学校ニュース

日誌

4/22 にゅうがくおめでとうこんだて

にゅうがくおめでとうこんだて

 

 

 

 

 

 

わかめごはん、牛乳、とりにくのからあげ、そくせきづけ、おいわいよしのじる、いちごクレープ

 

【子どもたちの感想】

・わたしは、今日のとりのからあげを楽しみにしていました。特に、わかめごはんとからあげの組み合わせが大好きです。デザートも、もちもちの皮でおいしかったです。

・入学おめでとうこんだて、おいしかったです。とくにイチゴクリームクレープがおいしかったです。また食べたいので、クレープときどき出してください。

・スープがあったかくておいしかったです。からあげもおいしかったです。

・とてもおいしかったです。①クレープ ②わかめごはん ③からあげ

・わかめごはんがとくにおいしかったです。あと、みんなで食べるきゅうしょくはとてもおいしいです。

・わたしは、とてもおなかがすいていたので、とてもおいしく感じました。とくに、わたしは、わかめごはんが好きなので、とてもうれしかったです。また食べたいです。

・今日のおいわいこんだてのからあげがぱりぱりしておいしかったです。1年生もよろこんでいました。

・入学おめでとうこんだて、おいしかったです。とくに、デザートがおいしかったです。上の方は、いちごがこくて、下の方はクリームとまざっていてそこがおいしかったです。

・今日の給食は特に美味しかったです。からあげは、ころもがサクサクカリカリで、お肉にとてもよく合うからあげでした。わかめご飯は、わかめとその塩加減がとても美味しかったです。このメニューの時はいつでもわくわくします。

 

令和3年のテーマは「わくわく」です

花丸令和3年度が始まり、ほぼ2週間になりました。学校全体が「やる気」に満ちている様子です。

 今年度の本校のテーマは「わくわく」です。このHPを通して、池ノ森小から様々な「わくわく」することを伝えて参りますので、どうぞよろしくお願いします。

 始業式に、子どもたちには以下のように伝えました。

 

【始業式の話】

 令和3年の新学期が始まりました。私から皆さんに送る今年のテーマは「わくわく」です。

 皆さんは、わくわくするようなことを、今までたくさん経験しているでしょう?例えば難しいクイズやゲームがちょっとずつ解けるようになってくると、わくわくしませんか?どこかに出かけるときもわくわくしますし、それまでの計画や準備もわくわくしますね。どんな「わくわく」であれ、わくわくすることには一生懸命取り組むことができます。一生懸命やると、どんどん難しいことにも取り組めるようになります。一生懸命な姿は、周りの人たちにも勇気を与え、みんながやる気になります。みんながそれぞれ、自分の「わくわく」に一生懸命取り組んだら、池ノ森小学校全体が今よりもっと素晴らしい学校になっていくのです。あらためて、自分がわくわくすることを考えてみましょう。

 さて、「わくわく」することが思いついたら、より良い取組にするために3つのことをがんばりましょう。

 一つ目、「先生や友達の話をよく聞きましょう。」

 二つ目、「友達と仲良くしましょう。」

 この二つを実行すると、自分一人だけではできなかったことにも「わくわく」と挑戦できるようになるでしょう。

 三つ目、「いろいろな本を読みましょう。」

 本を読むことで、「わくわく」することがたくさん増えてきます。今まで思いつかなかったような「わくわく」が思いついたり、無理だとあきらめていた「わくわく」に取り組むためのヒントをくれたりします。自分自身がどんどん豊かになりますね。

 話を聞くこと、仲良くすること、読書すること、この3つをがんばりましょう。(中略)

 今年のテーマは「わくわく」です。「わくわく池小」です。みなさんがわくわくすることで、今年1年間、池ノ森小学校を盛り上げていきましょう。

                       

キラキラ 入学式の様子

4/12(月)入学式が行われました。

4/12(月) 入学式が行われました。緊張した様子で入場し、すべてに真剣な態度で参加できました。これからが楽しみです。

1年生に3つのお願いをしました。

①担任の先生のお話をしっかり聞きましょう。

②友達と仲良くしましょう。

③本をたくさん読みましょう。

入場

令和3年度の池ノ森小がスタートしました。

今年度、池ノ森小はこんなことに力を入れます!

目指す学校像

・一人一人の良さや強みを発揮しながら、主体的に地域社会と関わり、様々な課題を解決していく。

目指す児童像

・他者とつながり、対話を通して主体的に活動する。

目指す教職員像

・互いを尊重しながら他者とつながり、地域と関わり、主体的な学び手であり続ける。

 

テーマは「わくわく」です。子どもたちと共にわくわくして活気ある学校を創造してまいります。

 

育成会からプレゼントをいただきました

 卒業式後のお見送りの後に感謝の会が行われ、池の森小育成会から、スクールキャラクター「もりん」のマーク入りエコバッグをいただきました。今年は新型コロナの影響で児童が参加する形での離任式が出来ないので、1年間お世話になった先生方に子ども達の感謝の気持ちを伝えさせたい、という育成会長のお話でした。鹿沼市の社会福祉協議会の助成をいただいたものだそうです。ありがとうございました!使わせていただきます。

 

令和2年度の卒業式が行われました

 

 春らしい穏やかな天気に恵まれ、PTA役員、保護者の皆様、在校生の見守る中、2名の6年生が卒業しました。新型コロナウィルス拡散防止のため、来賓なし、歌なしでの挙式となりましたが、職員一同知恵を絞り、校内や会場の装飾、ビデオメッセージ、黒板アートなど今年ならではの卒業式をつくりあげました。中学校の制服を着、卒業証書を手にした卒業生を見て、とても感慨深い思いをしました。あらためまして、ご卒業おめでとうございます。

 

卒業式を前に

今日の給食は、「卒業おめでとう献立」でした。わかめご飯、吉野汁、鶏のから揚げ、ほうれん草の和え物、イチゴクレープ、牛乳でした。みんなが好きなものばかり。6年生にとって小学校最後の給食でした。今日もとってもおいしかったです。

子供たちが帰ってから6年生のために黒板に落書きしました。

 

メダカの放流をしました

 今年の理科研究が終わったので、今日はメダカを居た場所に返しに行きました。「いけいけ池小たんけんたい」が用水路から採ってきて、ビオトープで増やし育てたメダカのうち、大きな個体30数匹を、5、6年生が選んでバケツに入れ放流の準備してくれました。それを昼休みに全児童で元いた場所に戻してきました。元気に泳いでいきました。メダカがずっと見られる「池ノ森」であってほしいです。

卒業式予行が行われました

 いよいよ来週18日の卒業式が迫ってきました。全児童、一生懸命予行練習に取り組んでいました。先生たちも放課後、職員会議を開き改善点を話し合いました。卒業生にとっても、在校生にとっても、良い、そして思い出に残る卒業式になるといいです。

自然観察フィールド『観察園(仮称)』は《ネイチャーパーク》に決定しました

 

 5・6年生が自然観察フィールドに看板をつけてくれました。自然観察フィールド『観察園(仮称)』の名称は《ネイチャーパーク》に決定しました。自然観察フィールド《ネイチャーパーク》は校門北側にあります。できるだけ草刈りや除草剤の噴霧をしない自然のままの場所にして、様々な植物が生え、昆虫がたくさん生息するような場所にしたいです。