今後の生活はスマホ、ケータイ、タブレットがより身近となり、そのような機材を使用することでよりスマートな社会が実現していくことでしょう。
 北中でも一人一台のタブレット配備やWi-fi(インターネットへの無線接続)環境の整備がされました。授業でデジタル教科書を使ったり、タブレットの安全な活用方法を理解することがより一層進められます。
 その第1歩として、5月6日に講師の方をお招きし、2年生の研修を行いました。初回はタブレットの使用方法などです。教員も含め、子供たち全員がタブレットを使用しての研修は初めてでしたが、生徒たちは写真撮影や文字操作などオクリンク(授業支援アプリケーションソフト)の操作を慣れた手つきで行っていましたいた。北中デジタル化は始まったばかりです。

運動会の組み分け発表!

 4月30日(金)放課後、運動会の組み分けが発表されました。
 各クラスの大画面モニターに動画を映す形で行われました。
 これは、3蜜を避けるために全校生が集まることが難しいため、27日の昼休み、事前に代表だけが集まり組み分けを行いました。その模様をビデオに撮り、編集したものを観ました。


 組み分けの方法は、クジを引いて組み分けを決めるのではなく、実行委員がアイデアを出しての組み分けとなりました。工夫あり、笑いありの内容で、楽しみながら発表を聞くことができました。
 

 気になる組み分けは、
  白3-2、2-5、1-4    赤3-3、2-1     黄3-1、2-4、1-2
  青3-5、2-2、1-3    緑3-4、2-3、1-1
 です。今後、応援団が組織され、準備が少しずつ進められます。

  

  

  

性に関する講話を聞きました。

 4月23日(金)5校時に3年生は、学級活動の時間に「性に関する講話」を聞きました。
 市教委の指導主事の先生をお迎えして、「性衝動と性行動」をテーマに、SNSとの関わりを含めて、大変分かりやすく話をしていただきました。生徒の感想を紹介します。

 ・男女の考え方の違いを認め合うことの大切さがわかった。
 ・男性は女性を精一杯守る必要があると思った。
 ・大切な人を守るために、自分の感情をコントロールできるようにしたい。
 ・インターネット(SNS)を含めた周りの情報に振り回されないようにしたい。

  性の講話を通して「生きること」や「命を大切にすること」などを考える機会となりました。

  

 

「自分の身は、自分で守る」~避難訓練

 4月21日(水)に全校生が参加して、避難訓練を行いました。
 地震が発生後に、調理室で火災が発生した状況での避難です。避難経路が決まっているためスムーズに進み、そして、誰もが真剣に取り組みました。

 しかし、災害は、いつ発生するか、どんな場所で起こるのか分かりません。まわりの指示を聞いたり、自分で判断する場面が増えてきます。自分の身は、自分で守るしかありません。危機意識を高めてほしいと思います。

 

  

朝の読書の様子

 朝の会は,一日の落ち着いた雰囲気をつくる大切な時間です。生徒全員8時5分には着席して、自分で用意した本を熱心に読んでいます。新学期が始まって数日が経ちますが,頑張ろうという意気込みが感じられます。

  

 

1年 交通安全教室

 1年生は,4月13日火曜日に「交通安全教室」を実施しました。

 鹿沼警察署交通課,市民部生活課対策係の方をお迎えして講話と実技の講習を受けました。

 雨の心配があり,体育館での実施となりました。

 自転車の構造と特徴,自転車事故の危険性と合わせて,並進や一時不停止などのルールと違反に対する罰則について説明を聞きました。その後,各クラスの代表による模擬走行を行いました。

 北中学校の全生徒の約7割が自転車での通学です。今日の話を思い出して,ルールを守りながら,登下校をしてほしいと思います。

  

 

部活動説明会

 4月12日月曜日に,1年生を対象とした部活動説明会が行われました。

 1年生は,各部長から部活動の毎日の活動内容や何をモットーにして活動しているかを具体的に説明され,部活動見学や仮入部の参考にしていました。

 最後に,部活動担当先生から3年間続ける部活動なので,関心のある部活動に対して,積極的に見学と体験をしてほしいことが伝えられました。

 1年生の教室前の廊下には各部活動のポスターが掲示され,休み時間には生徒たち同士でどこにするかの会話をしています。

  

 

  

 

令和3年度 入学式

 4月9日(金曜日) 令和3年度の入学式が行われました。

 今年は,126名の生徒が入学しました。大きめな制服を着て保護者の方と登校し,クラス発表を確認してから,3年生の誘導で校舎に入りました。

 教室では担任の先生から入学式の式順を短時間で確認したにも関わらず,式に臨む態度はとても立派でこれからの生活に期待がもてます。

 校長先生からは,本校の教育目標「高め合う生徒,思いやりのある生徒,耐力のある生徒」を心に留め、大きく成長してほしいと式辞が述べられました。

 式終了後は,1年生関係ある教職員の紹介を行い,その後,2,3年生の代表として生徒会の役員が参加し,自己紹介と新入生へのメッセージが伝えられました。北中学校を楽しく明るくするために一緒に盛り上げていきましょうとあいさつがありました。

クラス発表

 PTA入会式では,PTAの本部役員さん,家庭教育学級の役員さんが参加し,組織作りを行いました。皆さん協力的でスムーズに進行できました。御協力ありがとうございました。

令和3年度 入学式準備

 3年生,生徒会役員,美術部の担当者が中心となって,明日行われる入学式の会場準備を行いました。分担された場所を,どの生徒も熱心に取り組むことができました。

 明日,126名の新入生が北中学校に登校すると全校生徒437名になり,活発な北中が戻ってきます。いろいろな不安があるとは思いますが,2,3年生は,温かく迎える心の準備ができていますので,期待と希望を胸に登校してほしいです。

令和3年度 新任式・始業式

 3月に13名の先生が転出して寂しく感じていましたが,4月に13名の先生をお迎えし,学校に活気がもどりました。本日,令和3年度が無事スタートしました。

《新任式》

 「チーム北中」を支えていただく13名の先生から自己紹介をしていただきました。

《始業式》

 ◇校長先生から3つのお話を頂きました。

 ①進級を機に、昨日までの自分が変われるよう,一歩前進して欲しい。自分が伸びるチャンスである。

 ②学校教育目標を大切にすること。

  「高め合う生徒」:学習に真剣に取り組めば,夢や希望につながる。

  「思いやりのある生徒」:自分がされて嫌なことは相手にしない。仲間を大切に。

  「耐力のある生徒」:何事にも諦めずやりとげ,責任をもって取り組む。

 ③それぞれの学年への期待

  2年生:成長が著しい学年である。中だるみの定説を覆すように頑張ってほしい。

  3年生:近年まれにみる素晴らしい学年である。北中学校の発展に大きく寄与して欲しい。

 そして,最後に①~③どれをとっても,自分から行動に移さなければ目標達成には至らない。

 自分の心に火をつけて日々努力してほしい。

 

次に,2学年と3学年の代表から新年度を迎えるにあたっての意気込みを発表してもらいました。

◇2学年の代表

 部活動を頑張り,当たり前のことが当たり前にできるようになりたい。すべてに力を入れたい。

◇3学年の代表

 広い視野をもって,自分で判断して行動したい。欠点を克服し,勉強と部活動の両立を図りたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

令和2年度修了式・受賞伝達

3月24日(水)令和2年度修了式ならびに受賞伝達が行われました。代表生徒による「1年間のふり返り」発表、校長式辞、校歌静聴がありました。(校歌は卒業した3年生と2年生の選抜メンバーの歌声を録音したものを流しました)

校長先生からは1年間の締めくくりとして、大きく2つの話がありました。

「新しい生き方を学んだ1年間」

新型コロナウイルス感染症との戦いの日々で、臨時休業や分散登校、行事の中止や縮小、大会やコンクールの中止など様々な対応に追われた1年間であったが、普段の生活がどれだけ価値のあるものであったかを再発見することができた。一つ一つの経験には意味があり、それらが成長の糧となり、今のみなさんを作っている。今日の修了式を新たなスタートに繋げてほしい。

「素直で謙虚な生き方」

更に自分自身を高めていくためには必要なこと。素直な心とは、自分自身の至らなさを認め、反省し、努力するという謙虚な姿勢のことである。そして、素直な心は、自分の能力を磨くだけではなく、物事を成し遂げ、自分の目標や夢を実現するための原動力でもある。みなさんには、ぜひ、人の意見(話)をよく聞く耳と、自分自身を見つめる真摯な目を大切にしてほしい。それらを絶えず働かせ、更に自分自身を高めるための努力をしてほしい。

春休みは、新年度を迎える準備をするための大切な時間となります。一人一人が新年度に向けての決意を固め、4月には、1年後の成長した自分の姿を思い描きながら、やる気に満ちた表情で登校できることを期待しています。

修了式終了後には、春季休業中の生活について、生徒指導主事より話がありました。SNS等のトラブル防止、薬物乱用の防止、春の交通安全運動(自転車でのルール違反や事故防止)の3点について話がありました。明日から14日間の春休みとなります。生徒が持ち帰った「春休みのしおり」を確認していただき、安全で有意義な春休みを送ってほしいと思います。

 

第74回卒業式

 3月11日木曜日,卒業式が規模を縮小して挙行されました。令和2年度の卒業生は119名です。

 校長先生から全員一人一人に卒業証書を授与されました。誰もが緊張の中,立派な姿で受け取ることができました。

 式辞の中に,立志式の時に贈った「尊聞行知」のお話をされていました。この言葉は,人の話をよく聞いて,理解してから行動しなさい,つまり,素直で謙虚な生き方をしなさいということ教えてくれています。人はついつい言い訳をしてしまうことがあります。これが人の成長を止めてしまう。気持ちの持ち方で,多くのことを学び,自分の能力を伸ばすことができるということをお話しされていました。自分の夢を実現させるために,「尊聞行知」をモットーに頑張ってください。

   

 

   

 

   

 

   

 

3年生奉仕作業

 本日,3月8日月曜日は,県立高校一般入試の日でした。

 私立高校単願で進路が決定済みの生徒,県立特色選抜内定の生徒,あわせて41名は,学校に登校して奉仕作業をしました。

 作業分担は,多目的教室内外の清掃,木工室のとその周辺の整理整頓,昇降口の窓拭き,屋外バスケットコート整地、体育館内の清掃・椅子の清掃,卒業式リボン作成,ガス台清掃,樹木伐採,駐車場砂利敷き,駐輪場の白線引きです。

 朝,小雨が降っていたので外の作業が心配されましたが,無事に奉仕作業ができました。どの生徒もとても熱心に取り組んでいました。

桜のメッセージ

 3年生の教室廊下に,「桜のメッセージ」が掲示されています。卒業を前に1,2年生が3年生にクラスや部活動ごとに書かれたメッセージです。

 また,3年生からも1,2年生へのメッセージも掲示されています。全体で集まって,3年生を送る会ができないため,カードに気持ちを書いて伝えました。休み時間は,カードを熱心に読む姿が見られます。

  

  

 

 

 

ICT支援員によるタブレット活用研修

 鹿沼市内小中学校にタブレットと大型モニターが導入されます。タブレットの充電保管庫,大型モニターが既に教室に配置されました。タブレットは後日設置され,利用が始まります。

 それに先だって,ICT支援員(業者の方)が何回か学校に来校し使い方について支援してくださっています。教職員による研修が少しずつ進められ,自在に利用できるようになるにはまだ時間がかかると思いますが,真剣に学んでいるところです。

 

3年生から1,2年生への部活動ごとのお礼のメッセージ

 1,2年生から3年生への部活動ごとに卒業を前にメッセージを放送で送りました。今度は,3年生から1,2年生へ 部活動ごとにお礼のメッセージを送りました。

 2月22日 野球・陸上男女

 2月23日 パソコン・テニス男女

 2月25日 バスケ男女・美術

 2月26日 科学・剣道男女・吹奏楽

 3月 1日 卓球男女・バレー・生徒会

 3年生最後大会もできなくて,何も後輩たちに残せず卒業してまう自分たちに,温かなメッセージをもらって嬉しかったこと,部活動の練習に一生懸命についてきてくれたこと,進路を決めるこの辛い時期に,心のこもった温かいメッセージに感動し,これからの北中を盛り上げてほしいことを伝えていました。

 

マイチャレンジ改めマイリサーチ実施

 2年生が,「マイチャレンジ」をコロナの影響で実施できなかったため,「マイリサーチ」を実施しました。

 これは,総合的な学習の時間のテーマに沿って実施されたものです。キャリア教育の視点で,それぞれの生徒が興味ある教室を選び,参加していました。内容は,「設計教室」「防災体験教室」「ボディメイク教室」「研究授業・幼児おもちゃ製作」「福祉体験教室」「防災食」「動画教室」など多岐にわたっています。講師は,第2学年の先生です。防災体験教室のみ,菊沢きずなプロジェクトの方が講師でした。

 どの教室の生徒も熱心に取り組み,あっという間の2時間でした。

 なお,防災体験教室では,とちぎテレビ,かぬまケーブルテレビの取材を受けていました。

   

   

   

   

  

 

3年生 ダンス発表会

 3年生は,体育でダンスの授業を行いました。その発表会が2月18日に行われました。

それぞれの班で,表現を工夫しながら練習し,すばらしいダンスを披露することができました。

 

   

 

  

1年生 職業講話

 2月4日(木) 総合的な学習の時間にキャリア教育の一環として,栃木県経済同友会の方のコーディネートで職業講話を実施しました。

 「開倫塾」代表取締役社長 林 様,「フェドラ」代表取締役 陳 様,「アイディ」代表取締役 田村 様,「古口工業」代表取締役 古口 様,「オニックスジャパン」代表取締役 大西 様を,お迎えして,普段どんな業務を行っているのか,中学生として今何をやっておけばよいのか,今後どんなことをしたらいいのかについて,いろいろな実例を交えてお話をいただきました。だれもが,未来の自分のために「今」を大切にすることを学んだようです。また,どの会社も,説得力があり聞いている教職員もためになるお話でした。

   

   

 

立志式

 2月1日月曜日,立志式が行われました。

 立志式の2学年のスローガンは,「独立独歩~目の前の壁を乗り越えよう!!~」です。

 まず,校長先生から「独りを慎む」の言葉が書かれた短冊を記念品としていただきました。式辞の中に,その言葉の意味について説明がありました。

 『誰も見ていない,自分一人の時でも,行いを慎み,道を外れないようにしなさい。』という言葉だそうです。この言葉は,誰も見ていなくても,自分の行動を正しておくこと,そして,一人の人間として,自らを律する心の大切さを教えてくれています。誘惑に打ち克つ強い心もって,夢の実現に向けて努力してほしいとお話をしていただきました。

 式辞の後は,立志の言葉をみんなの前で一人一人発表しました。緊張感の中で,しっかりと自分の目標を発表できました。また,目標の言葉をキーワードにして色紙に書き,その色紙も披露していました。

 2年生の今後の活躍を期待したいと思います。

    

   

 

第2回授業力向上訪問

 1月27日水曜日に2回目の授業力向上訪問が実施されました。市教委の指導主事の先生をお迎えして,参観をしていただき,後日,成果と課題をまとめることになります。

 どの授業も生徒たちは,課題をしっかり捉え自分の考えをもって,ペアやグループで交流しながらより深まりのある考えを持つことができました。

 緊急事態宣言が発令中のため,授業研究は行わず,後日,指導主事の先生と振り返りを行うことになっいます。

 

   

   

   

   

  

3年生への応援メッセージ

 3年生は,現在,三者懇談が終わりて私立高校の受験と県立高校の特色選抜の準備など,進路についてより真剣に考える時期となってきました。

 そこで各部活動の部長が,給食の時間に校内放送で,3年生へのメッセージを送りました。

 あいさつなどの礼儀・諦めない気持ち・他人を大切すること・チームワークなどを3年生から学んだことで,今の自分の成長に役立っている。その感謝の気持ちをメッセージ込めて伝えていました。

 

  

オンラインで研修が始まりました。

タブレットを使ってオンラインで研修が一部はじまりました。はじめは機器の取扱に戸惑いがありましたが慣れるとその良さと課題が分かってきました。今後,リモートで取り組みが進むと思います。

 

令和3年度入学 新入生保護者説明会

 1月20日水曜日に新入生保護者説明会を実施しました。マスク着用,手指の消毒,座席位置の間隔や向き,会話を控える,蜜を避けるために会場の出入り口の変更等,新型コロナウイルス感染予防対策を十分にとって開催です。参加された方の御協力でスムーズに実施することができました。感謝いたします。

 教育課程,学習指導,学校生活,部活動,特別支援教育,学校徴収金等について資料をもとに各担当が説明しました。

 新入生に向けての北中学校の説明会は,中止としましたが,各小学校に校長先生と担当者が小学校に出向いて簡単な説明をしています。入学式までにはまだ期間があります。制服などの準備や心の準備も整えておいてほしいと思います。

 

   

令和2年度 第3学期 始業式

 3学期始業式は,生徒は各教室で,校長先生から放送にて式辞をいただきました。内容を紹介します。

全体に対して

『学期が変わったり,新しい年になることは自分自身を大きく変えるチャンスになる。したがって,新しい目標を立て,その目標に向かって地道に努力することが大切になってくることになる。努力する中で,思うように進まないことや失敗すること,苦しいことがあるかもしれないけれどが逃げずに立ち向かってほしい。今年は丑年で,牛は誠実さを象徴する動物言われている。先を急がず,一歩一歩着実に進んでほしい。3学期は,短い期間である。いい加減に過ごしてしまえば,一瞬にしてこれまでの努力が無駄になってしまう。「知っていること」を「できること」へ自分を成長させてほしい。』

各学年に対して

『3年生:目の前の進路に向けて,ひたすら突き進むのみ。2年生:3年生からのよき伝統を受け継ぎながら新しい北中学校を築いてほしい。1年生:自分はなにをすべきなのか考え,正しい目で見て判断し本当の意味での先輩になれるようになってほしい。』

 

「静かな年末年始」関するメッセージ等について

 標記の件につきまして,市教委より連絡がありました。

 新型コロナウイルス感染症対策分科会からは,命と暮らしを守るために一人一人が年末年始を静かに過ごすことが求めらる,との提言がなされています。これを踏まえ,「静かな年末年始」に関する具体的なメッセージが掲載されています。以下のリンク先を掲載しましたので,参考にしてください。

「この冬は,静かな年末年始を」

《「静な年末年始」ホームページ特設サイト》  URL:https://corona.go.jp/proposal/

《「コロナ対策のポイントを,探そう!」ページ》URL:https://corona.go.jp/proposal/winter/

《新型コロナウイルス感染症対策推進室Twitter》 URL:https:twitter.com/kanbou.com/Kanboukansen

令和2年度 第2学期終業式

 第2学期終業式は,距離をとって食堂で行いました。教室と食堂までの往復は,会話をせず無言で移動しました。

校長先生から今年1年を振り返ってお話を聞きました。

『「新しい生活様式」が定着したが,現在の生活が当たり前にできているのは,たくさんの人の支援のお陰である。その「当たり前」の生活に感謝し,素直な気持ちで生活してほしい。新年を迎えるにあたって,「①やってよかったこと,これから続けていきたいことは何か。②うまくいかなかったことは何か,それをどのように改善するか。③新しくやってみたいことは何か。」この3つの視点を丁寧に振り返ってほしい。これをもとに,新年の目標をしっかり立て,令和3年を大きく飛躍しほしい。』

 

生徒会任命式

 令和2年12月21日月曜日に,生徒会の任命式が実施されました。

 新生徒会役員,部活動の新部長,委員会の委員長が校長先生より任命書が渡されました。

 生徒会役員は,旧役員から正式にバトンタッチが行われ,北中学校をもっと盛り上げてほしいと思います。

 

   

第1回 授業力向上訪問

 11月18日水曜日に鹿沼市教育委員会による1回目の授業力向上訪問がありました。
 本校では,学校課題を『「主体的・対話的で深い学びの視点を取り入れた授業づくり」~指導過程における言語活動の工夫を通して~』としています。

 研究授業を行うにあたって,市教委の先生と授業の展開について何度か打合せを行いました。
 この取り組みは,授業力を向上させることがねらいで,強いては生徒の学力向上につながります。生徒たちは,どの授業も,自分の考えをしっかりもって交流をしながら学び会うことができました。

   

   

修学旅行CM発表会

  11月6日(金)に修学旅行の「福島の魅力を伝えるCM動画」の発表会を行いました。

 このCM動画をつくることと発表会は,旅行会社とソフトウエア開発会社の協力で実施できました。「チームワークをいかにつくるか。」の講話を事前に研修して,班別にチームワークを大切にしながらCM作成の方法について検討してきました。

 修学旅行中に撮影した30秒間のCMには,福島の魅力を伝える内容がしっかり入っており,クオリティの高いものとなっていました。CMを撮影している様子などが,地元のケーブルテレビで放映されたり,新聞に掲載されました。

 発表会の最後には,様々な賞を旅行会社やソフトウエア会社をいただいていました。